Search

検索したいワードを入力してください

2017年12月13日

化学の参考書おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類【2018年】

今回は、おすすめする化学の参考書について取り上げました。それぞれの参考書をしっかり調べたり、たくさんの口コミを読んでみましょう。化学に関する参考書の他、たくさんの教科の参考書を購入を考えてる方は、ぜひたくさんの口コミを参考にしてお買い求めください。

化学の参考書おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類【2018年】

おすすめの化学の参考書の種類と選び方

おすすめの化学の参考書の種類

化学の参考書おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類【2018年】

基本的に化学の参考書は、「入門レベルからの化学の参考書」「基礎レベルからの化学の参考書」「標準レベルからの参考書」「実践レベルからの化学の参考書」の4つあります。皆が持っているからや、先生が言ったからでは自分のための学習にはなりません。事前に、自分にあったおすすめの参考書を調べてから選びましょう。

自分で努力して成果を発揮するには、自分に最適なおすすめの化学の参考書を選びましょう。しかし、出版されている化学の参考書はとても多いです。化学のそれぞれの分野や、レベルによって段階分けされたりしています。また、教科書や過去問題、演習問題など多数なので、自分にあったおすすめの参考書を選びましょう。

おすすめの化学の参考書の選び方

化学の参考書おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類【2018年】

上記であげたように、自分にあったおすすめの参考書を買うことが一番です。テキストのレベルが高かったりすることで、当然やる気もなくなってしまいます。効率良く勉強するには、自分の段階にあった参考書を購入するのが一番です。そして、徐々にテキストのレベルを上げるようにしてみましょう。

問題をひたすら解きたい人は、過去問題集を選びましょう。また、化学について基礎から勉強したい人は、以下のおすすめする化学の教科書も添えて勉強しましょう。解けない問題が解けるようにわかりやすい解説も記載している参考書もありますので、じっくり見ていきましょう。

たくさんの参考書を持ち歩くよりも、今の自分に合う一冊の参考書の方が気持ちも安心できるでしょう。

化学の参考書おすすめ人気ランキング

化学の参考書もいくつかの出版社もあり、さまざまな分野やレベルに合わせたものがあり、どれを選べばいいかわからない人がたくさんいます。いずれもよく知られている参考書や、ほとんどの受験生が所持していた参考書もあるので、たくさんの参考書から上位3位までを紹介していきます。

ランキング3位「大学入試センター試験問題集化学2018」

大学入試センター試験問題集化学2018

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

とても役立ちます 受験生には必須アイテムでしょう

2017年度までの本試験6回分と、2014から2017年度の化学の追試験を4回に分けて、合計10回分を収録しています。各年度では、難易度・標準所要時間・出題内容をわかりやすく表示しています。「出題傾向と攻略のポイント」では、それぞれの出題分野一覧や出題分析を掲載し、2018年度入試の効果的な対策をわかりやすく解説しています。

この化学の問題集は、解答・解説編の巻頭には、センター試験に必要な重要事項を記載しています。また「直前チェック総整理」を掲載しています。選択肢に対する解説は、正解となるものだけでなく、間違っている選択肢についても解説してます。そして、本試験得点別偏差値表がついてるので、自分の到達度が数値で確認できおすすめです。

ランキング2位「大学入試センター試験実践問題集化学2018」

大学入試センター試験実践問題集化学2018

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

解りやすく、実践的な参考になります。もう少し安く購入できると助かります。

駿台予備学校で行われた模試と、オリジナル予想問題で構成された化学の参考書です。おすすめとするこの参考書は、化学に関する問題を合計5回分の予想問題を収録しています。解答・解説編の巻頭には、センター試験に必要な重要事項を記載しています。「直前チェック総整理」も掲載し、解説はテーマの背景、周辺の重要事項まで解説しています。

化学の問題集としては難易度が高い参考書ですが、センター試験と同じレベルなので、ぜひ押さえておきましょう。徐々に繰り返し解くことで定着していきます。化学の教科書で理解し、暗記事項を押さえておくにはおすすめです。

ランキング1位「センター試験過去問研究 化学」

赤本といわれている化学の参考書です。「教科書+過去問」でセンター化学は攻略できます。センター試験の過去問題集も収録されており、25年32回分収載しています。

どこよりも詳しい傾向分析や、先輩受験生の攻略アドバイスなど、豊富なコンテンツで過去問演習をサポートしています。使いやすい別冊問題編や、臨場感たっぷりのマークシート解答用紙が付属されています。センター試験を把握するにはおすすめの参考書です。

ほとんどの受験生はこの参考書を所持していますが、一番の特徴は32回分の収載の量です。入試は範囲が広い中、どの問題から勉強うすればいいかわからない人もいるでしょうが、過去問を解きづ続けることで出題傾向も把握できますので、入試問題を徹底するならおすすめです。

特徴や用途別のおすすめの化学の参考書

化学の範囲でも、さまざまな分野があります。また、自分にあったレベルの参考書を探している人もいますので、広範囲の化学をどのレベルから勉強すればいいかがわかるように、それぞれの用途ごとに紹介していきます。

高校化学

大学入試センター試験過去問レビュー化学基礎・化学 2018

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

旧課程の基礎問題にマークがされているので、黒本を選びました。

赤本に対して黒本といわれている参考書です。センター試験を攻略するにはおすすめです。化学の出題傾向や出題形式に慣れるように過去問題集が収載されています。化学の過去問題だけではく化学基礎も収録されており、基礎から応用まで解くことができるおすすめの参考書です。

また、それぞれの問題の解説も詳しく丁寧に収録されているのでとても分かりやすいです。

中学 理科(化学)

図でわかる中学理科1分野(物理・化学)―中1~中3

Amazonで見る

口コミ

中学理科で学ぶすべての実験を詳しい図と説明で学べます。しかし勉強しない我が子には「図をそのまま写す」が苦行でたまらない様子です。

高校受験を収載した参考書だが、高校化学が苦手な人や、もう一度基礎から勉強したい人におすすめの参考書です。中学の理科をわかりやすく収載しています。解説を読み、例題を解くことができます。また、新課程で加わった内容も問題形式で収録されていますので、センター試験のみならず高校入試にも最適です。

センター試験の応用問題は不足していますが、化学を苦手としている受験生や大人までわかりやすく解説していますので、安心して勉強できます。また図や表があり、自分でノートすることで知識が定着できます。また、理科クイズのような構成になっていますので、楽しみながら学習ができる参考書です。

有機化学

鎌田の有機化学の講義 三訂版

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

まだ、使い始めたばかりですが、すごくわかりやすい。 ただ、理論化学をある程度、習得した人向けです。例えば、弱酸遊離反応がわからない人は理論化学の勉強をしてからの方が良さようです。

化学の入試を攻略するには、多くの人が解けなかったり、見落としがちなポイントを把握しなくてはなりません。そのような人のために、その原因や大事な事柄をわかりやすく収録したおすすめの参考書です。

大学入試で必要な有機化学のとらえ方がわかりますので、丸暗記と異なり、知識がしっかり定着し、効率良く応用力を身につきます。

このおすすめする化学の参考書は、入試直前に整理・確認できる「別冊まとめ(赤セルシートつき)」があります。本書の中でも、とくに再確認しておきたい大切な事項を収録しました。 携帯に便利な別冊ですので、試験会場でも確認できるおすすめの参考書です。

理論

鎌田の理論化学の講義

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

10年前よりもはるかに充実した内容でした。これならば、繰り返し学習するだけで十分でしょう。もちろん問題演習は別の本でやる必要はありますが、内容の復習用として是非。

化学の入試突破のための一番大事なところを、入試に直結する方法で説明し、解けない原因を根本的に解決したおすすめの参考書です。 大学入試で必要な理論化学の捉え方がわかり、効率良く応用力を身につけられます。 この参考書には、入試直前に整理・確認できる「別冊まとめ(赤セルシートつき)」があります。

このおすすめとする参考書は、小説を読むような構成になっており自然と覚えやすいです。また本書の中でも、特に再確認しておきたい大切な事項を収録しました。 携帯に便利な別冊なので、試験会場でも確認できるおすすめの参考書です。

暗記用

化学一問一答【完全版】

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

いいと思います。 問題集とかとく前に、やるといいですね! ただ、理論化学が少ないので、化学基礎とあわせてやるのがいいかもしれません。ぱらぱらと見た程度なのであれですがかぶるとこもなさそうです。 無機物は完璧ですね、覚える所多いです。

化学の範囲を把握するならこの参考書がおすすめです。本書である化学の一門一答の他、化学基礎の一問一答もあります。いずれも化学を勉強するにはおすすめの参考書です。本書の化学の一問一答は化学基礎を前提に対応しており、基礎的なところから押さえたい場合は、化学基礎をおすすめします。

この化学の参考書は、入試に直結した問題があります。また、ポイント解説であることから最短期間で力をつけることができます。入試の問題や計算問題も収録されており、センター、国立大学、私立大学の入試におすすめです。

センター試験用

センター試験で高得点をねらうならこの参考書はおすすめです。やや難易度が高いですが、これからの化学のセンター試験では、難易度が高い問題も出題されることが予想されます。難易度の高い問題をたくさん収録しており、センター試験では高得点をねらうためのトレーニングができます。

もちろん化学基礎や基本的な問題も把握しなければなりませんが、より効率よく勉強ができるように学習計画の情報も収録されています。また、過去問題も収載されおり、徹底的な分析をもとに収録していますので、とても分かりやすい参考書です。

新課程

新課程 チャート式シリーズ新化学基礎

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

本書は化学基礎の範囲に対応した参考書です。フルカラー印刷で、図表や写真も多く、非常にわかりやすいです。

センター試験だけでなく、定期試験対策や日々の予習・復習にもおすすめです。この参考書は、図版をつかって詳しく解説していますので、化学の難しい問題や内容もすぐに理解でき定着できます。

また、考え方や法則なども記述しています。学習するときの大事なポイントもわかりやすく提示していますので、これから化学を勉強する人にもおすすめとする参考書です。

この参考書は、学校で生徒が先生に質問するような内容も記載していますので、わかりやすく学習できます。入試で問われる実験観察のポイントも記述していますので、幅広く勉強したい場合はこちらの参考書がおすすめです。

無機化学

福間の無機化学の講義 三訂版

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

覚えること、理解することが整理されており、無機化学の本質や概念がつかみやすい。

入試をしっかり把握したいならこの参考書がおすすめです。化学の必要な内容が定着するように工夫されており、無機化学の暗記内容を最小限でできるように収録されています。問題のポイントを再確認しておきたい大事な事項を収載されてる他、携帯に便利な別冊ですので、試験会場でも確認したい場合は、こちらの参考書がおすすめです。

無機化学の基礎が概念などがわかりやすく記載されており、説明もわかりやすく工夫されています。また、イラストを見ながら理解できますので、無機化学の基本をおさえたいならおすすめです。

基礎

高校とってもやさしい化学基礎

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

説明の解りやすさや図解が綺麗なことなどから、この『とってもやさしい』の方がずっといいです。

化学基礎の大事なポイントを中心にとりあげたおすすめの参考書です。高校の範囲も記載していますが、中学の内容も収載してありますので、中学の内容を忘れた人でも思い出しながら勉強ができます。中学から化学が苦手な人でも、わかりやすく記載していますので、安心して使え大変おすすめです。

穴うめ問題なので、チェックして次解くときはまねて解くようにしていきますので、負担なく取り組むことができます。中学生でもわかりやすく記載されている参考書でもありますが、高校生だけでなく、ゼロから化学を勉強したい人や公務員試験でもおすすめできる参考書です。

東大

2018年度用 鉄緑会東大化学問題集 資料・問題篇/解答篇 2008-2017

Amazonで見る

楽天で見る

この参考書は、東大や高難易度の問題を定着するにはおすすめです。東大化学の過去問題が収録されており、入試問題の解き方をわかりやすく解説しています。東大を目指す人や、予備校生も所持している参考書ですので、ぜひ難関大学の合格を目指しているならこの一冊がおすすめです。

出版社である鉄緑会は、東大合格者を多く輩出している名門進学塾です。難関大学のみならず、医学部や法学部受験生のためのエリート進学塾でもあり、東大出身者で構成される講師たちで教育をしています。

おすすめの化学の参考書の3社の出版社と代表製品

第一学習社

セミナー化学基礎+化学

Amazonで見る

口コミ

想像以上に良い品でした。初学者におすすめの定評ある本書ですが、略解だけでは学習が困難で、授業等でしっかりとした解説がある場合を除き、付属解答集があって初めて使える良書となります。

学校で採用されている問題集です。入試に十分な内容が工夫されており、進学校でも使用しているためおすすめです。多くの問題が収録されていますので、幅広く内容を理解することができます。解説も詳しく、計算問題も計算過程もわかりやすく記載されています。また、基本問題だけでなく応用問題もありますので、自分のあった問題に挑戦せきます。

初心者にもおすすめであり、授業でわからなかった問題も理解しやすく工夫されていますので、化学が苦手なひとにも安心して学習することができる参考書です。

旺文社

化学(化学基礎・化学)基礎問題精講 三訂版

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

問題数は少ないですが、解説がかなり丁寧です。化学があまり得意ではない人に向いています。

センター試験や国公立の二次試験、私立大学の入試問題が徹底的に収載されており、出題頻度の高い問題の解き方をわかりやすい解説で記述されているおすすめの参考書です。基礎問題だけでなく、応用問題も収載されており、入試での実践力や応用力がつきます。

また、厳選した大事なポイントもありますので、この参考書を覚えればさまざまな応用問題にも実力を発揮することができます。

問題数としては、他の参考書より少ないが解説が丁寧に記載されていますので、得意でないひとにもおすすめです。また、学習を終えた受験生が復習としても発揮できる一参考書です。本書を3繰り返し解くことで入試も安心です。

新装社

理系標準問題集 化学 (駿台受験シリーズ) 新装版

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

基本問題と難問から、構成された問題集。解説は、くわしいです。

基本問題から応用問題まで収載されいるおすすめの参考書です。基本問題では頻出問題と添えてありますので、入試問題を基本から解くことができます。また応用問題では、やや難しい問題や難しい問題も収録されていますので、どの人にも対応した参考書になっています。

さらに、それぞれの問題も解説詳しく丁寧に工夫されています。入試の典型的な標準問題の解き方やパターンも身に付きます。

問題数は200問程度で、受験生に負担なく最小限の内容が収載されており、時間に余裕がない人にもおすすめでしょう。また、この参考書を最後までやりこむことで、高得点を目指すことができます。

おすすめの化学の参考書の使い方と勉強方法

化学の参考書おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類【2018年】

参考書の使い方

最初は、応用以外を3周解いてみましょう。時間に余裕があれば5周解くのも良いでしょう。基本的な知識や問題が徐々に解けるようになります。

また、解きにくい問題は問題演習や例題などを繰り返し説くことで力がつきます。基礎力がついたら応用に挑戦してみましょう。もちろんすぐに解けなくても大丈夫です。2周目で解けるように慌てずにレベルを上げていきましょう。

参考書を使って勉強するならまずは、復習ノートを作ってみましょう。ただの復習ではなく、勉強したときの日付や参考書のページ数、間違えた箇所、解くまでの流れなど、見返したときにわかるように記録しましょう。細かく記録することで、後々確認するときに眺めるだけでも効果があります。

勉強方法

一番は、化学の苦手意識を克服することでしょう。苦手な人は範囲が広かったり、解き方がわからないなどが原因としてあげられます。解説が小説みたいに語り口調になっている参考書や、重要な箇所を厳選している参考書を選び、できる問題から挑戦してみましょう。徐々にレベルを上げていき、解ける問題数を増やすのが最適です。

化学の分野は物理より暗記量が多く、問題を理解したうえで暗記することをすすめます。つまり「暗記」と「理解」を同時進行して学習しなければなりません。以上の2つを意識して勉強し、繰り返し問題を解くことで安定した点数を取ることができます。また、自分の弱点とおもう問題を固めることで、自分に自信がつき勉強がはかどります。

化学の問題集の使い方

参考書の一つとして問題集があり、ただひたすら解くのもいいですが、工夫した勉強法でより効率よく学習できます。まず、問題集に取り組む前に「その志望校の過去問題」を確認してみましょう。問題傾向や問題レベルをチェックすることで、過去問題をとけるようになることを意識します。

志望校の問題がわからないまま問題集を進めると、目標レベルに到達できないことがります。事前に志望校のことを調べるのは必須ですが、問題傾向も調べることである程度の目標や計画が立てられるでしょう。

化学の勉強に必要なこと

化学の参考書おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類【2018年】

受験時期では、紹介したような化学の参考書を何冊も購入して解く人も少なくはありません。また、先生から紹介されるのはとても難しくて、やる気もおきないこともあります。しかし、「これならできそう」という参考書を一冊選びましょう。一冊でいいのでそれを何周も解くことが大事です。

暗記する内容もたくさんあります。組み合わせなどの仕組みをしっかり理解した上で暗記しよう。また、計算問題が出題されます。どのような計算問題にも対応できるように、過去問題や演習問題などを繰り返して経験を積むことが大切でしょう。

参考書を使った勉強を何周もすることで、次第に解けたりすることもあります。参考書で慣れるまで「復習」をしましょう。

Related