Search

検索したいワードを入力してください

2018年03月31日

葉巻のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方【2018年】

この記事では、葉巻の楽しみ方から人気の種類、生産地ごとの特徴から、各ブランドの代表製品、喫煙に必要なツールのオススメ商品、より葉巻を楽しむ吸い方に至るまで、細かくご紹介します。葉巻愛好家から初心者までの幅広い層に向けた記事となっています。

葉巻のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方【2018年】

葉巻の種類とおすすめの選び方

一口に「葉巻」と言ってもその種類は4つあり、選び方もその人の好みによって異なります。
ここでは、葉巻の種類と、おすすめの選び方についてご説明します。

葉巻の種類

まず初めにご紹介するのが「リトルシガー」です。形状は一般的にタバコと呼ばれる紙巻タバコと同様ですが、詰まっている葉は葉巻葉やパイプタバコ葉を使用しております。ただし、パッケージにニコチン・タールの値は表記されていません。

次に「シガリロ」。サイズが小さく、紙巻きタバコと同じくらいです。また、カッターが不要なものが多く、気軽に楽しむことができるので初心者にもおすすめです。「ドライシガー」は温度や湿度の管理が不要で、こちらも気軽に楽しむことができます。

「プレミアムシガー」とは「シガーの中のシガー」と呼ばれるほどの高級品です。一本一本が全て職人の手作業であることが多く、価格も高くなります。そのため、せっかくだから少し贅沢をしたいという方におすすめです。

葉巻をどう選ぶ?

葉巻には上記で説明したとおり、多くの種類があります。でもその中から選ぶにあたって、何を基準にすれば良いのかわからないという人のために、ここではおすすめの選び方をご説明します。

まずは「大きさ」で選ぶ方法があります。初心者の方は太くて長いものがおすすめです。味わいがスムーズで親しみやすいでしょう。次に「種類や味わい」で選ぶ方法があります。ドライシガーは初心者でも手軽で、甘味が強いものとタバコ本来の味わいを楽しむことができます。それに対し、手間がかかりますが、よりリッチな高級感を味わうことができるのがプレミアムシガーです。

そして葉巻は「価格」で選ぶこともできます。特にプレミアムシガーは、一本1000〜10000と幅が広いので買う人が、お財布と相談しながら選ぶことができる点がおすすめです。

最も愛されている葉巻は?

葉巻のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方【2018年】

では実際に葉巻を買う時、やはり失敗なく満足のできるものを選びたいところです。ここでは人気の高い葉巻をランキング形式にて3位から順にご紹介していきます。

第3位「トリニダッド」

味わいはライト、そしてクリーミーで繊細です。初心者から上級者までを虜にし、愛好家の間でも大人気です。ライトな味わいなため、葉巻初心者にも入門葉巻として注目されています。

トリニダッドの魅力

トリニダッドの中でも、圧倒的人気なのが「レジェス」です。全体の人気の95%を占める「レジェス」は、サイズが一番短く、30分程で吸い終わるので、忙しい方にもおすすめです。また、吸うほどに味わいが変化していくことも人気の理由です。

クリーミーさ、マイルドさ、スパイシーさを併せ持ち、吸うほど実に多くの味が顔を出すことが最大の魅力です。後味は甘味が強く、ナッツや木の香りが口の中に広がります。トリニダッドの中で95%を占める「レジェス」は、サイズが一番短く、30分程で吸い終わるので、忙しい方にもおすすめです。

また、吸うほどに味わいが変化していくことも人気の理由です。クリーミーさ、マイルドさ、スパイシーさを併せ持ち、吸うほど実に多くの味が顔を出すことが最大の魅力です。後味は甘味が強く、ナッツや木の香りが口の中に広がります。

第2位「モンテクリスト」

キューバ産葉巻の代表的なブランドであり、世界的に不動の人気を誇る葉巻です。価格は1100〜5700円で、葉巻の中でも低価格帯なのでおすすめです。味わいは、やや濃厚で、深みがあり、上品さを感じることができます。

モンテクリストの魅力

なんと言っても、終盤に少しずつ頭角を表す、スパイス感です。また、ナッツや樹木の香りが強いことも、愛好家の間で非常に人気な理由です。さらに葉巻のプロフェッショナルを目指す人は、必ずこのモンテクリストを吸い、それ以降に吸うものの基準とするほど、スタンダードな葉巻です。

モンテクリストの中で最も人気が高いのが「No.4」です。全体の47%を占めます。価格は一本1400円とリーズナブルです。香りは着火直後から素晴らしい、甘くて爽やかなしっとりとした木々を感じられます。テイストは、キューバ産特有の粘り気があります。吸い始めて中盤頃に差し掛かると、コクが濃厚になり、旨味が広がっていきます。喫煙時間は40分と、短すぎず長すぎず程よい加減です。

第1位「コイーバ」

人気の葉巻タバコ、堂々の第一位に輝いたのは「コイーバ」です。シガー(葉巻)の最高級ブランドであり、「キューバシガーの王様」とも言われ、世界中から支持を集めています。元SMAPの木村拓哉さんが出演していたドラマで使用されたり、有名な時計ブランドとコラボレーションをしたりと、業界に関係なくあらゆる場面で知られています。元々は、キューバ国家のVIPの方専用に作られており、一般の人は手が出せないものでした。

コイーバの魅力

コイーバの製法は、他とは一味違います。通常の葉巻が二回発酵されたいるのに対し、コイーバは三回の発酵を経て完成します。さらにその中でも、厳選されたタバコ葉を使っており、選ばれた腕利きの職人が一本一本巻いています。こうなると、他の葉巻との格の違いは明白です。

さまざまな葉巻を経験した愛好家が最後にたどり着く究極の一本というのも頷けます。どれについても、味わいは変化に富み、吸うだけで非日常を味わうことができるのは言うまでもありません。しかし、有名が故に偽物も多く出回っているので、安すぎるものなどは、注意が必要です。やはりある程度の値段は覚悟して購入することをおすすめします。

コイーバの中でも特に根強い人気を誇っているのは、「シグロ2」「シグロ1」「セクレトス」の三つで、全体の半数を占めています。さらにこの三つの中で、最も愛されているのは「シグロ2」です。

◇シグロ2ってどんな葉巻?

一言で表すと「贅沢すぎるマイルドさ」につきます。喫煙時間は40分ほどで、価格は一本2,300円です。着火前から華やかな香りが漂い、全体としての味わいは、蜂蜜のような深い甘さが目立ちます。

口当たりはとにかくマイルドでクリーミーであり、序盤はコクのある旨味が際立っています。中盤になると、シグロシリーズの特徴とも言える栗のような甘味が広がっていきます。また、味わいも濃いものとなり、深いコクと木質を感じられます。終盤に差し掛かるに連れて、口当たりはそのままに、徐々にスパイシーさが増していきます。全体的に、雑味やえぐみは全くなく、喫煙中の40分間は至福のリラックスタイムとなることは間違いありません。

シグロ1

「上品で紳士的」な一本です。喫煙時間は30分前後で、手頃なサイズ間が初心者へもお勧めできる理由となっています。価格は一本1,700円ほどです。葉巻そのものの香りとしては、今までに嗅いだこともないほど高貴な香りが漂います。

全体的な味わいは、コーヒーを思わせるコクが強いです。着火直後から栗のような甘味とマイルドさに加えて、コクと旨味が広がります。中盤になると、濃いココアのような甘味へと変化し、終盤にはスパイシーさが顔を出します。また、芳香もより強くなっていきます。

いろんなシュチュエーションでの葉巻

葉巻のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方【2018年】

次に、様々な観点からその用途や特徴ごとに、おすすめしたい葉巻をご紹介します。

お菓子のように甘い葉巻

葉巻といってもタバコだから、基本的には苦いのではと言う方におすすめなのがこちら「スウィッシャースイート」です。名前のとおり、タバコとは思えないほど甘いテイストなのがおすすめする理由です。リトルシガーなので、サイズも一般的な葉巻タバコと同サイズで、一箱520円と気軽に手が出しやすい価格となっています。アメリカ産なので少々雑味があり、まさしくアメリカンといったところです。

スウィッシャースイートの魅力

スウィッシャースイートは、フィルター部分に甘味料が吹きつけられているので、煙自体にはそれほど甘味はありません。なので、普段はあまり甘いものは吸わないと言う人でも満足することができます。紅茶よりも、濃くて甘めのコーヒーなどのお供にピッタリです。また、リトルシガー故にコンパクトなので、普通の紙巻タバコなどの様に持ち歩くことができます。

とはいえ、紙巻タバコにはない、香りや旨味を感じることができます。さらに、風味のバリエーションが豊富なこともおすすめできる点の一つです。

葉巻なのに低価格

次に、リトルシガーでなく一般的な葉巻タバコですが、とっても低価格で気軽に購入できるおすすめ葉巻をご紹介します。「フロールデコパン・マヤコレクション・コロナクリスタル」は何と言っても700円で楽しめてしまいます。

しかし低価格ながら、葉巻ならではの木の香りとナッツの香り、さらに自然な甘さも併せ持ち、葉巻愛好家から初心者まで、幅広い層から人気を集めています。コーヒーの様な芳香があり、喫感は軽めです。終盤になると、コーヒーと中盤からやってきたスパイシーさが絶妙なバランスを保っています。

プレゼント用におすすめな葉巻

葉巻は、自分が吸って楽しむだけでなく、大人なプレゼントとしてもおすすめです。とくに、高級感や特別感を出したい時にはうってつけです。でも、自分では吸わないと言う人は、種類がたくさんあって何を送ればいいのか分からないという人もいるのではないでしょうか。

そんな人におすすめなのが「コイーバ・マデューロ5・ヘニオス」です。特別なプレゼントであればネームバリューは無視できません。なので人気ランキングでも第一位の「コイーバ」であれば、まずもらった相手も満足してくれることでしょう。

加えて、せっかくのプレゼントなので、長い時間じっくりと味わってほしいです。そこで、コイーバの中でも喫煙時間が60分前後の「マデューロ5・ヘニオス」が最もおすすめと言えます。

初心者におすすめな葉巻

いざ、葉巻を楽しもうとおもっていても、適当に買ってみて強すぎたため吸いきれなかったら勿体無いです。ここでは、初心者の方でも安心して、葉巻の魅力を堪能できるおすすめ葉巻をご紹介します。「キンテロ・ロンドレスエクストラ」は喫感が大変ライトでありながら、上品な木の香りとナッツ系の旨味を楽しむことができます。

また、700円と程コスパなところも魅力です。初心者だけでなく、女性にもおすすめできます。しかし、喫感が軽いからといって吸いすぎに注意しましょう。

生産国別おすすめの葉巻とそのブランド

葉巻のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方【2018年】

葉巻を買うにあたって、やはり個人の趣味嗜好は深く関わる重要なポイントですが、大多数に人気だからといって、自分の好みにも合うとは限りません。ここでは、おすすめの葉巻メーカーやブランドとその代表製品のみをご紹介します。読者の方は、気になるブランドの中から自分にあったものを選ぶことができます。

キューバ産

葉巻生産地としては最も有名なのがキューバです。その特徴は濃厚な風味と独特な香りです。吸った後も、しばらくニコチンの後味が残るほどの濃厚さで、美味しいけど少し強めなものが、キューバ産ならではといったところでしょう。おすすめのブランドは「コイーバ」「モンテクリスト」「ロメオ・イ・ジュリエッタ」です。それぞれの代表製品は、次の通りです。

・ベイーケシリーズ(コイーバ)
・No.2(モンテクリスト)
・チャーチル(ロメオ・イ・ジュリエッタ)

ドミニカ産

キューバ産の次に知名度が高いのが、ドミニカ産です。味も、キューバとは負けず劣らずの仕上がりで、シガーのブランド数も世界最大規模となっています。おすすめのブランドは「ダビドフ」「アヴォ・ウベジアン」「グリフィン」です。それぞれの代表製品は以下の通りです。

・No.2(ダビドフ)
・クラシックロブスト(アヴォ・ウベジアン)
・クラシックトロ(グリフィン)

ホンジュラス産

キューバ、ドミニカと比較すると少々知名度は低いですが、アメリカへの輸出量はドミニカに続く第二位です。良質で安価であるとして古くから知られている。おすすめのブランドは「ドントーマス」「フロール・デ・コパン」「アレックブラッドレイ」などが挙げられます。代表製品は以下の通りです。

・クラシコ・プレジデンテ(ドントーマス)
・MAYAコレクション(フロール・デ・コパン)
・テンパス・ミディアス(アレックブラッドレイ)

葉巻を100%楽しむ

ではいよいよ、葉巻の楽しみ方をご説明します。まずは、十分に楽しむための時間を確保します。シガーは、シガーそのものだけでなく、「吸っている時間」を楽しむことをおすすめします。シガーの香りを存分に楽しみつつ、柔らかく吸うことがポイントです。

何もなく、葉巻だけで楽しむのも良いですが、時にはコーヒーと一緒に読書をしながらだったり、友人とのお酒の席でだったりと、楽しい時間をさらに上質なものにするための嗜好品として葉巻を吸うことをおすすめします。ここでは葉巻を楽しむためには欠かせないおすすめツールをご紹介します。

その1「ライター」

シガーは、通常のオイルライターではせっかくの香りが、台なしになってしまいます。おすすめなのは「ブタンガスライター」です。ZIPPOなどでも、中のオイルをブタンガスのものに変えるだけで大丈夫です。

その2「ターボライター」

ウインドミルガスライターBEEP3バーナーフレーム ニッケルサテンBE3-1001

¥ 2,376

Amazonで見る

口コミ

握った感じがしっくりきて、大のお気に入りです。 火力は細いターボの火で、タバコに火をつけるには十分。 ポケットに入れてもかさばらないが大事です。

外でシガーを楽しみたい時におすすめなのがターボライターです。特に「ウインドミルガスライターBEEP3バーナーフレーム ニッケルサテンBE3-1001」はガス残量が確認できることや、火力の調節が簡単なことがおすすめの理由です。

その3「カッター」

シガーに欠かせないアイテムはライターの他に「カッター」があります。「ギロチンカッター」は初心者でも扱いやすく、特におすすめできるアイテムです。切れ味がよければ、あとは使う人の好みではありますが、中でも「Aosnow」の「ダブルブレード ギロチンカッター」は見た目がスタイリッシュな葉巻専用のカッターなので、非常におすすめです。

おすすめの吸い方

葉巻のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方【2018年】

まず、シガーは紙巻タバコのように深く吸い込まず、口の中で香りを楽しむことをおすすめします。また、紙巻タバコのように、無闇に灰を落とさないように注意が必要です。自然に灰皿に落ちるまでは放置しておくのがマナーです。

落ちた灰の形状で上質なシガーであることと、喫煙者自身のマナーが現れます。また、あまりこまめに吸わず、灰皿から上がってくる煙の香りを楽しむことも、葉巻の醍醐味であり、おすすめする吸い方です。

葉巻でこの上ない贅沢を

葉巻のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方【2018年】

シガーは、嗜好品の中でも最も余裕と贅沢を楽しむことができる趣味の一つです。日常を忘れ、ゆったりとした時間と余裕を思う存分に感じながら、心からリラックスし、変わりゆく味と香りを楽しむことが葉巻を吸う一番の喜びです。皆さんも、シガーで最高の贅沢を味わってみてはいかがですか。

Related