Search

検索したいワードを入力してください

2018年03月05日

ソフトテニスのラケットのおすすめ人気ランキングTOP3・種類

ソフトテニスをする中で、最も悩むのがラケットの選び方ではないでしょうか。一本一本が高額なため、選択ミスはできません。この記事ではラケットの種類と選び方について詳しく解説しています。この記事から自分に合ったラケットを選べるようになりましょう。

ソフトテニスのラケットのおすすめ人気ランキングTOP3・種類

ソフトテニスのラケットの種類と選び方

ソフトテニスのラケットのおすすめ人気ランキングTOP3・種類

ここではソフトテニスのラケットの種類と選び方についてご紹介します。ソフトテニスのラケットを販売しているメーカーとしては、ヨネックスとミズノが有名ですが、他にもダンロップやゴーセン、プリンスなどのメーカーも商品を作っています。

ソフトテニスのラケットに詳しくない人からしたら、どれも同じように見えるでしょうが、ラケットそれぞれに特徴があり、ターゲットにしている層も異なります。これからソフトテニスのラケットについての情報を知り、適切にラケットを選べるようになりましょう。

ソフトテニスのラケットの種類

ソフトテニスのラケットは、主に前衛用と後衛用の2種類に分けられます。ただし、その他に初心者用、オールラウンド用が存在しています。そのため、基本的には前衛用、後衛用に分けられると考えれば良いでしょう。

前衛用ラケットの特徴としては、ラケットの先が軽く、瞬時のネットプレーに対応しやすいことがあります。逆に後衛用ラケットは先が重く、遠心力を利用して強力なボールを打ちやすくなっています。

ソフトテニスは、前衛と後衛の役割がはっきり分かれるスポーツなので、ラケットに求める性能もはっきりと分かれます。そのため、自分のポジションに合わせて適切なラケットを使用することをおすすめします。

ソフトテニスのラケットの選び方

ソフトテニスのラケットの選び方としては、主に三つの段階があります。一つ目は、自分のポジションが前衛か後衛かを判断することです。ソフトテニス初心者の場合、ポジションがはっきり定まっていない場合もあります。その際にははっきり定まるまではオールラウンドな初心者用ラケットを使うと良いでしょう。

二つ目は、ソフトテニスショップの店員さんに相談することです。ソフトテニスショップにはラケットに詳しい店員さんがたくさんいて、あなたの競技レベルに合ったラケットをおすすめしてくれます。

三つ目は、試打ラケットで試すことです。ソフトテニスショップに行けば、試し打ち用のラケットを借りることができます。実際にボールを打ってみてから選ぶことが重要です。

前衛向きおすすめラケット

ネクシーガ90V
ネクシーガ90V

前衛におすすめのソフトテニスラケットは、ヨネックスの「ネクシーガ90V」です。このラケットは上級者向けとなっており、強力なパワーと正確なコントロールを兼ね備えています。特に大学生・社会人の選手だと、筋力が強すぎてボールが飛びすぎてしまうこともありますが、このラケットは適切にパワーをボールに伝えることができるのでおすすめです。

反対に、力のない中学生や初心者にはおすすめできません。ある程度の筋力と技術がある選手向けに作られたラケットのため、パワーのない選手ではボールを適切に飛ばすことが難しいラケットになっています。中学生や初心者は、中級者向けのソフトテニスラケットを使用することをおすすめします。

後衛向きおすすめラケット

ネクシーガ80S
ネクシーガ80S

¥ 24,840

後衛向きのおすすめソフトテニスラケットは、ヨネックスの「ネクシーガ80S」です。このラケットは、ロングセラーとなった「ネクステージ80S」の後継商品で、強烈なドライブ力がおすすめポイントのラケットです。ドライブ力と並外れたラケットのしなりで、コントロール性やカウンター力に優れています。

このラケットは、ソフトテニス上級者はもちろん、中高生にも幅広く支持されています。後衛の中でも、シャープなスイングでラリー重視の後衛におすすめのラケットです。上級者向けではありますが、ガットのテンションを下げれば、力のない選手でも十分ボールを打てるラケットにもなっていますので、ある程度技術がついたらぜひおすすめしたいラケットです。

ソフトテニスおすすめラケットの人気ランキングTOP3

ここではソフトテニスおすすめラケットの人気ランキングTOP3をご紹介します。ソフトテニスラケットを選ぶ際に、自分と同じポジションの選手がどんなラケットをおすすめしているのか、どんなラケットを使っているのかを知ることは非常に重要です。人気のソフトテニスラケットには、必ず理由があります。

今回は、前衛・後衛・シングラーに幅広く支持されているソフトテニスラケットを選びました。どんな選手にもおすすめできるラケットばかりですので、ぜひ一度試し打ちしてみることをおすすめします。

3位「Xyst ZZ」

十数年に渡って多くの後衛に支持されているソフトテニスラケットが、ミズノの「Xyst ZZ」です。このラケットのおすすめポイントは、強力なパワーをしっかりと吸収してボールに伝える力と、強烈なしなりによるドライブとコントロールです。つまり、ストロークタイプの後衛が求める性能すべてを手に入れることができるラケットになります。

ただし、どちらかというと上級者向けのラケットで、それなりの筋力が必要なラケットですので、ソフトテニス初心者や中学生にはおすすめできません。ある程度実力がついてから、もしくは筋力がついてから使用することをおすすめします。

2位「Xyst TT」

Xyst TT
Xyst TT

¥ 25,920

前衛用ソフトテニスラケットとして、ミズノのロングセラー商品となっているのが、「Xyst TT」です。このラケットのおすすめポイントは、強烈な弾き力です。前衛用ラケットに求める性能の一つに弾き力があります。これはボレーを確実に一発で決めるために必要な性能で、TTはその弾き力を極めた商品になっています。

またソフトテニスラケットの中でも非常に軽く、扱いやすいことから、コントロール性にも優れています。ラケット自体がとても振りやすいため、後衛の選手でもTTを使う選手がいます。このように、前衛用ラケットでも、後衛にもお勧めできるラケットがあるので、さまざまなラケットを試してみることをおすすめします。

1位「ネクシーガ90D」

ネクシーガ90D
ネクシーガ90D

ヨネックスの「ネクシーガ90D」は、オールラウンドなシングルスプレーヤーにおすすめのラケットです。ラケットを上でさばく場合には先軽に、ラケットを振る場合には先重になるという非常に珍しい構造をしています。そのためボレーにもストロークにも対応できる万能ラケットとして、多くの選手におすすめされています。

近年のソフトテニスでは、シングルスの需要が高まったり、ダブルス二人がネットプレーもストロークもする並行陣が流行っており、「ネクシーガ90D」のようにオールラウンドな上級者向けラケットが求められています。前衛と後衛による従来のソフトテニスでは対応できない部分に対して、こうしたラケットが活躍する場面が増えているということです。

初心者向け・特徴別おすすめのソフトテニスラケット

ここでは、初心者向け・特徴別おすすめのソフトテニスラケットをご紹介します。ソフトテニスを始めたばかりの初心者は、基本的に初心者向けのオールラウンドなラケットを使用すれば良いのですが、自分のポジションが定まってきて、技術も向上してきた時に買う二本目のラケットに悩むことは多いのではないでしょうか。

また、後衛は二本シャフトのラケットと、一本シャフトのラケットから選ぶことができ、どちらを選べば良いか分からない人が多いことでしょう。特に中高生は、ラケットをたくさん買ってもらえるわけではないため、ラケット選びが重要となってきます。

2本目のラケットにおすすめ

ネクシーガ50S
ネクシーガ50S

¥ 20,520

二本目のラケットとしておすすめなのが、ヨネックスの「ネクシーガ50S」です。これは後衛用ラケットですが、前衛の場合は「ネクシーガ50V」を使うと良いでしょう。このラケットをおすすめする理由は、ラケット自体が柔らかく、力があまりなくてもしっかり飛ばすことができる点です。

初心者から中級車のランクアップした際に、多くの選手が上級者向けのソフトテニスラケットを選んでしまいがちですが、自分の競技レベルに合わないラケットでは上達しません。二本目には、中級者向けラケットを購入しましょう。その方が自然にボールに力を伝えることができるようになるので、力みの少ない自然なフォームを習得することができます。

おすすめの一本シャフト

アイネクステージ700
アイネクステージ700

後衛用ソフトテニスラケットの中でも、一本シャフトは通常のラケットとはまた違う性能を持っています。一本シャフトの場合は、二本シャフトよりも操作が難しい分、遠心力やしなりが強く、強烈なボールを打つことと、強力なドライブをかけることを両立することができます。

その中でもおすすめなのが、ヨネックスの「アイネクステージ700」です。おすすめポイントとしては、一本シャフトの中ではラケット面が大きく、ボールを捕らえやすいこと、ラケット自体が柔らかいため、ボールを飛ばしやすいことがあります。しかし一本シャフト自体が上級者向けなので、初心者にはおすすめしません。後衛の中でもストロークに集中するタイプにのみおすすめです。

おすすめのソフトテニスのラケットのメーカー・ブランド3つと代表製品

ここでは、おすすめのソフトテニスのラケットのメーカー・ブランド3つと代表製品をご紹介します。ソフトテニスラケットを販売しているメーカーはたくさんありますが、多くの選手に支持されているメーカーは、ヨネックス・ミズノ・ダンロップの三社です。この三社は、古くからラケットの生産に力を尽くしてきました。

メーカーでソフトテニスラケットを選ぶ際に、メーカー所属の選手の実際に使ってみた感想を参考にすることをおすすめします。一流の選手たちが、選手としての視点と、メーカーとしての視点を使い分けて語っているので、非常に有用な情報になっています。

ミズノ「ディープインパクトZフォワード」

ディープインパクトZフォワード
ディープインパクトZフォワード
口コミ

打ちやすく価格もリーズナブルで、同じものを後日再購入しました。

ミズノのソフトテニスラケットの中でおすすめしたいのは、「ディープインパクトZフォワード」です。このラケットのおすすめポイントとしては、ボレーもストロークも対応できるオールラウンドな性能を持つことです。元々ダブルフォワード向けに販売されたラケットでしたが、シングルスプレーヤーにも支持されています。

またラケットの形状がどちらかというと後衛向けのラケットに近いため、後衛にもおすすめできるラケットになっています。実際に一流の後衛選手が使用している例もあります。後衛が使用する場合には、操作性を求めるコントロールタイプや、あまり力のないタイプにおすすめします。

ヨネックス「ネクシーガ90G」

ネクシーガ90G
ネクシーガ90G

¥ 25,920

ヨネックスのソフトテニスラケットの中で、代表製品としておすすめしたいのが、「ネクシーガ90G」です。これは完全に上級者向けの一本シャフトラケットです。おすすめポイントとしては、圧倒的な操作性と、ありあまるパワーを正確にボールに伝える機能、鋭いスイングとドライブ力によるコントロール性です。これらは競技レベルの高い後衛が求める性能ばかりで、実力のある後衛ほど、このラケットを使っています。

ヨネックスとしても、上級者が満足するラケットを追求して生産しているので、初心者には絶対におすすめできないラケットです。後衛としての実力が高まり、自分の求める機能を備えているのがこのラケットしかない、と判断した時に使用するようにしましょう。

ダンロップ「スリクソン500V」

スリクソン500V
スリクソン500V
口コミ

私は素人なので、ラケットについてよく知りませんが、この値段ならありだと思います!

ダンロップのソフトテニスラケットには、非常にコアなファンが多いです。特にダンロップの前衛用ラケットは非常に性能が良いものが多く、長年ダンロップの製品を使い続けるソフトテニスプレーヤーもいます。

その中でも「スリクソン500V」は、幅広い選手層におすすめのラケットです。ラケット自体の操作性に長けており、しっかりとボレーを決めることができるラケットです。ソフトテニスをしていると、どうしてもヨネックスやミズノの商品に注目しがちですが、ダンロップの製品も試し打ちをしてみることをおすすめします。

ソフトテニスのラケットの使い方

ソフトテニスのラケットのおすすめ人気ランキングTOP3・種類

ここではソフトテニスのラケットの使い方についてご紹介します。主に普段の消耗品の管理の仕方を中心に説明していきます。ソフトテニスラケットにおいて、消耗品はガットとグリップテープの二つです。常にボールや手と触れるこの二つは、プレー中常に消耗しています。そのため適切に交換することが重要です。

しかしソフトテニス初心者にとっては、どのタイミングでガットやグリップテープを交換したら良いか分からない人も多くいるでしょう。具体的な交換の目安や、そのやり方についてご紹介していきます、

ガットの張り方

ガットを張る方法は二つあります。一つはソフトテニスショップに行って、プロのストリンガーに張ってもらうという方法です。この場合は、プロのストリンガーが機械でガットを張ってくれます。そのため、ガットのテンションや重ね目などが正確になり、いつ張り替えても同じ品質で使用することができます。

二つ目は、昔ながらの手張りを自分でやる方法です。しかしこの方法は、テンションのずれやミスが起こりやすいためおすすめしません。自分でやるよりは、ソフトテニスショップに行って張り替えましょう。多少工賃がかかりますが、それでも正確にガットを張れる利点にはかないません。適切なガット交換は、技術の向上にも直結していますので、適切に行いましょう。

グリップの巻き方

グリップの巻き方には、個人差が大きく表れます。クッション性が欲しい人は、グリップテープを厚めに巻きますし、グリップの角を意識したい人はグリップテープを伸ばしながら薄く巻きます。他にもグリップの重ね目を重視したいひとや、左利き用の左巻きなど、さまざまな種類があります。

しかし初心者の方にとっては、どうやって巻けばいいかも分からないという場合があるのではないでしょうか。そんな時は、先輩に聞いたり、ソフトテニスショップに行って店員さんに相談してみましょう。特に店員さんは、さまざまなタイプの選手を見ているので、あなたに合ったグリップテープの巻き方を教えてくれます。

ガットとグリップの適切な交換基準

ガットとグリップは消耗品だと説明しましたが、実際にどのタイミングで交換すれば良いのでしょうか。グリップテープは主に、プレー中に滑る・ずれると感じたらすぐに交換します。グリップがずれてしまうと、正確にラケット面を出すことができず、正確にボールを打つことができません。

ガットは、表面の加工が剥げて、茶色に汚れてきたら交換のタイミングです。慣れてきたら、打球時の感覚でガットが緩くなってきたなと感じたり、ボールの飛び方が変に感じたら交換するようにしましょう。

ソフトテニスラケットの活用方法

ソフトテニスのラケットは、実際にボールと直接触れる部分であり、プレーをする中で非常に重要なツールになります。しかし、ラケットのデザインやガット・グリップのカラーリングなど、視覚的な面で楽しむこともできるのが、ソフトテニスの楽しみ方の一つです。

特に自分好みのラケットにカスタマイズすれば、自然とプレーへのモチベーションが上がり、上達しやすくなります。ぜひ自分だけのラケットにデザインして、ソフトテニスを楽しみましょう。

自分に合ったラケットでテニスを楽しもう

ソフトテニスを楽しむためにも、技術が上達するためにも、大会で勝つためにも、自分に合ったラケットを選ぶことは非常に重要です。特に自分の競技レベルに合ったラケットは、あなたの上達を支える大切なツールです。ラケットの種類はとても多く、選ぶのが大変ですが、時間と労力をかけるだけの価値があります。

ラケット選びだけでなく、ソフトテニスに関して困ったことがあれば、ぜひソフトテニスショップを活用しましょう。店員さん自身もソフトテニスプレーヤーですし、アドバイスのプロでもあります。あなたにどんな商品が合うのか、しっかりと助言してくれます。一人で悩まずに、たくさんの人の力を借りながら、適切なラケットを選びましょう。

Related