Search

検索したいワードを入力してください

2018年08月17日

ミノーおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方【2018年】

より確実に魚を釣り上げたいなら、ミノーの使用がおすすめです。ミノーは魚の形をしており、時に本物の小魚にも似た動きをします。おすすめすべきは、その美しさや、見た目や動きのリアルさです。時にリアルに、時に鮮やかに泳ぐミノーでお目当ての魚を釣り上げましょう。

ミノーおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方【2018年】

ミノーの種類と選び方

ミノーおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方【2018年】

アウトドアにも色々と種類があります。その中の一つ、フィッシングはキャンプにおいて食糧を調達でき、日常では味わえない水との戯れが経験できるおすすめのスポーツです。

フィッシングでは竿やリールなどの道具も重要視されます。今回は、魚たちの目を引くミノーをご紹介しましょう。

ミノーとは、ルアーの一種で、魚の形をしたものを指します。単に魚に似ているだけではなく、お目当ての魚に合わせた形状や動きも再現したおすすめのアイテムです。

ミノーの種類

ミノーの種類の前に、フィッシングにおけるミノーの動きなどをご説明しましょう。目標の魚により、使うミノーも違ってきます。ここでおすすめしておくことは、目標の魚の性質をある程度おさえ、それを釣り上げるのに適したミノーを使うことです。

ミノー、ルアーは元々魚を釣り上げるための疑似餌であり、魚の気を引くことが重要となります。ミノーは種類によって、水面近くを漂うか、底まで沈むかも違ってくるので、その辺りも把握しておきましょう。

ショートビルミノー

ミノーの口元には、リップと呼ばれる部品があります。このリップの長さはミノーによって異なり、潜行深度に現れてきます。

ショートビルミノーの場合はリップが短く、あまり深いところまで潜りません。浅瀬にいる魚を捕まえるのにおすすめです。

ペンシルミノー

流線型でスティック状のミノーです。あまり動きはなく、浮きやすい特徴を持ちます。長所として、飛距離が出やすいことが挙げられます。

ロングビルミノー

ロングビルミノーはリップが長いものを言います。単純に深く潜る、というわけではありません。水面から深いところまで、手腕によっていくらでも潜行深度を変えられる利点を持ちます。

ミノー関連の用語

ソルトウォーターフィッシング

ソルトウォーターとは、文字どおり塩水、つまり海で行うフィッシングを指します。海水魚を釣り上げるのが目的ですが、それ以上に海水という場所に適した作りが特徴です。錆びに強く、フレッシュウォーター(淡水魚用)のミノーよりも重くできています。

フレッシュウォーターフィッシング

川などで淡水魚を釣るのがフレッシュウォーターフィッシングです。渓流釣りもこれに含まれます。魚の性質やフィッシング歴などから、潜行速度の違う三種のミノーが選べるのが可能です。

リーリング

リールを巻き取ることをリーリングと言います。ミノーの種類によってはリーリングも必要となってきますので、覚えていた方がいいでしょう。

リップレス

リップがないミノーのことです。他のミノーと比べると遠くに飛ばすことができ、広い範囲でのフィッシングが楽しめるおすすめのミノーと言えます。

レンジ

ミノー、ルアーがよく泳ぐ、水の中間あたりです。単なる水面とそこの中間地点ではなく、目標の魚が泳いでいるあたりをレンジと呼ぶこともあります。

サーフ

砂浜などをサーフと呼びます。砂浜からのフィッシングをサーフフィッシングと言い、波打ち際に立って行うことも少なくありません。

トゥイッチ

ミノーやルアーに不規則に振動を与えることをトゥイッチと言います。これはロッドを軽く、かつ細かく動かすテクニックです。これにより、ミノーの動きが不規則になり、魚も食いつきやすくなるという寸法です。

ジグ

ミノーと比較されることもある、ルアーの一種です。金属でできているため重みがあります。見た目にはそれなりに魚の形状をしていますが、ミノーほど精巧な見た目ではありません。ジグ、もしくはメタルジグと称されます。

ミノーの選び方

先にも述べたとおり、比較的初心者におすすめなのが、フローティングミノーです。流れに手を取られてしまうことがないよう、まずはフローティングミノーの使用から始めましょう。

とはいえ、どんなにミノーが良くても、場違いなミノーを使うのは宝の持ち腐れにしかなりません。魚の習性、釣るのに適したシーズンやフィールドを良く調べておくのもおすすめです。

カラーリングに関して言えば、本物の小魚に近いものが理想ですが、白も濁った水で使用する時などに活躍します。

ミノーのおすすめランキング

ミノーおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方【2018年】

ミノーのセールスポイントは何か。単に水中に垂らすだけでは魚は釣れません。リールによるある程度の操作性や、魚の気を引くテクニックなども必要となってきます。 おすすめすべきミノーとは、魚の気を引きやすいカラーリングや操作性を備えたミノーです。

第3位:メガバス

Megabass ルアー

¥ 2,106

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

東京湾のシーバス、というか青物、シーラ何でもいける最高のルアーでしょうね。数十個ルアーを持っていますが結局このルアーとバイブレーションしか釣れません。

フィッシングを始めとするアウトドア用品を多く扱うメーカーです。メガバスの扱うミノーは海外のアウトドア愛好者にも人気を博しています。理由は、時にリアルな魚の形状を模し、動きがいいためです。

使い勝手の良さが、メガバスのミノーのおすすめポイントと言えます。獲物を選ばない点もおすすめです。

食いつきがいいということはそれだけ魚の目にも触れやすいことを示します。それはミノーとして何よりもおすすめの機能と言えるでしょう。 メガバスのミノーのビジュアルはリアルなものも多く、日本の職人の心意気を感じられる作りとなっています。

第2位:デュエル

デュエル(DEUL)ミノー ハードコア

¥ 1,588

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

シャローミノーが欲しくて購入。泳ぎもよく飛距離もそこそこ、塗装も綺麗でしっかりと頑丈なのでヒラメやサワラに噛まれても剥がれないので、お気に入りです。

あらゆる釣具を揃えるDUELがおすすめなのは、重心を移動させるなどの独自のシステムを採用しているためです。ニューマグネットと呼ばれるこのシステム、他のメーカーでも開発しています。

DUELはさらに、無駄を排除したデザインを取り入れてのミノーを越える飛距離を生み出すことに成功しました。

お目当ての魚を釣るのには、よく飛び、よく泳ぐミノーが重要視されます。DUELのミノーはそうした機能を全て詰め込んだおすすめのブランドです。

ものによっては150㎝の深さまで潜ることもできます。魚の目を引きやすい加工を施している上に、ごくごく自然でバリエーションの多い動きをしますので、ターゲットの魚も食いつきやすいです。

第1位:シマノ

シマノ シンキングルアー 熱砂

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

ヒラメを狙うために何色か買って、だいたい決まった場所でやっていますが一番このカラーが釣れました。飛距離が出ることと、動きがよくわかるので操作がしやすいと思いました。

シマノのミノーは重心移動機能による飛距離や泳ぎの性能が両立されたミノーを多く生み出しています。

2018年にはエクスセンスと呼ばれる新作も出ており、このモデルは遊びにも本格的なフィッシングにも使えるおすすめのシリーズです。

シマノは釣具専門のメーカーであるため、ユーザーのニーズをとことんまで追求、結果おすすめすべきミノーを多く生み出すに至りました。

特徴別おすすめのミノー

ミノーおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方【2018年】

ミノーにも複数の種類が存在することは既にご説明しましたが、今度はミノー自体の特徴別におすすめの品を見ていきます。

水中のどのあたりに留まるか。それが大まかなミノーの特徴です。お目当ての魚を釣り上げるためのミノーを探してください。

フローティングミノー

シマノ フローティングルアー コルトスナイパーロックドリフト

¥ 2,268

Amazonで見る

口コミ

先日注文を入れ今日届いたので、早速シーバス釣りに使ってみました。40.5㎝のシーバスを見事ゲット!

フローティングミノーは水面を漂うタイプです。魚の種類を選ばず、バス釣りなどでもメジャーなミノーと言えます。水面に近いので、水の上から中間点の辺りを泳ぐ魚を狙えるのがフローティングミノーです。

ミノーの中でも軽い方に入り、比較的扱いやすく汎用性もあるので初心者にもおすすめできます。

こちらのミノーはサワラ、ぶり、ヒラマサなどを釣るのにおすすめです。場合によっては大物のシーバスを釣ることをできます。

シンキングミノー

フローティングミノーと比べると、わずかに水の中間あたりにとどまるタイプのミノーです。大抵はすぐに沈んでいき、放っておくとどんどん沈んでしまうので、中間にとどめておくにはそれなりの腕も必要になります。

とはいえ、リールを使えばそんなに難しいミノーでもないので、上級者でなくともおすすめできるミノーです。シンキングミノーはあまり水面に上がってこない魚などを釣るというより、釣る魚の選択肢が増えるという点でおすすめできます。

おすすめの使用方法は、まず上から投げ入れて、段々鎮めていく方法です。探りやすさ、釣りやすさもおすすめの理由と言えるでしょう。

シャローミノー

コーモラン ミノー シャローマジック

¥ 1,426

Amazonで見る

口コミ

メバルが浮いてるけどリッジじゃ食わない時、こいつを投げると釣れます。よく飛ぶし、良いですよ!

フィッシングにおいて、浅瀬をシャローと言います。そうした浅瀬でのフィッシング用に作られたのがシャローミノーです。

シャローミノの特徴として、リップが短いことが挙げられます。リップが長いものは深い部分に潜っていくので、浅瀬で使うシャローミノーのリップは短いつくりです。浅瀬の魚を狙うならおすすめのミノーと言えます。

こちらは20㎝までの水深を狙えるミノーです。あまり比重も高くないので扱いやすくおすすめできます。飛距離もあるので、爽快なフィッシングタイムを過ごせるでしょう。

用途別おすすめのミノー

ミノーおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方【2018年】

次いで、魚の種類や自然と釣り堀など、用途によって異なるおすすめのミノーをご紹介します。ここでいう用途とは、ターゲットの魚やフィールドに適したミノーの使用方法です。

ヒラメ釣りにおすすめ

シーバス フローティング トップレスミノー

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

サーフでヒラメ釣りに使ってます。そこそこ飛ぶし、よく泳ぎます。

ヒラメを釣るのにおすすめの季節は秋冬だとされます。一年をとおして釣れますが、この時期は脂がのっていて、身も分厚いのでおいしいのが一つの理由です。春頃に産卵をするので、子持ちのヒラメを釣るなら3月から5月にかけてがおすすめのフィッシング時期と言えます。

ミノーを使ってのフィッシングともなると、夏場もおすすめです。この時期は水温も暖かくなって、ヒラメの動きも活発になります。疑似餌であるルアーに、積極的に食いつこうとするでしょう。

ミノーを使ったフィッシングでヒラメを釣り上げるなら、夏ごろがおすすめです。無論、秋ごろでも十分活躍してくれるでしょう。こちらのミノーは初心者でも使いやすく、シーバスなども釣れます。

サクラマス釣りにおすすめ

サクラマスは、サケと同じく海に下り、川へと戻る回遊魚です。種類によっては一生を川で過ごすこともあって、川釣りが基本とされます。

川を上るのが春の初めころ、水温の上昇する5月あたりがサクラマス釣りにおすすめのタイミングです。河口の近く、海水と淡水の混じった汽水域と呼ばれる辺りで休憩することが多いので、そこを狙う人も少なくありません。

こちらはウェイトが固定されており、流れの早い所でも深く潜ってくれます。計算され尽くしたボディラインで、サクラマスだけではなくその他の大物も釣り上げられるでしょう。

バス釣りにおすすめ

クリークエッジ ミノー 8個セット

Amazonで見る

口コミ

このルアー初キャストでバックラッシュを直して巻いたら釣れた。この値段なら根掛かりを恐れずに投げられるから気分がいい。

バスと言えば、やはりブラックバス、それも大物を釣り上げたいでしょう。大物を釣り上げるには、やはり魚の目に留まらなくてはなりません。

こちらのミノーのおすすめポイントとは、バイブレーションボールを搭載している点です。小魚にも似た動きを演出し、バスも食らいつきます。あまり大きな動きをしないので扱いやすく、適度に狙ったポイントに落ち、魚を引き寄せてくれる点もおすすめです。

バスことブラックバスは季節によって釣り方やポイントも違ってきます。春は水深が2mに満たない浅瀬でも釣ることが可能です。夏は水温があまり上がらない木陰などを探るのがおすすめと言えます。秋には活動的になりますので、このミノーでおびき寄せましょう。冬はあまり動きませんので、バスのいる場所を見極めるのがおすすめです。

こちらのミノーは動きに定評があるので、ぜひお試しください。

メバル釣りにおすすめ

デュエル(DUEL)ミノー ハードコア 3g 50㎜

¥ 1,134

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

釣具屋さんには置いてなかったので、見つかってうれしいです!!

春告げ魚の異名を持つメバルは、その名のとおり春の初めころよく海釣りのターゲットとして親しまれています。メバルは強い警戒心を持っており、改装や岩の間などに潜み、移動することが多いです。

おすすめのフィッシングシーズンは11月から2月にかけての産卵時期に当たります。元々メバルは暖かい水を好まないので、冬場がおすすめです。

こちらのミノーは小型で、派手なアクションというよりも高い操作性を持ちます。メバルは複雑な岩場やテトラポットといった攻めにくいポイントに潜んでいることがあるので、そうしたメバルを捕らえるには適したミノーと言えるでしょう。

カラーリングは16色ですので、これは、と思ったものをお選びください。

青物釣りにおすすめ

ヒーロー釣具 メタルバイブレーション ルアー 5個セット

Amazonで見る

口コミ

飛距離、値段、塗装強度、泳ぎのどれをとっても満足です。

青物とはイワシ、サバ、カンパチ、シイラといった青魚のことを示します。青物は皆海水魚で、群れを成すことも少なくありません。青物は5月から7月、また10月から11月にかけての2シーズンによく釣れます。秋に連れる方が脂が乗っており、いつ釣るかの目安にもなるでしょう。

海という場所は、時に強風にあおられることもあります。こちらのミノーはそうした強風の中でも目指すポイントに向かって飛んで行き、着水、潜行をしてくれるおすすめのミノーです。

深い海の中でも潜ってくれるので、青物でもヒラメでも、大抵の海魚は釣れます。塗装も強いので、魚の目を引くことは間違いありません。

エリアトラウト釣りにおすすめ

スミス ミノー DDパニッシュ

¥ 1,728

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

釣れる!!、さすが安定したスミスです。メキシコで使用してます。

トラウトとはマスのことです。エリアトラウトとは、人間が管理する施設内を泳ぐマスのことを言います。そうした場所と言えば釣り堀が有名です。と言っても昨今では自然の池を元にしたエリアも存在します。狭苦しさはなく、開放感や本格的なフィッシングも可能です。

場所によっては、エリア用に改良されたトラウトを泳がせている所もあります。こうした場所でのフィッシングはのんびりと釣りを楽しむ、というより他者との釣果を競ったりする一種のゲーム性もあるので、ミノーは意外と重要です。

そこでおすすめのミノーがこちら。泳ぎに関して高評価を持つパニッシュ製品をさらに改良したDDパニッシュです。

重心移動機能こそありますが、DDパニッシュは一度決まったら中々ウェイトが動きません。これにより、安定した釣果が期待できます。

管釣りにおすすめ

釣りルアー クランクベイト

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

良く出来てます!この価格で安すぎる出来栄えです。大満足です。

管釣りとは、エリア同様、人間により管理された場所でのフィッシングです。違うのは多種多様な魚を扱っている点にあります。

管釣りは、場所によっては狭い所もあるので、小型のミノーを使用するのもいいでしょう。こちらのミノーは、小さいながらカラーリングのみならず性能も確かなもので、泳ぎも飛びも他のサイズのミノーと何ら遜色はありません。

むしろ狭い所にも入っていくので、管理された場所でのフィッシングに適した、おすすめのミノーと言えるでしょう。

本流釣りにおすすめ

本流とは、渓流のフィールドの一つです。谷川を示す渓流には支流と呼ばれる流れがあります。

本流とは、その支流の合流地点です。ここには海から上がって来たものや元から川に住むものまでいろいろな魚が集まっています。フィッシングのフィールドとしては、まさにおすすめの場所です。

魚だけではなくその餌となる生物も多数生息しているので、比較的水温は温かく、エサの豊富さも相まって大きな魚が釣れます。本流釣りで釣れる魚はヤマメやサクラマスといったものが主流です。

多くの流れが集まる本流釣りの中で重要なのが、安定性です。こちらのミノーはその安定性を持っており、操作性も高いのがおすすめと言えます。魚の食いつきを誘う設計もされているので、張り切って使用してください。

おすすめのミノーのメーカー3つと代表製品

ミノーおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方【2018年】

アウトドアの中でも、フィッシングは水という身近にしてどこか非日常的なステージで行われる特殊なスポーツです。

そんなスポーツをより盛り上げてくれるおすすめのミノーは、どこのメーカーがいいのか。どういった点がおすすめなのかを見ていきましょう。

メジャークラフト・ジグパラ

メジャークラフト ジグパラ

¥ 626

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

春先の4月の終わり頃、30ちょいのコノシロが掛かってきました。このサイズの魚でさえ食ってくるってどんだけ優秀なんですか!

メジャークラフトは、2002年に大阪で誕生した、釣具関連のメーカーです。経費削減のために海外での製造を行った結果、他社製品と同じ値段でより良い製品を作ることに成功しました。

ジグパラはどんな場所か、またターゲットかを選ばずいかなるアクションにも臨機応変に対応可能なおすすめのシリーズです。魚型でありながら、ひれなどの余計な装飾が付いておらず、必要最低限のシルエットにより抵抗をなくし、抜群の飛距離を得ました。

個性的な塗装も単に目を引くだけではなく、はがれにくい強さを持っています。強さ、速さ、泳ぎの性能と、およそミノーに必要な要素をすべて持ったシリーズです。

確実にターゲットをとらえるべく、フックも計算されて付けられています。触れただけでもすぐターゲットに引っかかる設計です。

スミス・D-コンタクト

スミス D-コンタクト 50 TYPE-Ⅱ

¥ 1,782

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

やっぱり良く釣れる。間違いの無いルアー。

東京都に本社を置くSMITH(スミス)のD-コンタクトは、渓流釣りの革命児的な存在です。ヘビーシンキングミノーの人気が上がったのは、ひとえにD-コンタクトがきっかけとまで言われています。

それまでのシンキングミノーとは何が違うのか。それは慣性スライドと呼ばれるシステムです。従来のミノーでは、トゥイッチなどで動かし、その動きが止まった場合はミノーがずっと止まったままになります。

D-コンタクトは慣性スライドにより動きが止まることなく泳ぎ続け、より魚が食いつきやすくなりました。

従来のミノーでは場所によって取り替えざるを得ない状況になっても、D-コンタクトは臨機応変、変幻自在に対応してくれるので取り換えの必要が生じません。つまり、D-コンタクトがあれば、他のミノーを持って行かずともいいことになります。

反射率も高いので、魚の目に止めるにはおすすめのミノーと言えるでしょう。

ジャクソン・ピンテールチューン

Jackson(ジャクソン) ミノー ピンテールチューン 90㎜

Amazonで見る

口コミ

浜辺または防波堤またはテトラの上から、シーバス、マゴチ、ヒラメ狙いで使いました。よく飛ぶので広範囲を探れます。

ジャクソンは1980年静岡で産声を上げました。創業当初からルアーを輸入、販売している会社です。輸入品だけではなく、ジャクソンオリジナルのミノーも多数発表、販売しています。

そんなジャクソンが開発したミノーから、おすすめのピンテールチューンをご紹介します。見た目はミノー、しかし重さはどちらかと言えばメタルジグのそれに当たるのがピンテールチューンです。

ピンテールチューンは、ルアーやミノー、メタルジグにさえ気にも留めないターゲットを釣り上げるために生まれました。

ウェイトの位置や重さの程度を細かく計算し、その結果メタルジグと同じくらいよく飛ぶミノーとして完成、今に至ります。

こちらのミノーは、大型の魚も釣り上げられるほどの飛距離を持つミノーです。

ミノーの使い方・活用方法

ミノーおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方【2018年】

種類によって、ミノーの活用法はもちろん変わってきます。ではどのように使えばいいのでしょう。

リップが長いミノー(ロングビルミノー)は、余計な動きをせずともかかることが多いです。リップが短い場合は、時にリールを細かく動かしながら巻き、ミノーを動かして魚の関心を引きましょう。

リップレスミノーの場合は水面でミノーを動かして波を起こしたり、左右に揺らしたりといったアクションが必要となります。 

ペンシルミノーは夜間や、よく動くミノーに対し、ターゲットが関心を持たなくなった時などに使いましょう。きわめて自然でゆっくりとした動きが魚を誘います。

いずれの場合も、種類や場所に応じての使用が肝心です。一番重要なのは「焦らないこと」これにつきます。

ミノーは架け橋

ミノーおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方【2018年】

フィッシングにおいて最高の瞬間は、魚を釣り上げた時です。糸を垂らし、ミノーに食いつき、魚との駆け引きの果てに吊り上げる。それがフィッシングです。

人は釣ろうとし、魚は釣られまいとします。この駆け引きの中、ある魚に対して種の友情めいた気持ちが芽生えることもあるでしょう。魚の力強さに、自然の強さを感じることもあります。両腕にずしりと来る確かな息吹を釣り上げる瞬間は、命を感じる瞬間です。

人間も自然の一部であり、魚もまた同じ仲間なのだと、釣り上げた魚に敬意を示しましょう。ミノーは魚を釣るためのツールであると同時に、魚との駆け引きをし、自然と人間とをつなぐツールでもあります。

魚が食いついたその時点で、何かの息吹を感じることでしょう。ミノーは人間と魚の架け橋とも言えるアイテムです。

Related