Search

検索したいワードを入力してください

2018年08月29日

アドレスV125タイヤおすすめ人気ランキングTOP3【2018年】

今回は「アドレスV125タイヤおすすめ人気ランキングTOP3」と題して、「アドレスV125タイヤおすすめ人気ランキングTOP3」についての詳細情報のご紹介をはじめ、「アドレスV125に履かせるタイヤ」についての「お役立ち情報」をご紹介します。

アドレスV125タイヤおすすめ人気ランキングTOP3【2018年】

アドレスV125タイヤの種類と選び方

アドレスV125タイヤおすすめ人気ランキングTOP3【2018年】

アドレスV125というのはスズキ製の「万能タイプのミニバイク・スクーター」のことを指し、特にロードバイクとしてはかなり高性能を誇る「カスタマイズが豊富に用意されたバイク」となります。

このアドレスV125の良点はまず「パーツを傷付けることなく(消費や摩耗させることなく)かなり長期間持続する形で利用することができる」という特典があります。そのため、その場合のタイヤ選びのおすすめとしてはもちろん「アドレスV125に適したタイヤ選び」と「そのタイヤの性能を十分に発揮させてくれるパーツの搭載」となります。

アドレスV125とは

アドレスV125タイヤおすすめ人気ランキングTOP3【2018年】

先述しましたように、アドレスV125の特性はまず「燃費がものすごく良い点」にあり、そのためにタイヤやマフラーをはじめとする「常備するパーツの選び方」にもかなり多岐に渡るおすすめ方法が用意されています。

特に「モータース雑誌」でも詳細に紹介されている内容では「スズキ製バイクの特典」として大きく認められる点は「テールランプやウィンカーなどをはじめとする、電子経路に関する燃費が非常に良い点」があげられています。その特典に上乗せする形で、おすすめタイヤの選び方についても慎重に検討することの大事が問われています。

アドレスV125は燃費がよい

アドレスV125タイヤおすすめ人気ランキングTOP3【2018年】

アドレスV125をはじめとするスズキ製のバイクの特典として、この「燃費が良い」という最大の特徴が人気を博しており、その燃費をさらに良くするために「おすすめのタイヤの選び方」が実にその効果を発揮してくれます。

アドレスV125は特に「前後のタイヤのサイズが違う」といった、他のバイクにはあまり見られない特徴が付いており、その独自の特典によってあげられるのは「燃費の良さに加えた故障の少なさ」にピックアップされます。

故障することがほとんどないアドレスV125の特典を念頭に置く上で、常にその車体を支えるタイヤ選びに関してはやはり情報誌などをしっかり参照しておき、少しでも特典となるベターなタイヤ選びがなされることがおすすめされるでしょう。

タイヤ選びとおすすめのマフラー

アドレスV125タイヤおすすめ人気ランキングTOP3【2018年】

バイクを購入する際に最も注意したい点は、「エンジンの性能」と「燃費」、そして車体を常に支え続ける「タイヤが持つ機能性」です。

この中でも「エンジンの機能・性能」についてはバイクの車種によって違うため、初めから「バイクを選ぶ時点で決めておくこと」が余儀なくされ、その「燃費」にしても実際に使用していかなければ、どのように扱って良いかはわかりません。

しかし「タイヤ選び」だけは初めからその機能性が熟知されているため、おすすめされる選び方を慎重に検討しておき、少しでも損のないように購入しておくことが特典につながります。

アドレスV125タイヤの種類

アドレスV125タイヤおすすめ人気ランキングTOP3【2018年】

スズキ製のバイクの特徴としてピックアップされやすい点は、この「おすすめされるタイヤの種類が豊富である点」です。特にアドレスV125のタイヤの場合は、「MICHELIN S1」や「DUNLOP製タイヤ」、「IRC アーバンマスター MB-520」などといったブランドメーカー物のタイヤがおすすめされやすく、その機能性は十分走行に発揮されます。

この中でもDUNLOP製タイヤとアドレスV125の相性」は非常に良いとされており、特に初心者から上級者(バイク走行歴の上級者)が使用する場合でも、「DUNLOP製タイヤの特徴であれば分け隔てなく乗ることができる」とされるほど、そのおすすめされるタイヤの性能は抜群の魅力が認められます。

アドレスV125タイヤの選び方

アドレスV125タイヤおすすめ人気ランキングTOP3【2018年】

アドレスV125の場合に限りませんが、まずバイクのタイヤ選びを始める場合には「そのバイクの車種の特徴や性能をしっかり事前に把握しておき、その上でどのようなパーツモデルを搭載すればよいか」を検討しておくことが大切です。

アドレスV125の場合であれば、先述しましたように「DUNLOP製タイヤの特性・性能と非常にバランス良く釣り合う」というおすすめ理由があるため、まずDUNLOP製タイヤの中から「自分のお気に入りのデザインのタイヤを選ぶこと」がおすすめされるでしょう。

アドレスV125タイヤおすすめランキングTOP3

アドレスV125タイヤおすすめ人気ランキングTOP3【2018年】

さて、先述では「アドレスV125を購入する際のタイヤ選び」について主にご紹介してきましたが、ここでは「アドレスV125のタイヤをおすすめする際のタイヤメーカー」に焦点を当てた上で、TOP3の形式で簡潔かつ詳細にご紹介していきます。

アドレスV125購入時におすすめされるタイヤの特徴としてあげられるのは、やはり「燃費が良くなるための走行ツールとしてのタイヤ選び」や「走行時のバランスに最大限の配慮がなされたタイヤ選び」がおすすめされるでしょう。

ランキング3位:「MICHELIN」

口コミ

リアは約12000kmでセンター溝が残り1mmで要交換 フロントはまだ半分くらいの摩耗なので20000kmいけそうです。

まず第3位は「MICHELINバイクタイヤスクーター用 S1」ですが、この「MICHELIN製タイヤの特性もスズキ製のバイクでは多くの場合におすすめされるタイヤ」の1つに含まれます。

本種の特徴はまず「パンクしにくいこと・走行性の促進が抜群な点・コーナーリング走行時の安定性が良いこと」などがあげられ、特に事故を起こすことがほとんどない、優良な性能を誇るおすすめタイヤとして有名です。

ランキング2位:「BRIDGESTONE」

さて、次のランキング2位は大変有名な「BRIDGESTONE製タイヤ」のおすすめとなりますが、この「BRIDGESTONE製タイヤ」の特徴はまず「破損しにくいこと・走行性バランスを維持すること・柔軟性が利いたタイヤ表面によってどんな状態の道でも走行可能なこと」などの特典が設けられます。

DUNLOP製タイヤの特性と非常に似ているのが特徴的です。このBRIDGESTONE製タイヤがおすすめされる場面では主に「車のタイヤ」や「自転車のタイヤ」であることが多く、バイクのタイヤとしておすすめされる場合でも、アドレスV125のタイヤとして活用できる優秀なタイヤの類に含まれます。

ランキング1位:「DUNLOP」

口コミ

AF-34型ライブディオ用に購入しました。 タイヤのヒビ割れが始まっていたので新たにタイヤを購入しようと探していたところこのタイヤが一番安かったので即決しました。

やはりランキング第1位は「DUNLOP製タイヤ」で、この「DUNLOP製タイヤ」の特性は何と言ってもアドレスV125のタイヤとして使用する際には「その前後のタイヤを個別で活用できる」という大きな魅力がおすすめされる点でしょう。

先述しましたように、アドレスV125のタイヤというのは一般的に「前輪と後輪のサイズが違っており、それは車体をバランスよく保つための工夫」とされています。この前輪・後輪のサイズが個別で設計されているタイヤとして上手く対応できるのがDUNLOP製タイヤです。

特徴・用途別おすすめのアドレスV125タイヤ

アドレスV125タイヤおすすめ人気ランキングTOP3【2018年】

「特徴・用途別おすすめのアドレスV125タイヤ」についてのご紹介ですが、バイクに乗るときには主に、ツーリング、レース、スポーツ、サーキット、オフロード、平常時の走行などと、それぞれの用途に分けて使われる場合があります。

まずツーリング・平常時に使用するタイヤとしては「不通に走行できればそれでOK」となるため、バイクタイヤとしてはドレッド面(道路と接するタイヤの面)にくっきり溝があるタイヤがおすすめされるでしょう。レースやサーキットの場合は「速さが競われるタイヤ」が必要であるため、グリップ力の強いタイヤがおすすめです。

オフロード走行時には「破損しにくいタイヤ」がおすすめされるため、「MAXXIS」や「MICHELIN」がおすすめです。

おすすめのアドレスV125タイヤの関連商品

アドレスV125タイヤおすすめ人気ランキングTOP3【2018年】

アドレスV125のタイヤを購入する際には、必ずと言ってよいほど「そのタイヤの性能・機能を促進させるためのオプション品・関連商品のおすすめ」がなされます。その場合、タイヤを常に管理してくれるチェーンのおすすめ部品の選択も大切で、バイクタイヤと言えどもチェーンの購入基準を誤ることによって、大きな損をする場合があります。

チェーン

アドレスV125タイヤおすすめ人気ランキングTOP3【2018年】

特に雪道を走行する際に使用されるスノーチェーンの選択ですが、アドレスV125のタイヤの場合でもまずは「タイヤサイズに合わせたチェーン」を選択する必要があり、その上でスパイクタイヤに代用できる機能性の確保が大切です。

しかし、一般的にはスパイクタイヤを履かせるのがベターとされるため、チェーンの購入時にはスパイクタイヤの購入も視野に入れておきましょう。

インチ別おすすめのアドレスV125タイヤ

アドレスV125タイヤおすすめ人気ランキングTOP3【2018年】

アドレスV125のタイヤのサイズとしてよく使用されているのは「15インチホイール」による大型タイプの物でしょう。この大型ホイールの採用によってタイヤの回転数が平均サイズの場合のタイヤよりも少なくなることによって、燃費が良くなることをはじめ、破損することも少なくなります。

一般的には10インチや12インチなどと「小型サイズのタイヤ」から「中型サイズのタイヤ」がアドレスV125のタイヤとしてもおすすめされますが、走行バランスによっては「その環境によってタイヤサイズのカスタマイズも必要」となるため、初めから大型サイズのタイヤサイズが選択される場合が多く見られます。

おすすめのアドレスV125タイヤメーカーTOP3

アドレスV125タイヤおすすめ人気ランキングTOP3【2018年】

先述では「アドレスV125のタイヤ」について詳細かつ多角的なご紹介をしてきましたが、ここでは「タイヤのメーカーとその代表製品のTOP3ランキング」と題してご紹介します。

先述しました「アドレスV125タイヤおすすめランキングTOP3」の内容と重複する内容もありますが、バイクタイヤの選択には慎重に慎重を期す姿勢が大切であるため、さらに詳細な情報をご紹介する形でのランキングとなります。

第3位:DURO スクーター用タイヤ

DURO制バイクタイヤ

¥ 1,450

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

OMEで品質等問題なく、コスト的には良いですが送料がやや高めにて2000円以上は送料無料等検討していただければ 星5です。

第3位はまず「DURO スクーター用タイヤ」です。このDURO製タイヤ」は実に多くのスクーター・バイクが採用しているタイヤとなり、その性能としては「走行時のバランス管理・燃費の良点・破損しにくい」などと3拍子そろった特典が付いてきます。

アドレスV125のタイヤとしても十分使用できるため、このDURO製のタイヤをスマートに使いこなすことによって「半永久的にアドレスV125のタイヤとして使用すること」に挑戦してみるとよいでしょう。

第2位:SHINKO製バイクタイヤ

SHINKO制バイクタイヤ

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

サイトを見ながら必要な道具や工具を購入して交換方法のコツなども調べながらなんとか自分で交換して普通に乗り回して大丈夫です。

第2位は「SHINKO製バイクタイヤ」のご紹介ですが、本種の特徴は春夏秋冬のすべての季節においても「その走行バランスの維持」をはじめとする機能性に長けているため、アドレスV125のタイヤとして使用する場合でもその魅力を十分に発揮してくれるでしょう。

SHINKO製バイクタイヤは基本的に、175ccバイクや250ccバイクなどの大型バイクでも普通に使用されているメーカーのタイヤであるため、その機能性に優れる上でさらに「破損しにくい点」が卓越している特徴が見受けられます。

第1位:DUNLOP OEM製バイクタイヤ

DUNLOP OEMバイクタイヤ

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

価格的には十分すぎる。あとは、減りがどれくらい持つかですが?

第1位はやはり「DUNLOP製バイクタイヤ」となります。DUNLOP製タイヤの特典として大きくあげられるのは、バイクタイヤとしての機能性をフルに生かせる点で、それによって「走行時のバランスの確保・燃費の管理・破損しにくい」という3拍子そろった実力を兼ねそろえています。

特にアドレスV125のタイヤは前後のタイヤサイズが違っていることによって、このDUNLOP製タイヤの特徴・機能がさらに発揮されることになり、それによって他の車種やタイヤ種別を検討する際にも「それぞれの機能性が確実に働く特典」があります。

アドレスV125タイヤの使い方・活用方法

アドレスV125タイヤおすすめ人気ランキングTOP3【2018年】

アドレスV125のタイヤを使用する場合に限らず、バイクタイヤを継続的に使用する際に注意すべき点は「破損した場合の対処法」や「平常時でのタイヤ交換」などを含む、タイヤのカスタマイズに関わる活用方法となるでしょう。

先述しましたように、アドレスV125のタイヤは前後でそのタイヤサイズが異なるため、あらかじめ「自分が乗っているアドレスV125のタイヤの前輪・後輪のサイズを把握しておくこと」がおすすめされます。

その上で、この前後のタイヤサイズをその交換時に「改めてどのサイズを採用するか」を検討することも必要となるため、タイヤの購入時には「自分が使用しているアドレスV125に最適なタイヤサイズ」について下調べしておくことがおすすめされるでしょう。

交換方法

アドレスV125タイヤおすすめ人気ランキングTOP3【2018年】

先述のように、アドレスV125のタイヤのサイズは前輪・後輪で違うため、まずは前輪と後輪で個別の交換がなされることをインプットしておきましょう。基本的に「タイヤの溝がすり減り、つるつるになり始めた時点」が交換時期としてめどを立てておきます。

タイヤ交換する前に、マフラーの状態やオイルチェックゲージの確認をしておき、異常がないかどうかを把握しておきます。そしてまずマフラーを取り外し、タイヤを固定しているナットを取り外します。

ナットを外すとタイヤがスコンという感じで外せ、次にホイール部位を適当に掃除しておきます。そして新しいタイヤを装着します。このようにタイヤ交換は簡単にできますが、サイズが「使用できないサイズの物」であれば交換できないため、前もって使用できるタイヤサイズを正確に確認することが大切です。

アドレスV125のタイヤの選び方のおすすめ

アドレスV125タイヤおすすめ人気ランキングTOP3【2018年】

アドレスV125のタイヤの選び方のおすすめについてですが、先述しましたように「アドレスV125のタイヤサイズは前輪・後輪で違うこと」をインプットしておき、必ず「自分が使用しているアドレスV125に装着できるサイズのタイヤ」を選定しておくことが大切です。

アドレスV125の場合は特に「ツーリング」をはじめとする「平常時の走行に間に合うタイヤ」を選ぶことがおすすめで、とりわけ「グリップがしっかりした丈夫なタイヤ」や「レーシングで使用されるような大き目のタイヤ」を装着する必要はありません。

だいたい12インチサイズのタイヤを目安にしておき、その上で前輪・後輪のサイズに合わせたタイヤを選ぶことがおすすめされます。

前輪と後輪でタイヤサイズが違う

アドレスV125タイヤおすすめ人気ランキングTOP3【2018年】

アドレスV125のように、「前輪・後輪のサイズが違っているバイク」というのは比較的珍しいでしょうか。たいていのバイクは前輪・後輪のサイズが同じものが多いため、特にアドレスV125を購入してタイヤ選びをする際には「自分が使用しているアドレスV125のタイヤサイズ」を前もって下調べすることが重要になります。

DUNLOP製タイヤがおすすめ

アドレスV125タイヤおすすめ人気ランキングTOP3【2018年】

トップランキングでもご紹介してきましたが、アドレスV125のタイヤとしておすすめされやすいのはこの「DUNLOP製タイヤ」であることが多いです。その理由は「DUNLOP製タイヤの特徴として平常時走行時のタイヤに最適である点」がまず認められます。

その上で、「燃費の管理・走行時バランスの確保・破損しにくい」というバイクタイヤとしても非常に大きな特典が付いてくるため、アドレスV125のように「前輪・後輪のサイズが違い、それぞれのタイヤの機能を個別で測る」という場合には魅力的なタイヤとしておすすめされます。

サスペンションのおすすめ

アドレスV125タイヤおすすめ人気ランキングTOP3【2018年】

アドレスV125の場合はやはりミニバイクの部類に含まれるため、使用する上で最適なサスペンションとしてはやはり「ショックアブソーバー W315」などの「スプリングが柔軟な機能を施してくれる上で、タイヤと車体のバランスを維持する物がおすすめされるでしょう。

サスペンションというのは一般的に「タイヤと車体とを接着し、その上で走行時から停車時までの車体を支える重要部分」として知られているため、アドレスV125のような小回りが利くデザインのミニバイクの場合でも、その効果を十分に発揮してくれる重要部位となります。

アドレスV125のタイヤを有効に活用しましょう

アドレスV125タイヤおすすめ人気ランキングTOP3【2018年】

いかがでしたか。今回は「アドレスV125タイヤおすすめ人気ランキングTOP3」と題して、「アドレスV125タイヤおすすめ人気ランキングTOP3」についての詳細情報のご紹介をはじめ、「アドレスV125に履かせるタイヤ」についての「お役立ち情報」をご紹介しました。

アドレスV125というのは一般的に「カスタマイズの方法が豊富に用意された、加速力があう上でさらに小回りが利く万能型バイク」として知られています。このようにカスタマイズに長けたバイクを使用する場合はまず「どのようなカスタマイズ方法があるか」を下調べしておき、そのカスタマイズによってどのような性能・効果があるかを確認しましょう。

Related