Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月11日

キャンプグッズおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・選び方【2018年】

キャンプを始めようと思ったけど、キャンプグッズの種類が豊富でどれを選んでいいかわからない。おすすめのキャンプグッズってなんだろうという方のために、今回はこれを選んでおけば間違いないというキャンプグッズやキャンプブランドをご紹介させていただきます。

キャンプグッズおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・選び方【2018年】

キャンプグッズの種類と選び方

キャンプグッズおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・選び方【2018年】

キャンプをするにあたって、まず家族でキャンプをするのか、少人数(友人同士など)でキャンプをするのか、それとも俗に言うソロキャンプ(一人でキャンプをすること)をするのかによって、おすすめするキャンプグッズが変わってきます。

キャンプをする季節によっても持っていく道具が変わってきますので、キャンプ場の気温や天気などを事前に調べておいて、必要なものだけ持っていきましょう。

キャンプグッズの種類

先に書いたように、キャンプグッズを用意する際は、環境や人数に配慮して用意をしていきましょう。まずは最低限、必要になるキャンプグッズを紹介させていただきます。

ソロキャンプ用のキャンプグッズ

ソロキャンプは、一人で行うキャンプのため荷物の量も比較的少なく、余計なものを持っていかない形となります。

テント

ソロキャンプ用のテントは、対応人数が一人〜二人の物を選ぶ形が好ましいです。コンパクト収納が可能なタイプが多く、嵩張らないのが特徴です。バイクツーリングなどにも重宝されます。テントを保護するためのグラウンドシートも持っていくことをおすすめしますが、荷物になるのであれば除外しても良いでしょう。

見た目を気にする方であれば、タープもソロ用のものが売っています。荷物が多少増えても構わなければ、タープも持っていくと良いでしょう。夏場なら日除けにもなるため便利です。

シュラフ

謂わゆる寝具の役割になりますが、夏用と冬用がありますので注意が必要です。夏場であればエアーマットを敷いてタオルケットのみでも充分ですが、冬場はシュラフがないと耐えられないでしょう。シュラフの値段はピンからキリまでありますが、安価なものは可能な限り避けた方が無難です。

ただし安価でもレビューにて高評価がついているものであれば、安心して使えるものもあります。購入の際は時間をかけて選びましょう。

調理器具

キャプテンスタッグ シングルコンロ

¥ 11,880

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

キャンプツーリングのお供に購入しました。 バーナー、鍋が比較的コンパクトに収納できるので、気に入っています。 バーナーの火力もセットの鍋を使うには十分です。

調理器具については、ソロキャンプの場合コンパクトなシングルコンロがおすすめです。クッカーがついていて、収納可能なものも売っています。ソロキャンプの場合の食糧については、事前に用意すると荷物が嵩張るため、現地調達がおすすめです。食材切り分け用の小型ナイフや、カトラリーセットは事前に用意しておきましょう。

多人数用のキャンプグッズ

ここからは、本格派キャンパーの領域になってきます。ソロキャンプをするときと違って、用意するものも増えるのではないでしょうか。必要最低限のものは上記と同じで数やサイズが変わってくるようになります。ここでは便利なキャンプグッズや他に必要な物を紹介していきます。

焚き火台

キャプテンスタッグ バーベキューコンロ

¥ 13,997

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

かなり使い込みましたが、変形もなく使えています。炭火使用でも程よい高さで、焚き火使用では、ある程度の深さの恩恵を受け、風で灰が飛び散りにくくなっています。

キャンプサイトで焚き火をする際、直火がNGのサイトもあるので、そういったキャンプ場で焚き火を行う場合は、焚き火台が必要になってきます。冬場のキャンプで暖を取りたい場合は、焚き火台を購入しておきましょう。夏場においても焚き火をするだけで、雰囲気がグッと高まりますので、焚き火台はおすすめのキャンプグッズです。

焚き火台も種類は豊富にあるのですが、おすすめは兼用が可能な焚き火台です。コンロにもなり、暖を取るための焚き火台にもなる便利なキャンプグッズです。

クーラーボックス

FIELDOOR クーラーボックス

Amazonで見る

口コミ

ブランドのメーカーの物は高いのですが、この商品は安くて使い勝手が良いので、重宝しています。

食材を入れるクーラーボックスは、人数が増えるのであれば必需品です。大人数の場合、現地調達では時間がかかってしまうため、飲み物や食材を事前に準備しておく必要が出てくるからです。

そもそもキャンプ場周辺は、食材を売っているところが少ないです。売っていたとしても加工品が多く、準備をしていかないと後悔することにもなりかねません。クーラーボックス自体はキャンプ場内の持ち運びに便利なキャスター付きを選ぶことが望ましいです。

キャンプグッズの選び方

キャンプグッズの例を挙げさせていただきましたが、次にキャンプグッズの選び方について紹介していきます。皆さんがショッピングを行うときは、実際に目で見て買うのでしょうか。それともネットショッピングで済ませるのでしょうか。

ネットショッピングで購入をするのであれば、Amazonや楽天、Yahooショッピングなどがおすすめです。ネットショッピングで買い物をおすすめする理由としては、やはり多数のレビューで良し悪しが検討できるからです。

ネットショッピング以外ですと、キャンプグッズが売っている専門店まで足を運ぶことをおすすめします。品揃えも豊富ですし、店員さんが商品の紹介や使い方なども説明してくれるため、初めてキャンプをするのであれば、専門店でアドバイスを貰いながらキャンプグッズを揃える方が良いでしょう。

キャンプグッズおすすめ人気ランキングTOP3

キャンプグッズは種類が豊富で選ぶことに苦労してしまいます。これだけは持っておいて損はないという物を厳選してご紹介させていただきます。ご購入の参考にしてみてください。

ランキング3位:コールマン フロンティアPZ

コールマン フロンティアPZランタン

¥ 4,838

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

テーブルランタン用に買いました。メインランタンに匹敵する位明るいですよ。お酒を飲まれる方は酔っぱらってくれぐれも掴まないように注意しましょう!火傷しました(笑)

ランタンにも電池式やガス式のランタンなど種類は豊富にありますが、ここでおすすめしたいのはガスランタンです。マントルの取り付けや空焼きなど若干手間はかかりますが、明るさはもちろんのこと、雰囲気が全く違ってきます。電池式のものではなくガス式のランタンがおすすめです。

ランキング2位:Etpark ウインドスクリーン

Etpark ウインドスクリーン

Amazonで見る

口コミ

コンパクトバーナーの風除けに購入しました。アウトドアグッズの店ではこの高さ、この枚数の商品はこの価格では買えないですよね。私は重宝してます。

ランキング2位はEtparkのウインドスクリーンです。キャンプサイトでシングルバーナーを使用する際、風が強く吹いてしまい、何度も火が消えてしまった経験はありませんか?そんな時にはウインドスクリーンの設置をおすすめします。広げた際の高さが24cmあり、シングルバーナを囲えるほどの大きさがあるため、強く風が吹いても安定した調理が行えます。

折りたたみが可能なため、持ち運びに不便にならないという点から、便利グッズとして評価も高くキャンパーの皆から重宝されています。

ランキング1位:LODGE スキレット

LODGE スキレット

¥ 2,592

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

愛用してます! コスパいいんしゃないでしょうか。 キャンプ以外でも使用してます。 鳥肉なんかをやくと、 かなりジューシーに焼けます!

堂々の第一位は、有名キャンプメーカーLODGE(ロッジ)からスキレットを紹介させていただきます。LODGEのスキレットはシーズニング加工が施されているため、購入後すぐに洗って使用できるところがおすすめです。BBQなどでも大活躍するのではないのでしょうか。キャンプグッズメーカーからの販売ですので安心感もあります。

キャンプグッズメーカー以外から販売されているスキレットはほぼシーズニング加工がされていません。面倒臭い作業を取り除いて手早く料理を作りたいのであれば、シーズニング加工がなされているメーカー製品が良いでしょう。

スキレットのシーズニングとは

シーズニングがされていないスキレットは錆止め加工がされているだけの状態のスキレットです。シーズニングがされているスキレットは、購入時の商品説明でシーズニング済と記載されているはずです。

シーズニングをなぜしなければならないのかというと、シーズニングを行なっていないスキレットというものは、通常錆止めようのワックスが塗られているだけで、使用頻度が増えると錆止め用のワックスが取れてしまい、錆びやすくなってしまうからです。錆びにくく耐久性もあげたいのであれば、シーズニングが必ず必要になってきます。

スキレットのシーズニング方法

では、シーズニングの方法を紹介させていただきます。まず、スキレットの表面についている錆止め用のワックスを取るために洗いを行います。スポンジでは洗浄力が弱いので、たわしを使って洗い流しましょう。この時に金属製のたわしは使わないようにしましょう。スキレットの表面が傷つき、余計に錆びやすくなってしまう可能性があります。

洗い終わったら空焼き(直火にそのままかける)をして、余分な水分を飛ばし、水気が飛んだらオリーブオイルを全体に(取っ手部分も含める)塗布していきます。塗布が終わったらスキレットを冷まします。スキレットが冷めたら、もう一度オリーブオイルを塗り野菜などを炒めます(野菜の切れ端などでもOK)。

スキレット全体にオイルが馴染んだら、野菜を捨ててオイルを拭き取ります。拭き取りが終わったら再度空焼きを行います。20〜30分ほど空焼きを行い、冷ましたらシーズニング作業が完了します。

特徴・用途別おすすめのキャンプグッズ

キャンプグッズは製品によって色々な特徴や用途があります。特徴別に商品の紹介を行いますので、紹介した製品が気になった方は、購入を検討してみてください。

おしゃれキャンプグッズのおすすめ

コールマン ルミエールランタン

¥ 5,162

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

キャンプで使うために購入しました。 これだけでもかなりいい雰囲気なんですがOD缶カバーをつけるとさらにいい雰囲気になります。

おしゃれなキャンプグッズのおすすめ製品といえば、ガスランタンがあります。キャンプブランドの製品は高価なものが多く手が出しにくいのですが、この商品はその中でも安価な部類で手に入りやすい製品です。

ガラス越しに見える炎は、周囲を優しく照らしてくれます。テーブルに置くことでキャンプらしい雰囲気を醸し出してくれるおしゃれキャンプグッズとなっています。サイト全体を照らすには光量が足りないため他のガスランタンをおすすめしますが、このランタンは料理テーブルを彩るために使用することがおすすめです。

実はこの製品、ゆるキャン△というキャンプ漫画で主人公が欲しがっていた製品です。品数は豊富にあるので比較的手に入りやすいキャンプグッズです。

利便性の高いキャンプグッズのおすすめ

キャプテンスタッグ 大型火消し壺

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

この一石二鳥は助かります 火おこしから消火まで一台2役。 蓋も火おこしの際の台になります。 材質が材質なので火傷にだけ注意して 気を付ければ、非常に便利な品物かと思います。

利便性の高いキャンプグッズといえば、キャプテンスタッグの火消し壺兼火起こし器です。火起こし器や火消し壺は単体の製品が多いのですが、キャンプブランドからは兼用の物が販売されています。キャンプメーカーの中でもキャプテンスタッグの製品は安価なものが多く、利便性も兼ねているおすすめの素晴らしいメーカーです。

収納性能が高いキャンプグッズのおすすめ

ヘリノックス チェアワン

¥ 12,420

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

少し高いですが、やはり本物は違いますね。 作りがしっかりしていますし、安定度が違います。

alite メイフライチェア

¥ 14,500

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

前に屈むとほんの少し背面の角度が変わります。 家でくつろぐのにも良いです。 ロッキングチェアのように使えるので楽しみもあります。

値段は張りますが収納性能が高いキャンプ用の椅子をご紹介させていただきます。比較的軽量で荷物にならないところがオススメのポイントです。値段が値段なので、この椅子を使っていると、他のキャンパーから羨ましがられるでしょう。

座面高が30cmとロースタイルのキャンプには不向きですが、ロースタイル以外でのキャンプをする方は、二つ目のエーライト製品がおすすめの商品となっております。今回はブラックを載せていますが、この商品は他にもカラーがありますので、自分の好みに合わせた色を選ぶことをおすすめします。

定価自体は一万円台なのですが、人気商品で品薄なのか価格が暴騰しています。抜群の安定感を誇る製品なので、手に入った方は自慢できるおすすめの一品となるでしょう。

プレゼントに喜ばれるキャンプグッズのおすすめ

笑’s コンパクト焚き火グリル

¥ 6,696

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

独りにはもってこいのサイズですね。 歪みが出ることは解っていましたのでハードロストル仕様が良いです。 枯れ枝で焚き火も出来るし、アルストでも使えるし、勿論炭でも。

ゆるキャン△という漫画で有名になったソロキャンプ用の小型焚き火台などはいかがでしょうか。アニメや漫画にも登場する小型の焚き火台ですが、こちらも現在品薄となっているため、非常に手に入りにくいキャンプグッズとなっています。アニメコラボ限定版などもあるので、アウトドア好きな方にプレゼントとして渡すと喜ばれるでしょう。

この商品の利点はコンパクトに畳むことが可能で、場所を取らないためソロキャンパーさんに重宝されます。個人でキャンプをやる方や、メインの料理を作っている最中にサブのグリルとしても活用できるところがおすすめです。

おもしろキャンプグッズのおすすめ

スパイス ハロウィン おばけ

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

見た目がクリアーの為点灯時に全体が明るくよりいっそう綺麗でした。

おもしろキャンプグッズでおすすめの商品を、電池式のランタンからご紹介させていただきます。とっても可愛いデザインのランタンで、LEDなので眩しいイメージが少しありますが、イメージとは違い、ほんのりと優しい光を放ちます。

キャンプサイト併設のトイレに夜間向かう際は、暗い遊歩道を歩かなければならないため、そういった道を歩くときは、ガス式のランタンだと不便ですので、電池式のランタンを携帯していきましょう。特に小さいお子さんがキャンプに同行する際に持っていると役立ちます。

子供にも女性にもウケが良いですし、デザインやカラーなども豊富にありますのでおすすめのキャンプグッズです。

快適を得るためのキャンプグッズのおすすめ

Moon Lence エアーマット

Amazonで見る

口コミ

商品が届いて、コンパクトな感じに驚きました。本当に頼んだエアマットか?って思う程コンパクトサイズにまとまります。

皆さんのテント内はどうなっているのでしょうか。安価にキャンプを行おうとするキャンパーさん達のテント内の中敷は、アルミマットのみの方が多く見受けられます。キャンプサイト内の地面が砂利や硬い土の上ですと、アルミマットのみでは少々心もとないです。アルミマットとシュラフだけでは朝起きたときに体全体が痛いなんてこともよくあります。

快適なキャンプを行いたいのであれば、エアーマットを活用してみましょう。銀マットを敷いてさらにエアーマットを上に敷くと、硬い地面のキャンプサイトでもぐっすりと寝ることができるのでおすすめのキャンプグッズです。

初心者向きキャンプグッズのおすすめ

スノーピーク クッカーセット

¥ 3,132

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

本当にアルミ? ステンレス製じゃないかというくらい重かったが、この肉厚さなら納得。 いい商品ですよ‼

初心者の方は荷物を多く持っていきすぎる傾向にあるため、コンパクトに収納できるキャンプグッズを選ぶことをおすすめします。クッカーなども単独で売られている製品ではなく、セットになっているものを選ぶことがおすすめです。

バイクツーリングでキャンプを行いたいという人であれば、さらに荷物の量を減らさなければならないですし、家に保管する際にスペースがないと困ることもあります。有名キャンプメーカーのスノーピークからクッカーセットが販売されています。

スノーピークと聞くと、なにかと高いイメージがありますが、この製品であれば初心者でも手が出しやすい値段設定となっています。スノーピークの製品は、キャンパーから絶大な信頼を得ているメーカーですので、このクッカーは初心者の方でも安心して使用できるおすすめのキャンプグッズです。

安価なキャンプグッズのおすすめ

EPI アルミ6点食器セット

¥ 1,836

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

軽いし清潔感あり、ソロキャンプでの使用は十分でした。 コンパクトながら、小皿もあり、醤油やタレに使えます。

クッカーセットをさらに安くお求めの場合はこちらです。レビューは賛否両論ありますが、価格の安さが断然違いますし、6点セットということでお得感があります。持ち手が短いので調理後素手で持つと火傷の心配がややありますが、軍手使用や調理した後、別皿に移す形を取れば安心して使用できます。初心者にもおすすめのキャンプグッズです。

おすすめキャンプグッズメーカー3選

数多のキャンプグッズメーカーから選ぶとすれば、上記でも製品紹介をさせていただいたキャンプグッズメーカーをおすすめします。強度や安全面の考慮をすると、有名メーカーの方が安心感がありますし、マイナーなキャンプグッズメーカーの製品と比べると、レビューの数も断然違います。

上記で紹介をさせていただいたキャンプグッズメーカーのうち、3つのメーカーを選ぶのであれば、キャプテンスタッグとコールマンとスノーピークは絶対に外せないおすすめのキャンプグッズメーカーです。

キャプテンスタッグ

キャプテンスタッグはブランド名であり、製品の制作会社は新潟県三条市に本社を置く、パール金属株式会社という企業です。言わずと知れた日本製のキャンプグッズメーカーであり、日本製という部分でも安心感があるおすすめのブランドです。

製品については、キャンプブランドとしては非常に安価なものが多く、コストパフォーマンスの優れているおすすめキャンプグッズメーカーの一つでしょう。

コールマン

コールマンはアメリカ合衆国のウィチタに本部を置くキャンプグッズメーカーです。コールマンの製品といえばガス式ランタンがおすすめです。ガス式ランタンはキャンプサイト全体を明るく照らしてくれることはもちろんのこと、キャンプらしい雰囲気を壊さない温かみのある光で周囲を照らしてくれます。

ガス式ランタンの他にも数多の製品の販売を行なっていますが、コールマンでキャンプグッズを購入するのであれば、まずガス式ランタンをおすすめします。

スノーピーク

スノーピークもキャプテンスタッグと同じく新潟県の三条市に本社を置く、キャンプグッズブランドです。日本のキャンプグッズブランドの頂点としても名高いでしょう。抜群の安定感、ユーザーから多くの信頼を得ているキャンプグッズブランドです。

値段設定は非常に高価ですが、値段相応の品質を味わえること間違いなしです。キャンプセットをスノーピーク製品で全て揃えると、玄人感も味わえるのでおすすめです。

キャンプグッズの用途や楽しみ方

キャンプグッズの種類は豊富にあり、どう使っていいものか判断に困るものも中にはあります。例えばランタンにも種類があって、ガス式のものは基本的には野外での使用となります。電池式のランタンは室内での使用と、このように用途に分けて使い分ける必要があります。

使用方法によっては危険なキャンプグッズもあります。細かな使用方法は説明書に記載されていますのでしっかりと説明書を読むようにおすすめします。

おしゃれなキャンパーさんのテント付近を見ると、見たこともない製品を使っている可能性もあります。真のキャンパーになると、キャンプグッズも自作という人がいます。キャンプを心の底から楽しみたいのであれば、そういった工夫もおすすめです。

キャンプをするなら!

キャンプをするなら、必要最低限のキャンプグッズを揃えることからまず始めましょう。キャンプグッズの購入については、直接お店で購入するよりもネットショップでレビューを見ながらの購入をおすすめします。

マイナーなメーカーよりもキャンプをする人であれば、誰でもブランド名を知っている有名なメーカーからのキャンプグッズの購入をした方が間違いないでしょう。野外で使用するものなので、安心感や安定感、耐久性を求めるのであれば、有名キャンプブランドは外せません。

キャンプグッズには必ず付属の説明書が付いていますので、キャンプ初心者の方は、基本的な使用方法を学んで実際のキャンプに生かしていけば、きっと楽しいキャンプになること間違いなしです。

今回ご紹介させていただいたキャンプグッズは安心と安全なブランド製品ばかりです。おすすめキャンプグッズを使用して快適で楽しいアウトドアライフをお過ごしください。

Related