Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月24日

自転車タイヤおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方

自転車タイヤ選びの基礎知識やサイズ表記などの見方を簡単に解説します。そのうえで自転車タイヤおすすめ人気製品を紹介します。特徴や用途別におすすめの自転車タイヤをご紹介していきますので、普段自転車に乗っている人はぜひ参考にしてみてください。

自転車タイヤおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方

自転車タイヤの種類と選び方

自転車タイヤおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方

自転車のタイヤには、さまざまな種類があります。それは、構造的な種別・タイヤの太さ・タイヤの大きさ・タイヤの強度・タイヤの用途などによって分類されています。また、タイヤのホイールの部分と、チューブの部分、外側のゴムの部分で分けてもたくさんの種類があります。

自転車のタイヤを選ぶ際には、まずは自分の使用する自転車の用途と、タイヤが適切に合っているかどうかを注意する必要があります。例えば、ママチャリ用のタイヤをマウンテンバイクにつけても意味はありません。それだけでなく、車体やフォークの大きさとの兼ね合いもあります。適切なタイヤを使って、快適な自転車ライフを送りましょう。

自転車タイヤの種類

自転車のタイヤの種類は、細かく調べるとたくさんの種類が出てきます。ここでは、分かりやすい最も大きな種別で捉えましょう。

まずは大きさです。主に自転車店で販売されている自転車タイヤの大きさは、20インチ、26インチ、27インチです。20インチは、シティサイクルや折り畳み式自転車でよく用いられます。非常に小さいため、コンパクトでおしゃれな雰囲気を出すことができますが、ひと漕ぎで進む距離は短いです。

26、27インチのタイヤは、主にママチャリ、クロスバイクで使われる大きさです。一度に進む距離が大きいことが特徴ですが、ある程度身体の大きくなった大人でないと上手く乗りこなすことができません。

自転車タイヤの選び方

自転車のタイヤのおすすめの選び方は、自転車に乗る目的で決めることです。例えば、通勤・通学で自転車を使いたい人には、初期費用が低く、修理も簡単なママチャリが良いでしょう。趣味として自転車に乗りたい人には、ある程度速度が出て、長距離移動にも適していて、カスタマイズしやすいクロスバイクがおすすめです。

また、競技性を求める人には、ロードバイクがおすすめです。ただしロードバイクの場合は、初期費用・維持費用が非常に高くなってしまいます。その他にも、山や砂利道などの不安定な道をよく通る人には、マウンテンバイクがおすすめです。自分の目的に合った自転車を選び、そこからタイヤを選ぶと良いでしょう。

自転車タイヤおすすめ人気ランキングTOP3

自転車タイヤおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方

ここでは、おすすめの自転車タイヤをランキング形式で紹介します。自転車のタイヤのみならず、自分に合った商品を探す際には、他の人のおすすめを知ることが非常に有効です。特に自分と状況の近い人のおすすめ意見はとても参考になります。

今回は、耐久性の高いタイヤ・安全性の高いタイヤ・スピードが出るタイヤを中心におすすめ商品を紹介します。おすすめの理由も一緒に紹介するので、自分の自転車タイヤ選びに役立ててください。

3位「ブリヂストン Newロングライフ」

ブリヂストン Newロングライフ WO 26x1-3/8
ブリヂストン Newロングライフ WO 26x1-3/8

まずおすすめしたいのは、ママチャリ用の自転車タイヤの「ブリヂストン Newロングライフ WO 26x1-3/8」です。このタイヤはママチャリ用のタイヤとしては、非常に耐久性の高い商品となっています。タイヤ専門のメーカーブリヂストンが販売していることもあり、安心できる性能です。

実際に使ってみると分かりますが、他の自転車タイヤと比べるとタイヤの摩耗、パンクの回数が圧倒的に減ります。タイヤ単品で見ると他より高くつきますが、長い目で見ると非常にお得な商品です。特に自転車は毎日の通勤・通学で使用する人が多いですので、耐久性は必須の条件となるでしょう。

2位「アンカー DISTANZA 」

ブリヂストン アンカー(BS ANCHOR) DISTANZA (ディスタンザ) ロード/クロスバイクタイヤ
ブリヂストン アンカー(BS ANCHOR) DISTANZA (ディスタンザ) ロード/クロスバイクタイヤ

¥ 2,756

口コミ

タイヤのセンター部分はサイドに比べて肉厚になっているためクッション性があり乗り心地はひじょうに良い。 また、そのことが耐パンク性にも貢献していると思います。

次におすすめするのは、「ブリヂストン アンカー(BS ANCHOR) DISTANZA (ディスタンザ) 」という自転車タイヤです。これはクロスバイク・ロードバイクといったスピード重視の自転車向きのタイヤです。特徴としては、安価で、走りやすく、スピードが出やすいことでしょう。

このタイヤの表面には、特殊な溝が彫られており、雨天時にも雨で滑って転ばないようになっています。しかし、完全に転ばないというわけではないので、雨の日に自転車に乗る際には十分に注意しましょう。特にスピードの出やすい自転車の場合は、転んだ時の被害も大きいので、注意が必要です。

1位「CST C-1040N 26×1.95」

CST C-1040N 26"×1.95" MTB用タイヤ
CST C-1040N 26"×1.95" MTB用タイヤ

¥ 1,404

口コミ

すぐに到着、使用始めていますが、タイヤ音少なく、段差超えはすんなり出来ています。

最後におすすめするのは、「CST C-1040N 26 ×1.95 」です。これはいわゆるマウンテンバイク用のタイヤです。特徴としては、タイヤ表面の突起が非常に大きく、地面に食いつく力強いことです。地面への食いつきが強いと、タイヤが地面から離れにくいので、カーブの時や雨の日、地面の状態が良くない場所では非常に安全性の高いタイヤとなります。

しかし食いつきが強い分、スピードが出にくいことが難点です。さらに食いつきが強いと、ひと漕ぎで進む距離も少なくなるので、自転車を使う時の疲労度も上がります。

特徴・用途別おすすめの自転車タイヤ

自転車タイヤおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方

ここでは、用途別のおすすめ自転車タイヤをご紹介します。最初に自転車タイヤの選び方で述べたように、自分の目的に合わせて自転車タイヤを選ぶことは非常に重要です。目的に合わない自転車・タイヤを選んでしまうと、自転車に乗る労力が増えてしまいます。

また、自転車に乗る用途ごとに、タイヤに求める性能が異なってきます。自転車トータルで性能を高めるためにも、適切なタイヤ選びは非常に重要です。

ママチャリ

COMPASS コンパス 自転車タイヤ P1013(B003) 27×1 3/8 WO 27インチ
COMPASS コンパス 自転車タイヤ P1013(B003) 27×1 3/8 WO 27インチ
口コミ

子供の通学用の自転車のタイヤがヒビ割れて ボロボロだったので交換するために購入しました。 交換後、約1年経ちますが、問題ありません。

ママチャリ用の自転車タイヤとしておすすめしたいのは、「COMPASS コンパス 自転車タイヤ P1013(B003) 27×1 3/8 WO 27インチ」です。27インチということで、毎日の通勤・通学でも走りやすいサイズとなっています。また、安価なわりには、空気入れのバルブの形が最も一般的な英式となっていることも特徴です。

自転車のタイヤを買う時に注意しなくてはならないことに、空気入れのバルブの形があります。最も一般的な形は、英式・米式です。しかし非常に安価なタイヤの場合には、仏式のバルブが使用されていることがあります。仏式の場合には、対応している空気入れの数が少ないため、仏式用の空気入れを購入することをおすすめします。

通勤

シュワルベ(SCHWALBE)マラソン 700C
シュワルベ(SCHWALBE)マラソン 700C

¥ 4,212

口コミ

頑丈なタイヤで、段差に落ちようが石を踏もうが未舗装路を走ろうが パンクしませんでした。 耐久性も高く、長距離を走るライダーにはもってこいだと思います。

通勤用の自転車のタイヤとしておすすめしたいのは、「シュワルベ(SCHWALBE)マラソン 700C」です。近年、通勤用の自転車としてクロスバイクを使用する人が増えています。そのため、ここでも通勤用にクロスバイクをおすすめします。このタイヤはクロスバイク用の商品で、耐久性が非常に高いことが特徴です。

通勤用の自転車のタイヤでおすすめされやすいのは、耐久性の高い物です。毎日使うということもありますが、市街地や大通りには、非常に多くのゴミが落ちています。それらの中には、硬いモノやガラス片などもあり、自転車にとってはとても危険な道となっています。そうしたゴミに対応するためにも、耐久性の高いタイヤがおすすめです。

クロスバイク

GORIX ゴリックス 700×25c
GORIX ゴリックス 700×25c
口コミ

チューブとタイヤのセットで、しかもカラータイヤ。通勤で使用してるクロスバイクに装置しました。耐久性が気になるところですが今のところ問題なしです。

クロスバイク用におすすめするのは、「GORIX ゴリックス 700×25c」です。このタイヤをおすすめする理由は、コストパフォーマンスの良さと、カラータイヤだという点です。このタイヤは、タイヤ単体だけでなく、チューブ付きで5000円程度と非常に安い商品となっています。さらにカラーもブラックとピンクの二種類から選ぶことができます。

クロスバイクやロードバイクの場合、カスタマイズのしやすさ・自由度がウリです。そのため、カラーリングの豊富な商品がおすすめされやすくなっています。自分好みにカスタマイズした自転車は、使っていて非常に気持ちいいので、ぜひカスタマイズすることをおすすめします。

ツーリング

SCHWALBE(シュワルベ) 【正規品】マラソンレーサー 20×1.50
SCHWALBE(シュワルベ) 【正規品】マラソンレーサー 20×1.50

¥ 3,780

口コミ

耐パンク性を謳うタイヤでは乗り心地が上々で、グリップも転がりも良く、今のところは欠点が見えないので、評価は当然の満点

ツーリング用のタイヤとしておすすめしたいのは、「SCHWALBE(シュワルベ) 【正規品】マラソンレーサー 20×1.50」です。このタイヤの特徴は、軽量性とスピード性です。長距離を走ることを目的としているので、よりスピードが出やすいように、またより長い距離を楽に走ることができるようになっています。

ツーリング用の自転車タイヤを選ぶ際に求められる性能は、楽にスピードが出やすいこと、長時間の走行に耐えられること、異物を踏んでもパンクしない耐久性です。長距離走行は自転車タイヤに求められる性能のいいとこどりをした商品が適しています。

ミニベロ

パナレーサー パセラ コンパクト 18×1.50
パナレーサー パセラ コンパクト 18×1.50

¥ 2,901

口コミ

トレッドパターンはPanaracer伝統のパターンで、タイヤ重量の割には 転がり抵抗は少なく感じられ、排水性も良いのかウエットでも然程神経質 にならずに乗れています。

ミニベロ用タイヤとしておすすめしたいのは、「パナレーサー パセラ コンパクト 18×1.50 」です。このタイヤをおすすめする一番のポイントは、カラーリングの豊富さです。このタイヤは、全5色のカラーリングを持ち、さまざまな自転車に対応できるタイヤとなっています。

特にミニベロの場合、おしゃれなデザインをウリにしています。そのため、自分の自転車に合った色を、もしくは自分の好きな色の自転車にしたい、という人が非常に多いです。そのため、こうしたカラーリングが豊富なタイヤをおすすめしています。

ロードバイク

Continental(コンチネンタル) UltraSport2 ウルトラスポーツ2
Continental(コンチネンタル) UltraSport2 ウルトラスポーツ2
口コミ

ライトグリーンのロードバイクにとても良く合います。 見た目だけではなく、頑丈ですし走行性も良いです。 2000kmぐらい走っていますが、舗装が多少悪くてもパンクもしません。

ロードバイク用のタイヤとしておすすめしたいのが、「Continental(コンチネンタル) UltraSport2 ウルトラスポーツ2」です。このタイヤの特徴は、価格の安さとスピード感です。ロードバイク用ということで、かなり細くスピードの出やすい形になっています。さらに価格も他の商品と比べると非常に安く、おすすめの一本です。

しかし海外輸入製品なので、カスタマーサポートや、アフターサポートが弱いことが難点です。自転車の場合、タイヤだけでなく、輸入性の部品を使用することが頻繁にあります。輸入品を使用する場合は自分の知識量と相談しましょう。

太さ別のおすすめ自転車タイヤ

自転車タイヤおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方

自転車のタイヤは、それぞれ太さが違います。さらにタイヤによっては太さの表記があいまいな場合があります。具体的には、「c」という単位を用います。これは1C=1mmです。またその種類は、23c、25c、28c、32cなどいくつか種類があります。

自分の目的に合った太さのタイヤを選んで、快適なサイクルライフにしましょう。

23c

パナレーサー タイヤ カテゴリーS2
パナレーサー タイヤ カテゴリーS2

¥ 2,469

口コミ

安いわりにしっかりグリップ感があって走りやすいです。

23cのタイヤでおすすめするのは、「パナレーサー タイヤ カテゴリーS2」です。23cの特徴としては、非常にスピードが出やすいことです。そのため、主にロードバイクに用いられます。もちろんクロスバイクに用いられることもありますが、基本的にはスピード重視の人に好まれるタイプです。

23cのタイヤを使う場合には、耐摩耗性に気をつけましょう。スピードが速い分、摩耗が早くなります。そのため、耐摩耗性の高いタイヤを選ぶことがコツです。

25c

2本セット MICHELIN(ミシュラン) LITHION 3 リチオン3
2本セット MICHELIN(ミシュラン) LITHION 3 リチオン3

25cのタイヤでおすすめしたいのは、「2本セット MICHELIN(ミシュラン) LITHION 3 リチオン3」です。二本セットで非常に安価な製品です。主にロードバイク用に使われます。少し前までは、ロードバイク用のタイヤと言えば23cが主流でしたが、最近では25cも人気です。

なぜロードバイク使用者に25cのタイヤが人気になってきているのでしょうか。それは、25cの方が、23cより地面のホールド感が強いからです。そのためカーブなどでも減速せずに走ることができます。やはりここも個人の好みで選ぶようにしましょう。

28c

パナレーサー タイヤ コンフィー
パナレーサー タイヤ コンフィー

¥ 2,830

口コミ

パセラブラックのビードの嵌めにくさは有名だが、 これも、IRCのJettyと比べれば嵌めにくいと思う。 街乗り走行中のパンク時にリムから外れないという安心感と引き替えだと思った。

28cのタイヤでおすすめするのは、「パナレーサー タイヤ コンフィー」です。このタイヤは街乗りのクロスバイク用に作られた製品です。28cというサイズは、街乗りのクロスバイク用のタイヤとして最も一般的なサイズのタイヤです。クロスバイクを買った際に付属のタイヤのサイズも多くが28cです。

28cサイズのタイヤのいいところは、非常に一般的なので、商品の数が多いこと、通勤・通学程度の走行には最も適しているという点です。スピードがある程度出て、安全性も十分にあるので、クロスバイクには最もおすすめです。

32c

パナレーサー タイヤ シクロクロス用
パナレーサー タイヤ シクロクロス用
口コミ

シクロクロス車で未舗装の荒れた峠道を走るのに使っていますが、石ころだらけの道でもパンクの心配をせずに、また豪雨でもグリップの心配をせずに走れます。財布に優しく、頼りになるタイヤです

32cのタイヤとしておすすめするのは、「パナレーサー タイヤ シクロクロス用」です。32cということで、安定性、耐久性に優れたタイヤです。32cの特徴は、オフロードでも利用可能という点です。砂利道、ゴミの多い道などでは、オフロード用のタイヤが良いでしょう。

おすすめの自転車タイヤのメーカー3つと代表製品

自転車タイヤおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方

ここでは、おすすめの自転車タイヤのメーカー3つと、その代表製品を紹介します。自転車タイヤをメーカーで選ぶのも、一つの選び方です。特に日本のメーカーは、タイヤ専門のメーカーもあり、安全性の高い商品を求める際には、価格や性能だけでなく、メーカーも大きな指標となります。

またメーカーで商品の規格が統一されていることがほとんどなので、タイヤに限らず、部品の交換の際には同じメーカーを選ぶこともおすすめします。

ブリヂストンのおすすめ製品

ブリヂストン アンカー(BS ANCHOR) DISTANZA
ブリヂストン アンカー(BS ANCHOR) DISTANZA
口コミ

タイヤのセンター部分はサイドに比べて肉厚になっているためクッション性があり乗り心地はひじょうに良い。 また、そのことが耐パンク性にも貢献していると思います。

ブリヂストンは、自転車のみならず、車のタイヤなども手掛ける日本のタイヤ専門のメーカーです。そのブリヂストンのおすすめ商品は「ブリヂストン アンカー(BS ANCHOR) DISTANZA」です。性能・価格ともにブリヂストンを代表する製品なので、ぜひ一度使用してみることをおすすめします。

パナレーサーのおすすめ製品

パナレーサー タイヤ コンフィー
パナレーサー タイヤ コンフィー

¥ 2,830

口コミ

取り付け、問題なし。 携帯性、保存スペース、最高。 軽いです。

パナレーサーの代表製品は「パナレーサー タイヤ コンフィー 」です。クロスバイク用のタイヤとして最も一般的な商品で、性能も汎用性も高く、価格もお手頃なとても良質な製品です。特にこだわりがなく、とりあえずクロスバイク用のタイヤが欲しいという人には一番おすすめのタイヤとなります。

またパナレーサーは、こうした汎用性の高いタイヤのみならず、競技志向の商品もたくさん販売しています。ブリヂストンに並んで、非常に安心できるメーカーです。

コンパスのおすすめ製品

COMPASS コンパス 自転車タイヤ P1013(B003)
COMPASS コンパス 自転車タイヤ P1013(B003)
口コミ

自分でタイヤ交換できる人なら、気軽に買い替えできる値段なのも魅力ですね。

コンパスのおすすめタイヤは「COMPASS コンパス 自転車タイヤ P1013(B003)」です。ママチャリ用のタイヤとしては最も一般的なサイズで、価格も非常にお手頃です。さらに安全性も高く、学生の通勤用自転車のタイヤにもおすすめできます。

この商品は、タイヤ・チューブがペアで2000円程度と、業界でも破格の値段となっています。そのため、多少耐久性が低くとも、安ければいいという人にはとてもおすすめの商品です。もちろん、耐久性が低いといっても、通常の通勤・通学程度であれば、十分使用可能です。

自転車タイヤの交換の仕方

自転車のタイヤを交換する際には、特殊な工具を使用します。それはスパナです。基本的には、スパナと家庭用ドライバーがあれば、自転車のタイヤは交換が可能です。交換する際には、接合部分の部品を失くしてしまいやすいので、十分に注意しましょう。また、タイヤだけでなくブレーキなどの他の部品とも関わる作業になるので、自転車の全般的な知識が必要です。

交換方法としては、まず古いタイヤを取り外すことが必要です。タイヤの軸の部分の部品を外すことで簡単に取り外しができます。注意しなくてはならないのは、新しいタイヤを取り付ける時です。この時にタイヤが軸に対して曲がってしまうと、走行時の不安定さにつながってしまいます。

安全なタイヤを使うことがおすすめ

自転車タイヤおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方

これまでたくさんのタイヤを紹介してきましたが、最も重要なのは安全に走行できるタイヤを選ぶことです。競技選手も、ツーリングをする人も、通勤・通学で自転車に乗る人も、安心して走行できる自転車でなくては意味がありません。自分の身体を預ける自転車だからこそ、安全性には気を配りましょう。

安全な走行をすれば、自転車に乗ることは非常に楽しいです。また、自分が一生懸命選んだタイヤで走る道は、また違う楽しさが得られるでしょう。自分の目的に合ったタイヤを選んで、楽しいサイクルライフにしましょう。

Related