Search

検索したいワードを入力してください

2017年12月08日

シュノーケル用品のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ【2018年】

シュノーケリングは、誰でも気軽に始めることができるアクティビティです。楽しく遊ぶためには、やはり事前に準備が必要です。今日は、シュノーケリングに必要な道具について紹介します。予算と好みに合わせて、あなたにピッタリなシュノーケリング用品を探してください。

シュノーケル用品のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ【2018年】

シュノーケリング用品の種類と選び方

シュノーケル用品のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ【2018年】

海へ遊びに行った時、数あるマリンレジャーの中でもおすすめしたいのがシュノーケリングです。バナナボートやジェットスキーのように申し込む手間もなく、ダイビングのようにライセンスも不要です。

道具さえあれば、すぐに始められるシュノーケリングは、簡単で手軽なアクティビティと思われがちですが、海の中に入る以上、それなりに危険も伴うものだと言うことを忘れないでください。安全に、楽しく過ごすために必要なシュノーケリング用品について紹介します。

シュノーケリング用品の種類

シュノーケル用品のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ【2018年】

シュノーケリングをするための基本セットについて紹介します。
①マスク
②シュノーケル
③フィン
④フローティングベスト
⑤ラッシュガード
⑥マリンシューズまたはマリンブーツ。(フィンソックスでも可)
⑦曇り止め
⑧メッシュバッグ

まずは基本の3点セットを揃えておきましょう

まずは、①から③の基本の3点セットを揃えましょう。

①のマスクは、シュノーケリング用の専用ゴーグルを使用します。目と鼻の部分を覆った形状になり、シュノーケルを固定できるようになっています。水泳用のゴーグルで代用はできません。

②のシュノーケルとは、水面に浮かびながら呼吸をするための呼吸器です。元々は、ドイツ語で潜水艦の通風・排気装置を表わす言葉ですが、形が似ていることから、同じ言葉で呼ばれるようになりました。

③シュノーケリングには、フィン(足ひれ)の着用をおすすめします。プールでなら100m以上泳げると、フィンを履かない人もいますが、海とプールは全く別物と考えてください。「波」と「潮」によっては、フィンがなければ前に進むこともできません。ただし、フィンは慣れないと泳ぎにくいので、小さなお子様は⑥のマリンシューズでも代用できます。

ライフジャケットも必須アイテムです

シュノーケル用品のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ【2018年】

シュノーケリングをする時は、④のライフジャケットも身につけましょう。近年、増え続けるシュノーケリング中の事故を未然に防ぐため、日本スノーケリング協会では、マスク、シュノーケル、フィンの3点に、ライフジャケットなどの浮力体を含めた4点を、基本の4点セットと位置づけています。

ライフジャケットは「泳げない人のための補助器具」ではありません。子供だけが着用すれば良いものでもありません。ライフジャケットには、安全面だけでなく体力温存や海上で休憩を取れるなど、さまざまなメリットがあり、着用をおすすめしています。

少し大きなものなので、現地でレンタルしたり、浮き輪のように空気を入れて使うタイプを購入するのもおすすめです。

マリンシューズとラッシュガードも忘れずに

⑤~⑥は必須ではありませんが、揃えておくことをおすすめします。

シュノーケリングに夢中になっていると、気付かないうちに長い時間が経っていたりします。安全と体温保持、そして日差しから肌を守るためにもラッシュガードは有効です。シュノーケリングに適した場所はゴツゴツとした岩場が多く、マリンシューズは足を保護するのにも有効であり、おすすめです。

また、③のフィンがストラップタイプであれば、必ず必要になります。⑦と⑧は持っていれば便利なグッズになります。

シュノーケリング用品の選び方

シュノーケル用品のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ【2018年】

シュノーケリング用品ををレンタルしてくれるビーチやホテルもたくさんありますが、一式揃えてしまう事をおすすめします。

シーズンになれば、ビーチショップやホームセンターに行けば、驚くほどたくさんのシュノーケリンググッズが売っていて、どれを買えば良いのか悩んでしまう方もいるでしょう。お店の方におすすめの商品を聞いて選ぶのも良いですが、自分で選ぶ際のポイントについて紹介します。

マスクの選び方

シュノーケル用品のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ【2018年】

マスクの選び方で一番大切なのは「フィット感」です。店で試着する時は、マスクを顔に当てて鼻で少しだけ息を吸い込んでみて、手を放してもマスクが落ちなければOKです。初めてシュノーケリング用品を買うのであれば、シュノーケルとセットになっているものを買うのがおすすめです。

マスクとシュノーケルは、海に行く前にお風呂場などで練習をかねて試着をしてみるのがおすすめです。水面に顔をつけてみて、水漏れがないかも確認しましょう。

シュノーケルの選び方

シュノーケリングと水泳の一番大きな違いは、水面に顔をつけながら呼吸もできる事です。この「呼吸」をするために欠かせないのがシュノーケルです。泳いでいる最中にシュノーケルに水が入ってしまった時に、シュノーケルに排水弁と排水室があれば、シュノーケルクリア(シュノーケルの中に入った水を外に出すこと)が簡単にできます。

また、ドライタイプであれば、ある程度は水の浸入を防いでくれるのも、おすすめポイントの一つです。快適さを求めるのであれば、これらの機能を備えたシュノーケルをおすすめします。

フィンの選び方

シュノーケリングの楽しさを左右するグッズといえば、フィンです。フィンは、ストラップでサイズ調整するストラップフィンと靴を履くように足を直接入れて履く、フルフットフィンの二種類に分かれます。

どちらにも長所があり、楽しくシュノーケリングができますが、着脱のしやすさではストラップフィンに分があります。フィット感が大切なグッズなので、試着してから買うことをおすすめします。

シュノーケリング用品おすすめ人気ランキングTOP3

3位 GULL MEW CYPHER ストラップフィン

プールと違い、「波」と「潮」がある中でも、スイスイと勢いよく泳げる楽しさは、フィンスイミングならではと言えるでしょう。

GULLのMEWシリーズは、軽く、しなやかな動きで泳ぎをサポートしてくれます。軽く蹴るだけでぐんぐん水を捉える快感は、ショートタイプのフィンでは味わえない物です。もっとシュノーケリングを楽しみたい方に、ぜひおすすめしたいフィンです。

2位 Reef Tourer 旅行用シュノーケリングベスト

Reef Tourer 旅行用シュノーケリングベスト

¥ 6,264

Amazonで見る

楽天で見る

シュノーケリング用にライフジャケットが欲しくても、その大きさから購入をためらっていないでしょうか。そのような方には、旅行用のライフジャケットがおすすめです。

Reef TourerやAQAなどのメーカーからは、浮き輪のように空気を入れて使うタイプのライフジャケットが発売されています。折りたためばA4程度のサイズになるところが、最大のおすすめポイント。このサイズまで小さくなれば、スーツケースの中でも場所を取りません。

1位 フルフェイス型シュノーケリングマスク

Zenoplige シュノーケリングマスク フルフェイス型

Amazonで見る

口コミ

実際に磯遊びで使用したところ、鼻呼吸できるのは想像以上にストレスを軽減してくれ、呼吸しやすいだけでなく視界も広い

近年登場したフルフェイスタイプのシュノーケリング用マスクです。初めて見る方は、顔全体を覆うマスクと、頭頂部から突き出たシュノーケルという形状に驚くことでしょう。

しかし、実際に使ってみると、今までのマスクとは使用感が全く違います。通常のマスクは、鼻で呼吸する事はできませんが、フルフェイスマスクは鼻呼吸ができます。口呼吸が苦手な方にはおすすめです。

また、カメラを装着できるタイプもあり、泳ぎながらの動画撮影も楽々です。これは、フルフェイスマスクならではのおすすめポイントです。ただ、このマスクは海面で浮くことを目的としています。素潜りは一切できないので、ご注意ください。

特徴・用途別おすすめのシュノーケリング用品

初心者におすすめのシュノーケリング用品

シュノーケリング3点セット

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

マスクもフィンも、シュノーケルもしっかりした品質で、価格は高くないが、十分使用に耐えるものでした。おすすめできます。

「初めてシュノーケリングをするので何を買えば良いのかわからない」という方には、マスク、シュノーケル、フィンの3点がセットになったものを購入するのがおすすめです。この3点があれば、初心者でもすぐにシュノーケリングを始めることができます。

マスクとシュノーケルはセットで買うのがおすすめ

Qtuo シュノーケル2点セット 男女兼用

Amazonで見る

口コミ

お風呂で試したところ吸気管から水が入ってこないんですよ!潜ると一切吸えないの!

マスクとシュノーケルがセットになっている物は、マスクとシュノーケルを個々に買うよりもお得で、カラーを揃えることで統一感も出ます。3点セットよりも高機能の商品がセットになっているので、こちらとフィンを別に買うのもおすすめです。

素潜りができればシュノーケリングはもっと楽しい

シュノーケリングは、基本的には海面に浮かんで海の中を覗くものですが、素潜りができればシュノーケリングはもっと楽しくなります。素潜りには、テクニックの他に道具が必要になってきます。初心者用の3点セットではフィンの推進力が足りないので、あまり深くは潜れません。素潜用には、少し長めのフィンを使用するのがおすすめです。

子供は海遊びが大好き

VILISUN シュノーケル2点セット 子供向け

¥ 5,199

Amazonで見る

口コミ

顔に当たる部分も柔らかくて、長時間使用しても、痛くなさそうです。

子供は海遊びが大好きです。ある程度泳げるようになったら、シュノーケリングの楽しさをぜひ教えてあげましょう。子供は、大人よりも体が小さいので、シュノーケリング用品も子供用を用意してください。ネットショップでは、サイズやカラーも豊富にそろっているのでおすすめです。

曇り止めがあると便利です

海に入る前に何もしないと、マスクが曇って、視界が悪くなっていきます。あらかじめ曇り止めを塗っておくと、いつまでも視界がクリアです。快適さが全く違うので、ぜひおすすめしたいグッズです。

種類別 おすすめのシュノーケリング用品

水中カメラで海の世界を撮ってみよう

シュノーケル用品のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ【2018年】

シュノーケリングをする時に忘れずに持って行ってほしい物が、水中カメラです。お手持ちのスマホを防水ケースに入れても海に持ち込むことは可能ですが、動画の美しさや魚をアップで撮りたいなど、さまざまな要望に応えるには、やはり水中カメラがおすすめです。

最近は、アクションカメラで撮影した画像をSNSにアップする方もたくさんいます。楽しい旅の思い出のためにも、水中カメラで日常を離れた海の世界を切り取ってみましょう。

自分に合ったフィンで快適な泳ぎを実現しよう

シュノーケル用品のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ【2018年】

フィンには、ストラップフィンの他にフルフットフィンもあります。足をすっぽり入れる形状から、ストラップフィンよりも足との一体感があり、水を蹴る力が伝わりやすいと言われています。フィンスイミングに慣れていない方にも使いやすいと言う点では、初心者の方にはストラップフィンよりもおすすめできます。

フィンを使って泳ぐのは、水泳とは違う泳ぎ方が必要です。水泳のように水面より上に足を出してバタバタと漕ぐと、疲れるだけで、あまり前には進みません。足をまっすぐ伸ばし、足首ではなく脚全体で漕ぐようなイメージで動かすとスムーズに泳げます。「フィンは常に水中に」ある事をイメージして泳ぐのがおすすめです。

マスクは2タイプあります

シュノーケル用品のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ【2018年】

マスクには、大きく分けて一眼タイプと二眼タイプがあります。仕切りのない一眼タイプは、広い視界で海中を楽しむことができるという点でおすすめです。対して二眼タイプは、メガネのように真ん中で二眼に分かれている物です。視界は、一眼タイプよりやや狭くなるものの、マスククリア(マスクの中に入った水を外に出すこと)がしやすいと、こちらも人気があります。

また、普段はメガネで、コンタクトは苦手な方は、二眼タイプなら度付きレンズを入れることができるので、二眼タイプをおすすめします。

マスクを付ける時に大切なことは「髪の毛を一本も挟み込まない事」です。1本でも入ってしまうと、そこからじわじわと水が浸入してしまいます。風上に顔を向けるか、あらかじめ、髪をオールバックの状態にしてからマスクを付けるのがおすすめです。

シュノーケルは大切な命綱です

シュノーケル用品のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ【2018年】

シュノーケルの使い方は一番重要なので、初めての方は練習してから海に入ることをおすすめします。まずは、シュノーケルのマウスピースを咥え、水に入る前に軽く呼吸をしてみましょう。息をゆっくり吐いて、吐く時は早く、強めに吐きます。次に水の中で安定して呼吸できるかを確認します。その後、シュノーケルに水が入れ、シュノーケルクリアの練習をすればOKです。

ラッシュガードで海辺のおしゃれを楽しもう

海遊びに欠かせないアイテムとして、すっかり定番品となったラッシュガードは、色やデザインもたくさんあって、おしゃれも楽しめるようになりました。

シュノーケリング中は、常に海面にうつ伏せでで浮かんでいる状態になり、予想以上に日焼けをします。気付けば身体の背面だけ真っ赤という事にもなりかねません。シュノーケリングをする時は、ラッシュガードを着用することをおすすめします。マスクやフィンのカラーも合わせて、あなたらしいスタイルを探してください。

おすすめのシュノーケリング用品

おすすめのシュノーケリング用品のメーカー・ブランド

株式会社 キヌガワ

マリンスポーツメーカーのキヌガワは、元々は鬼怒川ゴム工業の営業部門の一部であったため、ゴムやシリコンを使った製品を得意としているメーカーです。「GULL」「AQA」「cocoloa」と各方面に特化 した3ブランドがあり、幅広いユーザーのニーズに合わた商品作りをしており、使いやすさと価格の面からおすすめできるブランドです。

AQA オルカソフト&サミードライスペシャル

AQA オルカソフト&サミードライスペシャル

¥ 6,480

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

シュノーケルクリアが軽く行えるのでビックリ。 ゴーグルもフィット感良くゴーグルバンドにカバーも付属しているので髪が引っかかりにくくワンランク上のシュノーケリングが出来ます!

AQAのマスクは、顔に柔らかく吸い付くようなフィット感と、広い視野でシュノーケリングを楽しむことができます。ベルトの長さ調節も簡単にできるので、初心者でも扱いやすいところがおすすめです。

ドライタイプのシュノーケルもセットになっており、水の浸入をあらかじめ防いでくれるので、シュノーケルクリアが苦手な方にもおすすめです。この2つがあれば、快適なシュノーケリングタイムを過ごすことができるでしょう。

株式会社タバタ

「Reef Tourer」「TUSA」「tusa sprts」など、のマリンスポーツブランドを展開しているのが株式会社タバタです。

中でも、シュノーケリングブランドのReef Tourerは、取り扱っている店舗と商品数が多く、子供向けのシュノーケリング用品を探している方にもおすすめのブランドです。HPを通して、シュノーケリングに関する情報の発信を発信していて、シュノーケリング用品の使い方からおすすめスポットまで紹介しています。

リーフツアラーマスク・スノーケル・フィン 3点セット

リーフツアラーマスク・スノーケル・フィン 3点セット

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

ゴーグルとシュノーケルとフィンの三点セットがメッシュケースに入っているから持ち運びしやすいです

Reef Tourerの代表的な製品と言えば、マスク、シュノーケル、フィンの3点セットです。お手頃な価格とデザインから多くの方に愛されている、シュノーケリング初心者にもおすすめのセットです。

マリンハウス シーサー

沖縄を中心に展開しているダイビングショップのマリンハウスシーサーも、オリジナルのマリングッズ「SEA PEOPLE」を販売しています。シュノーケリングにも使えるアイテムもたくさんあることから、愛用してる方もたくさんいます。那覇市に店舗もありますが、オンラインショップもあるので、ネットで探してみるのもおすすめです。

SEA PEOPLE ドライメッシュパーカー

SEA PEOPLEは、ダイビングショップが経営しているため、ウエットスーツやラッシュガードなど身に付けるものが得意なブランドです。ラッシュガードは伸縮性があり、摩擦に強いのでシュノーケリングにおすすめです。

シュノーケリングを楽しむために

シュノーケル用品のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ【2018年】

守ってほしいルールについて

シュノーケル用品のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ【2018年】

シュノーケリングは、気軽に楽しめるレジャーというイメージがありますが、残念ながらシュノーケリング中の事故で亡くなる方も後を絶ちません。また、サンゴを踏み荒らしてしまう方もいて、魚とサンゴの楽園が瓦礫の山に変わってしまい、魚も姿を消してしまったというビーチもたくさんあります。美しい海を守るためにも、以下のルールを守って楽しく遊びましょう。

①二人以上のペアで必ず一緒に泳ぐ。(お子様から目を離さない)
②自分とビーチ(または船)との位置を常に把握する。
③遊泳禁止区域ではシュノーケリングをしない。
④海に入る前にコンディション(風向き、潮の干潮、波の高さ)をチェックする。
⑤ライフジャケットなどの浮力を確保する
⑥遊泳中は足をつかない
⑦マスクやシュノーケルに海水が入っても落ち着いて行動できる技術を身につける。
⑧魚に餌付けをしない

海の危険生物について学んでおきましょう

シュノーケル用品のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ【2018年】

シュノーケリングをしていると、目の前をカラフルな魚たちが泳いでいる姿を見ることができます。あまりの美しさに触れてしまいたくまりますが、ちょっと待ってください。その魚には毒がある可能性があります。

ビーチの入口には、毒のある生物について注意書きがあるので、海に入る前に見ておく事をおすすめします。シュノーケリングは、あくまでも「海の中を覗く」行為に徹して、魚やサンゴには手を触れないようにしましょう。

餌付けも魚や環境にとって毒でしかありません。また、人に慣れてしまった魚は、餌を催促して噛みついてくることもあります。パンや魚肉ソーセージなどを持参するのもやめましょう。

あなた好みのシュノーケリング用品は見つかりましたか

シュノーケル用品のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ【2018年】

シュノーケリングは、気軽に楽しめるアクティビティではありますが、知れば知るほど奥深い世界が広がっています。楽しさや快適度、安全面を考えたシュノーケリング用品の用意も必要です。あなたのニーズに合わせたシュノーケリング用品で、美しい海の世界を堪能してください。

Related