Search

検索したいワードを入力してください

2018年04月07日

刈払機のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方【2018年】

草刈り用に刈払機を購入したいと思っているけど、どのような機種を選べばよいかわからないという方も多いのではないでしょうか。今回は刈払機のおすすめの種類と選び方を解説し、おすすめ人気ランキングTOP3をご紹介します。ぜひ読んでみてください。

刈払機のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方【2018年】

刈払機の種類と選び方って?

刈払機のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方【2018年】

今回は刈払機についておすすめの商品を見ていきます。一言に刈払機と言っても、プロユースから家庭用まで、その目的や形状は実にさまざまです。まずは刈払機の種類と選び方を見ていきましょう。

刈払機の種類

刈払機は「動力方式」、「ハンドル形状」、「刃の形状」の要素で分類できます。それではそれぞれの種類の特徴から見ていきましょう。

1.動力方式による違い

刈払機の動力方式には主に「エンジン方式」、「電源方式」、「充電方式」の3方式があります。

「エンジン方式」の刈払機は、ガソリンを燃料として2サイクルまたは4サイクルのエンジンを駆動する方式です。チョークとスロットルを調節し、コイルスタータを引いて始動します。非常にパワフルで燃料を補給すれば何時間でも使えます。

「電源方式」の刈払機は、コードをコンセントにつないで100Vの電源によりモーターを駆動するタイプです。パワーはエンジンには劣りますが、安定した出力が魅力です。軽量なので女性でも扱いやすいです。

「充電式」の刈払機は、バッテリーパックを本体に装着してモーターを駆動するタイプです。音が非常に静かなのが魅力ですが、バッテリーが1時間程度しか持たないのが弱点です。

2.ハンドル形状による違い

刈払機のハンドル形状には主に「両手ハンドル」、「ループハンドル」、「ツーグリップハンドル」の3種類があります。ほとんどのモデルに各ハンドルタイプが用意されているので、主な作業場所に合わせてハンドルを選びます。

「両手ハンドル」は最もスタンダードな形状で、両手で両端のグリップを握って操作します。安定した操作感でとても扱いやすいです。

「ループハンドル」はわっか状のハンドルがシャフトに取り付けられているタイプです。左手でループハンドル、右手でシャフトの根本を握って使用します。傾斜地での草刈りに適しています。

「ツーグリップハンドル」は両手で直接シャフトを握り使用します。傾斜地や細かい場所での草刈りに適しています。

3.刃の形状による違い

刈払機の刃の形状は主に「チップソー」と「ナイロンカッター」の2種類があります。草刈りする場所の状態によって刃を使い分けます。

「チップソー」は、円形で外周にノコギリ状の刃が付いた最もよく使われているタイプです。刃の先端のチップには硬度の高い金属が使用されてます。使い捨てと認識している方も多いようですが、研ぐことにより何度でも蘇らせることが可能です。

「ナイロンカッター」は、数本のナイロン製の紐を振り回すことによって草を切断します。ナイロンの太さや形状によりさまざまな製品があります。

刈払機の選び方

ここまで刈払機の3つの要素を紹介しましたが、次は選び方について見ていきましょう。この項でも3つの要素の観点から見ていきます。

1.動力方式による選び方

郊外など広い面積の草刈り作業には「エンジン方式」の刈払機がおすすめです。パワーが強いので、太い草や細木も難なく刈り倒せます。ガソリンを携行すれば長時間使用できます。

家の周りなどの電源が確保できる場所で草刈りするなら「電源方式」の刈払機がおすすめです。小型で軽量なので、女性でも扱いやすいのもこのタイプです。

住宅街やオフィス街の道路などでの草刈りには「充電式」の刈払機がおすすめです。音が非常に静かなので、騒音公害を気にしないで作業に集中できます。作業が長くなりそうな場合でも、予備のバッテリーパックを携行すれば対応可能です。

2.ハンドル形状による選び方

一般的な平地で草刈りをするなら、「両手ハンドル」タイプの刈払機がおすすめです。体幹を軸に幅広く刈払機を振り回せるので、安定して効率のよい作業ができます。

田んぼのあぜなど傾斜地の草刈りが中心なら「ループハンドル」タイプの刈払機がおすすめです。傾斜地や細かい場所での作業が必要なら「ツーグリップハンドル」の刈払機がおすすめです。いずれも「両手ハンドル」タイプに比べて作業効率は落ちるのですが、正確な作業が可能です。

3.刃の形状による選び方

通常の平坦で障害物がない場所での作業なら、「チップソー」がおすすめです。チップソーには、刃の直径が230mmと255mmの2つのサイズがあります。刃が大きいほうが作業効率が高いのですが、刈払機本体のエンジン出力とのバランスを考慮して決めます。

庭のお手入れには「ナイロンコード」がおすすめです。チップソーだと石など硬いものに刃が当たると刃が欠けてしまいますし、小石が跳ねてくるので危険です。ナイロンコードであれば、コンクリートとの境目や障害物の多い場所でも安心して使えます。

刈払機おすすめ!人気ランキングTOP3

ここからはおすすめの刈払機人気ランキングTOP3を見ていきます。いずれも国内トップメーカーが発売しているスタンダードな刈払機で、庭の草刈りから広場の草刈りまで幅広く使える製品です。

ランキング3位:共立 SRE2720UT

おすすめ人気ランキング第3位は、共立「SRE2720UT」です。この製品をおすすめする理由は、女性やお年寄りでも楽にエンジンがかけられる「iスタート」というリコイルスタータを採用しているからです。

本体乾燥質量が4.8kgとクラストップレベルの軽さ、そして25.4ccのハイパワー&スムーズエンジンと、バランスの取れたモデルです。クラッチ一体スプリングダンパで振動も軽減されています。両手ハンドルなので操作性も良好なのもおすすめなポイントです。

ランキング2位:マキタ MUR182UDRF

マキタ(makita) 充電式草刈機 Uハンドル 18V バッテリ・充電器付 MUR182UDRF

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

しっかりした造りで大概の雑草、小さい木、竹など問題なく切れます、電池の持ちはさすがに広範囲の場所には限界がありますが、ドライバーなどの電池と互換性があるので、予備があれば充分です。

おすすめ人気ランキング第2位は、マキタ「MUR182UDRF」です。この製品をおすすめする理由は、18Vバッテリー方式により、住宅街などでも静かに作業ができるからです。

バッテリーがマキタのインパクトドライバーなどと共用できるのも嬉しいポイントです。エンジンなどの機械が苦手な女性でも、バッテリーをセットして電源ボタンを押すだけで手軽に使えるのでおすすめです。

ランキング1位:新ダイワ SSR2601-2T

おすすめ人気ランキング第1位は、新ダイワ「SSR2601-2T」です。この製品をおすすめする理由は、扱いやすさとパワーのバランスが絶妙だからです。

本体乾燥質量は5.1kg、両手ハンドルで安定感があり、ソフトスタート方式のリコイルスタータでらくらく始動できます。排気量25.4mLの2サイクルエンジンは、255mmチップソーを余裕で回転させます。

ツインスロットルを採用していて、回転を任意の高さで固定でき、レバーから手を離せば自動でアイドリングに戻るので安全と利便性が両立されています。

特徴・用途別!おすすめの刈払機

ここからは特徴・用途別のおすすめの刈払機を見ていきます。刈払機でどのような作業をするのかによって、おすすめの製品は変わってきます。ではナイロンコードから見ていきましょう。

ナイロンコード

ナイロンコードの刈払機としておすすめするのは、マキタ「MUR2500」です。ボタンを押すと先端だけ回転するので、際刈りがやりやすいことがおすすめする理由です。

2本だしのナイロンコード式タイプなので低振動であり、庭木や縁石の多い庭におすすめです。細かい場所での作業に適しているループ型ハンドルは任意の位置・角度に取付可能です。

ナイロンカッター

新ダイワ 肩掛式刈払機(ナイロンコード) RA1026-UTN2 [25.4cc]

Amazonで見る

楽天で見る

ナイロンカッター式の刈払機としておすすめするのは、新ダイワ「RA1026-UTN2」です。ナイロンコード作業に適した減速ギヤである「ハイトルクギアケース」を採用したことで、ナイロンカッターを回して草を刈るのに十分なトルクを発生できることがおすすめする理由です。

飛散防止力バーをコンパクトに設計し、ナイロンカッター特有の草がカバーに付着し重くなる現象に対処しているのもおすすめのポイントです。

充電式

マキタ(makita) 充電式草刈機 Uハンドル 18V+18V→36V 6.0Ah バッテリ2本・充電器付 MUR365DPG2

Amazonで見る

楽天で見る

充電式の刈払機としておすすめするのは、マキタ「MUR365DPG2」です。18Vバッテリーを2つ搭載して36V化することに成功し、エンジン式刈払機に引けをとらない強力なパワーと持続時間を手に入れたことがおすすめする理由です。

出力は本体のダイヤルで調整でき、手元のスロットルを引けばタイムラグなしで強力な回転力が発生します。モーターの逆回転により、からみついた草を自動で除去できることも充電式のメリットです。バッテリーの残量はインジゲーターで確認できます。

このマキタのシリーズはインパクトドライバーなどとバッテリーが共通なので、バッテリー無しのモデルも発売されているのもオススメのポイントです。

電動

リョービ(RYOBI) 刈払機 草刈機 AK-6000 軽量チップソー 697700A

¥ 30,888

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

田舎の実家(現在空き家)の庭の管理用に購入しました。遠方から作業に行くので、効率よく短時間で作業ができるのが魅力です。 電気で騒音も少なく近所迷惑にならないのが良いと思います。

電動式の刈払機としておすすめするのは、リョービ「AK-6000」です。この製品は電動式であるにもかかわらず、22mlエンジン式刈払機と同等のパワーを実現しているのがおすすめする理由です。モーター駆動のため音が静かなので、住宅地や市街地での作業も気になりません。

エンジン式に比べ約1/10以下のランニングコストで経済的で、排気ガス、CO2の排出ゼロで環境にやさしい製品です。

カセットボンベ式

ニチネン カセットガスボンベ式刈払機 ガスカル ボンベ3本付き GKC-5

Amazonで見る

楽天で見る

カセットボンベ式刈払機としておすすめするのは、ニチネン「GKC-5」です。刈払機では珍しいカセットガスを燃料にしたタイプです。

ガスボンベ式なので簡単に燃料の交換ができます。ガスボンベは燃料が劣化しにくいため、長期保存後も始動がスムーズなのもおすすめのポイントです。

背負式

共立 背負式 エンジン刈払機 RME2620LT-15 [25.4cc]

Amazonで見る

楽天で見る

背負式の刈払機としておすすめするのは、共立「RME2620LT」です。背負式は、一般的な肩掛け式の刈払機と違い、重いエンジン部分を背負って作業するスタイルです。手で持つカッター部が軽くなるので、体への負担が少なく長時間の作業が可能になるというメリットがあります。

この製品は背中に熱がこもりやすい背負式の欠点を克服するため、フロントベンチレーションシステムを採用しているのがおすすめのポイントです。

おすすめのエンジン・オイル式刈払機

刈払機のエンジンには、「2サイクル」と「4サイクル」の2つの方式があります。ここではそれぞれのメリットとデメリットを解説しますので、目的にあった方式を選ぶことをおすすめします。

2サイクル方式の特徴

【メリット】
・パワーがある
・比較的軽い
・価格が安い
・構造が簡単で修理費が安く済む傾向にある

【デメリット】
・燃費がよくない
・振動が強く音がうるさい
・混合燃料(ガソリンとオイル)を作る必要がある
・使用後に燃料を抜いておく必要がある

4サイクル方式の特徴

【メリット】
・燃費がよい
・低振動で音が静か
・燃料はガソリンをそのまま使用できる
・排出ガスが少ない


【デメリット】
・オイル交換が必要
・比較的重い
・価格が高め

おすすめの2サイクルエンジン刈払機

ゼノア 刈払機 BCZ265W-DC 肩掛式 ツーグリップハンドル 25.4cc ディアルチョーク搭載

Amazonで見る

楽天で見る

2サイクル式の刈払機としておすすめするのは、ゼノア「BCZ265W」です。おすすめする理由は、加速性に優れたデュアルチョークを採用したパワフルな25.4ccエンジンを搭載しているところです。

本体乾燥重量は4.7kgと長時間の作業でも負担にならず、農業を初め、公園緑化・ゴルフ場の施設管理などのプロユースにおすすめできる刈払機です。

毎日仕事で使用する場合は、2サイクルエンジンが適していると言えます。

おすすめの4サイクルエンジン刈払機

ホンダ エンジン式刈払機 [25cc] UMK425H1-UVHT

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

4サイクルなので騒音 振動が少ない エンジンのかかりが良い 使いやすいです。

4サイクル式の刈払機としておすすめするのは、ホンダ「UMK425H1-UVHT」です。おすすめする理由は、4ストロークならではの高効率な燃焼で燃費を低減しているところです。

4サイクエンジンの刈払機はオイルを燃焼させる混合ガソリンを使用しないので、環境にもやさしく、オイル消費も低減できます。

月に1回程度しか使わないのであれば、4サイクルエンジンのほうが扱いやすいです。

おすすめの刈払機メーカー!3つと代表製品

ここからは刈払機を開発・製造・販売しているおすすめのメーカーやブランドを見ていきましょう。各メーカーともそれぞれ得意分野があるため、製品の選別はメーカーにも注目したいところです。

おすすめのメーカー・ブランドその1「マキタ」

マキタ(makita) 充電式草刈機 Uハンドル 14.4V 3.0Ah バッテリ・充電器付 MUR144UDRF

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

手元でコントロールできるので、使い勝手がいいですね。草を片付けている間に、充電式が完了するので、問題ありません。

おすすめの刈払機ブランド・メーカーその1は、「マキタ」です。最近では充電式刈払機に力を入れており、14V,18V,36Vと目的に合わせたさまざまなタイプの製品を発売しています。

マキタの充電式刈払機で特筆すべきことは、マキタが発売する多種多様な電動工具とバッテリーを共通仕様としていることです。インパクトドライバーやディスクグラインダーなどと同じバッテリーを使えるので、マキタシリーズで電動工具を揃えるメリットは大きいです。

「MUR144UDRF」はマキタを代表する充電式刈払機で、バッテリー込で3.2kgと非常に軽量なので、女性でも簡単に使えます。草の密度によって自動的に変速してくれる楽々モードにすれば、省エネルギーで低騒音な作業が期待できます。

おすすめのメーカー・ブランドその2「ホンダ」

ホンダ エンジン式 刈払機 草刈機 [25cc] UMK425K1-UVJT

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

草刈り機は昔の2サイクルのイメージが強かったのですが、今回購入した4サイクルはパワーはあるし、環境にも優しいし、エンジン周りの汚れも少なく何一つ不自由を感じません。

おすすめの刈払機ブランド・メーカーその2は、「ホンダ」です。日本が世界に誇るエンジンメーカーが作る刈払機というだけでもワクワクしますし、その赤いエンジンカバーがホンダのプライドを物語っています。

ホンダの刈払機を選ぶなら、なんといっても4ストロークがおすすめです。パワーとトルクにあふれ、燃費もよく排気ガスが少ないので環境に優しいエンジンです。

「UMK425K1-UVJT」はホンダを代表する製品で、4サイクルエンジンで両手ハンドル仕様ながらも5kgを切る重量がおすすめのポイントです。あらゆる姿勢にも対応可能な自在傾斜エンジンなので、斜面での草刈りにも威力を発揮します。

おすすめのメーカー・ブランドその3「リョービ」

リョービ(RYOBI) 刈払機 草刈機 AK-3710 ナイロンカッタ 697600A

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

芝刈りが大変楽になりました。バリカンタイプの物を使用していましたが、これは楽です。時間も大変早くなりました。

おすすめの刈払機ブランド・メーカーその3は、「リョービ」です。リョービの製品は黄色で丸みを帯びたかわいらしいデザインが特徴的であり、家庭用の製品を多く発売しています。

リョービの刈払機は構造がシンプルで、部品数を減らすことで軽量化をはかり、燃費もよく、メンテナンスがしやすいのが特徴です。

「AK-3710」はリョービを代表する製品で、家庭用100V電源につなぐだけで、いつでも誰でも簡単に庭の草刈りができます。ワンタッチで長さ調整ができる伸縮機能付きで、女性でも無理のない姿勢で作業ができます。

刈払機を安全に使おう!

刈払機は高速で回転する刃により草や木を切断する機械なので、正しく扱わないと危険です。仕事などで刈払機を操作する方は、「刈払機取扱作業従事者安全衛生教育」を受講することをおすすめします。

ここでは、安全に刈払機を使って作業するためのグッズを紹介します。

刈払機安全グッズ1「保護メガネ」

3M セキュアフィット 保護めがね クリアレンズ ガスケット付き SF401AF-FM 3M(スリーエム)

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

「無茶苦茶軽い!」 というのが第一印象です。なにせガスケット込みでも25gしか ありません!これは革命的に軽いです!

刈払機作業で絶対に欠かせないグッズが保護メガネです。刈払機が回転に巻き込んだ小石などがとてつもないスピードで飛んでくるので、目に入れば大怪我をしてしまいます。

刈払機を使用するときは、必ず「保護メガネ」を着用しましょう。

刈払機安全グッズ2「防振手袋」

AHEART 刈払機 用 振動軽減 グローブ ボーシンくん 防振手袋 両手用

Amazonで見る

口コミ

チェーンソーを使う時に使っております。 他社の同様の製品より手袋の振動吸収ブロックの部分がへたりにくくて、長く使えます。

こちらも刈払機を安全に使用するために欠かすことのできない「防振手袋」です。特にエンジン方式の刈払機は、両手に強烈なバイブレーションが伝わります。長時間作業していると手がしびれてきて、やがて振動障害になってしまう場合さえあります。

刈払機を使うときは、必ず「防振手袋」を着用しましょう。

刈払機安全グッズ3「エプロン」

小石などが身体に跳ねてきた場合、怪我をする恐れがあるのでゴム引きやナイロンメッシュ製の「エプロン」があればより安全です。刈払機を使うときは、「エプロン」を着用しましょう。

刈払機でどんどん草を刈ろう!

ここまで刈払機について見てきましたが、いかがだったでしょうか。一言に刈払機と言っても、目的によって最適な機種が違います。家の庭で草刈りをするなら「電動式」か「充電式」のモデルで「ループハンドル」タイプを選び、「ナイロンコード」で作業するのが良いでしょう。

また、郊外の公園など広くて平坦な場所を刈るのであれば「4サイクルエンジン」モデルで「両手ハンドル」タイプを選び、「チップソー」で作業するのが効率がよいでしょう。

今回紹介した商品やメーカーを参考にしながら、ご自分の作業にはどのような機種が適しているかを把握し、自分に最適な刈払機を選びましょう。自分にぴったりの刈払機を選んだら、「防護メガネ」や「防振手袋」を着用して安全に作業を行ってください。

Related