Search

検索したいワードを入力してください

2017年12月03日

レジャーシートのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類【2018年】

レジャーシートはさまざまなシーンで活躍するアイテムです。そんなレジャーシートの選び方を解説します。レジャーシートの特徴別おすすめ商品、レジャーシートを扱う主なメーカーと、メーカーおすすめ商品、人気ランキングトップ3、レジャーシートの活用法もご紹介します。

レジャーシートのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類【2018年】

レジャーシートの種類と選び方

レジャーシートのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類【2018年】

レジャーシートとは、ピクニックシートとも呼ばれており、芝生や地面に直接座ったり荷物を置いたりしても、濡れたり汚れたりしないようにするために敷く敷物です。具体的な用途は、遠足や運動会、お花見、野外イベント、さらに、DIYなどの外での作業や雨よけなどにも使われます。

また、レジャーシートは広げて使用するものなので、イラストや文字が見えやすく、商品の販促に使われることも多く、各メーカーの景品やプレゼントに使用されます。レジャーシートは昔と比べて進化しており、そのデザイン性や機能性も高くなっており、日常生活でも使用頻度の高いアイテムの一つです。そんな便利なレジャーシートの種類や選び方をご紹介します。

レジャーシートの種類

レジャーシートのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類【2018年】

レジャーシートには、大きく分けて2種類あります。ひとつはレジャー用のレジャーシートと、作業用のレジャーシートです。はっきりとした定義はありませんが、レジャー用のレジャーシートとは、小さなものは1~2人用、大きなものは大人数で座ることのできる、ある程度デザイン性があるもので、作業用は一般的に言うブルーシートのことです。しかし、このブルーシートも大人数のお花見などでも使用しますので、用途に合わせて選ぶと良いでしょう。

レジャーシートの選び方

数あるレジャーシートは何を基準に選べばよいのでしょうか。選ぶ際に見るポイントをいくつかご紹介します。

サイズ

一番大切なのはサイズです。何人で使用するのか、どのような用途で使用するのかで異なります。サイズに規定がありませんので、各メーカーによって、何人用という表示がありますが、厳密に同じサイズという訳ではありません。形状も正方形のもの、長方形のものもありますので、好みのサイズを選びます。

選ぶ目安としては、人が一人座るのには、約60cmの幅が必要だと一般的に言われています。しかし、それは座れるというだけですので、余裕をもってリラックスしたい場合は、さらに+30cmは欲しいです。また、キャンプや運動会など荷物が多い場合は、その荷物を置くスペースも確保します。ポイントとしては、使用する人数よりも大きめのレジャーシートを選ぶことをおすすめします。

機能性

レジャーシートによっては機能性が異なります。機能性の違いによっては、長時間座っていることでお尻が痛くなったり、湿気で冷たくなったりと大きく違ってきます。しかし、短時間しか使用しない、湿気のある場所では使わないという場合は、それほど気にしなくても問題ありません。それら、機能性についてご説明します。

防水機能、撥水機能

湿気や蒸気などの水分を浸透させないための生地で作られていたり、生地に加工がしてあります。一般的なレジャーシートは、表地を肌触りが良い生地を使い、裏地に防水加工や水に強い素材を使用しています。防水加工の他に、撥水加工してあるレジャーシートもあります。防水加工と撥水加工の違いは、防水加工は、水滴を通さないよう加工を施してあり、撥水加工は、水滴を弾くように加工を施しています。

保温性

野外で使用することが多いレジャーシートですので、長時間座っていると肌寒いと感じる季節もあります。そのため、表の生地が起毛になっているものや、毛布のような肌触りの良い生地で作られたレジャーシートも多くあります。

また、裏地と表地を合わせることによって、さらに保温効果を高めるものもあり、特に裏地が防水加工や撥水加工を施してあると、保温性が高まります。芝生などは湿気が多いので、これらの加工をしているものがおすすめです。

厚み

レジャーシートにも厚みがあり、一枚ものから生地を二層、三層にしてあるものもあります。生地自体が厚いものもあり、それぞれ座り心地が変わってきます。厚みがあるほどクッション性が高まりますので、長時間使用する場合は、厚みのあるものがおすすめです。また、何層かになっていることで、中に空気の層ができますので保温性も高まります。

収納性

野外に持ち出す際に、コンパクトに畳めると持ち運びに便利です。畳んだ際に持ち手がついていたり、巻くベルトや収納袋が付属しているものは、持ち運びにや片付けに便利です。大きな荷物になるのが苦手な方は収納サイズを確認することをおすすめします。

材質

レジャーシートの材質は、ポリエチレン、ビニール、ポリプロピレンなどが主流です。一枚物のタイプのレジャーシートの他、表地と裏地の材質が異なる物も多くあります。起毛素材などのレジャーシートは表地と裏地を重ねて縫い合わせてできています。表地は座り心地が良く、裏地は水分を通さないなどのメリットがあります。

レジャーシートは素材によって、防水性や保温性が異なりますので素材を確認して選ぶことをおすすめします。

デザイン

レジャーシートにはさまざまな種類のデザインがあります。無地のシンプルなもの、柄もの、キャラクターものなど、お好きなデザインを選びましょう。

メーカー

選ぶのに困ったときに好きなメーカーでチョイスするのもおすすめです。有名アウトドアメーカーやホームセンター、雑貨を扱うメーカーなど、レジャーシートはさまざまな会社が取り扱っています。好きなメーカーから選ぶのもおすすめです。

その他の機能性

サイズやデザイン、機能性で選ぶ以外に、お手入れ方法やその他の機能性で選びます。レジャーシートの中には、敷いたときに周りの土や砂浜の砂が入りにくいように工夫されたものや、レジャーシートが飛ばないように、錘が入れられるように設計されたもの、洗うときに洗濯機で丸洗いできるものなど、必要な機能があればそれに沿って選ぶのもおすすめです。

レジャーシートおすすめ人気ランキングTOP3

人気レジャーシートのトップ3をご紹介します。

第3位:「MANATSULIFE (マナツライフ) レジャーシート 大人5人用 」

MANATSULIFE (マナツライフ) レジャーシート 大人5人用

Amazonで見る

口コミ

なんだかんだ購入後近所の公園に行くにもキャンプに行くにも愛用しています。 厚みがあるおかげで地面に敷いても冷たくならず、適度な弾力感があります。

やわらかい起毛で手触りがよく撥水性にも優れています。厚手のスポンジによりクッション性がありますので座り心地も良いレジャーシートです。

第2位:「ロゴス マット ピクニック サーモマット」

ロゴス マット ピクニック サーモマット

¥ 3,132

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

少し厚みがあるのでお尻が痛くなりません。 オールナイトの野外フェスに使いましたがすごく良かったです。二人で使うには充分な広さでした。軽くて持ち運びにも便利です。

表地は起毛で肌触りがよく、裏地はスポンジ内蔵で適度なクッションがありますので保温性もあり凹凸を軽減します。

第1位:「コールマン レジャーシート 」

コールマン レジャーシート

¥ 3,218

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

公園で使用しました。 寝転がった時に痛くなくてよかった。たたむのもすぐに出来ます。 ブルーシートで充分なのにまーた余計なもん買って! と言ってた家内がニッコリ微笑みました助かりました。

肌触りの良い起毛の表地で暖かく座り心地も良いレジャーシートです。風で飛ばないようにペグで固定できます。レジャーシートの中でも人気のある商品です。

特徴別おすすめのレジャーシート

さまざまな機能があるレジャーシートですが、それらの特徴別レジャーシートをご紹介します。

厚手のおすすめレジャーシート

厚手のレジャーシートは、芝生などの湿気があり凸凹が多い場所でも安心して座ることができます。また、長時間座っていても湿気で冷たくなったりしにくいのでおすすめです。

SoloFun レジャーシート

SoloFun レジャーシート

Amazonで見る

口コミ

肌寒い時期の運動会だったので、とにかく口にする言葉は、「寒いね~」でしたが、「この敷物なんとなく暖かいね」と、義父に言われ、買って良かったと思いました(*^ω^*)。見た目も良いですね。。。

表地は起毛で裏地は汚れがつきにくい防水生地で耐久性にも優れて防湿性もあります。湿った芝生などにおすすめのレジャーシートです。

クッション性のあるおすすめレジャーシート

長時間座っていてもクッション性のあるレジャーシートなら、お尻が痛くなったりせず、肌寒い日でも保温性がありますのでおすすめです。表地は起毛やブランケットのような素材で長時間の野外でも安心です。

アサヒ興洋 クッションマット スヌーピー (2畳)

アサヒ興洋 クッションマット スヌーピー (2畳)

¥ 2,160

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

初めての幼稚園運動会用に購入しました。 人とかぶらなそうだし、子供も探しやすいかと思います。 スヌーピーなら飽きずに毎年使用出来ると思い、購入しました。 座りやすいです。 柄もかわいい。

クッション性に優れたレジャーシートです。3層構造により座り心地もよく厚手で座り心地もよく、小さな子供や寒い時期などにおすすめです。

コンパクトなおすすめレジャーシート

ソロのツーリングや近場の公園で使用するときにおすすめなのがコンパクトなレジャーシートです。寝転がって読書をしたり、ツーリングでの休憩など、荷物の邪魔になりません。野外イベントに出掛ける際には、コンパクトなレジャーシートを持っていれば重宝します。

KINGA ポケットブランケット レジャーシート

KINGA ポケットブランケット

Amazonで見る

口コミ

普段使っているレジャーシートは厚みがあって持ち運びに手間がかかるため、今回こちらを購入しました。 一度広げた後、元通りにたためるか心配でしたが、折り目にそうだけで簡単にたためました。 ディズニーランドなどのパレードなど用に使用する予定です。

コンパクトな携帯に便利なレジャーシートです。ポケットサイズなのでどこかへ出掛けるときにおすすめです。軽量なので荷物の負担にもなりません。

サイズが大きいおすすめレジャーシート

大人数でワイワイしたい場合は、大きめのレジャーシートがおすすめです。荷物も気にすることなく置けるので便利です。

(Packers All) コンパクト 特大 レジャーシート 3m×3m

(Packers All) 特大 レジャーシート 3m×3m

Amazonで見る

口コミ

ブルーシートと比べとても軽く、薄くてコンパクトになるので持ち運びにとても便利でした。また、地面の湿気が伝わって来ることも、破れたりすることもありませんでした。

3m×3mと非常に大きなレジャーシートです。大きいですが畳むことで28cm×20cmとコンパクトになりますので便利です。大人数で使用する際におすすめのレジャーシートです。

おしゃれなおすすめレジャーシート

おしゃれにこだわりたい方におすすめのレジャーシートです。野外でも目立つこと間違いなしです。

蜂の巣 レジャーシート

蜂の巣 レジャーシート

Amazonで見る

口コミ

子供と公園へよく行くので、今まではビニールタイプの物を使っていました。芝生でも、結構ゴツゴツとしていて、しばらく座っているとお尻が痛くなる事がありましたが、こちらの商品は生地がしっかりしていてレジャーシートというか、マットの様な感じなのでゴツゴツは気になりません。サイズも大きいので、家族でゆったり座れます。

柄物のデザインがおしゃれなレジャーシートです。座り心地もよくコンパクトに収納できますので持ち運びに便利です。ひと味違ったデザインをレジャーシートをお求めの方におすすめです。

洗えるおすすめレジャーシート

レジャーシートは野外で使うものですが、お弁当を食べたりしますので清潔に保ちたいという方におすすめです。水でサッと洗えて手入れが簡単なレジャーシートです。

Airbibo (エアビボ) レジャーシート

Airbibo (エアビボ) レジャーシート

Amazonで見る

口コミ

柄と色が気に入ったので購入しましたが、なかなかの物です。 薄手ですので、畳むとコンパクトで雨のキャンプでも下からの染み込みは無し。 上からは、溢した水が直ぐに染み込む(汗を吸い取る)感じで、夏場のキャンプにはぴったりでした。

クッション材が内蔵されているので長時間使用してもお尻が痛くなりません。防水性もありますので野外でも安心です。洗濯機で洗えますのでお手入れを簡単にしたい方におすすめです。

安いおすすめレジャーシート

リーズナブルなレジャーシートです。コスパにこだわりたい方におすすめです。迷ったときは予算で選ぶのもひとつの方法です。

Greleaves レジャーシート

Greleaves キャンピングマット

Amazonで見る

口コミ

手に持った感覚としてはズシリと重たいです。が、その辺の安物シートとは比較にならないクオリティで満足。車に積んで早速役立てています。 素材感もペラペラではないので持っていっても恥ずかしい感じはありませんw 畳めばバッグ状になり地味ではありますが、オシャレ感があります。 大事に使えば敗れることはまずないと思うので、通年を通してアウトドアやイベントとなれば使える便利グッズです。

生地の裏はPVC素材で防水性が高く湿ったところでも安心です。コンパクトに畳め収納も簡単です。コスパに優れたレジャーシートです。リーズナブルなレジャーシートをおもとめの方におすすめです。

サイズ別おすすめのレジャーシート

レジャーシートは何人で使用するかで選ぶのが基本です。使用人数から選ぶレジャーシートのご紹介します。

1~2人用

ソロキャンプやツーリング、公園での休憩、野外イベントなどにおすすめのサイズです。

コンパクト に 収納できる おしゃれ 防水 レジャーシート

コンパクト に 収納できる おしゃれ 防水 レジャーシート

¥ 756

Amazonで見る

口コミ

子どもが幼稚園の遠足に持って行くのに、小さいリュックにかさばらず入る、薄くて小さなシートを探していました。 柄もかわいいし、思った通りの商品で満足しています。

1人用のレジャーシートです。収納ケースが付属しているので持ち運びに便利です。コンパクトなので小さなお子さまにもおすすめのレジャーシートです。

3~4人用

ファミリーでのキャンプ、ハイキングなどにおすすめのサイズです。2人でも余裕を持って使いたい方にもおすすです。

Honeystore 防水 折りたたみ レジャーシート

Honeystore 防水 折りたたみ レジャーシート

¥ 2,600

Amazonで見る

口コミ

コンパクトに折り畳め、海水浴にはとても良い商品です。砂が付いてもサッと洗い流せて、干してもタオルで拭き取っても、直ぐに乾きます。柄も可愛いので、ビーチでは注目のアイテムです。

デザインも可愛くコンパクトで軽量な持ち運びが便利なレジャーシートです。ファミリーで使用するのにおすすめのサイズです。汚れても簡単に洗い流せますのでお手入れも簡単です。

5人以上用

大人数でキャンプしたり、3世代で運動会に参加したりする際におすすめのサイズです。

ALLCAMP レジャーシート 厚手 150×200cm 6人用

ALLCAMP レジャーシート 厚手 150×200cm 6人用

Amazonで見る

口コミ

近々子供が1人増え4人家族になる予定なのでこれからの季節、花火大会やBBQ、子供の運動会など荷物の多い時用にと購入しました。 届いた商品を広げてみたら想像よりもずっと大きくてびっくりしました;これならあと2人くらい増えても余裕そう。

表地は肌触りのよい素材で、少し寒い時期には体も温められます。大人4~5人でも充分な大きさです。たくさんの人数で使用するときにおすすめのレジャーシートです。

イベント別おすすめのレジャーシート

野外のイベントに便利なレジャーシートですが、ここではそれら用途別のおすすめレジャーシートをご紹介します。

海水浴・海でのおすすめのレジャーシート

海水浴などの海辺では防水加工、撥水加工が施してあるものがおすすめです。お尻や身体が濡れたままレジャーシートに座ったりしますので、汚れても気にせずに使える物、水で汚れが落とせる物がおすすめです。また、砂がシート内に入ってきて苦手という方には、風で入ってくる砂の侵入を防止する機能がついているレジャーシートがおすすめです。

ロゴス マット 土禁スペース砂よけマット

ロゴス マット 土禁スペース砂よけマット

¥ 4,860

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

いろんな用途に使えます。サイズを間違えないようにするくらいかな。おすすめです。

マットの四辺を起こすことによって砂などを入りにくくするシートです。砂の多い海水浴などにおすすめです。また、シートの上にこのマットを併用する使い方もおすすめです。

運動会でのおすすめのレジャーシート

運動会にはたくさんのレジャーシートが並びます。子供がすぐに見つけられるようなデザインのレジャーシートをおすすめします。お弁当を広げたり長時間座りますので大きさやクッション性を重視しましょう。

qijing 200*200cm大人4-6人 レジャーシート

qijing 200*200cm大人4-6人 レジャーシート

Amazonで見る

口コミ

ピクニックにつかいたいが、2m×2mのサイズについてあんまり実感が無いので、深く思わずに購入しました。展開させるとその大きさにびっくりしました。部屋のテーブルを動かなければ床に置けないぐらいでした。これでピクニックはもちろん、下の面は金属の材質を使われ、湿気も抑えるから、家族が来る時、床に寝るための下敷きとしても使えそうな感じがします。しかも、厚さもすごく気に入りました。要するに、これを買ってお得の感じがします。

防水性、保温性がある高機能なレジャーシートです。裏面は水で簡単に汚れが落とせますのでお手入れも楽です。大きめなサイズなので大人数で座って楽しむ運動会におすすめです。持ち手もあるので持ち運びにも便利です。

キャンプでのおすすめのレジャーシート

キャンプでは、外で料理をしたり食べたりすることで汚れがつきやすいので、汚れも水洗いできるものがおすすめです。また、長時間座っていても座り心地が良い物を選びましょう。

Coleman(コールマン) レジャーシート ネイビー×ホワイト

Coleman(コールマン) レジャーシート ネイビー×ホワイト

¥ 3,218

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

いかにもアウトドアっぽい色ではないのを探してたので、とても気に入りました。 同じコールマンのスクリーンテントと一緒に購入し、サイズもちょうど良かったです。 品質もしっかりしてるので今後のレジャーに活躍すると思います。

表地は起毛タイプなので野外でも暖かく座り心地が良いレジャーシートです。アウトドア用品を手掛けるメーカーが製造しているので、キャンプにおすすめのレジャーシートです。

レジャーシートのメーカーとおすすめ商品

レジャーシートを取り扱う主なメーカーと、そのおすすめ商品をご紹介します。

コールマン

アメリカで創業されたキャンプ用品を製造、販売するメーカーです。日本でも知名度は高く幅広い層に人気があります。コールマンのレジャーシートは、デザイン性や機能性から特に人気がある商品です。

コールマン ピクニックレジャーシート ピンク

コールマン ピクニックレジャーシート ピンク

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

コンパクトにたためるので、運びやすい! 大きさも広々!ねころんでもOK!! 畳めばコンパクトに使える! 運動会・BBQに最適! 色も可愛いぞ!!!!

コンパクトに収納できるのでどこでも持ち運びができて便利なレジャーシートです。コールマンらしい可愛いデザインが人気の秘密です。

ロゴス

ファミリーでキャンプを楽むというコンセプトのロゴス。初心者でも使いやすく幅広いラインナップのキャンプ用品を多く販売している日本のメーカーです。ポップなデザインからシンプルなデザインまで、好みのものが選べます。

ロゴス オックス防水シート ピクニック 145×185

ロゴス オックス防水シート ピクニック 145×185

¥ 3,240

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

適度な厚みがあり、ある程度のクッション効果がありました。 生地がしなやかで凹凸のある地面にも密着するので横風に強いです。

裏面は湿気を通さず野外で使用するのに安心なレジャーシートです。トートバッグが付属しているので持ち運びに便利です。

キャプテンスタッグ

アウトドア用品を製造、販売する日本のメーカーです。商品のラインナップも多く、リーズナブルに商品もありますので多くの人々から人気があります。

キャプテンスタッグ レジャーシート

キャプテンスタッグ レジャーシート

¥ 5,184

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

2m×2mのサイズを探していました 家族で座敷スタイルでキャンプするのに 丁度良いサイズです。 材質は厚手とありますが、普通です。 グランドシートを敷いてから広げています。 畳み方は特にコツはいりません。 折り目にそって畳めば コンパクトにたためます!

表地は起毛素材でウレタンクッションにより座り心地が良いレジャーシートです。裏地は湿気に強いPVC素材なのでキャンプなどで活躍します。

レジャーシートの使い方・活用方法・楽しみ方

レジャーシートは、さまざまなシーンで活躍します。その活用方法をご紹介します。

屋外の作業

大判のビニール製素材のレジャーシートは、屋外のDIYやガーデニングなどの作業をするときに使用できます。材料や工具を置いたり、暑い日には日除け、小雨の時の雨よけにも使えます。

車で荷物を運ぶ

汚れた物を運んだり、野外活動で汚れたり、荷物が濡れていたりしたときに、レジャーシートを車の座席に敷けば、車のシートが濡れたり汚れなくて便利です。ペットと一緒にドライブに行くときにもおすすめです。

台所

パンを作ったりお蕎麦を作ったりと、粉が飛び散ったり、舞い上がるような料理をする時にレジャーシートを敷くと便利です。洗濯機で洗える物はそのまま放り込めば、後片付けが楽になります。

子供の遊び場

レジャーシートは野外だけではなく、お家の中でも使えます。特に子供が遊ぶときに敷いてあげると、おやつをこぼしても絨毯やフローリングが汚れずに済み、小さいサイズならばすぐに洗えます。特に子供が好きなキャラクターものなどがおすすめです。

レジャーシートの修理方法

さまざまなシーンで活用するレジャーシートですが、基本は野外で使用する物ですので、石や砂の上に敷いている内に痛んできます。長時間使用することによって、レジャーシートに穴があいたりした時は、小さな穴なら修理してなおすのがおすすめです。穴があいて買い換えるのは勿体ないです。

アウトドア用品を取り扱うメーカーには、テントやシートを補修するための商品があります。または、ホームセンターでも、ビニールを補修するための商品も売られています。捨てずに修理して使いましょう。

コールマン シームシーラー&リペアシート

コールマン シームシーラー&リペアシート

¥ 1,058

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

テントのメッシュ部分の穴あきに両側から挟むようにシートを接着。 縫い目の防水テープの剥がれも同梱の接着剤で接着できました。

テントやタープを修理するテープです。裏地がビニール素材などのレジャーシートの補修にも便利です。

レジャーシートはひとつあれば重宝するアイテム

レジャーシートのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類【2018年】

レジャーシートは野外だけではなく、ご家庭でも使える便利なアイテムです。小さいものから大きい物までサイズもさまざまで、素材によっても使い分けが可能です。車のトランクに一つ入れておいても大活躍します。キャンプや遠足はもちろん、野外のイベント、近所の公園で少し休憩したり、読書や音楽を楽しむのにも使えます。ぜひ、お出掛けの際はレジャーシートを持っていきましょう。

Related