Search

検索したいワードを入力してください

2017年12月15日

七輪おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方【2018年】

今回は七輪のおすすめ人気ランキングTOP3と口コミ、その種類と選び方の特集です。最近では見かけることが少なくなった七輪ですが、炭を熾(おこ)して素材を焼くのは実に風流です。七輪で焼くといつもの肉や魚がより美味しく感じるから不思議です。

七輪おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方【2018年】

七輪の種類と選び方

七輪おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方【2018年】

七輪で焼くと肉も魚も野菜もふっくらと仕上がります。大がかりな準備も必要ないのでバーベキューなどのアウトドアでも重宝されています。Amazonをはじめとする通販サイトも扱っているので手軽に入手できます。

お酒が大好きな方は七輪でゆっくり焼いた肴を口に運びながら盃を傾けることにロマンさえ感じます。今回は食の楽しさを最大限に引き出してくれる家庭用の七輪のランキングと選び方を紹介いたします。

七輪の種類

七輪は形状から、丸型、角型、正角(しょうかく)の3種類に大別されます。それぞれに個性や特性があり、焼きたい素材によって種類を選ぶ必要があります。それでは、これら3種類の七輪の違いについて詳しく説明していきます。

丸型七輪

BUNDOK(バンドック) 俺用 七輪 まる BD-387 【1人用】 バーベキュー

Amazonで見る

口コミ

最近のソロキャンプには必須アイテムになりました。ロゴス炭との相性抜群!一時間はゆうにもちます。独り焼肉最高!

七輪と聞いて真っ先に思い浮かぶのがこちらの丸型タイプになります。古くから親しまれているオーソドックスな形をしています。上部が少し広がったラッパ型七輪も丸型に分類されます。

昭和の初期まで日本人は釜土で米を炊き料理をしていました。丸型の七輪は小型の釜土として使用が開始されました。日本独特の調理器具といって良いでしょう。鍋、フライパンの座りも良く、わずかな炭火で煮炊きが可能です。

弱点はサンマなどの細長い魚を焼く時に頭と尾がはみ出てしまうことです。卓上に置くための設計もされていないので、普通は庭先などで利用します。

角型七輪

三和金属 しちりん角型ワイド

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

サイズが十分にありますので、秋刀魚焼くのにもってこいでした。バーベキューコンロとしても優秀で、金属製のコンロより使いやすいと思いました。

角型タイプの七輪は長方形の横に長いタイプです。丸型七輪で困ってしまうサンマも頭から尻尾まで十分乗せて焼くことができます。高さも低く設計されているため食卓の上で使用することも可能です。焼き面が良く見えます。ただし換気には注意が必要です。この七輪のデメリットは鍋やフライパンを置いた時の安定性がないことです。魚や肉を焼く時に適した七輪です。

断熱性に優れた珪藻土(けいそうど)を使用したシンプルな形状の角型七輪です。炭を置く燃焼室が2ヶ所に分かれているので左右で焼き分けもできます。空気の採り入れ口もあり火力も十分にあります。

珪藻土内の炭火は赤外線を多く発生するので熱効率が非常に良く炭が長持ちします。ハサミ、敷台、角アミが付属しています。色々な料理に対応してくれます。

正角(しょうかく)七輪

飛騨コンロ 特大☆大名コンロ しちりん 国産天然珪藻土切り出し七輪 7号(鍋敷き・焼き網付)業務用推薦

Amazonで見る

口コミ

バーベキューコンロと比較すると趣が合って所有欲を満たしてくれる商品です。焼き鳥やつくね、酒のつまみ用に購入して以来10年大活躍でした。厳冬期は釣りに持参し湯沸しは勿論、暖房としても重宝しました。

正角(しょうかく)七輪は上から見ると正方形をしています。焼きものと煮ものに利用できますが、どちらかと言うと煮ものに適した七輪です。鍋やフライパンの安定も良く均一に熱を伝えてくれます。

丸型、角型と比べて高価なのがデメリットですが、見た目の高級感や安定感があります。製造工程の都合上、高価になってしまう正角七輪ですが、大名コンロは低価格を実現しました。居酒屋、レストランで引っ張りだこのプロ御用達の七輪です。

七輪の選び方

七輪おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方【2018年】

七輪は江戸時代から使用されてきた小型で熱効率の良い調理器具です。少しの炭でものを焼いたり煮たりできるので「七厘」と呼ばれるようになりました。しかし、「厘」は明治以降の通貨の単位であったため、七輪の名前の由来としてこの説は疑問視されています。

また、底にある空気穴が輪を描くように7つあるので七輪と呼ばれたという説もありますが、穴は7つとは限らないので、これも有力ではありません。

七輪はどのようにして選べば良いのでしょうか。使用目的によって選ぶべきアイテムは異なってきます。形状による七輪の特性を解説してきましたが、これから使用目的別の七輪を紹介していきます。

七輪おすすめ人気ランキングTOP3

第3位:グリーンライフ 小煙シチリン

煙の発生を約90%カット グリーンライフ 少煙シチリン L-390S [簡易パッケージ品]

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

カスタマーレビュー作成中

七輪は主に炭が火力になります。焼いている途中に素材の汁が下に垂れると煙やニオイが発生します。これが七輪の魅力なのですが、こうした現象が嫌いな方もいらっしゃいます。特に女性と七輪を囲む時には気をつけましょう。

グリーンライフ少煙シチリンは約90%の煙をカットしてくれる構造になっています。食卓ではもちろんのこと、住宅密集地では近所への迷惑も気になります。煙が発生しやすい焼肉の時には特に威力を発揮してくれます。

この少煙シチリンは食材から出る脂が直接炭火に触れない構造になっています。炭火を守るかのように金属のフレームが付いています。油も飛び散りにくく側面が熱くならない二重構造になっているのでヤケドの心配も要りません。お手入れも簡単な七輪です。

第2位:奥能登天然珪藻土 切り出し七輪 長角30号 網付き 石川県産

奥能登天然珪藻土 切り出し七輪 長角30号 網付き 【1回分の炭付き】 石川県産

Amazonで見る

口コミ

夫婦二人でちょうど良いサイズで、火力も安定してとても良いです。購入を少し悩んでいましたが、買って良かったです。秋刀魚を焼くのにちょうど良いサイズだと思うので、秋が楽しみです。

七輪の多くは藻類が堆積した珪藻土(けいそうど)によって作られています。奥能登天然珪藻土は全長500mに及ぶトンネルの奥深くから切り出されました。奥能登天然珪藻土は赤外線を大量に発生するので調理に最適とされています。

また奥能登珪藻土には多くの空気の層があるため非常に軽く持ち運びも苦になりません。気軽に七輪での料理を楽しむことができます。断熱性に優れているので炭の節約にもつながります。保温性も抜群です。テーブルや食卓を傷つけないようシリコン製の脚がついています。空気窓によって火力の微調整も可能です。細部に渡り配慮された七輪です。

4~5人で使用できる七輪です。使用後は硬く絞った雑巾で汚れを拭き取ってください。水洗いの必要はありません。その後は良く乾燥させ直射日光の当たらない所に収納してください。焼きとうもろこしなら2本~4本、焼き鳥は15本ほどが一度に焼けます。牡蠣、サザエ、蛤、魚の干物も美味しく仕上がります。

第1位:三河産黒七輪杉松製陶製 黒木炭コンロ

三河産黒七輪 直径30cm 杉松製陶製 黒木炭コンロ

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

直径が30cmと大きめですが直径27cmより内底が広く備長炭などが置きやすいです。 風窓も金物よりスムーズに開くので微調整がしやすいです。取っ手がないので火を付けた後動かす時は上の出っ張ってる所を持てば二重構造なので熱くないです。

愛知県碧南町で製造される三河産黒七輪は最後の七輪職人と呼ばれる杉浦和徳さんによって30年以上に渡り手作りされています。この三河産黒七輪は熱伝導率(熱効率)が素晴らしいと評判です。丸型で直径が30cmあるので多人数でも楽しめます。

三河産黒七輪は愛知県東部の三河地方の焼きものに適した粘土から伝統的な工法で作り出された熱に強く非常に頑丈な七輪です。最大の特徴は七輪の内側と外側の二重構造にあります。

内側は珪藻土(けいそうど)と呼ばれる藻類が堆積した土によって構成され外側は瓦に用いられる土で覆われています。外は焦げていないのに中までしっかりと火がとおります。プロの料理人も愛用する一生ものの七輪です。おすすめ七輪堂々の第1位は三河産黒七輪です。

用途別おすすめの七輪

七輪おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方【2018年】

七輪は形状の違いで大きく丸型、角形、正角(しょうかく)の3種類に分けることができました。次に用途(目的)別おすすめの七輪、あると便利な道具について紹介します。

卓上用七輪

BUNDOK(バンドック) 長角 七輪 大 BD-383 スタンド付 【3~4人用】

Amazonで見る

口コミ

七輪で焼いたのはやはり美味しいです。しかも自宅で気軽にと言うのが好きでよく使ってます。火お越しは慣れれば簡単かと思います。

卓上タイプの七輪とは食卓やテーブルに乗せて使用できる七輪のことです。食卓やテーブルを熱から守るためにスチール製の台座で保護します。目線の関係上焼け目が上から見えるように高さが低く設計されています。

本体は珪藻土でできています。焼き室が2つに分かれて空気窓も2つあるので、それぞれに火力調整が可能です。違った食材を焼くときに便利です。サイズは幅410mm×奥行240mm×高さ170mm、スチール製台座、焼き網(大1、小2)が付属しています。

キャンプ用七輪

コールマン コンロ クールステージテーブルトップグリル レッド 170-9432 [3~4人用]

¥ 4,838

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

キャンプ時にテーブルに置いて使用。適度な大きさがあり大人3人子供2人でも全く問題なく、むしろ一つも焦がすことなく食材を食べることができた。小さいがゆえに使用する炭の量も少なく3kg用意したが使い切らなかった。食事後、テーブルに歪みが出ないか少し心配だったが、歪みはもちろん焦げ変色もなんともなく安心した。清掃も持ち運びも小さいがゆえに楽ちんで良かったです!

家族や友人と大人数でキャンプを楽しむ時は角形タイプの七輪(コンロ)が適しています。45cm×25cm程度あれば申し分ありません。参考目安にしてください。丸型タイプの七輪でも直径が33cm以上あれば使用できますが、焼きにはあまり適さないので角型タイプをおすすめします。

キャンプ・アウトドア用品で有名なcolemanのキャンプ用コンロです。サイドがメッシュ状で非常に通気性が良くなっています。サイズは幅40cm×奥行28cm×高さ16.5cm、スチール製です。焼き面サイズは幅34.5cm×奥行22.5cm、焼き網が付属しています。

あると便利、火起こし器と火消しツボ

【おすすめセット】 キャプテンスタッグ バーベキュー 炭焼き名人ハンディ火起こし器 1個 + キャプテンスタッグ 和膳亭 火消しツボ 1個

Amazonで見る

口コミ

スーパーで、卓上七輪を購入したので火起こし器を探していたのですが、アマゾンで探しているとあったので即購入しました。炭を入れてガスで火を起こす時に簡単につくので良かったです。

一般的な炭はなかなか火が着いてくれません。この火起こし器は安全・確実に火起こしができます。中に炭を入れたらガスコンロに乗せてしばらくすれば着火します。持ち手部分が木製なので安心して持ち上げることができます。

ガスコンロの火は大きくしすぎないよう注意しましょう。鍋の底に空いた穴は炭の欠片や燃えカスが下に落ちにくい構造になっています。自宅のベランダや庭先で行うバーベキューの際に大活躍してくれます。

火消しツボは燃え残った炭を入れてとっておけます。陶器製なので使用後の炭は火がついていても入れられます。サイズは直径160mm×高さ130mm。消し炭は着火しやすく次回のバーベキューに使用できます。

炭(ヤシガラ炭)

ロゴス 固形燃料 エコココロゴス・ミニラウンドストーブ4

¥ 572

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

バーナー等の火口を数秒あてるだけで全体に火が回る。それが数十分間も燃え続ける。これは画期的な発明品です。(マッチ豆炭みたいなもんですが)火が全体に回るまでに若干臭いますが、程なくそれもなくなり、安定した火力を提供してくれます。

一般的な炭は慣れないと着火させるまでに時間がかかってしまいます。そんな心配を解決してくれるのがロゴスの固形燃料です。1個のサイズは直径7.5cm×高さ3.5cmで、狭い燃焼室で使用しやすいミニタイプの固形燃料です。

ヤシガラ炭なのでマッチ1本でラクラク着火することができます。1個で4枚のステーキを焼き上げます。着火後は一瞬炎が上がるので注意が必要です。コストパフォーマンスに優れた固形燃料。バーベキュー初心者におすすめです。

一人用七輪

ロゴス(LOGOS) バーベキューコンロ グリルキューブ [1~2人用] 串焼き・調理も可能

¥ 4,644

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

かさばる大きさでなく、組み立ていらず。本体が熱くなるのと換気に注意して、家中でも使えそう。これにびったりの巾着袋が欲しいですね。

一人用七輪の紹介です。一人用と響きが寂しいですが二人分の肉を焼くことができます。焼き網と五徳のセットの仕方で、串焼き、調理、バーベキューのバリエーションが楽しめます。焼き網のサイズは約16cm、コンパクトなサイズで持ち運びも簡単です。

必要な備品が全て付属しているので、すぐにバーベキューが始められます。素材はアルミニウム、ステンレス、スチール。サイズは幅16.5cm×奥行16.5cm×高さ13cmと非常に小さいですが二人分の食材を焼くことができるので安心してください。

バーベキュー用七輪

キャプテンスタッグ バーベキュー BBQ用 七輪 炭焼き名人万能水冷式 [1~2人用]M-6482

¥ 7,560

Amazonで見る

口コミ

五徳つきで、お鍋を使った料理にぴったりでした。本体が軽いし、洗いやすいし、空気が通って火がつきやすいし。買って良かった!これからキャンプやBBQに大活躍しそうです。

キャプテンスタッグのBBQ用七輪です。同じサイズの珪藻土の七輪に比べて軽量です。五徳にフックがついていて網が外れにくくなっています。丸型なので網焼き、鍋・フライパンにも使えて料理の楽しみが広がります。

丸網(直径275mm)、五徳、ハンドル、目皿が付属しています。組立・片付けが簡単にできます。小型なのでBBQだけでなく釣りなどのアウトドアでの利用もおすすめです。

アウトドアに適した七輪

三和金属 ザ・シチリン S-360G(アミ付)

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

軽くて持ち運びに便利です。アウトドアにて七輪の炭火でチリチリ肴を炙って、一杯呑むのが楽しみです。さすがは七輪、炭の持ちや燃焼効果は焚火台、BBQコンロの比ではありません。

アウトドアライフには、釣り、ピクニック、キャンプ、登山、山菜取り、ハイキング、森林浴、バードウォッチング、自然観察などがあります。そこでコーヒーを淹れたり簡単な食事をとるための七輪をアウトドア用と呼ぶことにします。

飲食を楽しむためのバーベキューとは区別します。また最近では地震・洪水などの災害用として備えている方も多いと聞きます。食事だけでなく暖もとれますし焚火台として灯りも確保できます。

アウトドアに適した三和金属のザ・シチリンです。網、五徳が付いています。丸型なのでコーヒーのためのお湯を沸かすのにも適しています。料理の幅も広がります。本体サイズは直径29cm×高さ19cm、1.5kgと軽量コンパクトで楽に持ち運べます。燃焼部分はセラミックファイバー仕様で断熱効果が高くなっています。

おすすめの七輪のメーカー・ブランド3つと代表製品

coleman(コールマン)

Coleman(コールマン) クールステージ2ウェイグリル

¥ 5,918

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

庭でBBQをするために購入しました。何より手入れが簡単なので苦になりません。おかげで家でBBQをやる回数が増えました!

coleman(コールマン)はアメリカ合衆国のキャンプ・アウトドア用品のメーカーです。20世紀初頭にウィリアム・コフィン・コールマンによって創業されました。日本人が持つ本来の「七輪」とはイメージが異なりますが、アメリカ式の七輪メーカーとして日本でもお馴染みのブランドです。

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)

キャプテンスタッグ バーベキューコンロ 焚火台 1台2役 ヘキサステンレス ファイア グリル バッグ付 M-6498

¥ 9,180

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

ソロキャンプで使用。初心者でも組み立て簡単、収納もコンパクト、収納袋もいい。木炭で一晩、寝てる間においしい焼きいもが出来ました。ソロでもファミリーでも、あると便利だと思います。網の取り外しも簡単、いろんな使い方ができます。

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)のブランド名で知られるパール金属株式会社は新潟県三条市に本社を置きます。調理器具や金属製キッチン用品の製造で有名な新潟県にあって、フライパンや圧力鍋などを中心に製造しています。

キャプテンスタッグはパール金属株式会社のアウトドア用品のブランドで、ホームセンターやアウトドアショップで目にする機会の多い製品です。日本、アウトドア用の七輪メーカーといったところでしょうか。

BUNDOK(バンドック)

BUNDOK(バンドック) 七輪 BD-385 【1~2人用】 炭火 バーベキュー

¥ 2,700

Amazonで見る

口コミ

外置きで使ってますが半年以上壊れずに使えています。少人数で七輪焼きしたいときなどぴったりです。鮎の塩焼きなんかも美味しく焼けます。

七輪の見た目とメーカー名にギャップがありますが、BUNDOK(バンドック)は日本企業のブランドです。スポーツ、レジャー、アウトドア用品を扱う株式会社カワセがその母体となります。手軽にアウトドアライフを楽しめるようリーズナブルでシンプルな製品を送り出しています。

七輪の使い方・活用方法・楽しみ方

七輪の最大の楽しみはどのようなシチュエーションで何を食べるかにあります。おすすめの食材は?肉系派と魚介系派に分かれるでしょう。メンバー構成、年代にも左右されます。お酒をメインにされる方はチビチビ飲りながらゆっくり食事を楽しみたいでしょう。

一方、お酒に興味がない若者や女性は美味しいものでお腹を一杯にしたい欲求にかられます。いずれにしても日常食卓に上らないものを非日常のスタイルで楽しむことに七輪の醍醐味があります。

おすすめの食材 / 海鮮(車エビセット)の炭火焼

車エビを中心に大きめのアサリ、サザエを焼いてみました。魚介類系派の方には最高のメニューです。単純に炭火で焼くだけですが、魚介類の最大の特徴は焼いている最中に「磯の香り」がしてくることです。海を感じながらの食事には風情があります。

おすすめ料理 / プチトマトの豚肉巻き

スーパーの豚肉スライスに味噌を塗ってプチトマトを巻いてみました。七輪による陶板焼きです。料理愛好家の間では炭火が持つ力が高い評価を得ています。炭火で煮焼きをすると味がまろやかになるそうです。

気の合った仲間で七輪を囲む楽しさも加味されるでしょう。調理中の様子も皆で共有できるから美味しさもなお増します。

七輪は食の楽しみを広げてくれます!

七輪おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方【2018年】

今回は七輪の特集でした。七輪は釜戸からヒントを得て小型化された調理器具です。現在、日本での調理・料理はガス、電気を中心に行われています。こだわりのある焼肉屋さんや焼き鳥屋さんに足を運ぶと炭が燃える七輪に出逢うことがあります。

七輪は元々、日本の調理器具が持つ伝統を受け継いできたものでしたが、生活スタイルの変化からアウトドアグッズに分類されるようになってしまいました。しかし逆に非日常なアイテムになったため楽しみ方が広がったといって良いでしょう。

七輪はコミュニケーションを密にするため、親睦を深めるため、食への感謝を忘れぬための大切な調理器具になりました。七輪が登場した時代背景を考えながら七輪がもたらしてくれる食への楽しみを広げていきましょう。

Related