Search

検索したいワードを入力してください

2017年12月02日

詩集おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方【2018年】

おすすめの詩集をジャンルや年代に分けてご紹介しています。詩集の選び方から、おすすめの詩集ベスト3や、恋愛のおすすめ詩集、お子様や、小、中学生におすすめの詩集、詩の楽しみ方など。これを読んでぜひお気に入りの一冊を探してください。

詩集おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方【2018年】

詩集の種類と選び方

詩集おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方【2018年】

だんだん空気が冷たく透明になってきた冬の夜長、外で何かをするよりも、暖かいお家の中でゆったりと過ごす時間が多くなります。そんな時間には詩集を読むことをおすすめします。

おすすめの詩集を読んで、その世界を感じて、感受性を磨く時間に当ててみてはいかかでしょう。葉っぱが落ちて景色がなんとなく灰色になるこの季節にも、詩集を開けば色が多彩に広がります。いままで詩集を手に取ったことがない方にも、詩の種類や選び方から、ぜひおすすめしたい一冊まで、いろいろな詩集をご紹介していきます。

詩の種類

詩集おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方【2018年】

詩には、口語詩、文語詩、定型詩、自由詩、散文詩、叙情詩、叙景詩、叙事詩など、用途や形式、内容に応じてたくさん種類があります。

口語詩、文語詩はそれぞれ、現代に使われている言葉で書かれた詩と、古い言葉で書かれた詩で、さらに音数に一定の決まりがある定型詩、特に決まりのない自由詩、普通の文章のように続く散文詩、そして、作者の感情が中心の叙情詩、景色などをありのままに描写した叙景詩、歴史上の事件や人物などを歌った叙事詩と続きます。

様々な種類の詩集があり、人によっておすすめの詩集も違います。

詩集の選び方

詩集の選び方は特に決まりはありません。手に取ってページをパラパラめくり、文字を目で追ってみましょう。すんなりと頭に入ってきて、情景がすぐに頭に浮かんだり共感できたりするものが、あなたにとっておすすめの詩集だといえるでしょう。

また、歴史が好きな方が叙事詩を読んだり、古文や漢文に興味を持っている方が文語の古い詩を読み、古に心を馳せてみる、というのもおすすめです。散文詩は、初めての方でも読みやすく、そういった意味ではおすすめの詩集と言えるでしょう。

詩集のおすすめランキングBEST3

BEST3:茨木のりこ詩集

茨木のりこ詩集

Amazonで見る

口コミ

以前、90歳の女性が朗読していたのを聴いて、この詩が好きになりました。 改めて読んでもやっぱり素敵です。とてもかわいい女性に思えて、こうなりたいと思います

「自分の感性くらい 自分で守れ ばかものよ」

この作者やこの詩を知らなくても、最後のこの一言は耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。強く美しく、また素直でわかりやすく。まっすぐに届く言葉で紡がれた詩の数々を、谷川俊太郎が選出した、茨木のりこ特選集と言えるおすすめの一冊です。

生きて行くことの力強さと儚さ、しなやかさ、哀れさ、それでも生きていくという悲しさや寂しさ。生きていくことは、日々、暮らすこと。日常に散りばめられた彼女の感受性豊かな言葉たち。詩集を読んだことがないとういう方にもおすすめできる一冊です。

BEST2:すみれの花の砂糖づけ

すみれの花の砂糖づけ

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

簡潔ながらも、情感を漂わせる表現がとても魅力的です。 心地よい読後感、切なさ、甘酸っぱさ、懐かしさ、色んなものが詰まっています。

小説家として有名な江國香織。彼女の初めての詩集です。

彼女の世界観が好きな方にはもちろんおすすめですが、そうでない方にも読んでいただきたいおすすめの詩集「すみれの花の砂糖ずけ」。

大人になるにつれて、目の端を流れていってしまう景色や気持ち、鋭い感性と客観視、辛辣さ。ロマンティックな詩と思いきや、全く違う、冷静に広がる景色。特に女性におすすめしたい詩集の一つです。わかりやすい言葉で複雑な世界を表現し、言葉にできなかった自分の気持ちを、ページごとに思い出したり共感したり、または発見したり。読んだ後、ふと今いる場所がわからなくなってしまうような、そんな詩集です。

BEST1:ゲーテ詩集

ゲーテ詩集

Amazonで見る

口コミ

ゲーテの詩というのは、膨大な数あるそうです。 しかしこの詩集は、その中から抜粋されているので読みやすいです。 恋の切ない詩が多いです。

ファウストや若きウェルデルの悩みで有名なゲーテの詩を一冊にしたおすすめの詩集です。美しく恋多き少年だったゲーテ。人は、恋をしなくても生きていけるけれど、恋をしなければつまらない。読み終わったあと、そんな風に思わせてくれるおすすめの詩集です。

ゲーテの時代から随分時間が経った現代ですが、読んですっと心に染みる言葉がたくさん納められています。今現在恋愛している方、失恋してしまった方、また、かつて恋愛していた大人の方にもおすすめできる詩集です。大人になって忘れてしまった遠い記憶を、思い出すきっかけになる、そんな詩集です。

恋愛の詩集

超訳 世界恋愛詩集

Amazonで見る

口コミ

読み終えた後、本を胸に抱き、誰も、何も、入り込めない時間が流れる。前作の『裸でベランダ/うさぎと女たち』同様、菅原氏の独特な静けさは、超訳という形にもみごとに現れていた。大切に読み重ねたい一冊だ。

「超訳 世界恋愛詩集」菅原敏が翻訳した世界各地の有名な詩を集めたおすすめの詩集です。菅原敏の翻訳により、古の恋の言葉にキラキラと色がついて、ページをめくるたびに飛び出てきます。ゲーテ、シェイクスピア、小野小町など、知っているけれど少し敷居が高い古の偉大な詩人たちの言葉が、今生きている私たちにも新鮮に響きます。

切なく胸が苦しくなるような恋愛の詩を読み進めると、いつの時代も変わらず恋は素晴らしく、そして切ないものだと共感を持つことができるでしょう。しばらく恋をしていない方は、また恋がしたくなるような詩集です。古の詩の数々が訳者によって瑞々しく蘇った、おすすめの恋愛詩集です。

文庫本のおすすめ

宮沢賢治詩集

Amazonで見る

口コミ

賢治の眼に映った岩手の自然の風景を、ささっとスケッチして掴まえてきたような詩がいっぱい。

「雨ニモマケズ」で有名な宮沢賢治。注文の多い料理店や銀河鉄道の夜など、日本人の多くに馴染み深い作品を世に送り出した日本の詩人です。その宮沢賢治の詩を文庫本にしたおすすめの詩集が「宮沢賢治特集」です。

約100年前の日本で、農民生活を送りながら強い仏教哲学を持ち、深い洞察力と想像力、独特な語彙の豊富さで数多くの詩を残しています。その言葉の数々は、飽食の時代にある今だからこそ響く、感受性に長けた豊かなものばかりです。

宮沢賢治の詩集をポケットに入れて、落ち葉舞う公園でコーヒー片手に読書をして、賢治が愛した100年前の岩手の透き通るような空のもを馳せてみてはいかがでしょうか。そんな時間の過ごし方もおすすめします。

現代詩集

死んでしまう系のぼくらに

Amazonで見る

口コミ

この人、きっとすごく切ない恋をしてる。今書いてておもったけど、恋人って「こいするひと」なんだ。気持ちであって関係性ではない。ちょっとホッとした。

死ぬ、といういろいろな事情について書かれた詩が、とても現代詩らしい一冊です。いつか死ぬという事実で、ほっとする。そんな風に、誰も言葉にしたことがなかったけれど、もしかしたら自分の心のどこかにもあったような気持ちを見つけることのできる、おすすめの詩集が「死んでしまう系のぼくらに」です。

「死」について、今の言葉で、彼女の声で紡がれた詩は、感情的にはとても身近な、しかしこんな風に言葉になるなんて知らなかった。と思わせるような、共感、驚き、懐かしさといったいろいろな感情が詰まっています。あの時感じた気持ちに名前がついて、無くし物が見つかったような感覚に、読み終わった後妙な清々しさを覚えることでしょう。

詩に馴染みのない若い世代の方にもおすすめの詩集です。

中学生におすすめの詩集

クロネコを撃ち殺したくなったら

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

ちょっと落ち込んでて、「もーやだー! 誰でもいいからやつあたりしたい〜(>_<)」 みたいなときにぱらぱらしてたら、不思議と、共感できるとこありました。

突然これまでより少しむやみな世界に放り込まれて、景色にまだ上手に溶け込めていない。友たちとの関係も今までと違って見えて、少し不安な中学生におすすめです。

漠然としたものに不慣れな頼りなさと、けれどまだ幼いあどけなさ、それとは別に、垣間見た大人の世界を傍観し呆れたりイライラしたりする、そんな中学生の、言葉にできない心の中をほんの少し晴らしてくれるような、おすすめの詩集です。

作者自体も若く、見えている世界が若い。中学生におすすめできる詩集として、共感していただけるのではないでしょうか。

小学生におすすめの詩集

口コミ

詩集なので、お気に入りとそうでないものと含まれますが、 気持を素直に表しているようなものが多いので良かったです。

字がスラスラ読めるようになった頃一冊買って読んで、大人になるまでずっと、その時々の解釈で読み進めることができる一冊です。

率直な言葉を言葉どうり受け取ることができる小学生が、この一冊を読んで見る景色と、中学生、高校生、20代、30代と年を経てから読んだ時に見える景色は違うでしょう。素直な言葉だからこそ、受け取るメッセージは、読み手のそれまでに経験したことや感情、置かれている環境で変化します。

また、繰り返し読んでも、最初に読んで感じた気持ちがよみがえるような新鮮さもあります。解釈が変化するというのは、詩集を持つことの醍醐味の一つでもあります。子供の頃から長い間手元に置いておける詩集、小学生に読んで欲しい詩集としておすすめできる一冊です。

子供向け詩集

私と小鳥とすずと

Amazonで見る

口コミ

三冊の中では最もメジャーだと思います。 こどもにも美しい世界を読み聞かせたくて購入しました。 一冊目は特に澄み渡った感覚を感じます。

子供におすすめの詩集としては、やはり金子みすゞの詩集がおすすめです。

柔らかくて優しく、ただしく平等な世界は、子供が触れる最初の世界としてふさわしく、おすすめできる詩集です。表題の「私と小鳥とすずと」の音の柔らかさ、メッセージの優しさ、それを聞く子供。そこには、世界の平和が全て置かれているような、素晴らしい時間が流れることでしょう。

他にもたくさんの優しくて音のかわいらしい詩が収められたこの一冊は、子供達が最初に耳にする詩集として、ぜひおすすめしたい一冊です。

良い詩集をたくさん出している出版社とその代表作品

詩集おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方【2018年】

岩波文庫

高村光太郎詩集

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

彼自身の編纂による「道程」以降の良作が、ギュッと詰まった名作です。 高村光太郎の感性と、鋭くも鈍重で美しい世界がそこには広がっています。

高村光太郎をはじめとして、多くのおすすめの詩集を文庫本で出版しています。ワーズワースらランボーなどの海外の作品も多く、文庫のため軽くて持ち運びが便利です。

おすすめの詩集は、いつも手元に置いてふと時間が空いたときに手に取り読みたいもの。とくにお気に入りのハードカバーは自宅の本棚位置いて、文庫本はいつも片手に。思いついたときに開いたページを読んで、とのときにしか感じられない世界を楽しむのもおすすめです。

また、旅に出る前にエアポートなどで、その時の気分に任せてに取って、そのまま一緒に旅をしてみるのもいいでしょう。多くの場所で手に入れることができるのも、岩波文庫の良いところです。

ハルキ文庫

口コミ

子供の頃から寺山修司のファンです。 コンパクトに作品がまとめられていて、いつもかばんに入れていたくなります。 挿絵も装丁も素敵です!

ハルキ文庫は、角川春樹事務所が発行している文庫レーベルです。

おすすめの詩集では寺山修司の他に、萩原朔太郎や宮沢賢治、町田康やサトウハチローなどの文庫を出しています。「安価な方が手に取りやすく、本好きが増える」という考え方から、定価が安く設定されていて、そのために中学生や高校生にも手が出しやすくなっています。

また、小学校高学年程度であれば読み進められるように、ふりがながたくさん付けられていて、読みやすくおすすめの詩集です。ちょっと試してみようかな、と思った時に構えずに手に取って見ることをおすすめします。

JULA出版局

没後80年金子みすゞ

Amazonで見る

口コミ

読みやすく、見やすいです。金子みすゞさんの詩集が欲しかったのですが、間違って買ってしまいましたが とても興味深く読みました。

JULA出版局は、児童書や子供に関する本を多く出版しています。

26歳という若さで不幸な最後を遂げた金子みすゞ。生前500辺余りの詩を残していましたが、それはしばらく世の中から忘れ去られていました。世間から忘れられていたこの童謡詩人の作品を世に送り出したのが、JULA出版局です。

金子みすゞ著作保存会の窓口になっている出版局で、みすゞの残した詩がそのままの言葉でアレンジされず詩集になっていて、ファンならずともおすすめできる詩集を数多く出しています。

詩集の楽しみ方・おすすめ

詩集おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方【2018年】

詩集の楽しみ方を一言で表すのはとても難しく、それだけ一辺に多彩な魅力が詰まっているといえます。詩に触れたことがない方にとって、詩集は少し特別な、あるいは気取ったものというイメージをお持ちでしょう。

しかし、詩とは、恋愛の詩、家族の詩、哲学的な詩、悲しい詩、楽しい詩、感動したときの詩、と私たちが普段感じている日常のいろいろな事情を、詩人それぞれの感受性で言葉にした身近なものです。

小説と違い短く、数行の中に一瞬の物語が詰まった詩は、私たちの世界がいかに多彩で瑞々しく輝いているか、あるいは悲しく悲哀に満ちた気持ちや、怒りや軽蔑が無造作にばらまかれているかを、言葉にしてくれています。

普段忙しなく生きているために気が付くことのできなかった気持ちを、一辺の詩によって思い出して、共感を覚え、立ち止まって深呼吸するきっかけになります。そんな風に詩集を楽しむ時間は、良いリラックスタイムにもなることでしょう。

朗読のすすめ

詩集おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方【2018年】

詩は「うた」と読むように、解釈する以前にその音の響きの美しさを感じる感覚的なものでもあります。普段は目で追って頭に響く言葉で想像を広げながら詩を楽しんでいる方も、時には声に出して朗読してみてください。その言葉自体が持つ音の響き、美しさ、悲しさ、寂しさ、匂いや風まで感じることができるでしょう。

「詩を声に出して読む」というのは、また、普段パンパンに詰まった頭の中を真っ白にして、何も考えず打ち込むことのできる作業でもあります。読む、声に出す、その声を聞く、ということを繰り返すうちに、他のことは考えず夢中になって、朗読が終わった後は気持ちよくリフレッシュしていることでしょう。

何かもやもやしている時などに試してみるととてもスッキリするので、そんな時は朗読をしてみることをおすすめします。

冬の月夜に温かい飲み物と豊かな詩集を

詩集おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方【2018年】

いかがでしたか。詩の持つ魅力を感じていただけたでしょうか。

詩は、なんとなく照れくさいような気取ったようなイメージで「自分には縁がない」と思ってきた方も多いことでしょう。しかしそのような方も、一度詩集を手にとって開いてみてください。

私たちが毎日感じているけれど、さらっと流して通り過ぎてきたたくさんの気持ちが、言葉になってそこにいます。その言葉たちは、いつも側にいる身近な言葉たちです。ぜひ、構えずに詩の世界にもう一人の自分を見つけてください。

夜更けに温かい飲み物を飲みながら、詩集を開く。そしてそこに書かれた詩人の言葉に想いを馳せ、あの時の気持ちと同じだ、と共感を覚える。些細な日常の一コマが、詩と共に思い出される特別な時間に変わる。

そんな風に、詩集は人生を豊かにしてくれる素晴らしいものです。

Related