Search

検索したいワードを入力してください

2017年12月11日

ライトノベルおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類【2018年】

「オタク向け」というイメージが変わりつつあるライトノベル。そんなイメージを持っていた方も少なからずいるのではないでしょうか。この記事ではそんな人にもオススメのライトノベルをご紹介しています。手始めにどの作品を読めばいいかわからない方はぜひ読んでください。

ライトノベルおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類【2018年】

ライトノベルの種類と選び方

ライトノベルおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類【2018年】

ライトノベルの種類

従来のライトノベルの傾向としては、異世界モノや青春学園モノ、コメディ作品が多くを占めています。中高生の読者層が多いライトノベルと言われることもあってか、その年齢層が共感しやすい設定や魅力的なキャラが登場する作品が多いです。

しかし、ここ最近の傾向としては、中高生だけではなく大人でも楽しめるような作品が多数存在しています。それだけライトノベルという存在が認知されていた証拠とも言えます。

ライトノベルの選び方

ライトノベルの選び方の基準は、ネットなどでレビューを参考にすることです。なぜその評価を下すまでに至ったのか、気になる場合はまず、読んでみるという手もあります。人によって選び方楽しみ方はそれぞれですが、まずは自分自身が読んでみないことにはわからないことも多いです。

連載中の作品だけでなく、完結している作品でも今後、物語に登場するキャラクターたちがどのようになっていくのか、想像力を働かせることでまた新しい楽しみ方ができます。連載中であれば、新刊を読んだ際に「良い意味で期待を裏切られた」と感じることや「予想どおりだった」と予想が当たったことに対する喜びも生まれます。

ライトノベルオススメ人気ランキングTOP3

ランキング3位

妹さえいればいい。

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

「はがない」の平坂読とカントクのタッグで、妹モノとあれば特攻しないわけにはいきません 妹。いい響きですね。ライトノベルに兄と妹がいればそこにラブコメは生まれるのです! 主人公には痛く共感せざるを得ません。

「はがない」の作者で有名な平坂読氏が放つ青春ラブコメの到達点、ライトノベル既刊8巻(2017年12月現在)です。2017年10月よりアニメもスタートしています。漫画化もされており、「外伝 妹にさえなればいい!」も発売されています。

妹をこよなく愛するライトノベル作家の羽島伊月には、銀髪碧眼美少女作家の可児那由多、伊月と同じ大学に通っている恋愛・友情・夢に悩む青春三冠王の白川京、同じ時期に作家デビューした不破春斗などの個性的なメンバーが集まっています。そしての完璧超人であり伊月の弟の羽島千尋にはある秘密があって――。

ライトノベル作家の日常をメインにこの物語は進んでいきます。「ライトノベル作家ってどういう風に仕事をしてるのだろう?」と疑問に思われている方も少なくないはずです。魅力的なキャラクターが目白押しの笑い溢れる作品です。この作品を読まないことにはライトノベルを語ることはできません。

ランキング2位

弱キャラ友崎くん

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

ゲーム好きの人付き合いが苦手な主人公が、ヒロインのおかげで現実の問題をクリアしていく作品。 序盤から終盤にかけて、主人公の成長が感じられて、またゲームに関する知識などもちりばめられ、とても楽しめたと思います。

第10回小学館ライトノベル大賞優秀賞を受賞した屋久ユウキ氏のデビュー作、「弱キャラ 友崎くん」、ライトノベル既刊5巻(2007年12月現在)。新人デビュー作としては異例の文庫総合部門で8位にランクインし、「このライトノベルがすごい!2018」では昨年の8位からひとつ繰上の7位に輝きました。

「人生はクソゲー」だと言い張る日本屈指のゲーマー(自称)・友崎文也は、学園のパーフェクトヒロイン・日南葵に「人生は神ゲー」だと言われています。ゲームにおいては最強、ただし人生においては弱キャラの主人公が、生まれつき強キャラの美少女に人生の攻略法について教わることに――。

人生をゲームに見立てて経験値を稼ぎ、まるで実際にゲームをプレイしているかのような感覚になります。人生をゲームと見立てているからには必ずラスボスが登場します。そのラスボスが一体誰になるのか、ワクワクしながら読み進めることのできるオススメの作品です。

ランキング1位

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

内容は今流行りの残念系ラブコメで、主人公を筆頭に出てくるキャラみんなそれぞれ残念な性格をしています。 他の作品とは異なるキャラの残念さと共感出来るお話しがあるので、読んだら癖になると思います。 読んでる最中は顔がニヤけてしまうのでまわりに気をつけたほうがいいです(笑)

特徴・用途別のオススメライトノベル

ライトノベル作家の渡航氏といえば「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている」略称「俺ガイル」です。ライトノベル既刊15巻(本編12巻+短編3巻)(2017年12月現在)。「このライトノベルがすごい!」では2014年~2016年まで3年連続で1位だったため、殿堂入りをするほどの超人気作です。

ぼっちのひねくれ高校生・比企谷八幡は、生活指導の女教師・平塚先生に半ば強制的に「奉仕部」という部活に入部させられます。そこで出会った美少女・雪ノ下雪乃、相談に来た由比ヶ浜結衣、この3人がメインに物語は進められていきます。

「ライトノベルを読むならこれを読め!」とオススメできるほどの作品です。一番評価すべきは地の文の面白さです。主人公の八幡視点で物語は進んでいくのですが、「面白い」「深い」、この言葉につきます。とにかく1度読んでみることをオススメします。必ずこのライトノベルの虜になること間違いナシです。

ファンタジー

ロクでなし魔術講師と禁忌教典

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

おもしろい。非常におすすめ。 キャラクターの絡みのテンポが良くて読んでて楽しい。漫才会話が上手い。

第26回ファンタジア大賞を受賞した羊太郎氏が原作の「ロクでなし魔術講師と禁忌教典」略称「ロクアカ」、ライトノベル既刊12巻(本編10巻+短編集2巻)。2017年4月~6月にかけてアニメ放送もされました。

アルザーノ帝国魔術学院の非常勤講師であるグレン=レーダスは、授業のすべてを自習にし、生徒をほったらかしにして自分は居眠りに耽ります。痺れを切らした「教師泣かせ」のシスティーナ・フィーベルに決闘を挑まれるも結果はグレンの大敗でした。良いところがまるでない、まさにロクでなしの魔術講師だった――。

魔術の「資質」は三流もいいところ、しかし魔術の「本質」は理解している模様のグレン。それにはちゃんと理由があります。生徒の立場になれば決闘を申し込んだシスティーナの気持ちも理解できる気がします。原作のライトノベルも難しい描写もなく、読みやすい内容なのでぜひ読んでグレンの本当の姿を見て欲しい、そんな作品です。

完結

サクラダリセット

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

1冊で完結している内容で、軽快なテンポで読み進めることが出来ました。 あの時に戻ってもう一度やり直せれば、というリアルでは叶わぬ夢を実現できる能力と、それに伴う痛みやジレンマを上手く組み込んでいると思います。

2017年の4月~9月までアニメ放送もされた河野裕氏が原作のライトノベル「サクラダリセット」、ライトノベル全7巻完結。そしてアニメ放送が開始された同年の4月に前後編で実写映画化もされました。

能力者が存在する町・咲良田。記憶を保持する能力「記憶保持」を持つ少年・浅井ケイと、世界を最大で3日分、元に戻す能力「リセット」を持つ少女・春埼美空は、高校で能力者を管理する公的機関・管理局の「奉仕クラブ」に所属しています。2人はある日、「死んだ猫を生き返らせてほしい」と依頼を受けるのだが――。

「あの時にもう一度戻ることができれば――。」実際には叶わない願いを実現できる便利な能力ですが、それに伴う精神的な痛みや苦痛、ジレンマなどを上手く組み込んでいます。原作者の読者に対する問いかけがリアルに伝わってくる、そんな優しい作品です。原作のライトノベルは既に完結済みなの一気に読み進めることができます。

ラブコメ

冴えない彼女の育てかた

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

久しぶりに何度も読み直してあれこれ想像してしまうお話でした。 風景・心理描写を丁寧に言葉のセンス良く書き連ねる小説も好きですが、この作者のほぼ会話だけで情景を浮かばせ、内面をあれこれ想像させる手腕はすごいなと。 この世界に浸って登場人物の今後をあれこれ考えるのが私の最近の癒しになっております。

丸戸史明氏のライトノベルデビュー作「冴えない彼女の育て方」略称「さえかの」、ライトノベル全17巻完結(長編13巻+短編4巻)。公開時期と映画タイトル共に未定ですが、2017年12月3日に開催されたイベントで劇場版の制作が発表されています。

アニメグッズを買う費用を稼ぐためにバイトに勤しむ高校生・安芸倫也は桜舞う坂道で出会った少女・加藤恵に興味を抱き、彼女をメインヒロインにしたゲームの作成を思いつきます。個性的なメンバーを迎え入れゲーム制作に取り掛かるのだが――。

オタクの主人公がヒロインのヒの字もない、冴えないヒロインを最高のヒロインに仕立てるべく、ゲーム制作に熱を燃やすヒロイン育成コメディ作品です。ゲーム制作から来る挫折や努力やプライドが各キャラから溢れ出てきます。まさにライトノベルらしい作品ともいえます。仲間と共に一つのモノを作り上げるサクセスストーリーを見たいという方にはおススメの作品です。

書き方

この素晴らしい世界に祝福を!

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

出てくるキャラがどいつもこいつも個性的で、その掛け合いがとても面白い作品です。 本巻以降も読み進めるとわかるのですが、ほのぼの展開、ギャグ展開、ラブコメ展開、熱い展開などあらゆる方面で高いエンターテインメント性を持っています。 是非とも手にとって、この素晴らしい世界を覗いてみてください。 『祝福を!』

小説投稿サイト「小説家になろう」で「自宅警備兵」をペンネームとして連載されていたオンライン小説が文庫本化した暁なつめ氏によるライトノベル「この素晴らしい世界に祝福を!」略称「このすば」、ライトノベル既刊13巻+スピンオフ7巻。アニメ放送が2016年に1期、2017年に2期が放送されました。公式ホームページにて、アニメ新企画が始動していることが公開されました。

トラックに轢かれたと勘違いをしてショック死してしまった引きこもりの高校生・佐藤和真は、死後の進路について案内をしている女神・アクアを道連れにして異世界転生します。大冒険の始まりかと思いきや、まずは生きていくための労働に勤しむことになります――。

コメディ作品の中ではズバ抜けて面白いこの作品です。ライトノベルのような文章を読むのが苦手な方はまずアニメをご覧になることをオススメします。登場キャラは個性的なメンバーしかいません。「エクスプロージョン!」

ハーレム

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

滅茶苦茶面白かったです!! キャラとの会話、話の展開、最後の締めなど完璧だと思います。 ジョジョネタが少し多いのですが、知らなくてもついてこれるレベルだと思います。 よくある主人公モテモテラノベと言えばそうなんですが、他とは違う光るものがあるラノベだと思います。

裕時悠示氏が原作のライトノベル「俺の彼女と幼馴染が修羅場すぎる」略称「俺修羅」、ライトノベル既刊14巻(2017年12月現在)。2013年1月~3月にかけてアニメ放送もされました。原作ライトノベルの他、スピンオフ漫画や4コマ漫画なども刊行されています。

学年トップの好成績を誇る主人公・季堂鋭太はある日、帰国子女で校内一の美少女・夏川真涼から偽装カップルになる話を持ち掛けられます。面倒なことに巻き込まれたくない鋭太だったが、真涼は鋭太に関する重大な秘密を握っていました。そこに幼馴染の春咲千和、「元カノ」を自称する秋篠姫香、風紀委員で鋭太の「婚約者」の冬海愛衣が加わり、まさに修羅場すぎる展開になるーー。

王道中の王道をいくラブコメディ、原作のライトノベルを読めば主人公が羨ましいと同時に妬ましくなること間違いナシの作品です。ハーレムモノのライトノベルが好きな方にはぜひ読んでもらいたい作品です。

恋愛

青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

さくら荘が面白かっただけに、とてつもない期待を胸に読みました。期待を遥かに超えました。 今作もやはり登場人物たちの掛け合いがとても面白いです。そして何より、伝わりやすい心理描写。 内容的な物は書きません。ただただ面白いと書きに来ました。 みなさん買っても損は全く全く全くありません。

「さくら荘」でおなじみの鴨志田一氏が描く新たな青春ストーリー「青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない」、「青春ブタ野郎シリーズ」、ライトノベル既刊7巻。イラスト担当は前作の「さくら荘」に引き続き、溝口ケージ氏が担当しています。

峰ヶ原高校に通う2年生・梓川咲太はある日、図書室で野生のバニーガール・桜島麻衣と出会う。自分以外その存在を認知することができない「思春期症候群」という都市伝説とも呼べる類の現象が起こります。僕と彼女の恋にまつわる物語が今始まる――。

前作の「さくら荘」と同様、タイトルで損している感が否めないこの作品、しかしタイトルだけで判断するのはまだ早いです。まずは手に取って読んでみましょう。読んだうえで買うか買わないかはあなた次第です。また、作中には「さくら荘」のキャラクターが登場しています。気になる方はまずは読むべし。

アニメ

ソードアートオンライン

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

これまでいくつかのラノベに手を出し、その度に途中で放り出してきた私ですが、これには惹き込まれました。退屈することなく最後まで夢中で読みました。 普段ゲームやアニメに縁がなかったり、ラノベ未経験という人も、まずはこれを読んでみて欲しいです。

ライトノベル愛読者以外の人にも認知されているほどの、まさにライトノベルの金字塔です。川原礫氏が原作の「ソードアート・オンライン」、公式略称は「SAO」。アニメ化や漫画化などさまざまなメディアミックス展開がされており、2017年2月には「劇場版 ソードアート・オンライン オーディナル・スケール」が上映されました。

ゲームオーバーは現実世界での「死」を意味する――。世界初のVRMMORPG「ソードアート・オンライン」に参加した主人公・キリトを含めた1万人のプレーヤーは、ゲーム世界に閉じ込められます。現実世界に戻る唯一の方法は、巨大浮遊城「アインクラッド」の第100層モンスターを撃破すること――。

ライトノベルは苦手という方は、ぜひアニメの方をご覧になってください。2018年には「プロジェクト アリシゼーション」が放送されるので、それまでに原作ライトノベルを読んでおさらいしておくのもいいです。

日常系

エロマンガ先生

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

普段ラノベをほとんど読まないのですが、この作品は非常に楽しく読むことができました。 現実的すぎるガチガチな内容でなく、非現実的すぎるガバガバな内容でもない。フィクションとしての面白さを残しつつ違和感を感じさせない、創作物として非常にバランスのとれた作品です。

「俺妹」の作者・伏見つかさ氏による作品「エロマンガ先生」、ライトノベル既刊9巻(2017年12月現在)。2017年にはアニメ放送もされました。

高校生でライトノベル作家の和泉正宗は、自分の部屋から全く出てこない引きこもりの妹・和泉紗霧に自発的に部屋から出てきてもらうために日々、苦労していました。ある日、自分のライトノベルのイラストレーター、エロマンガ先生のライブ配信を視聴すると――、「これ、俺の妹じゃね?」

妹モノのライトノベルといえば伏見先生です。ライトノベルのタイトルは個性的なものが多いですが、どうかタイトルだけで判断しないでください。また、この作品は「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」との時間軸が繋がっているシーンがあります。「俺妹」のファンにとっては感動できること間違いなしです。ぜひ自分の目で確認してみてください。

おすすめのライトノベルのメーカー・ブランド3つと代表製品

GA文庫「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

いざ読んでみたら、とても面白かった。 ファンタジーとして、ストーリーとしての骨格はとてもしっかりしており、文字通り骨太。 また、主人公が今時の大量生産型である俺Tueeee系じゃないのも気に入った。 やはり男は、苦難にぶつかって汗水垂らして、それらを乗り越えてこそなんだよ。 本当に、久しぶりにラノベを読んで熱くなってしまった。

小説投稿サイト「Arcadia」に投稿していた作品を第4回GA文庫大賞に投稿し、見事大賞を受賞した大森藤ノ氏のデビュー作です。「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」略称「ダンまち」、ライトノベル既刊12巻。2018年2月に最新13巻発売予定です。

「異性との運命の出会い」に憧れ、女神ヘスティアのファミリアに入団した、駆け出し冒険者のベル・クラネルはある日、モンスターに襲われ絶体絶命の窮地に陥っていたところを、トップクラスの女性冒険者・アイズ・ヴァレンシュタインに救われ一目惚れします。彼女と対等になるために逞しい冒険者になることを決意するが――。

主人公が最強設定ではなく、どこにでもいる少年が苦難を乗り越えながら成長していく姿は、頼りないながらも好感を持つことができます。またアイズを主人公にした「外伝 ソード・オラトリア」も刊行・アニメ化もされていますので、そちらもぜひご覧になってください。

ガガガ文庫「人生」

口コミ

文系、理系、体育会系の三人の女の子が人生相談に答えるお話。 キャラ同士の掛け合いがメインになってくるのだが、 それがセンスがあって絶妙に面白い。 雰囲気的にはパロディーに頼らない生徒会の一存のようなものか。 スプーン曲げをするシーンがあるのだが、思わず声を出して笑ってしまった。

川岸殴魚氏が原作で2012年よりガガガ文庫(小学館)から刊行がスタートしたライトノベル「人生」、ライトノベル全12巻完結(本編10巻+スペシャル版2巻)。2014年7月~9月までアニメ放送もされました。

九文学園第二新聞部に所属する赤松勇樹は、部長から校内新聞の新コーナー「お悩み相談コーナー」を任されます。そしてその「回答係」として、理系・遠藤梨乃、文系・九条ふみ、体育会系・鈴木いくみの3人と協力して、何とか記事の作成に取り掛かるのだが――。

長文のタイトルが一般的になりつつあるライトノベル中で、たったの漢字二文字だけというのはそれだけで興味が惹かれるものがあります。この作品の特に面白いところは、ライトノベル読者から相談を募集しているということです。そしてその相談に対し、作中の登場キャラたちが掛け合いをします。少しでも興味が湧いた方はぜひ読んでみることを深くオススメします。

MF文庫J「Re:ゼロから始める異世界生活」

Re:ゼロから始める異世界生活

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

友人に勧められて読んでみましたが読んでいくうちにもし自分が主人公だったらと感情移入してしまうようななかなか考えさせられる良い小説だと思いました。 これならいくらでも読めます。

小説投稿サイト「小説家になろう」にて2012年4月より連載がスタートし、2014年1月にMF文庫Jから刊行された長月達平氏が原作の「Re:ゼロから始める異世界生活」、公式略称は「リゼロ」です。ライトノベル既刊18巻(本編14巻+短編集2巻+外伝2巻)。2017年12月25日には、原作小説第15巻&短編集3巻が同時発売されます。

コンビニ帰りに突然、異世界に召喚されたナツキ・スバルは、ハーフエルフの銀髪少女・エミリアに出会います。自身の死を引き金に時間を巻き戻す力「死に戻り」の能力を得た少年の、過酷で残酷な運命に抗う異世界ファンタジーです。

小説投稿サイトから一躍有名になった作品ですが、今もその勢いは衰えていません。原作のライトノベルを買おうか迷っている方はまず、アニメの18話を見てから判断するのもいいでしょう。きっとこの作品に心を奪われてしまうでしょう。

ライトノベルの楽しみ方

さまざまなジャンルや多数の作品が存在する中、ひとつの作品を選ぶのはなかなか難しいことです。ここで今回は、まだライトノベルを読んだことがないラノベ初心者の方向けにライトノベルを選ぶ基準を二つ、お話していきます。

思わず目を惹かれるイラストや登場するキャラクター

一つ目はイラストや登場するキャラクターです。ライトノベルに登場するキャラクターは魅力的なキャラが多いです。ただし、その物語の設定としてあえて、印象を悪くしている場合もあります。ライトノベルを読もうと思ったときに見るのがまず、表紙のイラストや登場するキャラクターたちです。これはネットや店舗で買う場合も同じです。

好みのモノとそうでないモノはやはり存在します。登場するキャラクターにも同じことが言えます。自分の好みのキャラクターはイコール、そのキャラに憧れを抱いているか、自分と重なる部分があるかという2点です。

初めは印象の悪いキャラクターでも物語が進むにつれ、評価が上がってくるキャラクターというのは存在します。一概にイラストや登場キャラだけでは判断できませんが、あくまでライトノベルを選ぶ際の参考としていただければ幸いです。

魅力的なストーリー設定

二つ目がストーリー設定です。ライトノベルは魅力的なキャラクターやストーリー設定が大部分を占めています。現実ではありえない展開や世界観は興味を惹かれます。現実ではありえない展開だからこそ憧れを抱くのだと言えるでしょう。ありえない世界観は想像力を湧きあがらせてくれます。

また、普通ではありえない設定で興味を惹かれるような作品ではなくとも、面白い作品は多数存在します。あくまでも選ぶの自分自身です。まずは、イラストであれ、登場するキャラクターであれ、イラストや世界観であれ、自分が「これを読みたい」と思った作品を読むのが一番です。ここでの話はあくまでも参考にしてください。

ライトノベルは誰もが楽しんで読める小説

ライトノベルおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類【2018年】

かつては「オタク向け」の小説と呼ばれていたライトノベルは今やそのイメージは変わりつつあります。それだけライトノベルが世間的に認知された証拠とも言えます。それはライトノベル作家や出版社やその作品に携わる編集者たちが良い作品を作り、世に出したおかげです。

そして、読者である私たちがその作品に対して評価をすることで、存在し続けることができます。読者なくして作者は存在しません。この関係性はどの業界にも言える言葉です。作者にとって一番つらいことは何より評価をされないことです。良い評価も悪い評価もそれが自分の下した評価であるならば、それを受け止めるのが作者の仕事であり使命となります。

真剣には真剣で向き合う、そして楽しむことで、きっとあなたの人生を変えるほどのライトノベルに出会うことができるでしょう。

Related