Search

検索したいワードを入力してください

2018年01月11日

赤ちゃんのおもちゃおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ【2018年】

赤ちゃんのおもちゃの種類と選び方について詳しく説明してあります。赤ちゃんは、月齢によって、遊ぶものが変わります。そのため、その月齢に合ったおもちゃ、出かけ先やお風呂内で使うおもちゃなど、どういうおもちゃが赤ちゃんに適しているのかを紹介しています。

赤ちゃんのおもちゃおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ【2018年】

赤ちゃんのおもちゃの種類と選び方

赤ちゃんがぐずったときや、機嫌が悪いときに、おもちゃを渡すと、ご機嫌よくなったり、泣きやんだりします。特に外出する際は、赤ちゃんのお気に入りのおもちゃは忘れてはいけないほどのマストアイテムです。

お店には、たくさんのおもちゃが並んでいますが、どのおもちゃを選べばいいのでしょうか?おもちゃは、赤ちゃんのご機嫌をよくするものだけではなく、心や身体の成長もサポートしてくれるため、赤ちゃんの月齢にあったおもちゃを選ばなければいけません。

赤ちゃんのおもちゃの種類

赤ちゃんにとって、おもちゃとは、触ったり、聞いたり、見たり、口に入れたり、叩いたりなどして、さまざまな感覚をフルに使い、脳に刺激できるツールの1つです。

発育に合ったおもちゃを与えることで、赤ちゃんの成長を効果的にサポートすることができます。赤ちゃんは、周りにあるものをなんでもおもちゃにしてしまうことができます。おもちゃの種類としては、見たり、触ったり、口に入れたり、叩いたり、さまざまな感覚をフルに使って遊べるものがあります。

種類ごとに紹介していきましょう。

おしゃぶり

赤ちゃんが最初に触れるおもちゃです。触ったり、舐めたり、噛んだり、振ったりとできるおしゃぶりは、自分の手で握ることができ、主体で遊べるおもちゃです。握ることができない赤ちゃんには、おもちゃを振って音を鳴らして、その音色を聞かせてあげましょう。

最近では、プラスチックのおしゃぶりも販売されていますが、やはり赤ちゃんには、木のぬくもりを感じて欲しいです。少々高くなりますが、木製のおしゃぶりを選ぶといいでしょう。

赤ちゃんのおもちゃの選び方

赤ちゃんのおもちゃおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ【2018年】

赤ちゃんが遊ぶおもちゃの選び方として、一番大切なのは、「安全」であるかどうかです。
赤ちゃんは、なんでも口に入れてしまうので、誤飲してしまう恐れのあるもの、人体に影響がある塗料を使っているようなものは絶対にダメです。

母子手帳にも記載されていますが、3歳児までの赤ちゃんはトイレットペーパーの芯(直径39mm以内)の大きさのものならば、口の中に入れることができてしまいます。そのため、「赤ちゃんの握りこぶしより小さいおもちゃ」「トイレットペーパーの芯(直径39mm)を通る大きさのおもちゃ」「舐めると危険があるおもちゃ」などは、絶対に与えないようにしましょう。

安全性の基準は、目で見て確認することができます。おもちゃを購入するときにパッケージを確認してみましょう。「ST」「CE」「ASTM」のマークがついていれば、大丈夫です。では「ST」「CE」「ASTM」のマークについて、詳しく説明していきます。

STマーク

「ST」は、日本の一般社団法人日本玩具協会が、日本で販売されるおもちゃの安全性を高める目的として作られた「玩具安全基準」です。つまり、STマークがついているということは、安全面に配慮して制作されたものとして、協会が認めたおもちゃということです。

日本の大手おもちゃメーカーのほとんどが、この一般社団法人日本玩具協会に加入しており、日本の大手おもちゃメーカーから販売されているおもちゃには、このSTマークがついています。またこの「ST」マークを表示するためには、協会自身がおもちゃの安全面を判断するのではなく、第3者検査機関による「ST基準適合検査」に合格しなければいけません。

・機械的安全性
・可燃安全性
・科学的安全性

これらの3つの項目を検査して合格しなければ、「ST」マークを付けることはできません。

CEマーク

「CE」はEU加盟国で販売されるさまざまな製品に表示が義務付けられている安全マークです。その中でも、乳幼児向けの製品・おもちゃには「EN71」という安全基準があります。この基準に合格した製品にこのマークが表示されます。日本製のおもちゃでも、EU加盟国に輸出・販売をする場合は、この「CE」マークを取得する必要があります。

ASTMマーク

「ASTM」は米国の民間規格制定機関ASTMインターナショナルによる規格に合格した商品に表示されるマークです。現在、世界の約75ヵ国で基準として取り入れており、国際的に広く支持された規格です。乳幼児向けの製品・おもちゃには「ASTM F963」という安全基準があり、この基準に合格した製品に、このマークが表示されます。

赤ちゃんのおもちゃのおすすめ人気ランキングTOP3

おもちゃ売り場に行くと、当然おもちゃがたくさんありますが、実は0歳児用のおもちゃのコーナーがかなり大きく設けられています。それだけ、多くのメーカーが赤ちゃん用のおもちゃを開発・製造しているということです。では、どんなおもちゃが人気なのかご紹介しましょう。

3位 小さな赤ちゃんでも安心して遊べるオーボール

オーボールラトル

¥ 1,296

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

ポリウレタンの細い網目状で出来たボールです。柔らかい素材のため、顔や体にあたっても痛くありません。

赤ちゃんの小さな手でも、簡単につかんだり握ったりできるボール状のおもちゃです。とても柔らかいため、赤ちゃんの顔に当たっても痛くないので、安心です。

ほとんどの赤ちゃんが持っているといっても過言ではありません。赤ちゃんが遊ぶ期間としては決して長くはありませんが、生後6ヶ月頃までは、どこに行くにも持ち歩い置きたいアイテムでもあります。

2位 赤ちゃんが興味津々になるプレイマット

フィッシャープライス レインフォレスト・デラックスジムII DFP08

¥ 10,584

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

マットに色々な仕掛けが施されていたり、ぶら下がっている玩具から様々な音が鳴るので、ねんね期の赤ちゃんから寝返りをし始めた赤ちゃんが楽しく遊べるプレイマットです。

色鮮やかな色彩で、赤ちゃんがワクワクするような仕掛けがたくさん施されています。
音がなったり、光る機能がついているため、赤ちゃんも長い間、喜んで遊んでくれるアイテムです。

家での使用だけではなく、仕掛けのおもちゃが取り外しが効くので、外出先にも持ち歩くことができるため、長く使用することができるのが特徴です。

1位 シンプルだけどやりだしたら止まらないコップがさね

コンビ コップがさね

¥ 1,080

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

10個のコップをただ積み重るだけという、シンプルな遊びですが、赤ちゃんは夢中になって遊びます。

カラフルなコップを積み上げたり、重ねたりするシンプルなコップ重ねです。それぞれのコップの大きさの認識や色の違いを、自然と覚えていきます。

値段もお手頃なため、友人の赤ちゃんへのプレゼントとしても大人気です。

特徴・用途別おすすめの赤ちゃんのおもちゃ

赤ちゃんのおもちゃおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ【2018年】

0歳児の赤ちゃんの成長はとても早く、その月齢にあったおもちゃを与えなければいけません。ここで、どんなおもちゃがおすすめなのか、月齢事に見ていきましょう。

0歳

ぞうさん スティックガラガラ にぎにぎ ORGANIC GARDEN オーガニックガーデン

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

オーガニックコットンで、安心です。優しい鈴の音が心地よく響きます。

0歳の赤ちゃんには、月齢事の成長に合ったおもちゃを与えなければいけません。例えば、同じ0歳でも、3ヶ月の赤ちゃんと6ヶ月の赤ちゃんでは、できることが全く違いますし、興味を示すものも違います。

1ヶ月の赤ちゃんには、顔に当たっても痛くないコットン素材ガラガラがおすすめです。赤ちゃんが泣いたときに、ガラガラを渡すと、泣きやむ赤ちゃんもいます。

2ヶ月

くまのプーさん 6wayジムにへんしんメリー

¥ 11,880

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

お子さんの成長に合わせて6通りの使い方ができる優れたメリーです。

いわゆる「ねんね期」の頃は、寝たきりの状態で、起きているときは手足をばたばたと動かす程度の動きをするだけです。この時期の赤ちゃん向けのおもちゃとしては、例えば、ベッドメリーやベビージムなどがあります。ベッドメリーは音楽が流れたり、カラフルなおもちゃが優しく揺れて動くため、ねんね期の赤ちゃんの上にぶら下げてあげるだけで、喜びます。

ベビージムなどは、赤ちゃんが手足を動かしたときに、おもちゃが当たって、揺れて動いたり、触ると音が出たりします。

また振るときれいな音がするガラガラなどの握るおもちゃもいいでしょう。生後2ヶ月頃から、手で物を握る力が少しずつ強くなってきます。木の素材のものでも、柔らかい布製のものでもいいので、色々な形や大きさ、肌触りなどを体験させてあげましょう。

赤ちゃんはすぐに口に加えてしまうので、お洗濯できたり、さっとふける物を選ぶと衛生的でいいでしょう。

3ヶ月

フィッシャープライス めくってモー!おでかけ布えほん

¥ 1,404

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

1ページごとに色々な仕掛けが施されています。赤ちゃんが好きな手触りや音が楽しめる布でできた絵本です。外出先にも持って出かけやすいです。

少しずつ首が座ってくる頃です。首が座り始めると、仰向けをよくするようになり、赤ちゃんの視界が変わってくるため、色々な物に興味を示します。また細いものなら、上手に握ることもできるようになるため、赤ちゃんが自分で握れるサイズのおもちゃで、歯がためと兼用の音が鳴るおもちゃなどがおすすめです。

布製の本などもお勧めです。1ページ1ページにさまざまな仕掛けが施されています。この頃の赤ちゃんは見ることよりも音の出るおもちゃに興味をもつため、絵本ではありますが、布製で仕掛けが施されていることから、本を触ることが楽しくなるでしょう。

4ヶ月

コンビ くるくるゆらリン2

¥ 2,160

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

クマさんがゆらゆらと動く起き上がりこぼしです。揺らすと音が鳴り、お腹の中のプロペラが回転します。

赤ちゃんの成長には個人差がありますが、ほとんどの赤ちゃんが4ヶ月頃には、首が座るようになります。とはいえ、まだ自分で寝返りを打つことはあまりありません。首が座っているため、思いどおりに動かせるようになると音がなるほうへ、目をちらっと向けたり、優しい音色が出るおもちゃなど掴んだり握ったりできるおもちゃを好みます。

首が座ると、腹ばいができるため赤ちゃんの目線が変わります。そんな時は、ゆらゆらと揺れるぬいぐるみやお人形などが良いでしょう。

赤ちゃんが握れるくらいの柔らかいぬいぐるみやボールなどもお勧めです。転がしたり、掴んだり、つぶしたりなど色々な遊びをします。赤ちゃんが握ったときや触ったときに、優しい音がするものだとなお良いでしょう。

この時期にボールで遊ばせるということは、転がしてハイハイを促したり、投げるきっかけ作りにもなり、赤ちゃんの成長の発達を助けることにつながります。

5ヶ月

だるまさんのシリーズ本

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

だ・る・ま・さ・ん・がと左右に動くだるまさんが、転んだり、笑ったりと、0歳の赤ちゃんでも楽しめる本です。ファーストブックとして、人気の絵本です。

5ヶ月に入ると、寝返りをし始めるころです。また色々な物に興味を持ち始める時期でもありますから、自分が触って音が出るおもちゃ、例えば、色々な仕掛けが施されている、プレイマットなどがおすすめです。

また早い子だと、歯が生え始める赤ちゃんもいるため、よだれが増える時期でもありますから、歯茎がムズムズ対策に、歯固めなどもいいでしょう。

視力も少しずつ発達してきます。この頃から、文章の短い本の読み聞かせをすることをお勧めします。長い文章ではなく、単語や短い文章のものでいいので、赤ちゃんに1枚1枚ページの絵を見せながら、読み聞かせをしましょう。

6ヶ月

アンパンマン ベビータンバリン

¥ 1,080

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

振っても叩いても音がなるタンバリンです。握りやすく赤ちゃんの手にぴったりです。

寝返りを上手にできるようになり、ズリバイなどで移動ができる赤ちゃんもいます。好奇心がとても旺盛で、気になるものは手に取って口に入れようとしてしまいます。この頃は、ボールや、起き上がりこぼしなど、手を使って引っ張ったりすることで音が出るおもちゃが適しています。

叩く、押す、引っ張るなどの簡単な操作で反応のあるおもちゃを喜びます。また太鼓やタンバリンなどの簡単な楽器も、自分で音を出すことができて喜ぶでしょう。

8ヶ月

くまのがっこう だいすきおとつみき

¥ 3,780

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

それぞれの積み木に絵が描かれていたり、音が鳴ったり、色がついていた可愛い積み木です。 赤ちゃんの手にもピッタリの小さめサイズの積み木です。

お座りが安定してできるようになります。ほとんどの赤ちゃんが、寝転んで遊ぶことよりも、お座りをして遊ぶため、選べるおもちゃの選択も一気に増えます。赤ちゃんのおもちゃの代表と言っても過言ではない「積み木」ですが、最近ではカラフルで音が鳴る物だったり、ハートや星の形の積み木もあります。

積み木を選ぶときは、小さなものが混ざっていないか、確認しましょう。口に入りそうな物は、当分の間は別の場所にしまっておくことをお勧めします。

10ヶ月

フィッシャープライス おして! しまうまくんのバイリンガル・ウォーカー DNY98

¥ 4,860

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

お座りでも、あんよでも楽しく遊べます。日本語と英語の音声が流れるので、楽しく英語を覚えることが出来ます。

ハイハイで移動したり、つかまり立ちをするようになります。成長の早い赤ちゃんだと、1人で歩いたりするため、ますます目が離せなくなります。さらに目線が変わるため、色々なところに移動しては、興味のあるものを手当たりしだい、掴もうとします。

この頃の時期は、歩行器や押し車に座って足でこいだり、木馬にのって遊ぶことを好みます。
まだ上手に歩くことができないので、大きなおもちゃで遊ぶときは、必ず監視しておきましょう。また障害物などをどけて、転倒しても大丈夫なようにプレイマットを敷いておくと、万が一の時に安心です。

1歳お風呂

おふろでピタッと! DX

¥ 1,620

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

アンパンマンや他の仲間たちをぺたぺたとお風呂の壁に貼り付けます。

お風呂の中では、じっとベビーチェアに座っていることが嫌になってきます。お母さんが体や頭を洗っているそばで、上手に1人で遊ぶことができるようになるため、お風呂でも遊べるおもちゃなどを用意しておくと、良いでしょう。

最近では、お風呂専用のおもちゃも多数販売されています。代表的なものとして、バケツやお風呂の壁にペタっと貼れるブロックや湯船で使えるシャワーです。

飛行機

2歳出来るかな シールブック

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

子供はぺたぺた貼ることが大好きです。やればやるほど、夢中になってくれます。

狭い飛行機の中では、おもちゃは必需品です。飛行機に乗る赤ちゃんの月齢によって適したおもちゃを持参するようにしましょう。しかし気を付けなければいけないのは、音です。他のお客様の迷惑にならないように、大きな音がでるおもちゃはNGです。仕掛け絵本や歯固め、1歳半以上ならシールブックなども良いでしょう。

おすすめの赤ちゃんのおもちゃのメーカー・ブランド3つと代表製品

赤ちゃんのおもちゃおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ【2018年】

フィッシャープライス

2017年日本おもちゃ大賞 エデュケーショナル・トイ部門で優秀賞を獲得したブランドです。ベビートイのブランンドとして、世界から注目を浴びており、安全で壊れにくく、おしゃれでデザインが豊富なのが特徴です。

フィッシャープライス あんよでキック 4WAYピアノジム

¥ 7,560

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

成長の合わせて、遊べる4WAYジムです。脚でピアノをけると、音が出たり、アーチにぶら下がったおもちゃを掴んだりするなど、寝たままの状態で、全身運動が出来ます。 仰向けができるようになったら、アーチを取り外して、おもちゃをマットにつけて、指遊び。 お座りが出来るようになったら、ピアノごっこ。 コンパクトにたためるので、お出かけ先にも持っていけます。

サッシー

はっきりとした原色を使用することにより、カラフルでまた個性的なおしゃれな仕上がりのおもちゃです。原色を使用しているため、視力の弱い赤ちゃんでも認識できるような作りになっているため、1981年の創業以来、世界中でさまざまな賞を獲得しています。

スマイリー・フェイス・ラトル・ファン

¥ 1,728

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

赤ちゃんが握りやすいハンドルで、カラフルなビーズが、カラコロと優しくなります。 カラフルなため、赤ちゃんの視覚を刺激します。ニコニコスマイリーの後には、鏡がついており、赤ちゃんが自分の顔見ることが出来ます。

ボーネルンド

夢中になって遊んだ経験が豊かな感性を持つ自立した大人に成長させるという信念のもと、子供たちに遊びを提案してします。子供の成長に欠かせない優れた遊び道具を提供している他、デパートや百貨店などに、「キドキド」(子供の遊び場)も提供しています。

ルーピングファニー

¥ 4,860

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

色とりどりのワイヤーにそって、ビーズを動かします。とても単純なものですが、子供は、クルクル回ったり動いたりするビーズの動きに、飽きることなく遊ぶことが出来ます。目と指の適応運動を促すことで脳を刺激する知育玩具です。

赤ちゃんのおもちゃの使い方・活用方法・楽しみ方

赤ちゃんのおもちゃおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ【2018年】

子供にとって、おもちゃとは、「遊ぶ」道具であり「学ぶ」道具です。「遊びの質」を向上させることで、より良い学びにつながっていくと考えられるため、より質の良い遊びをさせることが、おもちゃの大切な役割です。

それぞれのおもちゃには、適した遊び方がありますが、子供はそれに関係なく自分の遊びたいように遊びますが、最初のうちは見守っておきましょう。いきなり親の目線から、正しい遊び方を教えてしまうと、子供は邪魔をされたと思い、そのおもちゃで遊ぶことをやめてしまいます。

まず、子供がそのおもちゃで遊んでいないときに、親が正しいやり方で遊んでみましょう。まねっこが好きな子供は、きっと親が遊んでいるように、遊び出すはずです。そのおもちゃの適切な遊び方をすることにより、おもちゃが持っている特性をきちんと生かすことができます。

赤ちゃんが楽しくおもちゃで遊べるように

赤ちゃんのおもちゃおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ【2018年】

赤ちゃんにとって、おもちゃはいつでも笑顔にしてくれる最強アイテムです。しかし、選び方や使い方を間違うと、危険な目にあうこともあります。また赤ちゃんの予測のつかない行動を、しばしば行います。赤ちゃんがおもちゃで遊ぶときは、様子をうかがいながら、遊ばせてあげましょう。

赤ちゃんの遊びをしっかりと観察することで、その赤ちゃんがどういうおもちゃを好むのか、わかるようになってきます。成長していくにつれて、どのようなおもちゃを与えたらいいのか、選ぶのは親ですから、ぜひその子供に合ったおもちゃで遊ばせてあげてください。

Related