Search

検索したいワードを入力してください

2018年07月04日

デジタルマルチメーターおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ【2018年】

安価で使い易いおすすすめから多種多様なおすすめの種類と使い方をご紹介しています。これから、一段とAIにより電気・電子依存の社会が想定されます。デジタルマルチメーターの常備は、必需品になって来ています。また、万が一の電気的トラブル時の対処にお役に立ちます。

デジタルマルチメーターおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ【2018年】

発電が身近デジタルマルチメータ常備おすすめとは!

デジタルマルチメーターおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ【2018年】


近年、デジタル社会になって、電気・電子機器の発展は目覚ましく変革し、さらに、想定以上におすすめされる電気・電子機器の発展がいわれています。具体的には、電子頭脳+ロボットなどによる事が人にとって代わり、人手不足を解消していくのではないでしょうか。

そのような背景の大元の電気は、自然のエネルギーの利用拡大が地球規模で叫ばれています。その一つがおすすめの屋根の太陽光発電であり、風力、地熱などの活用です。

また、自動車においても、ハイブリットや電気自動車がおすすめと宣伝されたいます。私たちは、発電と大型蓄電池などの隣り合わせでの生活が拡大化にあります。

この様な、発電装置自主点検と万が一の時の安全のためにデジタルマルチメータの常備をおすすめします。

身近な発電とデジタルマルチメータの役割とは?

デジタルマルチメーターおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ【2018年】

地球環境の協力へのおすすめが広がり、自家発電や電気自動車が大々的におすすめられるに従い、高出力の電気施設と高圧電気が身近になっています。地球環境のクリーン継続と維持に協力が強くおすすめとされています。

屋根に太陽電池、建屋のそばに関連の装置、庭には電気自動車と充電施設の設置の生活がおすすめといわれています。ですが、身近にある発電、高圧蓄電に、万一のトラブルがないとは言い切れません。セキュリティに自己管理、自己点検が必要ではないでしょうか。

見えない電気を見える化は安心・安全につながります。写真は、電気をデジタルで表示します。電気の性状が目視でチェック・確認できる機器です。デジタルマルチメーターと呼ばれるおすすめする測定器です。

このように電気機器全体に囲まれた中で、必要とするデジタルマルチメーターがどのような物か、おすすめする機種の種類や選び方などをご紹介します。

デジタルマルチメーターの常備に大切な事とは?

太陽電池も電気自動車も、設置の際、耐久性は、太陽電池は20年、電気自動は10年位保障されて大丈夫と安心し、安全に暮らしています。しくみや体制で万全との事で納得し利用しています。

設置や購入時に発電措置と電池に点検のアドバイスがあります。危険な個所は勝手に触ってはいけないのですが、どうしても必要な場合が生じないとは言い切れません。

太陽発電、電気自動車の両方とも、経年変化で老朽化や損傷はあります。ですから、自己点検をおすすめされています。

基本的は、電気の遮蔽を実施し自己点検必要になります。この様な時のために、デジタルマルチメーターの常備をおすすめします。

デジタルマルチメーターの常備や使用に関して資格や決まりはありません。しかしながら、デジタルマルチメータの取り扱いは、電気の基本知識が必要です。

デジタルマルチメーターの種類とは

デジタルマルチメーターの種類は、多くの呼び方があります。単に、テスター、デジタルテスター、マルチメーターです。和名では、回路計、検電器などです。

デジタルマルチメーターの種類は、大きく分ければ、据え置き型とスマホのようなカード型です。据え置き型は、業務用、カード型は、業務と家庭で使います。その他にもペン型や棒状、あるいは非接触型と幾種類もあります。

種類が多い理由は、メーカーで多くの使用条件に最適な設定を考えている事、電気機能の測定要素の多さあります。一般的に使用されるカード型のみで数えきれないほどの機種と種類があります。

多くの種類の中から、最適なデジタルマルチメーターを選ぶとなれば、かなりの労力です。初めての購入に際して悩まく迷われるています。

以降に、お役立ちのカードタイプのおすすめのデジタルマルチメーター選ぶポイントに続きます。

デジタルマルチメーターを選び方

太陽発電や電気自動車は、電気設備、電気機械は、特殊で別とします。家庭や仕事で、最初に選ぶ場合のおすすめのデジタルマルチメーターをご紹介です。選び方のおすすめポイントは、対象物とどのような電気か知っておく事をおすすめします。

例えば、家庭では、乾電池、電子工作、コンセント、電気製品関係であり、車などが測定対象物です。それぞれの電圧や電流は決まっています。家庭の配線は100Vの交流で、乾電池3V、車は12Vの直流です。

この様な測定対象は、カード型のデジタルマルチメーターがおすすめです。理由は、安全で、使い易く、大小のレンジの切り替えで1台で十分です。価格も千円レベルから数万円と機種が揃っています。

選ぶ際に悩ましいのは、レンジ(ファンクション)の多さやデザインおよび価格になります。フルオートでは、価格は上がりますが、レンジが少なくレンジ切り替えが楽で簡単測定です。

デジタルマルチメーターの種類と価格

デジタルマルチメーターの購入方法は、ホームセンターなどの利用もありますが、おすすめは、ネットショップの利用です。

デザイン、特徴および価格の比較が容易で、口コミなどつぶさに分かり、選び方や機種の情報が収集できます。はじめての場合、安価なタイプでデジタルマルチメーターの使い方に慣れる方法もおすすめ買い方の一つです。

価格差に幅がある理由は、基本的に、ファンクション種類と精度の信頼性の程度といわれています。簡単に通電や電圧では500レベルもあります。車の電装では数千円のデジタルマルチメーターをおすすめします。

デジタルマルチメータおすすめランキングTOP5

デジタルマルチメーターおすすめランキングをご紹介します。デジタルマルチメーターは、使用する対象に適した仕様でなければ危険が生じます。

ランキング5位:「スナップオン」

ペン型 配線 チェッカー テスター 非接触

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

対象物に接触せずチェッカーを当てるだけ。先端のLEDが赤く発光・点滅し、ビープ音で通電・導通が確認できる非常にシンプルで使い易いペン型の通電テスター、非接触検電チェッカーです。

価格:1.180円 ペン型の使い易い検電専用の通電テスターです。測定対象に接触せずして導通有無がチェックできます。

先端にLEDの赤色発光とビーブ音を発し、チェック確認がはっきりしビルの建屋の隙間、屋根裏など、暗い場所の作業に、非接触型で安全に作業できます。

ランキング4位:「フルーク」

FLUKE (フルーク) デジタルマルチメーター 117

¥ 28,728

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

2017年11月15日 メーカー保守が終了して、液晶が悪くなった79-IIIの代替えで購入。コンパクトで軽量になりました。 真の実効値表示、夜間バックライトなども便利です。

価格:228.728円 ハイスペックの 業務用のデジタルマルチメーターです。大型の施設の保守点検に使用され信頼度の高いデジタルマルチメーターです。

高度の非接触式電圧検出機能内蔵で、電圧が印加された回路の特定に役立ちます。仕様:交流電圧(V)600、交流電流(A)10、直流電圧(V)600、直流電流(A)1、抵抗(Ω)40M、連続使用時間400時間可能です。

ランキング3位:「日置」

HIOKI(日置電機) 3244-60 デジタルマルチメーター

¥ 4,860

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

丈夫な作りと、安全装置ついているので、安心して使えます。オートレンジ機能がついており、切り替わるときに、「ピッ」と電子音がなります。

価格:4.860円 基本的に業務用のフルオートデジタルマルチメーターです。ランキング3位:「日置」は、計測器専門の会社です。歴史ある会社の生産デジタルマルチメーターです。

仕様:直流電圧:419.9mV~500V, 5レンジ, 基本確度: ±0.7% rdg. ±4 dgt. 交流電圧/50~500Hz:4.199V~500V, 4レンジ, 基本確度: ±2.3% rdg. ±8 dgt. (平均値整流) 抵抗: 419.9Ω~41.99MΩ, 6レンジ, 基本確度: ±2.0% rdg. ±4 dgt.

ファンクション5つです。フルオートレンジタイプで作業性に優れています。老舗のメーカーHIOKIで信頼性、制度とも申し分のないデジタルマルチメーターです。

ランキング2位:「sanwa」

SANWA デジタルマルチメータ CD771-P ブリスターパック入

¥ 9,245

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

家電サービスマンをしています。この製品なら見栄えするので、客へ測定値見せも説得力があります。据え置きにするスタンドが裏にあるので重宝してました。

価格:9.245円 ランキング2位:「sanwa」は、日本でも有数の「三和電気工業株式会社」デジタルマルチメーター生産会社の製品です。

仕様:周波数特性:40~400Hz(正弦波)ヒューズ:直径6.35×32mm 0.5A/1000V 30kA、径10×38mm 10A/1000V 30kA 内蔵電池:R6(単3型)×2 、直流電圧:1000V、交流電圧:1000V、直流電流:10A

広範囲の測定用のカードタイプ、デジタルマルチメーターで業務用で人気の高い商品です。

ランキング1位:「横河」

横河計測(YOKOGAWA) デジタルマルチメーター TY520 /1-2100-01

Amazonで見る

口コミ

電圧・電流・抵抗値等に加え、キャパシタンスや温度の測定も可能なマルチメーターです。

価格:24.566円 ランキング1位:「横河」は、日本でトップ、世界有数の電気・電子計測機器会社です。業務用でレベルの高いデジタルマルチメーターです。

電圧・電流・抵抗値とキャパシタンスや温度の測定も可能なマルチメーターです。見やすバーグラフ表示で31段階が付いています。

プロの方で向きの仕様:DC電圧・AC電圧:600mV~1000V、DC電流・AC電流:600μA~10A、抵抗:600Ω~60MΩ、周波数:10.00~99.99Hz~9.00~99.99kHz、キャパシタンス:10nF~1000μF

特徴・用途別おすすめのデジタルマルチメーター

デジタルマルチメーターおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ【2018年】

特徴・用途別におすすめするデジタルマルチメーターは、広範囲な電気の世界に多種多岐に豊富で活躍しています。最近は、車の電飾や電装に、子ども含めた電子工作ブームで、おすすめのデジタルマルチメーターです。

デジタルマルチメーターは、切り替えレンジが少ない、フルオートデジタルメーターがおすすめです。特別な特性を求めない場合、メーカー品であれば問題ない測定ができるといわれて1台で賄えるのがデジタルメーターのおすすめです。

精度の良い

エーアンドディー 高機能・高精度型デジタルマルチメーター 10台セット AD-55

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

エーアンドディー高機能・高精度型デジタルマルチメーター で高精度の測定ができています。

価格:9918円 厳密には高精度と高確度とでは少し意味が異なります。高精度というのは測定値のばらつきが少ないことを意味し、高確度とは真の値(基準値)と測定値の差が小さいことを言います。

つまり、確度は真の値に対してデジタルメーターの測定値がとり得る制度の範囲を意味します。したがって、[±○%]という表現をすることになります。その場合、デジタルメーターなどの測定機器類は、確度仕様を±(1%+3)のように二つの値を合わせ、表現するのが一般的です。

車用

KAISE(カイセ) デジタルマルチメーター デジタルサーキットテスター( 自動車用 )

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

初心者から玄人までまさにマルチメーター! 当初は自動車整備用の予備機として購入したのですが、低価格でありながら機能が充実しており、これは今後メインで使うことになりそうです。

価格:6.998円 シンプルな操作で使いやすいカイセのおすすめデジタルサーキットテスターです。持ちやすく、測定しやすいハンディサイズとなっており、卓上での使用に便利な傾斜スタンドが付属しております。ディスプレイホールド、レンジホールド機能付きです。

プロユーザーの方におすすめのカイセ KU-2600デジタルマルチメーターテスターです。

仕様:直流電圧:400mm/4/40/400/600V・交流電圧:400mm/4/40/400/600V・直流電流:40m/400m/10A・交流電流:40m/400m/10A・抵抗:400/4k/40k/400k/4m/40mΩ

usb方式

usb方式とは、パソコンと記事作成の場合に使われています。特長として、世界最速デジタルマルチメーター搭載です。即答応答スピード約0.6秒、確かな測定、真の実効値測定ができます。 使用者の安全を第一に設計し、耐衝撃設計、安心の3年保証です。暗所での作業もバックライト付いて目視できるおすすめの一品です。

測定項目は直流電圧・交流電圧・抵抗・静電容量・周波数・導通・ダイオード・直流電流・交流電流・レンジです。ノイズ耐性に優れ、ノイズの多い環境で活躍が期待されます。

アナログタイプ

アナログマルチメ-タ /MT-33/MT/半田ゴテ/テスタ-

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

文字が大きく、わかりやすいシンプル表示メーターです。

アナログタイプのマルチメーターは、古い時代の計測機器と思われますが、電気工事の現場では大活躍しています。その理由は、アナログタイプの良さが電気の世界では貴重な役割、3つがあります。

1つ目は、測定時の値に対する振れが直ぐに振れます。2つ目は、急がれた状況下では仕事の運びが早く、とても助かります。全体の作業はスムースに運びます。3つ目は、針の左右の振れが微妙に振れる場があります。このような電気の流れ方で異変状況が掴めます。

経験が必要といわれていますが、作業の的確な判断や指示が可能で、効率的な対応ができ、このような場合にアナログタイプをおすすめします。

価格別おすすめのデジタルマルチメーター

価格をランク別にして、おすすめのデジタルマルチメーターをご紹介します。デジタル技術の発展と電子工作ブームの背景でデジタルマルチメーターの普及が目覚ましく、多種多様の価格構成があり、豊富にあります。

ネットショップ代表のAmazonからおすすめのデジタルマルチメーターの代表を表にまとめてご紹介します。

デジタルマルチメーター価格別おすすめ品とは

デジタルマルチメーター多種多様なメーカーと、そのメーカーの代表的な商品を表にまとめてご紹介します。

デジタルマルチメーターの価格は、500円レベルから数万円の開きになっています。その理由は測定精度と仕様の違いに差があり、電気作業初心者入門段階は、低価格をおすすめします。

価格商品名型番使い方おすすめ世情の評価
598円 デジタルマルチメーター DT-830B 導通用趣味等安価に人気。
1.191円OHM普及型TDX-200広範囲に使用手頃な価格。
3.346円sanwaPM-3業務用OKプロにも人気。
3.299円AstroAIWH5000A広くプロも推奨広範囲に優れた機能
37.990円KT-2011 ds-1588237 Yi-STYLE教育・研究用高価格・高精度

子どもさん用のデジタルマルチメーター価格は?

エー・アンド・デイ(A&D) AD-5526 デジタルマルチメーター 汎用コンパクト形

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

メンテナンスなどの現場測定から工作、ホビーまで幅広く使えます。

価格:870円です。お求めやすい価格で、子どもさん向けにおすすめのデジタルマルチメーターです。親切なフリガナ仕様でおすすめします。

子どもさん用のデジタルマルチメーター価格は、安全に、使い易く、壊れないのをおすすめします。電気用語集にフリガナつきは助かります。取り扱い説明書をよく読んで使いましょう。電子工作や電気の勉強におすすめします。

おすすめのメーカー・ブランド3つと代表製品

おすすめのデジタルマルチメーターメーカー・ブランド3つと代表製品をご紹介します。デジタルメーカーは、内外を合わせれば数十社あります。

特に近年発達した電子制御機器に対応した大型の製品は、大掛かりな情報システムにデジタルマルチメーターが組みこまれています。鉄道や高速道路、気象予報や病院などが挙げられます。

私たちの暮らしを支えている電気機器や施設の管理に使用されるデジタルマルチメーターのメーカーと製品の代表を表にまとめご紹介します。

三和電機計器

デジタルマルチメーター PM-3

¥ 3,542

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

測定時、デジタル表示も見やすく、置き場所もバッテリーの上に置くだけ。エンジン始動の振動程度では落ちたり、動いたりの問題はありません。

三和電機計器は、電気機器製造の老舗で、計測機器の代表するメーカーです。近年、豊富なバリエーションと廉価なテスター海外展開を図ってます。

最近では、高い技術と安定した品質で、高精度と性能を要求するユーザへの用途にむけた製品に軸足を移してきています。

日置

3244-60 デジタルマルチメーター

¥ 4,860

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

コンパクトでありながら耐久性もよく、精度も信頼できるとのことでした。 商品が届いて改めて思ったのですが、やっぱりその道のプロに聞いた方がいいものに出会えるなと。 満足しています。

日置(HIOKI)は、テスターといえば必ずといっていいほどの電機業界の知名度は高い点にあり、東証1部にも上場しています。

操業が1935年創業で、一般的な普及型から、超精密で精度の高いものまで、開発、生産、販売までの会社で、多くのユーザから信頼があります。

OHM(オーム電機)

デジタルマルチテスター 普及型 TDX-200 (04-1855)

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

導通と電圧だけ測れれば良いと思って買いました。 この用途に使うには必要充分で、想定よりモノが良かったので、文句ひとつなく星5個です。

OHM(オーム電機)戦後に家電製品小売店としてスタートし、音響機器関係に 1974年から製造卸を開始して業種を展開しています。

現在では数々のオーディオ用品のほかに家庭用配線器具、電話機、OA用品など種々の独創性のある製品を開発し、販売しています。

デジタルマルチメーターの使い方

デジタルマルチメーターの取り扱いからファンクション(測定機能)切り替え方、電池やダイオード抵抗測定などの簡単測定について、おすすめの動画のご紹介です。

ご紹介しているデジタルマルチメーターDT9205は、楽天市場で検索し詳しく知る事ができます。使い方の最初のポイントは、ファンクション切り替え、記号に慣れる事が第1歩です。

動画では、無造作のように素早い操作ですが、はじめは、慎重にファンクションレンジ記号をゆっくりチェックし、測定を確認する事をおすすめします。

ファンクション記号と簡単意味知ろう!

デジタルマルチメーターの構成は、メーカーや機種のグレードで違いはありますが、一般的に5つの構成になっています。

測定結果は、モニター画面に表示で、数値の周りにファンクション記号が示されいます。そのモニター下側には、4つ測定条件設定セレクトボタンが付いています。

中央のロータリースイッチは、測定ますレンジ区分の設定をする切り替えスイッチになっています。さらに、その下は、リード線を差込む穴が3~5穴あり、間違えないように赤と黒の色別になっています。

赤はプラス、黒はマイナスですです。次項に詳しい解説をご紹介します。初心段階のご参考にしてください。

ファンクション記号おすすめの説明です!

ファンクション記号の表示は、メーカーや機種によって違いがあります。ですが、電気記号は共通した意味です。V:電圧測定。A:電流測定。Ω:抵抗測定。μA 微小電流測定。SELボタン:ファンクション(機能)を切り替えます。

D-Hボタン:デューティー比を測る。H/Dボタンホールド:表示がふれるときに、ボタンを押すと表示を固定となります。DC:直流 ”-” マークで表されます。AC:交流 ”~” マークで表されます。

デジタルマルチメーターおすすめする注意点とは

デジタルマルチメーターの使い方は、大枠として業務用と家庭用に分けられます。デジタルマルチメーターの使用上のポイントは、「安全」に使いこなす事にあります。デジタルマルチメーターは、特別な事情の場合、電柱の送電線などの高電圧が露出している場合があります。

そうした場合は「感電」に対する、細心の安全の対処が大切です。特例の場合で、どうしても、電気の有無をデジタルマルチメーターでチェクの時は、絶縁防止の手袋、服装、操作は右手で行うなど必要です。

デジタルマルチメータ使用の最注意点は、電流レンジのまま、電圧を測定しない事です。電流測定で、電圧がかかっている回路に接続すれば、ショートが発生します。回路の破損になります。

これからのデジタルマルチメーターの利用とは

デジタルマルチメーターの今後は、益々、電気・電子機器の依存した社会になります。電気発電そのものが身近な設備・装置になっています。具体的には、車は電気自動車に、家庭用の電気は太陽発電と畜電装置などです。

それらの電気設備、装備には、高い技術で、安心・安全が図られています。ですが、不測の事態が想定されます。それは、交通事故や自然災害です。これら、予測しがたい事ですが、現実は起こり得る事態です。

そのような事態のためにも、デジタルマルチメーターの備えをおすすめします。

Related