Search

検索したいワードを入力してください

2018年07月31日

コンビネーションレンチおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ【2018年】

DIYとは、一からものを作る作業です。工具も機材も、便利で使いやすいものを選びましょう。おすすめの工具として挙げられるのが、コンビネーションレンチです。スパナとレンチの機能を一本に凝縮したコンビネーションレンチは初心者でも扱いやすいおすすめの工具といえます。

コンビネーションレンチおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ【2018年】

コンビネーションレンチの種類と選び方

コンビネーションレンチおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ【2018年】

いざDIYを始めるに当たり、意外と工具が多くて何をどう使うのかわからないこともあるでしょう。そこでおすすめなのがコンビネーションレンチです。 コンビネーションレンチとは、一本で二つの工具の役割を果たす、いわば一石二鳥の工具と言えます。

大概がスパナとメガネレンチから成り、ねじ回しなどには欠かせないほど便利な工具です。 狭い所でも工夫次第でいくらでも活用できるので、コンビネーションレンチは非常におすすめと言えるでしょう。

コンビネーションレンチ関連の用語

工具に関する知識があまりない、という方もいるでしょう。コンビネーションの魅力をよく知ってもらうためにも、まずは関連用語についてご説明いたします。

メガネレンチ

元々メガネレンチというのは、一本のハンドルの両端に円形状のレンチを付けたものをいいます。両端に円形がある形状がメガネに似ているとして、この名前がつきました。

ボルトやナットを使う時に使用します。コンビネーションレンチの一端には大抵このメガネレンチが付いており、スパナとは違った活躍をしてくれるおすすめの工具です。

トルク

トルクというのは、ネジなどの物体をねじる力です。コンビネーションレンチを使う際、トルクの高低は基本的に問題にはなりません。大概のコンビネーションレンチで、ネジの開け閉めは可能です。とはいえ、比較的強い力が必要な場合もありますので、参考程度にトルクという単語を覚えておくのもおすすめと言えます。

コンビネーションレンチの種類

先に述べたとおり、一端にスパナ、一端にメガネレンチがついたものが多いです。コンビネーションレンチとはボルトを緩めたり締めたりするのに使うもので、重要なのはボルトに会うか合わないか。それに尽きます。

コンビネーションレンチの種類は、いかに効率よく使えるか、使いやすいかが重要なポイントです。力の加減、トルクも関係してきますので、よく見極めて下さい。

コンビネーションレンチの選び方

コンビネーションレンチおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ【2018年】

コンビネーションレンチを選ぶうえで重要なことは何か。単なる便利な工具だと安易に飛びつかず、よく吟味をすることをおすすめします。

ぴったりサイズを見つけ出す

言うまでもなく、ネジや使う対象とサイズが合っていなくては意味がありません。大体使用されることが多いサイズはボルトの口径10㎜から17㎜程度です。1本、2本と買うのもいいですが、セットで買うこともおすすめと言えます。これなら、DIYでサイズの違うネジを締めるのにも使えるからです。

持ちやすさも見極めポイント

基本的にレンチの類は持ちやすくできていますが、やはり手に合ったものの方が作業も効率よく進められます。メーカーによってコンビネーションレンチの硬度や形状も微妙に異なるので、ちゃんと自分の手に合うかどうかを確かめましょう。

コンビネーションレンチおすすめランキングTOP5

コンビネーションレンチおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ【2018年】

整備にせよDIYにせよ、コンビネーションレンチは大きな力を発揮します。特におすすめすべきコンビネーションレンチのメーカー、TOP5をご紹介。 工具はみな同じと言うことはありません。しっかりと見極めて、使いやすいコンビネーションレンチを選んでください。

第5位:ミトロイ

茨城県にて出発を果たしたミトロイは、薄口のコンビネーションレンチを開発しました。無論、ミトロイで作るすべてのコンビネーションレンチが薄いわけではありません。それでも薄口にしたのは、ちゃんと需要があるからです。

薄口をおすすめすべき利点として、少し狭い所での作業が可能である点が挙げられます。一本で二種類の役目を果たすコンビネーションレンチも、狭い場所で活躍する機会が回って来たということです。 実はメガネレンチの薄口は珍しいものでした。とはいえ、ボルトもナットも、時には狭い場所にあります。

そこで、薄口のコンビネーションレンチが作られました。狭い場所にはおすすめの工具です。 薄口以外の利点として、強度があります。耐久性は抜群に良く、強い割に軽くて使いやすいのもおすすめのポイントです。

第4位:tone

トネ(tone)コンビネーションスパナ

¥ 1,615

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

自転車メンテで活躍してくれてます 値段も手頃ですし剛性そこそこ長さもちょうど良い 手に馴染みこれといって不都合はありません 国産TONEブランドなので安心感があります。

toneは、コンビネーションレンチづくりにおいて新たなモデルを採用しました。手の形に合わせた曲線です。意外と工具というものは真っすぐな形をしています。それはそれで何の問題もありませんが、やはりより手に馴染む形状のものが好まれるのは無理からぬこと。

見た目は重厚ですが意外と軽く、手に負担を加えることも基本的にはありません。国産のメーカーということも、使用者に安心を与える一因となっています。

趣味だけではなく仕事においても十分な力を発揮してくれるおすすめのコンビネーションレンチです。

第3位:ハゼット

HAZET コンビネーションレンチセット

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

工具に詳しくないので、かなり良いお値段のレンチセットだと驚きました しっかりしているのですが、重すぎることはなく長いので回しやすくと、いい物は使いやすいなぁと思いました

HAZET(ハゼット)はドイツで生まれたメーカーです。自動車業界では広く信頼を集める会社で、使われる工具もまた、信頼と実績を持っておすすめされます。アマチュアにもプロにもおすすめのHAZETコンビネーションレンチの強みは、頑健な作りです。一見すると細見ですが厚みがあり、頼もしい頑丈さを持ちます。

厳格な品質管理、耐久テストをパスしてきた上、人間工学に基づいた設計でもあるので使いやすさの点は折り紙付きです。見た目の重厚さに反して結構軽いので、他の製品にはない使用感や感触があるでしょう。

第2位:スタビレー

Stahlwille 片目片口スパナ

¥ 3,596

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

自転車の整備に使っています。このコンビネーションレンチは厚さが微妙に薄くペダル着脱にも使えるので自転車整備をする方は一本持っていて損はありません

スタビレーは1862年、ドイツで創業した企業です。オートモーティブ、電子機器など、およそ工業系の市場において大いに活躍しています。ヨーロッパにおいては初のトルクレンチを作った会社でもあり、プロアマを問わず使いやすいので、日本でも人気は高いです。

おすすめすべき点は、まず持ちやすさにあります。そして、軽さもまたおすすめポイントです。それでいて、頼りなさなどはみじんもありません。スタンビレーは適度な軽さと力強さを兼ね備えた、ある種理想のコンビネーションレンチを作っています。

場合によっては非常に薄いコンビネーションレンチもありますが、トルクは厚めのものにション職がなく、自動車の整備にもきわめて有用です。

第1位:ktc

KTC コンビレンチセット

¥ 11,232

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

メガネレンチが必要になり、迷わずこちらを購入 使い勝手も良好、長く使おうと思う。

京都府で生まれたメーカ-、ktcは戦争で使用されたゼロ戦にモノづくりのルーツを持ちます。ゼロ禅は当時、世界でも最高水準に位置する性能と品質を備えていました。そんなゼロ戦作りから始まり、敗戦後のものがない時代にも妥協せず良い物を集め、良い品を作り続けます。その結果あのトヨタに認められるまでになりました。

コンビネーションレンチもまた、そうした良質な製造品の一つです。質だけではなく細部にもこだわり計算されているので、レンチに傷がつきません。また大きな力を加えることなく、十分にボルトやナットを締め付けられます。

特徴・用途別おすすめのコンビネーションレンチ

コンビネーションレンチおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ【2018年】

スパナやレンチの役割りは、ねじを締めるだけ。特に違いなどはない。そう考える人もいるでしょう。

実際には長さや締め方などに違いがあります。用途などを考え、どのコンビネーションレンチが必要か、考えておくことをおすすめします。

ラチェット式のおすすめコンビネーションレンチ

TRUSCO(トラスコ)ラチェットコンビネーションレンチ

¥ 972

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

狭い場所の締め付け、緩めにもきっちり、ヒットして使いやすいです。

ラチェットというのは回転運動、ならびに動作を一つの方向に制限されて、逆回転させないための構造です。

ラチェットレンチというのは、このラチェット機構を使ったレンチのことを示します。コンビネーションレンチでも使われており、決まった方向と逆側に回しても空回りすることがありません。

ラチェットではないレンチの場合は一旦ボルトやナットから離す必要があります。挟んだままレンチの角度を戻すと、緩んでしまうからです。ラチェットレンチはこうした気遣いがないので、比較的スムーズにさぎょいができる点でおすすめできます。

こちらの商品は7㎜から19㎜までサイズを選ぶことができます。いくらかの厚みがありますが、自動車整備にもおすすめのコンビネーションレンチです。

ショートタイプのおすすめコンビネーションレンチ

TRUSCO(トラスコ)ラチェットコンビネーションレンチ(ショートタイプ)

¥ 1,544

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

お値段も安く普通に良かったです。また必要なときに買いたいです。

ショートタイプのコンビネーションレンチとは、その名のとおり、短めのものを言います。場所に余裕のない狭い場所におすすめです。

短い分力を入れやすく、ぐっとボルトやナットを締めることができます。工具は適材適所を体現するのが、ショートタイプのコンビネーションレンチと言えましょう。

持ち運びに便利なのも、おすすめすべき点です。工具など持ち歩かないのが普通で、携帯性は重視されない。そうお考えの方もいるでしょう。しかし、いざ作業を開始してみると、やはり嵩張ならいという点をありがたく感じるはずです。

持ちやすく、使いやすい。これがショートコンビネーションレンチをおすすめすべき点です。

ロングタイプのおすすめコンビネーションレンチ

シグネット 超ロングコンビネーションレンチ

¥ 1,512

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

大変狭い隙間にあるボルトを締めるのに役立っている。

ショートタイプが狭い場所で活躍するのなら、ロングタイプのコンビネーションレンチはどう使うか。あまり人が入れないような箇所もあるでしょう。そんな時におすすめなのがロングタイプです。

ショートタイプのコンビネーションレンチは人が入れるけど、作業場が狭い時におすすめします。それに対し、ロングタイプは作業場が狭い時におすすめすべき工具です。

すべては適材適所であり、使い分けが肝心であることがを改めて知らしめてくれます。長くてもメーカーによっては軽くて使いやすいものを出しているので、長さの点をマイナスに感じることはまずありません。

サイズ別おすすめのコンビネーションレンチ

コンビネーションレンチおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ【2018年】

続きまして、サイズ別のおすすめコンビネーションレンチをご紹介します。ここでいうサイズとはコンビネーションレンチそのものではなく、締めるべきボルトやナット、ネジの類です。これらのサイズは㎜(ミリ)で表されます。

よく使われるのは前述のとおり、10㎜から17㎜です。DIYの場合でも組み立て作業でも、使用するネジのサイズを見てからご購入することをおすすめします。

10㎜のおすすめコンビネーションレンチ

SUN UP NEW ショートコンビレンチ

¥ 497

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

しっかりした品です。ショートは市販がほとんど無いので重宝します。

10㎜、つまり1㎝のボルト、ナットを締めるのにちょうどいいサイズです。六穴付きボルトを始め、あらゆる10㎜のボルトを締めることができます。10㎜から17㎜程のネジが大体使用される一般的なものなので、コンビネーションレンチも多彩です。

こちらはショートタイプなので、かさばることなく使用できる点がおすすめです。車の整備、バッテリー交換などもできますし、DIYにも使用できます。鏡面仕上げできらりと輝くのも目に心地よく、そうした点が活動効率を上げることもあるでしょう。

15㎜のおすすめコンビネーションレンチ

WORKPRO 両用ヘッドラチェットレンチセット

Amazonで見る

口コミ

角度調整ができるメガネのラチェットレンチが必要になって購入しました。狭いところの作業も問題なくできて満足です。専用ケース付きなのも気に入りました。

10㎜と同じく、よく使われるサイズが15㎜です。セットで売られている場合でも、15㎜が最大サイズということも少なくありません。

こちらはヘッド(メガネレンチの部分)がフレキシブルに回転する首振り式です。そのため、特殊な角度などにも対応できます。また、この首振はリバーシブル仕様です。つまり、一つの方向ではなく180度開くので、時には裏返して使えます。サビにも強いニッケル加工で、耐久性が強い点もおすすめです。

自転車、自動車、バイクから工場の部品など、使うボルトを選ばないのであらゆるシーンで活躍してくれます。

おすすめのコンビネーションレンチのメーカー3つ

コンビネーションレンチおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ【2018年】

おすすめすべきコンビネーションレンチを作っているメーカーは多いです。より快適に生活を送る上で、時に工具は必要となります。おすすめのコンビネーションレンチを検討しておくのもいいでしょう。

ボルトやナットは、車などの乗り物だけではなく生活雑貨にも意外と使われています。ボルトを引き締めてくれるおすすめのコンビネーションレンチと、そのメーカーをご覧ください。

スナップオン

スナップオンは、コンビネーションレンチのスパナ部分に独自の加工を施しました。それはフランクドライブと呼ばれる加工です。フランクドライブとはスパナの部分にちょっとした凹凸がついた、一見するとただそれだけの加工に過ぎません。しかし、実に革命的な工夫でもあります。

トルク、つまり締め付ける際の力はメガネレンチの方が上です。それに対し、スパナ部分は弱い力しかありませんでした。

スナップオンのフランクドライブはほんの少し凹凸を付けることで、メガネレンチ並みのトルクを手にしました。つまり、フランクドライブ式のコンビネーションレンチはトルクが強いことになります。女性や子供にもおすすめの工具です。

E-Value(イーバリュー)

E-Value コンビネーションレンチセット

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

安い!セットでこの価格!工具としての機能に全く問題ありません!

イーバリューとは、DIYを通してより快適な生活をエンジョイしてほしい、といった理念を持つ藤原産業のブランドです。創業は明治時代、文明開化から30年が経過したころでした。

そんな藤原産業とイーバリューのモットーは人生の相棒とも言える工具を生み出すこと。コンビネーションレンチだけではなく、あらゆる工具の製品解説動画を作っているほか、徹底したアフターサービスも行うおすすめのメーカーです。

工具そのものも、ものによって首振りであったりロック機能がついていたりと、およそ考えられる限りの便利でおすすめの機能がたくさんあります。手にもよくなじむ上、大きな問題もないのでおすすめです。

こちらはそんな便利でおすすめのコンビネーションレンチのセットです。よく使われるサイズのものばかりなので、無用の長物と化すことはありません。

トラスコ中山

TRUSCO(トラスコ)中山 首振ラチェットコンビネーションレンチ

¥ 1,317

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

便利ですね~。丁度良く曲がるし。トラスコ中山というネームバリューを信用しましたが問題ないと思います。

1959年、中山機工商会が設立されました。これが、現在のトラスコ中山です。創業者の中山注次氏は五つの誓いを立てて人々を信頼を勝ち得ました。今現在、トラスコ中山を支えているのは、この信頼と言ってもいいでしょう。

日本のモノづくりを応援するトラスコ中山は、誠意、独創的ながらも奇をてらい過ぎない発想で怯むことなく経営を行い、社会のために役立とうとしています。

こうして生まれたトラスコ中山のコンビネーションレンチは、重厚感を持ちながらも軽く、手に馴染みやすいものが多いです。使い勝手の良さにも定評があり、狭い所などでも簡単に使えます。

常に未来を目指して成長をし続けることを目標としているので、徹底して便利なものを作っているとも言えるでしょう。

こちらのコンビネーションレンチはコンパクトサイズな上に、メガネレンチの部分が曲がります。狭い所に手が届く上に曲げられるので、便利かつおすすめです。

コンビネーションレンチの使い方

コンビネーションレンチおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ【2018年】

コンビネーションレンチをいかに使うか。便利な工具ではありますが、使い方をきちんと心得ていないと話になりません。

まず、ボルト或いはナットに適したサイズのものかを確認しましょう。その上で、スパナ或いはメガネレンチの部分でボルトやナットをしっかりと、くわえ込むように挟み、締めていきます。

この時、重要なのは角度です。ボルトやナットに対してあまりに斜めになりすぎるときちんとはまらないこともあります。スパナ或いはメガネレンチがしっかりとくわえ込んだ時には相応の感触がありますので、それを覚えて、ゆっくりと締めて下さい。ちゃんと加えていない場合は違和感があったり、回らなかったりします。

角度の確認と、ちゃんとはまっているかの確認も怠らないことが肝要です。

締め付け過ぎず緩め過ぎず

コンビネーションレンチおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ【2018年】

コンビネーションレンチは「一粒でおいしい」を具現化した工具です。スパナやレンチは、本来違う工具がもう一端にくっついていることはありません。コンビネーションレンチの形態は、いわば合理性の表れでもあります。

合理性は素晴らしいですが、目先の便利さにかまけてしまうのは行きすぎです。ボルトを締めつけ過ぎてしまうと却ってギチギチになってしまうのと同じで、何でも締めつけ過ぎない方が良いとされます。と言って、緩め過ぎも良くありません。

締め付け過ぎず、緩めすぎない。この適度な締め加減を見極めるのにも、コンビネーションレンチは活躍します。二種のスパナやレンチをいかに使い、適度な締め具合を出すか。意外なところにも、人生の縮図は転がっています。

工具を手に、少し考えてみるのもDIYの一つの楽しみとしておすすめです。DIYとは本来、「自分でする」。まさに人生と同じく自分で作るとも意味が込められているからです。

Related