Search

検索したいワードを入力してください

2017年12月18日

スタイラスペンのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類【2018年】

スマホやタブレットで、イラストや文字を手書きできたり、細かい作業が出来ると便利です。また、ゲームの操作でも、指ではスムーズに行えないことがあります。そのような問題を解決するのが、スタイラスペンです。今回は、おすすめのスタイラスペンを紹介します。

スタイラスペンのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類【2018年】

スタイラスペンの種類と選び方

スマホやタブレットが普及し、指で画面を操作することが当たり前になった今、さらに細かな作業ができる「スタイラスペン」(タッチペン)に注目が集まっています。指で操作するとどうしても大雑把な操作しかできないため、写真に文字を書き込んだり、イラストを描いたりと言った自由な動きに制限があります。

そこで、便利なスタイラスペンが活躍します。指だけでは不可能な操作も、スタイラスペンなら可能です。今回は、これからスタイラスペンの購入を検討している人や、自分に合ったスタイラスペンを探している人のために、おすすめのスタイラスペンを紹介します。

商品を見る前に知っておきたい!スタイラスペンの種類

スタイラスペンと一言に言っても、種類が豊富です。用途や目的によって、使いやすいスタイラスペンは異なります。ここでは、大きく分けて5種類のスタイラスペンを紹介します。

ゲームにぴったり!ペン先が丸いタイプ

ペン先が丸く、触れる面が比較的広いスタイラスペンです。先端はゴムである場合が多く、ゲームなどで画面をタッチすることが目的の場合、利用しやすいタッチペンです。店頭では、このタイプのスタイラスペンが多く置かれています。

スマホやタブレットを指で操作したくない人や、指ではうまく反応しない人、また、仕事やゲームの際、ペン型の方が操作しやすい、という人におすすめです。先端がゴム製の場合、劣化しやすいという欠点があるので、買い替えが面倒な人は素材をチェックして購入することをおすすめします。

事務作業におすすめ!ペン先が細いタイプ

ペン先が細いタイプは、普通のボールペンのような感覚で握ることができて、書き味もペンに一番近く、扱いやすいスタイラスペンです。ただし、「ペン先が細い=画面に傷がつきやすい」ということでもあるので、画面保護シートは必須です。

イラストを描く場合は、細かい部分まで書き込みできるため便利ですが、筆圧感知がついていないものは安価なので、本格的なイラストを描くならおすすめしません。仕事や勉強で、画面に直接文字を書き込んだり、ラインを引きたい場合はこのタイプがおすすめです。

イラストには必須アイテム!筆圧感知タイプ

漫画家やイラストレーターが使用するのが、この筆圧感知タイプです。筆圧感知とはペンの沈みを感知し、画面に反映させる機能で、描く線を細くしたり太くしたり、と言った操作を簡単に行えるのが魅力です。筆圧を感知する機能は、スタイラスペンが先端の沈みを感知し、それをBluetoothで端末に伝えるという方式で行われるのが一般的です。

また、筆圧感知機能がついていることで値段そのものも高くなります。ペンによって書き味も異なるので、購入する際はレビューなどを比較し、しっかり吟味することをおすすめします。

スムーズな書き心地!ペン先が筆タイプ

こちらも、スマホやタブレットでイラストを描く人向けのスタイラスペンです。ペン先が筆状になっているので、あたかも本物の筆で描いているような気分になります。アナログの癖がついている人には、扱いやすいスタイラスペンと言えるでしょう。

さらさらとした書き味が特徴で、引っかかることなく、画面の上を撫でるように使用します。毛先の短いものと長いものがあり、それぞれ描きたい内容によって使い分けるといいでしょう。また、毛先の柔らかいものと硬いものがあり、こちらは使いやすい方を選ぶことをおすすめします。

多機能!その他ちょっと変わったスタイラスペン

上記の4種類のほかに、ちょっと変わったスタイラスペンも存在します。たとえば、ペン先が円盤状になっているスタイラスペンがあります。こちらは、何かを描く、書くというより「タッチする」ことを目的にしたペンで、ゲームなどには向いているでしょう。

また、スタイラスペンに機能を加えた商品もあります。タブレットとメモ帳のどちらにも書き込みができるタイプや、短い形状で持ち運び便利なストラップタイプなど、値段や機能、形状も多岐にわたります。

自分にぴったり!スタイラスペンの選び方

多くのスタイラスペンの中から、自分にぴったりにスタイラスペンを選ぶためにはどうしたらいいでしょうか。ここでは、「こんな人にはこのタイプがおすすめ」というスタイラスペンの選び方について紹介します。

指で画面に触りたくない人におすすめのスタイラスペン

画面に指で触ると指紋がついたり、おもっても見ないところを触ってしまったりと、指で画面に触りたくない人は多いです。確かにスマホもタブレットも電子機器ですから、素手で操作することに抵抗のある人もいるでしょう。

また、「お菓子を食べながら操作できない(汚れが付着するため)」という理由で、スタイラスペンを使用する人もいます。このような人におすすめなのが、「ペン先が丸いタイプ」のスタイラスペンです。

ペン先が丸いタイプは最も安価に販売されており、ダイソーでも見かけるほどにポピュラーです。指の代わりに使用するくらいの操作は難なく行えますから、画面に指紋をつけることなくスムーズに操作できるでしょう。

本格的なイラストを描きたい人におすすめのスタイラスペン

最近では、タブレットを使用すれば、PCに劣ることのないしっかりしたデジタルイラストが描けるようになりました。プロのイラストレーターでも、タブレットを使用している人がいます。このように本格的なイラストを、デジタルで仕上げたい人におすすめなのが「筆圧感知タイプ」のスタイラスペンです。

PCのデジタル画で、ペンタブレットや液晶タブレットを使用していた人にとっては馴染みの機能が満載で、「外出先でも絵が描ける」と人気です。逆に言うと、この筆圧感知機能のないスタイラスペンではイラスト作業ができない、と言っても過言ではありません。

イラストや漫画を描く目的でスタイラスペンを購入する際は、必ず筆圧感知機能がついているスタイラスペンであることと、反応速度やタブレット本体との相性、アプリとの相性をしっかりチェックして購入することをおすすめします。

仕事や勉強用におすすめのスタイラスペン

仕事の会議や、学校の授業でタブレットを利用することも多いです。しかし、タブレットという形状から、文章を打ち込むということより、線を引いたり、資料にメモしたり、と言った場面の方が多いでしょう。

そこで、タブレットに手書きでメモを取るのなら、指よりも「ペン先が細いタイプ」のスタイラスペンがおすすめです。まるで紙にメモを取るような感覚で、スラスラと書き込めるのが特徴です。

ペン先が細いので誤タップもなく、筆記用具として持ち歩けるのも便利な点です。また、写真などに簡単な書き込みをする程度ならば、筆圧感知タイプより安価なので、こちらがおすすめです。

スタイラスペンおすすめ人気ランキングTOP3

利用者が増えているスタイラスペンですが、ここでは、特に人気のスタイラスペンの中からおすすめの商品TOP3を紹介します。

第3位:「Apple iPad Pro Appleペンシル」

Apple iPad Pro Appleペンシル/MK0C2J/A

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

素晴らしいとしかいいようがないです。 書き心地など安いペンとは比べ物にならないです。

質が違う、本格を求めるならこれ、と賞賛されているのが「Appleペンシル」です。これを使用してしまうと、「今までなんだったの」と思う方も多いです。あらゆるスタイラスペンの中ではずば抜けて使いやすく、自由度が高いと評判の商品です。

ただし、Appleペンシルは「iPad Proのみに対応」しているスタイラスペンである上、お値段もかなり高いので、ここでは3位にランクインしました。コスパを求めている人にはおすすめできません。ただ、iPad Proをすでに利用している人で、本格的なイラストを描きたい、という人であれば、間違いなく使用して欲しい高機能なスタイラスペンです。

第2位:「aibowタッチペンスマートフォンタブレットスタイラスペン」

aibow タッチペン スマートフォン タブレット スタイラスペン

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

iPad5thとFireHDの8&10で使いました。フィルムは貼ってません。このタイプのペンは8mmのを以前から使用していますが、それよりは少し反応が悪いと思いました。

コスパ良し、使い心地良し、対応機種が多い、ということで第2位にランクインしたのが「aibowタッチペン」です。イラストには適しておらず、主にゲームやタブレット操作用のスタイラスペンです。静電容量式タッチパネルのタブレットに対応しています。

ペン先が交換できるので、劣化したら取り替えが可能です。ペン先のみの販売もしています。ペン先には蓋もついているので安心です。ペン先はゴムではなく、導電繊維を使用しているので、画面での引っかかりがなく操作はスムーズです。画面保護シートを使用していると、若干反応速度が遅くなることがあります。

ペン先直径が6mmの細ペン仕様です。大学の授業などにタブレットを持ち込み、ノートを取る感覚で使用できます。ツムツムにもおすすめです。スタイリッシュな外見も人気の理由で2位にランクインしました。

第1位:「Touch Wand(タッチワンド)F-type」

静電容量式タッチパネル専用タッチペン Touch Wand(タッチワンド)F-type

Amazonで見る

口コミ

アンドロイドのスマホと、IPAD EAR2 に使っています。アプリでお絵かきするときも、とても反応が良く使いやすいです。

イラストを描きたい人にも、ゲームを楽しみたい人にもおすすめなのが、こちらの「Touch Wand(タッチワンド)F-type」です。種類がありますが、Fタイプが一番おすすめです。Fタイプは特別な極細繊維を使用していて、まるで本物の筆で画面を触っているような書き心地です。

TouchWandシリーズは、この「筆のような」スタイラスペンをいくつか発表しているのですが、筆はさらさらと画面の表面をなでる感じで使用するため、引っかかりがなくなめらかで、画面を傷つける心配もありません。

また、使用できる対応機種を選ばないため、静電容量式タッチパネルであればどんな機種でも使用できます。お値段も控えめで、高機能で使いやすいスタイラスペンを探している人にはおすすめです。ただし、ペン先の筆部分の消耗が激しいため、優しく取り扱うなどのケアが必要です。

特徴・用途別おすすめのスタイラスペン

用途や目的によって、使い勝手のいいスタイラスペンは異なります。ここでは、特徴別におすすめのスタイラスペンを紹介します。

安いのに高機能「TheFriendlySwedeペン先交換式マイクロニット」

The Friendly Swede ペン先交換式 マイクロニットスタイラスペン 3本セット

¥ 1,699

Amazonで見る

口コミ

導電性のタッチペンは便利ですね♪ ゴムと違うので、画面の滑りはいいし、ストレスなく操作できるのが良かったです♪

北欧スウェーデン発のブランド「TheFriendlySwede」のスタイラスペンは、安価な上に高機能で人気のあるスタイラスペンです。スタイラスペン本体3本と、交換用のペン先3個、ストラップ2本、マイクロファイバークロス1枚、というセット内容です。

画面への反応も良く、ストラップ付きということでなくす心配もありません。全てのタッチパネルスクリーンに対応しているので家族で共有できます。見た目もシンプルでおしゃれなので、女性にもおすすめです。

イラスト・絵におすすめ「ワコムスタイラスペンBambooSketch筆圧対応」

ワコム スタイラスペン Bamboo Sketch 筆圧対応

¥ 9,698

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

Apple pencilやSurface penに近い、サードパーティ製としてはこの上ない使い心地とケースに全て収まるコンパクトさが売りです。せっかくサードパーティ製なのだからiOS限定にせず、自社製のいいペンがないアンドロイドにも流用できると良かったです。

イラスト制作と言えば、外せないのが「ワコム」です。ペンタブレット(板タブ)や液晶タブレットの業界でもトップクラスの企業ですが、タブレット用のスタイラスペンも販売しています。ワコム製品はイラスト制作に特化しているので、筆圧感知機能は抜群で、プロ仕様です。USB充電式なので経済的です。

ただし、「BambooSketch」は対応機種が限られていて、タブレットは「iPad Pro(9.7,12.9),iPad Air(1,2),iPad(3,4),iPad mini(1,2,3) 」、スマホは「iPhone(6,6s,7),iPhone Plus(6,6s,7)」と、Bluetooth4.0接続可能な機種に限られています。ワコム製品に慣れている人は、ワコムのスタイラスペンがおすすめです。

文字・メモ書きにおすすめ「BUFFALOアクティブスタイラスペン」

BUFFALO iPhone7,iPhone7Plus動作確認済 アクティブスタイラスペン【iOS/Android用】

¥ 2,980

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

ペン先が細いので書きやすいですし、接地面の関係で多少ずれたとしても許容範囲内。 以前購入した他社の製品は、線にガタガタになり 使い物になりませんでしたが、こちらは楽しく使えそうです。

ペン先はシリコンゴムで、直径2.6mmという細さを実現した、しっかりした書き味のスタイラスペンです。ペン先がシリコンゴム、ということで画面をなぞる際の「書いてる」という手応えがしっかり味わえるのが魅力です。交換用のペン先も4個付属します。

単四電池1本で12時間連続使用可能です。持ち運びしやすく、耐久性もあります。ただ操作できればいい、という人は安いスタイラスペンでいいですが、書き味にこだわるのであれば、BUFFALOのアクティブスタイラスペンがおすすめです。

細かい作業におすすめ「STAYER Inc. 極細タッチペンFinePointProAvance」

STAYER Inc. 極細タッチペン Fine Point Pro Avance シルバー ST-PTFVSV

¥ 5,400

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

良いレビューがたくさん付いていたので試しに買ってみたが、予想以上のクオリティーだった。

ペン先の細さで言えば「STAYER Inc. 極細タッチペン」が一番おすすめです。ペン先の細さが1.9mmで、ポリアセタールという強度のある素材を使用しています。交換の必要がないペン先なので、コスパの面でも優れています。

感度調整機能があり、画面保護フィルムの厚さによる感知のレベルを調整することができます。単四電池1本で10~12時間連続使用可能です。タブレットへの手書き入力も良いですが、ペン先が細いことからスマホの小さな画面用にもおすすめです。

アンドロイド対応機種におすすめ「AcaseActiveSenseペン先2mm」

Acase Active Sense ペン先 2mm スタイラスペン 自己静電発生式 グレー 【国内正規品】

¥ 5,990

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

このペンの特筆するべきところと言えば、ペン先に限ると思います。電池を使った事により、僅か2mmのペン先を実現しています。書き方が普通のペンと同じように使えるため、使っていて違和感がありません。

iPhoneやipadには対応しているのに、Androidに対応しているペンが少ないと思う方もいらっしゃるでしょう。Android対応のスタイラスペンの場合、「全機種対応」となっているものがほとんどです。ただし、全機種対応だからと言って性能が落ちるわけではありません。

「AcaseActiveSense」のスタイラスペンはペン先2mmと細いにも関わらず、感度が良く、ペン先交換不要で耐久性があります。大きな操作も、細かい作業も難なくこなせます。単四電池1本で使用できます。ゲームやビジネスシーンでも活躍します。

iPhone対応機種におすすめ「Su-Pen P201S-MSWG(Su-Pen mini)」

Su-Pen P201S-MSWG (Su-Pen mini) ホワイトゴールド

¥ 3,240

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

ツムツム用に始めてのスタイラスペンを探しており、他の方のレビューも拝見してこちらの商品に決めました。 早速使用してみた所、凄くイイ!!

iPad/iPhone用のスタイラスペンとして人気の「Su-Pen」は主に、ゲームの操作用に購入する人が多いスタイラスペンです。引っ掛かりがなく、スムーズな操作が可能で、ペン先の交換も可能です。ペン先の保護にキャップが付属しているのも魅力です。イラストには不向きですが、文字を書く程度の操作であれば感度もよく最適です。

対応タブレット別おすすめのスタイラスペン

気になるのは「今使っているタブレットに対応しているのか」という点です。ここでは、対応タブレット別に、おすすめのスタイラスペンを紹介します。

iPad miniに対応「aibow 極細 タッチペン(ペン先2mm)」

aibow 極細 タッチペン スマートフォン タブレット スタイラスペン iPad iPhone Android 充電式

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

充電式は初めて買ったが指よりもピンポイントでタッチできるのがいい。 ここでの評価を見ると個体差で当たり外れがありそうだけど自分の所に届いた物は何の問題もなく使えました。

iPad miniは、タブレットとは言え画面が小さく、細かな操作が必要な機種です。そこでおすすめなのが極細タッチペンです。中でも人気なのが aibowです。ペン先はPOM素材で滑りが良く、耐久性に優れているのでペン先交換不要です。単四電池1本で使用できます。iPad mini以外の機種にも対応しています。

iPad mini 4に対応「Olycismタッチペン極細1.5mmペン先USB充電式」

Olycism タッチペン 極細1.5mmペン先 USB充電式

Amazonで見る

口コミ

今まで色々なスタイラスを購入しましたが、これが一番良いですね! iPhone6にガラス製の保護フィルムを貼って、その上から手書き文学入力ソフトで入力していますが、今までのアクティブタイプのスタイラスでは線が途切れたりしたのですが、これはほぼ完璧です。

モバイル端末として実力派のiPad mini 4ですが、そんなiPad mini 4におすすめのスタイラスペンが「Olycismタッチペン」です。USB充電式なのでコンパクト、持ち運びにも適しています。iPad系には対応していますが、winにはおすすめしません。細かな作業も正確に行える人気のスタイラスペンです。

iPadに対応「Gouler極細スタイラスペンUSB充電式」

Goulerタッチペン極細スマホ タブレット スタイラスペン

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

タッチペンは他の商品も使った事がありますが、今までの物より少し高価なものを 試してみたくて購入。 今までのタッチペンは先端が太めの安い商品を使っていたんですが、今回のタッチペンは 先細な点がかなり良い印象です。

iPadともなると、イラストを描いたり、事務作業をするという人も多いため、万能感のあるスタイラスペンが人気です。中でもGoulerの極細スタイラスペンは、銅製のペン先1.8mmという細さで耐久性があり、ゲームにもイラストにも仕事にも使えて万能な上、お値段もお手頃です。

iPadだけでなく、iPhone、Android各種にも対応していますが、するするとしたスムーズな書き心地で、感度がとても良く、高価な「Apple iPad Pro Appleペンシル」まで手の届かない人でも購入できます。筆圧感知機能はありませんが、簡単なイラストなら描けます。

nexusに対応「Touch Wand(タッチワンド)M-type TWM-002BK」

静電容量式タッチパネル専用タッチペン Touch Wand(タッチワンド)M-type

¥ 2,400

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

パズドラ用に買いましたがなかなか良いです がたつきに関しては正直気になるレベルではないですし折りたためるのは魅力です スーペンと比べるとドロップがはずれにくいです

nexusを使用する人は、主にゲームかネットサーフィン、ビジネスツールとして使用が多いでしょう。そのため「スムーズな操作性」を必要としています。そんなnexusユーザーにおすすめなのが「Touch Wand(タッチワンド)M-type」です。静電容量式タッチパネルなので、nexus以外の機種にも対応しています。

ペン先が筆になっているのが特徴のTouch Wandですから、ストレスなく、さらさらと操作することができます。電池や充電も不要なので経済的です。

nexus7に対応「DURAGADGET」

DURAGADGET NEC LaVie Tab E / ASUS Google Nexus 7 専用 スタイラス シルバー

Amazonで見る

口コミ

タブレット画面の操作で、指が少し太くて、文字入力で苦労して居ました。 今使用してるタブレットは、Win 8.1 でブルーツウースのマウスを使用しています。

基本的にはすべての機種に対応していますが、中でもNEC LaVie Tab E / ASUS Google Nexus 7専用として販売されている数少ないスタイラスペンが「DURAGADGET」です。指の代わりに使用する人には便利です。ペン先が太いため、字を書くことには適しません。反応が良く、ゲームやネットサーフィンにはおすすめです。

人気のアプリ別おすすめのスタイラスペン

よく利用するアプリによっても、使ってみたいスタイラスペンは異なります。中には、アプリによってスタイラスペンを使い分ける人もいます。ここでは人気アプリ別に、おすすめのスタイラスペンを紹介します。

メディバンペイントにおすすめ「ワコムスタイラスペンBambooInk筆圧対応」

ワコム スタイラスペン Bamboo Ink 筆圧対応(最大4096レベル) WacomAESデバイス対応

¥ 9,698

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

hp pavillion 360で使用しています。 PC本体は1024までしか対応していませんのでオーバースペック?なのかもしれませんが、とても書き心地良いです。

無料のお絵かきアプリ、と言えば機能面でも充実しているメディバンペイントです。プロでも使用している人は多く、クラウド上に保存できる機能なども便利です。そのようなメディバンペイントを利用するときにおすすめのスタイラスペンは、「ワコムスタイラスペンBambooInk」です。

「BambooInk」は、「BambooSketch」とは異なり、Windowsデバイス用に作られたスタイラスペンです。Microsoftのsurfaceや、タブレットPCに対応しています。メディバンペイントの機能を損なうことなく、スムーズにイラストを描くことができるでしょう。

ツムツムなどおすすめのスタイラスペンのメーカー・ブランド3つと代表製品

スマホやタブレットと言えば、主にゲームに使用している人が多いです。中でもツムツムやパズドラを楽しんでいる人は多いでしょう。ここでは、ツムツムなどの人気ゲームアプリをストレスなく遊ぶことができる、おすすめの人気スタイラスペンのメーカー・ブランド3つと代表製品を紹介します。

aibow 「aibowスタイラスペン6mm」

aibow タッチペン スマートフォン タブレット スタイラスペン iPad iPhone Android 交換式 6本セット 6mm

¥ 2,180

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

いままでこれの通常の太さのタッチペンを使用していましたが初めてこれを買ってみました。わたくしiPhone6 Plusにガラスフィルムを貼り付けて使っていますが、他の方が言っているキュッキュッという音はしません。

ツムツムなどのゲーム操作に最適と言われているaibowの中で、とくにゲームに適しているのが6mmタイプです。6mmの丸いペン先が広範囲をタッチするので、指のような操作が可能です。ペン先はゴムではなく導電繊維を使用しているので、するするとスムーズな操作が可能です。値段もお手頃なので、学生さんやお子さんにもおすすめです。

Ciscle「Ciscle 極細スタイラスペンUSB充電式」

Ciscle タッチペン スタイラスペン 極細 USB充電式 銅製極細ペン先1.8mm

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

電池式が多かったのですが、こちらは充電式なので即購入しました。 軽くタッチしても反応します。 タッチがスムーズで使いやすくていい感じです!

ツムツムを遊ぶ際、ペン先が太いと画面を遮って見えない、ということがあります。そのため、「ペン先が細い方がいい」という人も少なくありません。そこでペン先が細いタイプで、かつスムーズな操作が可能なのが Ciscle の極細スタイラスペンUSB充電式です。

ペン本体にUSBで充電するタイプなので感度が良く、ペン先は細いですが丈夫なので長持ちします。お値段はちょっと高いですが、ツムツム以外の操作(文字を書くなど)をする人であれば、これ1本あると重宝します。

Evfun「Evfunスタイラスペン2in1」

Evfun タッチペン スタイラスペン 2in1ペン ペン先交換式タッチペン+交換用ペン先3個

Amazonで見る

口コミ

ペン先はふわふわのゴムタイプが 3個、ペン先が見えるディスクタイプが 1個ついていて、交換して長く使えます。 私は、押した感じがあるゴムタイプを使うことを選びましたので、予備がついているのはありがたいです。

「ゲームによって操作が違うから使い分けたい」という人におすすめなのが、Evfun の2in1タイプです。円盤付きのペン先と、ゴムの丸いペン先の、両方を1本で楽しめます。見た目もスタイリッシュで交換用のペン先も付属しているため、コスパの良さからもおすすめです。

スタイラスペンの使い方・活用方法・楽しみ方

スタイラスペンのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類【2018年】

主にゲームや仕事に利用することが多いスタイラスペンですが、その機能を余すことなく活用するためには、どのような活用方法があるのでしょうか。ここでは、おすすめのスタイラスペン活用方法や楽しみ方について紹介します。

極細スタイラスペンで手書き文字&写真加工を楽しもう!

スタイラスペンは、手書きの文字やイラストをデジタル上に保存、共有ができることが魅力です。文章を打ち込む、写真撮影、という機能に加えてより自由な表現が可能になります。

家までの道案内も、言葉で伝えるより手書きの地図の方が伝わりやすいです。しかし、指で地図を書くと太すぎてうまく表現できません。極細タイプのスタイラスペンは、商品によって約1.5~3mm程度の細い線を書くことができますから、紙に書く感覚で使用することができます。

また、撮影した写真に文字の追加や、写真の切り取りなど、指だけでは限界のある操作も極細スタイラスペンなら可能です。写真加工が好きな女性にもおすすめです。

デジタルペイントでイラストを描こう!

画面に直接デジタルのペイントができるということで、筆圧感知機能付きのスタイラスペンを利用する人が増えています。安価なタブレットであっても、フリーペイントソフトを利用すれば、お金をかけずアナログ画に負けない作品作りが可能です。大きな画面のタブレットであれば液晶タブレット並の作業ができるのでおすすめです。

ただし、実際にはじめてタブレットでペイントを行うと、紙に直接描く感覚とは違うので注意が必要です。また、PCのペンタブレット(板タブ)に慣れている人にも違和感があるでしょう。画面に反映するまでに、若干のタイムラグがあることは知っておきましょう。慣れると、1本のスタイラスペンで下書き、線画から着色までできるので便利です。

種類や形状を見極めてスタイラスペンを使いこなそう!

スタイラスペンのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類【2018年】

使いやすい便利なスタイラスペンは、用途や目的によっても違います。ペン先の太さ、素材の違い、電池式か充電式かなどの、種類や形状の違いを知って、求めているスタイラスペンを見つけましょう。また、値段だけで決めるのではなく、対応機種や値段の違いも重要なので、しっかりチェックしましょう。

Related