Search

検索したいワードを入力してください

2017年12月21日

消しゴムのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類【2018年】

普段使っている消しゴムには、実はそれぞれ用途によって使い分けができる特徴があります。おすすめのデザインで選ぶのではなく、消しゴムのおすすめランキングや用途別の消しゴムの種類を知ることによって、消しゴムを使ったデスクワークがもっと楽しくなります。

消しゴムのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類【2018年】

消しゴムの種類と選び方

消しゴムのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類【2018年】

学校での学習やオフィスでの事務作業で欠かすことのできない消しゴム。消しゴムはたくさんのメーカーからさまざまな種類の消しゴムが開発されています。人によって使用する場面は違いますが、サイズやデザインの他に機能性などを考えて購入するのが一般的です。

では、豊富な消しゴムの種類にはどのような場面で使う消しゴムがあるのでしょうか。また、そのようなときにおすすめの消しゴムは、どのように選んだらいいのか解説します。

おすすめの人気の消しゴムを知ることで、自分で購入する時の参考にして下さい。

消しゴムの種類

消しゴムというものはゴムやプラスチックで作られています。天然ゴムで作られた消しゴムよりも、最近はプラスチック消しゴムが主流になってきていますが、天然ゴムとプラスチックを合成させて作られている合成ゴムを使用した消しゴムも多く見かけます。

天然ゴムで作られた消しゴムの他、ガラスの粉末を使ってサンドペーパーのようになっている砂消しゴムというものがあります。砂消しゴムはボールペンなどのインクを、紙ごと削り取るため、とても硬いのが特徴です。

美術などで絵を描く際によく使われているのは練り消しゴムで、練り消しゴムはこすることなく優しく鉛筆の粉を吸着させてくれる特徴があります。

消しゴムの選び方

消しゴムの種類がわかったところで、ではどのように消しゴムを選べばよいのでしょうか。それはまず自身の用途を考えてみることが大切です。

ノートなどの細かい字を消したりするのにおすすめな消しゴムや、消しゴムのカスが気になるという人には、消しゴムのカスが出ないような消しゴムがおすすめです。やわらかい鉛筆で描いた絵を消す際には、やわらかく、鉛筆をよく吸着してくれる練り消しゴムを選ぶ事をおすすめします。

はんこ用の消しゴムなどもありますし、用途に合わせて消しゴムを選びましょう。

消しゴムおすすめ人気ランキングTOP3

消しゴムのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類【2018年】

文房具が大好きな人に人気のあるおすすめ消しゴムをランキング形式で紹介します。消しゴムはどれも同じではありません。よく消えるという事はもちろんですが、使いやすさや価格なども、消しゴムを購入する際の大切なおすすめポイントです。

消しゴムを使っていても、手がつかれてしまうような消しごこちの消しゴムはおすすめとはいえません。耐久性や機能性だけではなく、長年愛用されているなどもポイントの納得のいくランキングになりました。

消しゴムおすすめ人気ランキング第3位『ステッドラー』

ステッドラーマルスプラスチック

¥ 97

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

他にもあるのかもしれませんが、ステドラーの消しゴムだけは、ひび割れしません。 最後まで使える消しゴムです。

消しゴムの消え方に定評のあるステッドラー社のプラスチック消しゴム。シャーペンも人気の高いステッドラー社ですが、消しゴムもやはり人気が高く、第3位という結果になりました。

ステッドラー社のシャーペンは建築家などの設計を主に専門職としている人たちに人気があり、同じように軽くて消しやすいマルスプラスチックの消しゴムも専門職の人たちに人気が高くおすすめの消しゴムです。

消しゴムおすすめ人気ランキング第2位『エアイン』

口コミ

これにはビックリしました。 自分はMONO以外の消ゴムを使ったことがないので、感動しました。MONOよりも消える!軽い力で沢山消せるし、カスのまとまりも良い。素晴らしい商品です。メイン使用の消ゴムが入れ替わりました。

エアイン消しゴムは軽くて字の消しやすさ、使い心地の面で第2位という結果になりました。『多孔質セラミックパウダー』と『エアー入りカプセルパウダー』いうものが配合されている製品で、いつも角で消しているような感覚を与えてくれる消しゴムになります。

軽いタッチで字を消すことができるという点については、手も疲れることもないので、そのような方にもおすすめの消しゴムです。

消しゴムおすすめ人気ランキング第1位『100均』

100円ショップで売られている消しゴムが第一位という結果になりました。100円ショップのおすすめ消しゴムは、スポンジタイプの汚れ落とし『激落ちくん』シリーズから販売されている消しゴムです。

激落ちくん消しゴムは、他にもたくさんの種類があるためバージョン違いで集めてみるのも楽しいでしょう。手ごろな値段で購入できるところや求めやすさなどが第一位の理由ではないでしょうか。

100均のMONO消しゴム

MONO消しゴム

¥ 130

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

超お安くこちらで売っていると知らずに一個100円位で買っていた私がばかみたいと思わせるほどお安いですので今回このお値段でアマゾンで購入出来てとても嬉しいです。 なくなったらまたリピしたいと思います。

もともと鉛筆のおまけとしてついていた消しゴムであるMONO消しゴムは、長く人々に愛されてきました。なじみやすさと使い心地で人気の高い消しゴムであるMONOは、100円ショップで2個入りの小さいものが売られています。

今ではたくさんのサイズ違いの種類や機能を備えたMONO消しゴムのシリーズは、グッドデザイン賞なども受賞しています。消しゴムといえばMONO消しゴムという定番商品は誰からも愛されるおすすめの人気消しゴムです。

特徴・用途別おすすめ消しゴム

消しゴムは用途によって使い分けることがおすすめです。小学生向けの消しゴムやテストの時などに使うような学習用の消しゴムの他に、ペン立てに収納しやすいタイプの消しゴムや趣味のための消しゴムなどがあります。

特徴のあるおすすめの消しゴムにはどのようなアイテムがあるのか、用途別に紹介します。紹介するおすすめの消しゴムはどれも人気が高く、自身で持っているものもあるのではないでしょうか。消しゴムの用途を知ることで、これまで以上に消しゴムの魅力を再発見することができます。

小学生におすすめの消しゴム

小学生におすすめの消しゴムは、まず小学生がどのように消しゴムを使うのか考えることが大切なポイントです。

消しゴムを使ううえで小学生がやりがちな事といえば、消しゴムのカスを机の上に散らばせてしまう事や、間違った文字を消す時に、消しゴムのこする力が強すぎて用紙を破ってしまう事などさまざまあります。

そのような小学生におすすめの消しゴムにはどのようなものがあるのか紹介します。

ヒノデワシ

口コミ

この消しゴムをしってから、うちはこれオンリーです。 よく消えるし、よくまとまり、ゴミをだしません

小学生におすすめの消しゴムといえば、消しカスを散らかすことなくまとまってくれる『まとまるくん』です。

『まとまるくん』は消しカスをまとまってくれるだけではなく、低価格でコスパもよくおすすめの消しゴムで、最近ではさまざまな大きさのものや、美味しそうなフレーバーシリーズなども『まとまるくん』として販売されています。

子どもたちへのプチギフトなどにも喜ばれる『まとまるくん』は、学習においても使いやすくおすすめです。

サクラクレパス

その名のとおりの『小学生学習字消し』は、小学生におすすめの消しゴムです。『小学生学習字消し』という名前のとおり、小学生のために作られた消しゴムは、どのような点が小学生におすすめなのかというと、答えは消しゴムの軽い消し心地にあります。

小学生も高学年になるとデザインや色などで使いたい消しゴムを選ぶ子も増えてきますが、こちらの『小学生学習字消し』は、少ない力でキレイに消える消し心地の良さが特徴です。低学年のお子さまでも簡単でキレイに字を消すことができるため、初めての学習用におすすめの消しゴムになります。

消しゴムはんこ用

消しゴムはんこ用の消しゴムは、最近では消しゴムはんこ専門のクリエーターの方も増えてきて、趣味としても実用としても、需要が多くなってきています。

消しゴムはんこは、作ったことが無い人でも簡単にはじめられるところが人気で、消しゴムはんこ用の消しゴムもさまざまなメーカーから販売されるようになりました。

消しゴムはんこを作って楽しみたいという方におすすめの、消しゴムはんこ用消しゴムを紹介します。

シード

シード ほるナビ

¥ 1,080

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

商品としては良いと思う。 不器用なのか、全然うまく彫れない。 簡単のように見えるけど、難しいと思います。 それと、デザインナイフを別途購入した方が良いです。

消しゴムはんこをしてみたい方が文房具店などでまず目にするのは、シード社から販売されている『ほるナビ』ではないでしょうか。

彫刻刀やスタンプインクもセットされている『ほるナビ』のスターターセットは、初心者でも始めやすくおすすめの消しゴムです。

こちらの『ほるナビ』は、掘ったところがわかりやすくなるように消しゴムの表面に色がついているため、どなたでも簡単に使うことができます。

ヒノデワシ

ヒノデワシ てん刻用消しゴム

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

以前から使っていますが彫りやすく大変重宝しています。初心者にはうってつけ

『まとまるくん』でおなじみのヒノデワシ社から販売されている『てん刻用消しゴム』です。ヒノデワシ社からは、大判タイプの消しゴムはんこ用の消しゴムも販売されています。

こちらの『てん刻用消しゴム』は持ち手の部分があり、文字を印として表現する楽しさを手軽に行えることが魅力です。最初から石を使って作品を作るのもよいのですが、まずは手軽に楽しむことができる消しゴムてん刻がおすすめです。

スティック消しゴム

コンパクトでスリムなデザインが人気の高いスティック消しゴムは、ペンケースやペン立てなどにもスッキリとおさまり、収納の面や持ち運びにも便利なおすすめの消しゴムです。スティック消しゴムの良さはそれだけではなく、消したいポイントに絞って消すことができるという点も魅力的でおすすめできます。

少ない力で消すことができるため、消しカスなどをまとまりやすく、処理も非常に簡単に行えるスティック消しゴムは一つは持っていても損はしないおすすめ消しゴムです。

コクヨ

コクヨ カドケシスティック

¥ 216

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

毎日、毎回角で消すことが可能な消しゴム(字消し)です。 便利なキャリングケースが付属しているので使わなくなったときは回転させて収納する事が可能です。 ペンケースのなかで消しゴムが汚れてしまう心配もありません。

文具メーカーの大手の会社であるコクヨから販売されている『カドケシスティック』は、カド消しと呼ばれる『どの面で消しても角で消しているかのような消し心地』という消しゴムを、スティックタイプにしたアイテムで、カド消しファンの方には携帯できるカド消しとしておすすめできる消しゴムです。

角で消す感覚をそのままに、コンパクトで持ち運びしやすくなった『カドケシスティック』は、普通の消しゴムに比べると少し高いように感じますが、使いやすくて便利な上にデザインも可愛らしいため、女性にもおすすめの消しゴムです。

シャチハタ

こちらも文具の大手メーカーであるシャチハタから販売されているスティックタイプの消しゴムです。印鑑などでおなじみのシャチハタですが、こちらの『スティック消しゴム』は三角形の形をしたスティック状の消しゴムをスライドさせて繰り出すスティック消しゴムになります。

三角形の形を活かして使うことができ、細かい部分まで消すことができる角と、三角形の辺の部分を使って広い範囲を消すことができるという点が魅力的でおすすめです。

アートラインシリーズの文具は形が全て三角形になっており、よく使う文具でそろえておけば、まとまりやすくてコンパクトに持ち運びができます。

マークシート用の消しゴム

マークシート方式のテストなどで使いたいおすすめの消しゴムというものにはどのようなものがあるのかご存知でしょうか。細かく分かれているマークシートを塗りつぶさなければならないテストは、間違えてしまうと消すのにも一苦労してしまいます。

そのようなときにおすすめの消しゴムといえば、小さく消すことができるペンタイプの消しゴムです。ペンタイプの消しゴムであれば、鉛筆と同じように消したい部分だけを綺麗に消すことができます。

他にもマークシート用に使いたい消しゴムは、綺麗に消すことができると言う点も重要です。マークシートは機械で読み取るものですので、濃く塗りつぶしてしまったマークシートは、キレイに消えていなければ間違って読み取られる事もあります。

ペンタイプのマークシート用消しゴムではなくても、マークシート用の消しゴムにはどのようなアイテムがあるのか紹介します。

三菱鉛筆

三菱鉛筆 マークシート用消しゴム

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

勤めている会社で使用していてとても消しやすかったので中学生の子供様に買いました。 細かいところがよく消えるので藁半紙のプリント系も紙が切れずに消せると子供の評価もいいです。

三菱鉛筆から販売されているuni消しゴムの名称は『マークシート用消しゴム』といいます。その名のとおり、マークシート用に作られた消しゴムで、同じように作られているuniのマークシート用鉛筆との相性は抜群に良いです。

おすすめのポイントはやわらかめに作られているという点です。やわらかく消すことができるため、細かい部分を消しやすく造られています。消しゴムの先が変形しにくくなるように硬めに調整されて造られています。

消しゴムで消しやすいuniのマークシート用鉛筆と合わせて使うことをおすすめします。

トンボ鉛筆

トンボ鉛筆 MONO モノゼロ 丸型

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

細かく消せるところはわりと気に入っていますが 少しフヤフヤしているかも。 もう少し硬いとさらに使い勝手があがるんですけどね。

トンボ鉛筆から販売されているMONOゼロは、細いペン先から出る消しゴムが特徴で、マークシートなどの細かい部分を消すことを目的として作られています。

愛用者の多いMONO消しゴムのペンタイプの消しゴムは、普通の四角い消しゴムとは違い収納面でも扱いやすいため、ペンケースに入れても持ち運びの際にペンケースの中がゴチャゴチャしてしまうのを防いでくれます。

やわらかいので消すときに力を必要としないので、消し心地も軽やかな点もおすすめポイントになります。

ノック式消しゴム

ノック式消しゴムとは、マークシート用の消しゴムでも紹介いたしましたが、細かいところを消しやすく、持ち運びが便利なペンタイプの消しゴムになります。

ノック式消しゴムというアイテムは、シャーペンのようにペンタイプの消しゴムの上部を押して、芯である消しゴムを繰り出して使う消しゴムになります。多くのメーカーから販売されており、今や100円ショップなどでも簡単に購入する事もでき、手軽に使える点もおすすめなポイントです。

ではノック式の消しゴムにはどのようなものがあるのでしょうか。カッコいいデザインの消しゴムもあればシンプルでスマートなデザインのものまで、種類が豊富で選ぶのを迷ってしまいます。

おすすめのノック式消しゴムを紹介しますので、選ぶときの参考にしてみて下さい。

三菱鉛筆

三菱鉛筆ノック式消しゴムE-KNOCK

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

使っていたのですが、まぁそんなに頻繁に使っていたわけではない・・・ そうしたら文房具オタクの息子にとられてしまいました〜( ; ; ) それだけ、良い製品です。 これを買う時も彼のアドバイスで買ったので仕方ないか・・・

三菱鉛筆から販売されている『イーノック』は使い勝手がよく、ペンケースに収納してコンパクトに持ち運びができておすすめです。

事務用のまとまるタイプの『イーノック』は消しカスがよくまとまり、あまり机を汚すことなく使用することができます。太さは一般的なノック式の消しゴムと同じで5ミリ程度なので、ノートやちょっとした文字を消すには十分な太さといえるでしょう。

力をいれなくてもキレイに消すことができる『イーノック』は、紙を傷めることなく使用できるところがおすすめの消しゴムです。

サクラクレパス

サクラクレパスノック式消しゴム カッチェ

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

この消しゴム使いやすい!!と小学生の子供たちと、旦那さんに購入しました^ ^本当に硬さ、使いやすさは今の所1番ですm(_ _)m お取引もスムーズにして頂き、ありがとうございましたm(_ _)m

サクラクレパスから販売されている『カッチェ』は四角いタイプのノック式消しゴムになります。硬さも柔らかすぎず固すぎず、消しカスもよくまとまってくれる消しゴムで、細かい部分を消したい時には軽いタッチで消すことができる点がおすすめです。

学習用だけではなく、デザインも可愛らしいため、オフィスなどでの事務作業も華やかにしてくれる消しゴムです。

『カッチェ』はデザインやカラーも豊富で、ちょっとしたプチギフトなどにも喜ばれるアイテムです。世界初の四角型ノック式消しゴムとしても有名ですので、気になる方はぜひチェックしてみて下さい。

おすすめの消しゴムメーカー・ブランド3つと代表製品

消しゴムのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類【2018年】

消しゴムのメーカーは数多くありますが、中でもおすすめの消しゴムメーカーにはどのようなメーカーがあり、またどのような製品が販売されているのかご紹介します。

代表的な消しゴムメーカーだけではなく、面白い消しゴムを販売しているメーカーなど合わせて紹介しますので、自身で消しゴムを選ぶ際に参考にしてください。

消しゴムメーカーを知ることで、より消しゴムに詳しくなるとともに、消しゴムの知らなかった新たな魅力を再発見し、すてきな消しゴムを使って毎日の事務作業や学習に色どりをしてみてはいかがでしょうか。

サクラクレパス

株式会社サクラクレパスは、教育や文化に深くかかわってきたメーカーです。クレヨンや色鉛筆など、目にする文房具はどれも見たことのある商品ばかりが数多くあるでしょう。

世界で初めて水性顔料を使って開発されたサインペンであるピグマをはじめ、世界に誇る商品が販売されているサクラクレパスの商品の中にはもちろん消しゴムもあります。

サクラクレパスのおすすめ消しゴムを紹介します。

サクラクレパス フォームイレーザーダブル

¥ 65

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

すごい。 monoの消しゴムとか比べ物にならない。 軽い力で消しやすく、かつ消しゴム自体が汚れにくい。 なので、この消しゴム自体が黒くなってしまうことがあまりないので清潔感が出ます。 綺麗、軽い力で消せる、コンパクトサイズ、どれも完璧な消しゴムではないだろうか

サクラクレパスから発売されている『フォームイレーザーダブル』は、優れた特徴が5つあります。

『タッチが軽い』『消しカスがまとまってくれる』『よく消える』『コシがある』『汚れにくい』という5つの特徴は、サクラクレパスを代表する製品である『フォームイレーザーダブル』によく反映されていて、どなたでも使いやすいのですが、製図やイラストなどに特に向いていますのでおすすめです。

シード

消しゴムメーカーの大手といえばシードです。製図や事務作業、学習用などといった幅広い需要にこたえる形で生み出されたシードの消しゴムは、消しゴムはんこ用の消しゴムや練りケシなどといった面白い消しゴムのデザインや開発にも力を入れています。

代表製品であるプラスチック消しゴムである『レーダー』は、独特の消し味で人気のある消しゴムですが、他にもプレミアムな消し心地を実現させた『スーパーゴールド』など、高級感のある消しゴムも人気があります。

シード高品質消しゴム SUPERGold

¥ 540

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

とても消しやすいし他の消しゴムよりも質が良いので消しゴムがなくなりにくいです。毎日つかっても1年はもちました。 値段以上の品です。

シード社から発売されている『スーパーゴールド』は、同じようにシードから販売されているプラスチック消しゴムである『レーダー』とは違い、天然ゴムを配合した製品で、消し心地を楽しむために特化して作られた消しゴムです。

角で消すような消しゴムが多いなかで、こちらの『スーパーゴールド』は角落としと呼ばれる丸みを帯びたフォルムになっています。

使い続けるたびに味わいのあるやわらかな消しゴムは、高品質で高級感を楽しむことができます。

横浜ゴム

タイヤメーカーである横浜ゴムは受験生のためのステーショナリーグッズとして『滑らない消しゴム』を作りました。横浜ゴムはタイヤだけではなく、ゴルフ用品やTシャツなどもデザインしています。

ADVAN消しゴムと呼ばれている消しゴムは、タイヤパターンを消しゴムにしたことで、就職活動中の学生や、受験生などに『滑りにくい』と人気の高い消しゴムです。

横浜ゴムADVAN消しゴム

¥ 378

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

受験生には、気休めのお守りに! 面白い商品です。 スタッドレスパターンではないです。 さすがにスタッドレスパターンでは消せないか・・・。

受験生に『滑りにくい』と話題になったADVAN消しゴムは、そのデザインも奇抜で面白く、テスト前の学生におすすめです。

合格祈願のお守りとして、プレゼントとしても人気の高い消しゴムになります。ADVAN消しゴムにもタイヤパターンで違う種類の消しゴムがありますので、そちらも併せて楽しめます。

消しゴムの使い方や上手な活用方法

消しゴムのおすすめ活用法といえば、なにも字を消すばかりではありません。実は汚れを落とす事にも消しゴムを使うことができます。

スニーカーなどにあるゴム製の部分に着いた汚れは、普通に洗ってもなかなか落ちません。そのような時に使うと良いアイテムが実は消しゴムです。気になる部分を消しゴムでこするだけで、面白いように黒ずみが落ちますので試してみると良いでしょう。

他にも細かい部分についてしまった汚れを落とす事もできます。リモコンなどのような電化製品の汚れも消しゴムの角を使って綺麗にする事ができますし、上手く剥がせなかったシールのベタベタも、消しゴムを使って綺麗にすることが可能です。

消しゴムの魅力を知って上手に使い分けよう

消しゴムのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類【2018年】

消しゴムについて製品の特徴や種類をふまえて紹介しましたが、いかがでしたか。消しゴムの新たな魅力を発見し、これからの消しゴム選びの参考にしてください。

用途別に消しゴムをいくつも用意すれば、使うたびに楽しい気持ちになれるのではないでしょうか。

Related