Search

検索したいワードを入力してください

2017年12月08日

色鉛筆のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方【2018年】

お絵かきや塗り絵に欠かせない色鉛筆は、とても多くの種類が販売されています。おすすめの色鉛筆を厳選して、特徴を調べてみました。色鉛筆の使い方や活用法、使いやすい鉛筆削りまでおすすめの商品をご紹介します。ゆったり楽しめる大人の塗り絵、始めてみませんか?

色鉛筆のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方【2018年】

色鉛筆の種類と選び方

色鉛筆のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方【2018年】

色鉛筆の種類

色鉛筆の種類は「油性色」と「水彩色」のタイプがあります。使う用途に合わせて選ぶと良いでしょう。それぞれの特徴をご紹介します。

油性色

油性色の色鉛筆は、ワックスを顔料にして細く固めた芯の色鉛筆です。ワックスは、油かテレビンやぺトロールに溶けるのが特徴で、水には溶けません。芯が硬いので、線を書くのにおすすめです。クレヨンのような書き心地と、柔らかいオイルパステルの書き心地から選べます。

どちらのタイプも塗った後、テレビンやペトロールに揮発性油を含ませた筆でなぞると、水彩画のようなタッチが楽しめます。油性色は、園児や小学生のお絵かきにおすすめの色鉛筆です。

水彩色

水彩色鉛筆は、水に溶ける成形剤で細く固めた芯を使っています。水彩色鉛筆は、水に溶かせば水彩画のようなタッチが楽しめ、水に溶かさなければ油性のような色鉛筆として使用できます。さまざまなタッチで楽しみたい人は、水彩色の方がおすすめです。

水彩色色鉛筆は、硬質と軟質があり、硬質は油性に近い書き心地で水に濡らしても線のタッチが消えずに残ります。軟質はソフトな書き心地で、水に濡らすとサッと溶け出し、手軽に水彩画のような表現ができます。

水彩色の色鉛筆は建築家やデザイナーなどに愛され、油性色鉛筆とは違った書き心地を求める人におすすめです。

色鉛筆の選び方

色鉛筆は多くの種類が販売されており、購入する時に迷います。おすすめの色鉛筆を購入しても、実際に使うとイメージしていたものと違うこともあります。色鉛筆を選ぶ時は、3つのポイントに絞って選ぶと良いでしょう。

1.種類
2.芯の硬さ
3.色数と色の傾向

種類

色鉛筆は油性色鉛筆と水彩色鉛筆があります。違いは先ほどお話ししましたが、タッチが大きく違います。どのような用途で色鉛筆を使用するのかを考えると、どちらが最適かわかります。

色を水に溶かして塗りたいかどうかを考えて、選ぶと良いでしょう。

芯の硬さ

色鉛筆には硬い芯と柔らかい芯があります。芯の硬さは、顔料と制経済の配合比率によって変化します。顔料が多いほど柔らかく、発色の良い色鉛筆になります。実際に試し書きができると良いですが、書き心地の口コミだけを信用して買うと後悔することがあります。塗り心地は人によって感じ方が違うので、参考程度に考えると良いでしょう。

硬めの芯

「硬めの芯」は、線画や細かい部分を描きたい人におすすめです。色を薄く塗り重ねることで、柔らかいタッチの絵が描けます。デメリットは、発色があまり良くない所と、広い面を塗る時にはおすすめできません。

柔らかめの芯

「柔らかめの芯」は、絵を描く事より色を塗ることを目的にした色鉛筆です。大人の塗り絵などにはこちらがおすすめです。発色と伸びがとても良い商品が多く、しっとりとした書き心地が特徴です。

デメリットは、余分な顔料の粉が髪に残りやすい事と、薄い色を塗りにくく感じる場合があります。細かい部分を塗る作業にはおすすめできません。

色数と色の傾向

色鉛筆は12色から500色くらいまで、とても幅の広いセットが販売されています。色数が多くなると金額が高くなり、何色購入すればよいのか迷います。多くの色を購入しても、使わなければ無駄になりますし、色数が少なすぎても困ります。

はじめて色鉛筆を購入する時は「36色」がおすすめです。36色セットはバランスよく入っており、とても使いやすい色の配分になっています。もし、不足している色がある時は、ばら売りで単品購入をして増やしていっても良いでしょう。

色鉛筆をはじめて購入する時は、基本色が入っているのを選ぶのをおすすめします。そして、描く作品によって使用する色が違いますから不足分を買い足すと良いでしょう。

色鉛筆おすすめ人気ランキングTOP3

色鉛筆のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方【2018年】

ランキング3位「Souyos 色鉛筆 50色セット」

Souyos 色鉛筆 50色セット

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

母が入院したので、大人の絵本と一緒に購入いたしました。すぐ片付けられるし、コンパクトに収まり、色々な色を選ぶ楽しさが素晴らしいと思います。ありがとうございました。

発色の良い鮮やかな色が50色入った色鉛筆です。細かな色彩を表現したい人におすすめです。高品質な原材料を使用しているので、芯がとても強く折れにくいのが特徴です。デザインや設計から、趣味の塗り絵まで幅広い用途をカバーできます。

缶のケースとは違い、布製のケースなので、使用しない時は丸めて収納できます。持ち運びもしやすく、風景画を書く時にもおすすめです。鉛筆削りと消しゴムがセットで購入しやすい価格です。

ランキング2位:「ホルベイン 色鉛筆 36色 セット」

ホルベイン 色鉛筆 36色 セット

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

値が張りますが、いい商品です。混色や専用のぼかし液の具合も、うまくいきますので本格的な絵画的作品をされるのであればホルベインは最適。

ホイルベインアーチストの色鉛筆は、きめ細やかな顔料を厳選して、柔らかく成形した油性の色鉛筆です。プロが使用しても納得できるように、発色、柔らかさ、滑らかさを追求した色鉛筆です。手を汚さず、必要な色をどんどん塗れる速写性に優れています。

ホイルベインアーチストは、今までの色鉛筆では表現できなかった部分もスムーズに描けます。重ね塗りに適しており、違う色を重ねて塗ると新しい色彩が楽しめるようになります。用紙をこだわって選べば、使う紙によってタッチの違う表現ができ、作品の幅が広がるでしょう。

薄塗りや厚塗りが自在にできて、柔らかな芯が力加減一つで素敵なグラデーションを表現してくれます。油性の色鉛筆ですが、専用のぼかし液を使用すれば水彩画のようなタッチも描けます。高品質な色鉛筆をお探しなら、この商品がおすすめです。

ランキング1位:「ファーバーカステル 水彩色鉛筆 平缶 36色セット」

ファーバーカステル 水彩色鉛筆 平缶 36色セット

¥ 3,240

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

価格は安いですが、とても良いです。水で溶いても描いた線は残らないほどきれいに溶けます。発色も申し分ないです。

水に溶ける水溶性の色鉛筆です。筆付きなので、購入した日からすぐに水彩画のスケッチを楽しめます。とても柔らかな描き味でsv製法を採用しており、芯が折れにくい構造をしています。色鉛筆として使用することもできますし、水に濡らして水彩画も楽しめる欲張りな色鉛筆です。幅広いアート作品を描きたい人におすすめです。

ファーバーカステルは、書き心地にこだわった色鉛筆が特徴です。高品質な商品はなめらかな書き心地とちょうど良い芯の硬さで、ストレスなく描く事ができます。発色や重ね塗りもしやすく、使いやすさに定評があります。

注意したいのが、色鉛筆に色名が明記されていない所。実際に塗った時と見た目が違うので、慣れるまでは戸惑うかもしれません。大人の塗り絵など、趣味で色鉛筆を使いたい人にもおすすめです。

特徴・用途別おすすめの色鉛筆

色鉛筆のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方【2018年】

イラスト用

サンフォード 色鉛筆 プリズマカラー 24色セット

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

一般によく売られている色鉛筆と比べ、芯が柔らかく、軽く塗っただけで、色が付きます。軽めと強めで塗った色味の差が大きく感じるので、一本の色でも、塗り方次第で楽しめると思います。

100年の歴史がある色鉛筆のメーカーです。こちらの商品はプリズマカラーで旧製品となっており、メキシコ製の並行輸入品です。新製品のカリスマカラーと品質は同じですが、物によって品番などの刻印が不透明な場合があります。

安価で色数重視の方は並行輸入品がおすすめ、アマゾンでは箱だけカリスマカラーで中身がプリズマカラーになっているもの販売されていますので、注意が必要です。

この色鉛筆は、プロの方が多く使用されている商品です。発色が鮮やかでポップな配色が特徴です。アニメやイラストにおすすめの色鉛筆です。油分が少ないので重ね塗りや混ぜて使う人におすすめです。パステルとの併用もでき、作品の幅が広がるでしょう。

塗り絵用

ファーバーカステル ポリクロモス色鉛筆 60色 缶入

¥ 19,440

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

初めに買ったのがユニ、硬くてダメでした。子供の頃はあんなにガシガシ殴り描いてたのにね。で、評判の良いこちらを購入。期待に違わずスラスラ、発色も良いし満足。

ファーバーカステルは、世界的に有名なドイツの文具メーカーです。250年以上の歴史によって完成された色鉛筆は、プロの方も多く愛用しています。色彩の鮮やかさと水彩画のような表現を両立できます。

水彩画のタッチで楽しむ大人の塗り絵にも最適で、溶けの良い顔料が絵画のような仕上がりになるでしょう。単色でも購入できますから、細やかな色使いを楽しみたい人が初めて買う色鉛筆におすすめです。

滑らかな書き心地と純度の高い高品質顔料により、鮮やかな発色が楽しめます。折れにくいsv方式の芯を採用しており、ストレスなく大人の塗り絵に没頭できるでしょう。本物志向の方におすすめしたい色鉛筆です。

24色

ワンランク上の国産色鉛筆です。芯が柔らかくしっとりとした極上の書き心地。画用紙だけでなく、デコボコのあるキャンバス時にも対応できる色鉛筆です。24色でとても高額ですが、今までにない書き心地を求める方におすすめです。

この色鉛筆は、高級微粒子顔料をふんだんに使用しているため、他の色鉛筆とは違う優れた発色が楽しめます。耐光性にも優れており、退色の心配がいらないため長期にわたって作品を保存することが可能になりました。

芯には特殊なワックスを使用し、ムラなく均一に色塗りが可能です。重ね塗りも色馴染みが良く、はじかれる事無く自然に混ざり合います。また、油絵に使用されるテレピン油や調合溶き油に溶ける性質があります。テレビン油を含ませた筆でなぞれば、油絵風のタッチも描くことができます。

今までの色鉛筆では満足できない人におすすめです。

安い

ぺんてる 色鉛筆 くるりら GTW-12 12色セット

¥ 778

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

クレヨラとくらべて、断然くるりらが、お勧めです。 折れにくいのと、色が多いのは、クレヨラの方ですが、綺麗に発色するくるりらの方が6歳くらいまでなら、断然お勧めします。

くりだしタイプの色鉛筆で、削らず使えて便利です。クレヨンのような書き心地で、濃くなめらかな描き味が特徴です。お子様におすすめですが、手を汚さずに使いたい大人にも最適な色鉛筆です。

お子様用に購入する時は、力加減ができないと折れてしまうので、ある程度成長した子供に適しているでしょう。100円ショップのクレヨンとは違い、発色も良く手が汚れません。大手メーカで、価な色鉛筆をお探しならこの商品がおすすめです。

セット

油性色鉛筆 160色セット 鉛筆削り 消しゴム付き

Amazonで見る

口コミ

色のダブリ等、一切ありませんでした。書き心地も滑らかで、発色もなかなか良いと思います。ラメ色も多数あり、楽しめそうです。消しゴムと鉛筆削りもちゃんとついていました。

160色の油性色鉛筆です。とても安価ながら質の良さに満足度が高い色鉛筆です。色のだぶりがないので、多くの色を揃えたい人におすすめです。それぞれの色鉛筆には色番号が振られており、見た目の色と同じ芯なので作業がスムーズに進むでしょう。

収納ケースは5つあり、それぞれに32本ずつ入っています。発色がとてもよく、定着性が強く減色が無いため長期的に作品を保存する事ができます。芯の硬さはちょうど良く、折れにくく削りやすいのが特徴です。

細かな線もなめらかタッチで描けるので、お値段以上の価値があるでしょう。趣味で絵画を始めたいけど、いきなり高額な色鉛筆を購入するのに戸惑いがある方におすすめです。

年代別おすすめの色鉛筆

色鉛筆のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方【2018年】

幼児

三菱鉛筆 色鉛筆 880 ユニパレット 12色 青

¥ 864

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

年中の息子が幼稚園に持っていく為に購入しました。パッケージデザインがシンプル過ぎる他は何の問題もありません

最初の色鉛筆におすすめの国内メーカーの商品です。シンプルなデザインで、単色の買い足しもできます。ユニパレッドは子供たちのために開発された商品で、彩り豊かなカラー展開が特徴です。はじめての色鉛筆におすすめです。

子供

トンボ鉛筆 色鉛筆 NQ 24色

¥ 1,728

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

同じトンボ鉛筆の12色を使っていましたが、小学3年生になり、描きたいものが増えてきたようなのでこちらを誕生日プレゼントのひとつにしました。

日本を代表する色鉛筆です。ロングセラーの色鉛筆で鮮やかな発色と優れた生着性、滑らかな書き心地が特徴です。子供が使いやすいよう握りやすい形をしています。ケースはpushを押せば簡単に開ける事ができ、大きな力は必要ありません。1本1本も簡単に取りだす事ができ、子供にストレスを与えることなくお絵かきが楽しめます。

定番の24色セットは、スタンダードな配色を揃えているので、風景画から人物画まで幅広く対応できるでしょう。難しいテニックが要らず、重ね塗りにもチャレンジできます。お子様が安心して使えるおすすめの色鉛筆です。

大人

ダーウェント 色鉛筆 ドローイングペンシル 24色セット

¥ 6,480

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

コンテを使うと手が汚れるがこれは鉛筆でドロー出来る雰囲気のあるデッサンが出来る

イギリスの最高級品、ブランドドローイングの色鉛筆です。極太の芯で自然な色合いやソフトなタッチを表現できます。細やかな表現や重ね塗りに適した色鉛筆でしょう。ラファエロやミケランジェロといった、巨匠たちによって作られたセピア効果を実現できます。

クリーミーな書き心地と滑らかな描き味は、他の色鉛筆と違った書き心地が期待できるでしょう。自然を描いたり人物のスケッチにおすすめです。

おすすめの色鉛筆のメーカー・ブランド3つと代表製品

色鉛筆のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方【2018年】

ステッドラー 水彩色鉛筆 カラトアクェレル 125 M36 36色

ステッドラー 水彩色鉛筆 カラトアクェレル 125 M36 36色

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

大人の塗り絵の為に購入しました。Faberの安い物を使っていましたが、流石にこちらの方が発色は良いし、柔らかい!スムーズに細かい所も綿密に塗れます。大きな面は筆圧で薄くも濃くも自在です。

1835年に設立したドイツの老舗文具メーカーです。ヨハン・セバスチャンが設立者で祖先で、あるフリード・リッヒ・ステッドラーは、現存している鉛筆創業者として最古の記録に名が刻まれています。

カフトアクェレルは水彩鉛筆で、色鉛筆の良さと水彩画の風合いを同時に表現することができます。特殊な顔料を使用した芯は、滑らかな書き心地で鮮やかな発色が楽しめます。柔らかなタッチを表現したい人におすすめです。

優れた耐光性と水溶けの良さは、カフトの大きな特徴でしょう。スムーズな塗り心地で細かい作業にも適した色鉛筆です。

サクラクレパス 色鉛筆 クーピー 12色 ソフトケース入り

サクラクレパス 色鉛筆 クーピー 12色 ソフトケース入り

¥ 1,080

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

今回大人の塗り絵がしたくて買いました。 子供の頃以来で色鉛筆にしようかクーピーにしようか悩みましたが、塗る部分のスペースや芯の柔らかさを考えてクーピーにしました。

ロングセラー商品の、サクラクーピーペンシル。色鉛筆の使いやすさとクレヨンの発色を兼ね揃えたおすすめの商品です。サクラクーピーペンシルは1973年に誕生し、お子様に愛されている商品です。

クーピー全てが芯でできており、消しゴムで消す事ができます。手が汚れる心配もないため、小さな児童も安心して使うことができます。発色の良い色は重ね塗りも簡単にできて、グラデーションの表現も可能です。

使い方は、ふんわりとした色つきからだんだん濃くしていける、クレヨンのような書き心地です。加減しながら塗れるので、子供だけでなく大人にもおすすめです。

Arespark 色鉛筆 72色セット

Arespark 色鉛筆 72色セット

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

以前購入した色鉛筆が凄く使いにくく、なかなか色も入らずにイライラしてました。 新しく変えようと探してたらレビューも良く、72色に惹かれ購入を決めました。

なめらかな書き心地が特徴の水溶性色鉛筆です。鮮やかな発色で、定着性が良くなめらかなタッチで描けます。ちょうど良い硬さの芯を使い、すぐに折れてしまうストレスもありません。デザイン画から設計などのプロの方から、趣味で楽しむ塗り絵まで幅広い方に満足してもらえるおすすめの色鉛筆です。


鉛筆の質にもこだわっており、お子様が安心して使えるように、無害・無毒の材料を使用しています。環境破壊となる熱帯雨林地方の材料を使用していないため、環境への心配もありません。

72色の多彩なカラーで、細かなグラデーションを描きながら、楽しくお絵かきができる色鉛筆です。

色鉛筆の使い方・活用方法

色鉛筆のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方【2018年】

色鉛筆の使い方

色鉛筆は使いやすくするため、芯は長めに尖らせておきます。きちんと削ると細部まで綺麗に塗りやすくなり使いやすいです。色鉛筆で広い面を塗る時は、少し横に寝かして力はあまり加えません。手首を上下・左右に塗り込んでいきます。

色鉛筆には使う順序があります。明るい色や鮮やかな色から塗っていき、その上から重ね塗りをしていきます。色鉛筆は何度も重ね塗りをすることで、色に深みが出てきます。単色で塗るよりも何色か混ぜて使うことで深みが出てきます。

影や立体感の出し方

絵を描く時には、立体感が無いと平面的な絵になってしまい上手に描けません。立体感を出すには、混色をして影を作ります、対象物のどちらから光が当たっているのかを確認し、光が当たっている反対側に影を書きます。

影にも濃淡があり、光の当たる角度によっても変わります。最も暗くなるところは濃い色にして、端に行くほど薄くします。明るく光があたる場所は白の色鉛筆を使っても良いでしょう。球状のものは、消しゴムを使って影を表現するのがおすすめです。

色鉛筆を削って使うおすすめの活用法

色鉛筆は塗るだけでなく、カッターで芯を削って使用する事もできます。短くなった色鉛筆におすすめの使い方です。

色鉛筆の芯をカッターで細かく削ります。綿棒などで塗りたい箇所に伸ばして使います。混色をする場合は、紙の上で削った色鉛筆を混ぜてから塗ります。ふんわりとした優しい感じに塗る事ができます。

水彩用の色鉛筆でしたら、綿棒で塗った後に水筆で塗れば水彩画のタッチに仕上がるでしょう。色鉛筆で塗るのとは違った感じで表現できる、おすすめの活用法です。

削りかすも楽しめる

TRINUSから販売されている「花色鉛筆」は5色の色鉛筆です。色鉛筆を削ると削りかすが花びらになるオシャレな商品です。色鉛筆の形は日本を代表する花の形になっており、ギフトとしてもおすすめの色鉛筆です。

芯の部分は古紙を原料にした新素材を活用し、独特の柔らかさと削りやすさを両立させています。国産の上質な芯を使用しており、書き心地も重視しています。通常の鉛筆は製造時に使用する木材の多くがロスになります。その点を改善し、廃棄古紙を主原料にした日本産の新素材を活用、リサイクルもでき素材のロスも出さない画期的な色鉛筆が生まれました。

削りかすは可燃ごみとして処理でき、従来どおりの使い方ができます。削る時にちょっと嬉しい楽しみ方ができ、贈りもにも喜ばれるおすすめ商品です。

色鉛筆におすすめの鉛筆削り

色鉛筆のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方【2018年】

ステッドラー 鉛筆削り ノリスクラブ

ステッドラー 鉛筆削り ノリスクラブ

¥ 593

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

小さく軽くておしゃれな鉛筆削りです。色鉛筆を削るために購入しましたが、シャープに削れたペン先で、微妙な線を表現できるのがうれしいです。塗りそこないのストレスを解消してくれるありがたい色鉛筆です。

ドイツのステッドラー社の鉛筆削りです。この鉛筆削りは2種類の鉛筆に対応している機種です。本体は42×40×57mm、重量は45.6kgでコンパクトサイズです。デスクに置いても場所を取らずおしゃれなデザインが目を引きます。

ダブルホールの削り口は、普通の太さの鉛筆と太軸鉛筆にも対応しています。どちらも30度の角度で削れるので、芯が多く突出しないで折れにくく安定した描き心地が維持できます。色鉛筆を削った後は、上部についている蓋をすれば、倒れても削りかすが出てくる心配もいりません。持ち運びにも適しており、風景画を描く時にもおすすめです。

鉛筆削り 電動 Tepoinn 電動 えんぴつ削り

鉛筆削り 電動 Tepoinn 電動 えんぴつ削り

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

シンプルで使いやすく、値段、品質ともに、満足してます。 買って良かったです。

細かい所までこだわった万能鉛筆削りです。充電アダプターでも乾電池でも使用できる便利な商品。鉛筆と色鉛筆の両方に対応した削り口、挿入口はある程度深さがあるため、子供でも安全に使える鉛筆削りです。

屑ケースは半透明になっており、中の状態がいつでも確認できます。長期的に愛用できるように予備の替え刃と掃除ブラシが付いています。補償が付いた鉛筆削りなので、安心して購入できおすすめです。

Philonext 電動鉛筆削り

Philonext 電動鉛筆削り

Amazonで見る

口コミ

手動のタイプを使っていましたが、切れ味が悪くなったので電動タイプを探していたところ、この商品をみつけました。 使いやすいし、削りすぎのストッパーがきいて、とても気に入っています。

電池でもUSBでも使用できる鉛筆削りです。常に電池切れを心配する人におすすめです。鉛筆と色鉛筆が削れる2つ穴式、直径6~8mmと9~12mmに対応しています。替え刃が二枚ついて掃除用ブラシもついて長く愛用できる商品でしょう。

9×7.4×8.2cmのコンパクトサイズなので、持ち」運びにも最適です。小さな子供でも簡単い使えるので、お絵かきをしながら削って使う事ができます。削りすぎのストッパーがとても便利で、子供が削っても無駄に削りすぎることなく、ちょうどいい加減で止まってくれます。幅広い世代が使える鉛筆削りです。

用途に合わせておすすめの色鉛筆を選ぼう

色鉛筆のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方【2018年】

色鉛筆の特集はいかがでしたか?とても多くの種類があり迷ってしまいそうですが、使う用途に合わせて選ぶと購入しやすくなります。おすすめした色鉛筆はメーカーによって、書き心地や発色など違いありました。

どのような目的で色鉛筆を使用するのかを考えて、質や塗り心地を比べると良いでしょう。色の多いセットはとても魅力的ですが、いきなり多くのカラーを手にしても、使いこなせない場合があります。初めて購入するなら、単色販売をしているメーカーで、基本色を購入するのがおすすめです。

自分にあった色鉛筆を見つけて、お絵かきや塗り絵を楽しんで下さい。

Related