Search

検索したいワードを入力してください

2017年12月09日

製図用シャーペンのおすすめ人気ランキングTOP3・種類【2018年】

製図用シャーペンは、いつも私たちが使っているシャーペンとは違い、線を綺麗に引くことを目的として作られています。一般的なシャーペンに比べてみると描きやすく、製図だけではなく使うことができるのでおすすめです。製図用シャーペンのおすすめランキングをご紹介します。

製図用シャーペンのおすすめ人気ランキングTOP3・種類【2018年】

製図用シャーペンおすすめの種類と選び方

鉛筆よりも格段に、細かい文字や図形を書いたりする事に適しているシャーペンは、職場や学校、家庭など、どのような場面でもお使いいただける必需品ではないでしょうか。

シャーペンといってもメーカーやブランド、細さや太さ、価格に至っては高いものから安価なものまでさまざまな種類があります。

シャーペンの中でも製図用シャーペンというアイテムがあります。この製図用シャーペンは、設計などの図面をひく時だけではなく普段使いにも重宝するアイテムでもあります。書きやすく、重心が安定している製図用シャーペンにはどのような種類があるのか紹介します。

シャーペンと製図用シャーペンの違い

製図用シャーペンは、一般的に売られているシャーペンとは部品が違います。製図用シャーペンは芯を挟んでいる部分が金属製で、長く芯が折れにくくなっています。一般的なシャーペンは、製図用シャーペンとは違い、プラスチック製であるものが多く、安定しません。

正確な線を書くことに特化した製図用シャーペンは、重心も低く安定した細い線を書けるように設計されて作られました。筆圧が弱い人などにもおすすめです。

製図用シャーペンをおすすめする理由は、一度知ったら忘れられない書き心地のよさにあります。一般的なシャーペンよりは、少し高価な製図用シャーペンですが、機能面を考えてもおすすめしたいアイテムです。

製図用シャーペンの種類

製図用シャーペンのおすすめ人気ランキングTOP3・種類【2018年】

製図用シャーペンの種類はどのようなものがあるかご存知でしょうか。長時間握っていても指が痛くなりにくいものや、価格帯が比較的購入しやすくなっているもの、グリップ機能がついているものなど、製図用シャーペンの種類は豊富です。

自分に合う、おすすめの製図用シャーペンとは、いったいどのようなものがあるのか、迷ってしまうのではないでしょうか。一般的に購入できる物で、おすすめの製図用シャーペンの種類について説明します。

安定している

安定している製図用シャーペンとは、低重心で芯が固定されているため書きやすくおすすめです。

グリップ

製図用シャーペンは、主にグリップの部分に滑り止めがついているものも多く、握りやすさと指の疲れを軽減してくれるおすすめの機能です。

先端が収納可能

先端が収納可能なものは、ワイシャツやスーツの胸ポケットに入れておいても、生地を傷めたり、汚したりすることが無いため、おすすめです。

製図用シャーペンの選び方

製図用シャーペンのおすすめ人気ランキングTOP3・種類【2018年】

製図用シャーペンはどのように選べばよいのでしょうか。実際に使ってみることでわかる部分もありますが、機能性の面を優先し、自分に合った製図用シャーペンを選ぶことが大切ではないでしょうか。

筆圧が弱い、安定した書き心地を優先したければ、グリップ機能と、低重心の製図用シャーペンがおすすめです。普段使いであれは軽量低重心の製図用シャーペンがよいでしょう。

会社などで、仕事用に使いたいのであれば、ノックロック機能と先端収納のできるタイプのものが衣服を汚すこともないのでおすすめです。

プロにも愛用されているような、細かく文字や線を書きたい方におすすめな機能は軸部分の金属パーツに注目してみて下さい。プロにも愛用されている製図用シャーペンは、海外製で少々価格が高めのアイテムですが、書きやすさは折り紙付きです。

製図用シャーペンを選ぶときは使いやすさを重視

とにかく製図用シャーペンを選ぶときのおすすめポイントは、使いやすさです。自分にとっても使いやすさとは、どのようなことにあたるのか、考えてから購入することが大切です。製図用シャーペンは持ちやすさや、線がぶれない安定した機能を備えています。

製図用シャーペンおすすめ人気ランキングTOP3

製図用シャーペンのおすすめ人気ランキングTOP3・種類【2018年】

おすすめの製図用シャーペンの人気アイテムをランキング形式で紹介します。紹介する製図用シャーペンはどれも機能性に優れ、コストの面でも比較的購入しやすいアイテムばかりです。おすすめ製図用シャーペンランキングを知ることで、自身で購入する時の参考にしてみて下さい。

ランキング3位『スマッシュ』

スマッシュQ1005-1

¥ 1,080

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

友人から勧められて購入しました。使ってみて気づいたのがとにかく疲れません。何時間でも書き続けられます。シャーペン全体が細いので握りなおさなくても書き続けられます。先日、ロフトで限定カラーも購入してとても気に入りました。

製図用シャーペンランキング第3位は、ぺんてるから発売されている製図用シャーペン『スマッシュ』です。『スマッシュ』は製図用シャーペンが持っている良さを活かしているアイテムで、デザイン性、機能性の面で誰でも使いやすい製図用シャーペンです。

おすすめの点は、使いやすく、疲れない書きやすさを追及しているところです。グリップ部分もデザインに特徴があり、硬いグリップの苦手な方でも持ちやすく作られています。

ランキング2位『ロットリング』

ロットリング メカニカルペンシル 500

¥ 1,296

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

適度な重さがあり、すべりにくいローレット加工された金属グリップが魅力的です 本体は6角形の鉛筆の太さですらすらと文字が書けます グリップ部分は金属ですが本体はプラスチック製なので軽いです ペン先部分が収納できないのが難点ですが、とても満足できるシャーペンです

ドイツのメーカーロットリングの代表的な製図用シャーペン『メカニカルペンシル500』が、おすすめ製図用シャーペンランキング第2位に輝きました。

こちらの製図用シャーペンは、シリーズがたくさんあり、500以外にも、600や800なども人気の高いアイテムとなっています。

本体はプラスチック製でできており、軽く持ち運びに便利で、値段も比較的手ごろで、購入しやすくなっています。グリップ部分はメタルグリップで、低重心の使い心地がよく、おすすめの製図用シャーペンです。

ランキング1位『ステッドラー』

ステッドラーシャープペン シルバーシリーズ925 25

¥ 1,296

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

文句のつけようのない書き味で満足 確かに重量はあるが、なぜか長時間使用しても全く疲れない 耐久性が悪い(ペン先が曲がるなど)という評価も 見受けられるが、ステッドラーのシャーペンは部品も販売しているので、完全に壊れるまで何年でも使用できる この素晴らしいシャーペンを是非使ってみてほしい

ロットリングと同じように、ドイツのメーカーであるステッドラー社の『シルバーシリーズ925 25』の製図用シャーペンが、おすすめ製図用シャーペンランキングの第1位に選ばれました。

こちらの製図用シャーペンは、シンプルなアルミのボディでできており、ボディは持ちやすい重さで、グリップ部分のローレット加工が滑りにくさを実現させた素晴らしいアイテムです。ペン先をすべるように動かすことができる部分もおすすめです。

定番のシルバーシリーズですが、他にも色違いなだけで、機能面では全く一緒の『ナイトブルーシリーズ925 35』などもあり、人気の高いおすすめの製図用シャーペンです。

特徴・用途別おすすめの製図用シャーペン

製図用シャーペンのおすすめ人気ランキングTOP3・種類【2018年】

製図用シャーペンはどのような場面で使うことがおすすめなのでしょうか。商談や、会議などのビジネスシーンや、勉強やテスト対策のノートを作成するなど、製図用シャーペンはどのような用途にもお使いいただける、おすすめのアイテムです。

高級感のあるものや低価格で求められるもの、そのような製図用シャーペンの特徴を交えて、おすすめの用途を紹介します。

高級

ロットリング800

¥ 7,560

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

とても書きやすいです。重さも材質も自分の好みだったのでよかったです。

製図用シャーペンは、一般的なシャーペンとは違い、製図をひくような細かい作業に適しており、プロのために造られたシャーペンです。書きやすさと使い心地を追及して作られた製図用シャーペンは、長時間使っていても疲れないように工夫がされています。

デザインも一般的なシャーペンとは異なり、洗練された大人向けのデザインをしています。高級感あふれるフォルムは、会議などの場や、商談などといったビジネスシーンで使っても、万年筆に劣らない魅力があり、おすすめです。

『ロットリング800』は製図用シャーペンとしてはかなり高い価格設定がされていますが、プロが求める要望を全て叶えたアイテムで、最高級の製図用シャーペンとなっています。

低価格

ゼブラ/テクトツーウェイ

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

重さがいいです! とても安定して書きやすいし、また重さがあるので軽い力で書けます。 重さを求める人はぜひ!

製図用シャーペンでも、製図用シャーペンの機能を持ったシャーペンがあります。本来製図用シャーペンとして作られたものではありませんが、製図用シャーペンと同じ機能を持っていて低価格で購入できるアイテムもあります。

製図用シャーペンはほとんどが1,000円前後で購入できるものですが、学校などで細かくノートを作成したい時や、一般的な事務作業などに使いたい場合は、300円ほどの低価格の製図用シャーペンがあります。

ゼブラの『テクトツーウェイ』は500円前後で購入できますし、フリシャ機能というものがついていて便利です。フリシャ機能とは振るだけで芯が出てきてくれるというもので、こちらはオンオフ可能となっているので、安定した書き心地があります。

低価格の製図用シャーペンは使いやすさはそのままに、コストを抑えることができるのでおすすめです。

太さ別おすすめの製図用シャーペン

製図用シャーペンのおすすめ人気ランキングTOP3・種類【2018年】

製図用シャーペンは、細かい文字や線を書くことに特化したシャーペンです。そのような製図用シャーペンは、用途に合わせた芯の太さがあります。

一般的に使いやすい0.5以外でも0.2から0.7までと太さは豊富です。どのような場面にどのくらいの太さの製図用シャーペンがおすすめなのか紹介します。

0.2

0.2ミリの超極細シャーペンといえば『オレンズ』です。芯が折れないようにデザインされているシャーペンで、おすすめの使い方は、ノートを綺麗にとりたい時などで、製図用シャーペンとしてはあまり使わない種類になります。

製図用シャーペンは、一般的なシャーペンよりも長く書き続けられることもあり、細かい文字を書いていても疲れないオレンズの0.2ミリのシャーペンはおすすめです。

0.3

0.3ミリの製図用シャーペンは、建築設計業務を行う人にとっては一般的な太さになります。0.2ミリは少し細すぎる、という方には、0.3ミリの製図用シャーペンがおすすめです。

細かい文字や図形なども綺麗に書くことができ、手帳などの記入にもおすすめの太さでなないでしょうか。

0.4

0.3では細すぎる、0.5では太すぎる、と感じる方におすすめなのは0.4ミリの製図用シャーペンです。0.4ミリの製図用シャーペンは、細かい文字を書くのではなく、たくさんの文字を書くような場合におすすめです。

勉強だけではなく、ビジネスシーンでも、たくさん文字を書く場合には、見やすい太さで細かく書くことができる0.4ミリを使うとよいでしょう。

0.7

スケッチやアイデアをノート書き込むなど、ラフなシーンで使うことをおすすめする太さは0.7ミリになります。製図用シャーペンの中でも一番の太さである0.7ミリは、見やすさと使いやすさが特徴的です。

さらっとした書き心地で、メモを取る時なども使い勝手がよい太さです。

太さのちがったものをそろえておくと便利

製図用シャーペンの芯は、太さの種類が豊富です。いろんな用途にお使いいただける製図用シャーペンは、サイズ違いでそろえておくことをおすすめします。

日常生活の中に製図用シャーペンを用いることで、使い心地の良さを毎日実感いただけます。

おすすめの製図用シャーペンのメーカー・ブランド3つと代表製品

製図用シャーペンのおすすめ人気ランキングTOP3・種類【2018年】

製図用シャーペンには、さまざまな特徴と、機能がつまっていますが、そのような製図用シャーペンは、いろいろな会社からデザインされ、作られています。では製図用シャーペンのメーカーはどのようなものがあり、代表的なブランドや製品はどのくらいあるのか紹介します。

製図用シャーペンを購入する時の目安にお使いください。

ぺんてる

ぺんてるは数多くの製図用シャーペンを販売しています。ランキングに入っている製図用シャーペンの他にも、代表的なシャーペンがあります。その特徴はそれぞれ違い、そのような特徴と共に製品を紹介します。

グラフレット

ぺんてるグラフレット

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

シャーペンを買うとなったらコレ以外には考えられない。 1985年の初期モデルから使い続けているが、コレ以上に書きやすいシャーペンに出会ったことがない。 重さ、重心、太さのバランスが良く、えんぴつのような形もしっくりきます。シンプルな飽きないデザインも好きです。

こちらの『グラフレット』はぺんてるの初期のモデルからデザインの変わらない製品です。グリップ部分はメタリックで、縦横にラインが交差されて滑りにくくなっています。ボディはプラスチックでできていますので、軽くて手がつかれることはありません。

部品が少ないシンプルな造りながらも、長く愛されている理由は、使い勝手の良さがあるのではないでしょうか。

グラフ1000 フォープロ

ぺんてる/シャープペングラフ1000 フォープロ

¥ 1,080

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

情報処理試験の午後2論文用に、ぺんてるのスマッシュ、フォープロPG1005、プラチナ万年筆オレーヌプラス MOLS-450の3種類を購入しました。 細かい字はフォープロですが、グリップの握りやすさはスマッシュが私にはあっており、 オレーヌプラスも書きやすさは悪くないので、使い分けたいと思います。

30年以上を誇るロングセラーとなっているのは『グラフ1000 フォープロ』です。求めやすい価格と、書き味が自慢のアイテムで、社会人だけではなく学生などにも愛されています。

デザインがシンプルでマット加工されたボディは、ペン先に光が反射しないようにするためです。使う人に配慮されているだけではなく、常に芯の出方が一定で書き心地と使いやすさは抜群です。

全世界で1,000万本も売ったという記録もあり、『グラフ1000 フォープロ』が多くの人に愛用されてきたことがわかります。

グラフペンシルPG5

ぺんてる/シャープペングラフペンシル PG5

¥ 864

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

細く軽い(重く太いのが好きな人はまずこれを買わないだろうけど)。 黄色のリングが謎の異彩を放っておしゃれで気にいった。 このレトロなお洒落さは他にはない。このデザインのボールペン出ないかな。

ぺんてるは製図用シャーペンをいろいろな種類作っていますが、中でも一番古く、歴史のある製図用シャーペンはこちらの『グラフペンシルPG5』です。安定した書き心地を実現させたデザインで、使い込むほど手に馴染んでくるのがわかります。

長時間持っていても疲れないシャーペンは、どのような人にも愛されるアイテムです。壊れにくく、使いやすさが『グラフペンシルPG5』をおすすめする理由になります。

ファーバーカステル

ファーバーカステルTK-FINEバリオLシャープ

¥ 2,700

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

良い!wこの一言に尽きるわ!ww ちなみに、「サラサラ早書きしたいときにおすすめ」

ファーバーカステルといえば、ドイツで最も古い製造会社で、確かな品質を誇る筆記用具ブランドで、水彩色鉛筆やボールペンなどでも知られています。おすすめは、親しみやすいグリーンのカラーと丸いフォルムで、その仕様は手に馴染みやすく、魅力あふれるシャーペンです。

『TK-FINEバリオL』はロングセラーモデルで、芯の太さで、ペン先の色が分けられているという特徴があります。ソフトにもハードにも使えるように切り替えられ、しっかり書きたい時や普段のメモ書きなどといった用途に応じて使い分けができます。

少し値段が高いため、普段使いに使うという事は難しいでしょう。贈り物などにもおすすめの製図用シャーペンになります。

三菱鉛筆

三菱鉛筆/ユニシフト

¥ 1,080

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

製図用でペン先が引っ込むのが欲しくてちょっとまえグラフギア1000を買ったのですが、重心が高くて気に入りませんでした。 でもこれはかっこいいしペン先が引っ込っこむし低重心なのですごくよかったです! ローレットも持ちやすくて本当によかったです!

スーツの胸ポケットに挿しても安心な造りになっているのが、三菱鉛筆から販売されている『ユニシフト』です。『ユニシフト』のおすすめポイントは、素材の三分の一がメタル仕様で、重心を下にし、書きやすさを追求しているというところです。

『ユニシフト』は、軸をひねることで、シャーペンの先端をしまい込むことができ、落としてしまった時なども、ペン先が曲がってしまったり、胸ポケットを汚したりすることなくしまい込むことができます。

持ち運びにも便利で、オシャレなデザインの『ユニシフト』は、色によって芯の太さがわかるようにデザインされています。

製図用シャーペンのおすすめの使い方・活用方法

製図用シャーペンの使い方でおすすめといえば、まず製図用シャーペンの特徴を考えればわかりますが、書きやすさと、細い文字や細かい図形などを書くことに適しているアイテムなので、やはりテスト対策のノートを作成したり、手帳などの細かい文字で記入しなければならないようなシーンで重宝されます。

他にも線を引くことに特化した製図用シャーペンですから、絵を書くことにも使えますし、その際は、定規などをあてても、芯が折れないように作られていますので、とても便利です。

疲れにくく、持ちやすい、そして扱いやすいアイテムである製図用シャーペンは、日常生活においても壊れにくく、使い勝手の良いシャーペンです。さらっとした書き心地は、メモ書きなどでも実感できます。

芯の太さによっても使い分けよう

芯の太さの違いも紹介しましたが、用途に合わせてお気に入りの製図用シャーペンを、芯の太さ違いで用意しておくと、使う時が楽しくなることは間違いないでしょう。細い芯は下書きなどにも便利ですし、太い芯はやはり書きやすく、目立つ文字を書くときにはおすすめです。

製図用シャーペンは自分の好みで選ぼう

製図用シャーペンのおすすめ人気ランキングTOP3・種類【2018年】

いかがでしたか。製図用シャーペンといっても、種類も豊富でデザインもたくさんの製造会社から販売されています。リーズナブルな価格の製図用シャーペンから、超高級な製図用シャーペンまであり、一般的なシャープペンとの違いがたくさんありました。

書きやすさを重視するのか、重さや疲れにくさなのか、手に馴染みやすいアイテムなのか、選ぶ基準は、自分で手に取ってみるのが一番です。今回紹介した製図用シャーペンは、一般的に文房具屋さんでも取り扱いのあるものですので、製図用シャーペンの良さを試してみて下さい。

Related