Search

検索したいワードを入力してください

2017年12月01日

サインペンおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方【2018年】

誰もが一度は使ったことのある文房具、サインペン。サインペンは実は、さまざまなメーカー・ブランドから販売されていて、それぞれ特徴や性質が全く違います。今回は、そんなサインペンのおすすめ人気ランキングや、特徴別・用途別におすすめのサインペンをご紹介します。

サインペンおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方【2018年】

サインペンの種類と選び方

サインペンおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方【2018年】

サインペンの種類

サインペンは、紙に書くことに特化したフェルトペン(ペン先にフェルトを使用した筆記用具)です。大きく分けて、「水性サインペン」と「油性サインペン」の二種類あります。

水性サインペン

サインペンは、元々は水性インクを使ったフェルトペンとして発売された商品です。油性マーカーの、太い字しか書けないという欠点を改善するために開発され、誕生しました。

水性サインペンの最大の特徴は、インクが水溶性であることです。水性サインペンの色の素には、その名のとおり、水に溶ける性質の染料が利用されています。そのため、紙に書いた文字が水に濡れると、色がにじんでしまいます。また、油性サインペンとは違い紙以外の素材に書くことができません。

しかし、水性サインペンには、紙に書いた際のにじみや裏移りが少ないという強みがあります。また、油性のペンに比べて発色が鮮やかなため、カラーペンとして作られることが多いです。カラーペンとしての見た目の美しさに加え、書き心地はなめらかで優しく、子どもから大人まで広く愛されています。

油性サインペン

元は水性のフェルトペンを指す商品名だった「サインペン」ですが、現在では油性のフェルトペンも広く「サインペン」と呼ばれるようになりました。

油性サインペンンの最大の特徴は、なんといっても紙以外にも書けることです。紙はもちろん、木材、布、ガラス、金属など、書ける対象が非常に幅広いのが強みです。また、一度書いてしまえば簡単には消えません。

なお、油性サインペンのインクは揮発性が強いため、キャップを外したままにしておくとすぐにペン先が乾き、使えなくなってしまいます。油性サインペンを使う際には、こまめにキャップをしめるようにしましょう。

サインペンの選び方

書きたいものの「素材」で選ぶ

サインペン選びでまず基準となるのが、「何に書きたいか」です。水性サインペンは紙以外の素材に書くことができないため、ガラスやプラスチック、布などに書きたい場合は、油性サインペンを選びましょう。特に学校の持ち物は、上履きやノートなど素材がばらばらですが、油性サインペン1本で対応できます。

紙に書きたいときは、水性・油性どちらを選んでも問題ありません。インクの裏移りが気になる、またはより鮮やかな発色を望む場合は水性サインペンを、水に滲まないという条件を重視する場合は油性サインペンを選ぶと良いでしょう。

書いたものの「その後」で選ぶ

たとえば、ハガキをカラフルに仕上げたいとき、色の鮮やかさが特徴である水彩サインペンを使えば、カラフルできれいなハガキを作ることができます。しかし、ハガキを郵送する途中でもし雨が降ってしまったら、ハガキが濡れてしまう可能性があります。そんな事態を避けるためにも、ハガキへの水性サインペンの使用は控えるか、水性サインペンで描いたハガキは梱包して郵送すると良いでしょう。

封筒の宛名書きも同様です。郵送の最中に雨などで字がにじむ可能性があるため、封筒の宛名書きには油性サインペンの使用が適しているといえます。

このように、書いたもののその後の状態を考えることも、サインペン選びの重要なポイントです。

商品の「特性」で選ぶ

水性・油性に大きく分けられるサインペンですが、メーカーやブラント、商品によって特性や機能は多種多様です。太字と細字を兼ね備えたツインタイプ、極太や極細の商品、キャップがないノック式、何色ものカラーバリエーションがある商品など、あらゆる人の用途に対応したサインペンが流通しています。自分にはどんな特性のサインペンが合っているか、という部分も、サインペン選びの鍵になります。

サインペンおすすめ人気ランキングTOP3

第3位:ゼブラ「マッキー」

ゼブラ 油性ペン マッキー 極細 黒 5本 P-MO-120-MC-BK5

¥ 648

Amazonで見る

口コミ

用紙によっては、書き始めはやや太くなりがちですが、スラスラ書けてとてもいいです。

油性サインペンといえば、この商品を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。白と黒のシンプルなデザイン、つるんとして握りやすいボディ、そして何より紙・布・木材・ガラス・プラスチックなど幅広い素材に書ける性能が、長きにわたり愛され続けています。

油性ですがインクの伸びが良く、学校での筆記用具や、職場での事務用品としても定番の商品です。現在では12色のカラーバリエーションが展開されているため、イラストや工作にも楽しく使える、子どもに嬉しい油性サインペンとなっています。

第2位:サクラクレパス「マイネームツイン」

サクラクレパス 油性マーカー マイネ-ムツイン式 YKT#49 くろ

¥ 162

Amazonで見る

口コミ

やはり名前書きにはこれです。 洗濯しても滲んだり落ちたりしにくいのがいいです。

その名のとおり、学校用具への名前書きのために開発された油性サインペンです。布やビニール、金属、プラスチックなど、あらゆる学校用具への名前書きに対応しています。特に布への筆記に強く、滲みにくいうえ洗濯にも強いのが最大の強みです。

しかし、マイネームが重宝されているのは学校だけではありません。多くの油性サインペンには、紙に書いた際に裏移りの危険性がありますが、マイネームは薄目の紙でも裏移りがしにくく、ハガキや封筒の宛名書きにも安心して使用することができます。用途の幅が広いため、学校だけでなくオフィス用品としても活用されている商品です。

第1位:ぺんてる「サインペン」

ぺんてる サインペン 5本パック XS520AD5 黒

¥ 540

Amazonで見る

口コミ

和室や洋間などでカレンダーやメモ帳などに書き記すのには書き味も抜群だし滑らかな書き心地で非常に重宝する逸品である。

多様化していくサインペンの中で、不動の人気を博しているのが、ぺんてるのサインペン。見た目は非常にシンプルで、キャップも持ち手もインクと同色、商品名などの文字も凹凸で表現されているのみです。素朴な味わいのサインペンに、懐かしさを覚える人も多いのではないでしょうか。

実は、ぺんてるのサインペンは、日本で最初に誕生した水性サインペンです。1960年に誕生し、1963年に欠点を克服して完成したぺんてるサインペンは、スムーズな書き味と王道的な使いやすさから、今なお広く愛されています。

現在では黒や赤だけでなく、全8色のカラーバリエーションを展開しています。職場や学校だけでなくプライベートな場面でも活躍が見込める、おすすめの商品です。

おすすめのサインペンを特徴・用途別にご紹介!

安さで選ぶなら

ぺんてる サインペン S520-8 8色セット

¥ 864

Amazonで見る

口コミ

発色の良さ、描きやすさ、サラサラとした感触は線を引いたり文字を書くのを楽しみにしてくれます。

安さで選ぶなら、ぺんてるの「サインペン」。王道的な使いやすさと書き味、美しい発色を兼ね備えていながら、誰でも買いやすい価格を維持しているところも、長く愛されているゆえんです。千円札1枚で全てのカラーを揃えられるのも嬉しいところです。色々なカラーのペンを使ってみたい人は、まずはぺんてるのサインペンを試してみてはいかがでしょうか。

油性で選ぶなら

ゼブラ 油性ペン ハイマッキー 黒 3本 P-MO-150-MC-BK3

¥ 485

Amazonで見る

口コミ

色々使いましたが、私にはマッキー が一番!段ボール箱に色々記載するのに使ってきますが、 インクの滲みもなく、綺麗にくっきり書けます。インクも長く持ちます。

油性サインペンの中で、人気・書き味ともに特に安定しているのが、ゼブラの「マッキー」。強力で速乾性のある油性インキは、ガラスやビニール、ポリエチレンなどにもしっかりと定着します。細・極細、細・太、太・極太というように、2種類の太さを兼ね備えたツインタイプならではの便利さも人気です。

筆タイプから選ぶなら

呉竹 筆ごこち 黒セリース LS1-10S

¥ 216

Amazonで見る

口コミ

とても書きやすいですね。滑らかに美しく書けて字が上手になったような気になれます。 筆ペンだと少々扱いづらさを感じますが、こちらのペンなら誰にでも気軽に扱えると思います。

筆タイプでおすすめなのが、呉竹の「筆ごこち」。「筆風サインペン」とうたわれているとおり、筆ペンに近いペン先が特徴的な水性サインペンです。筆ペンとサインペンの間のような書き心地で、筆や筆ペンの扱いに慣れていない人でも簡単に使うことができます。薄墨タイプの商品も出ているため、慶弔金袋の記入にもってこいの商品です。

水性で選ぶなら

サクラクレパス 洗たくでおとせるサインペン 12色 MK-S12

¥ 1,134

Amazonで見る

口コミ

6歳の娘に買いました。2歳の息子もいるので一緒に使う時いつも洋服を汚していたので、洗濯で落ちるので助かりました。やはり100均などのものとは質が違うように感じました。

水性サインペンの特性を最大限に伸ばした商品が、サクラクレパスの「洗たくでおとせるサインペン」。この商品の最大の特徴は、インクが衣服についてしまっても、洗濯で落とせるところです。汚れを気にせずのびのびとお絵かきを楽しめるため、子どものお絵かき道具にぴったりです。また、水性インクのすらすらとした書き心地や、美しくはっきりとした発色も、子ども心をくすぐります。

イラストで使いたいなら

呉竹 筆ペン 水性 ZIG クリーンカラー リアルブラッシュ 24色 RB-6000AT/24V

¥ 5,184

Amazonで見る

口コミ

色々な色が欲しいと思い購入しました。イラストの幅が広がります。アイデア次第では便利な品物だと思います。塗り心地も◎。

イラストに使えるサインペンとしておすすめなのが、呉竹の「ZIG クリーンカラーリアルブラッシュ」。毛筆タイプの水性サインペンです。

特徴的なのが、非常に豊富なカラーバリエーション。全80色という、ペン好きにはたまらないカラーが揃っています。ペン先を立てて使えば細書きにでき、文字もなめらかに書くことができます。寝かせて使えばベタ塗りができるため、まさにイラスト制作向けのサインペンといえるでしょう。また、数本であればすぐにでも手が届く価格も嬉しいところです。

手芸で使いたいなら

シャチハタ 布描きマーカー 水性 KT-2/6W-1 基本 6色セット

Amazonで見る

口コミ

塗り心地と発色がよいです。 革(ベロア)に使いましたが普通に塗れました。

手芸を簡単に楽しめるアイテムとしておすすめなのが、シャチハタの「布描きマーカー」。水性ゆえの書きやすさと発色の美しさが魅力の商品です。

無地のトートバッグやTシャツにお絵かきするだけで、オリジナルのグッズを作ることができます。インクが乾燥したあとにアイロンをかければ、耐水性が強くなり、洗濯も可能になります。大人の趣味にはもちろん、親子で手芸をはじめるときにもぴったりの商品です。

ユニフォームに使いたいなら

三菱鉛筆 uni ペイントマーカー 細字丸芯 白 [1本] PX21.1

¥ 200

Amazonで見る

口コミ

他のマーカーでは風船に塗ると割れてしまうのですが、なるほど、これは確かに使えました。

ユニフォームにサインをもらうときは、はっきりした字を長く残しておきたいとおもうでしょう。そんなときにおすすめなのが、三菱鉛筆の「ペイントマーカー」。発色があざやかなうえ、金属製品への記入にも使われるほど耐性がある油性インクが特徴です。カラーバリエーションも豊富なため、ユニフォームの色に合わせて選ぶことができます。

字の細さで選ぶなら

ゼブラ 油性マーカー マッキーケア超極細 P-YYTH3-BK 黒

¥ 130

Amazonで見る

口コミ

すっきりと細い線が欲しかったので購入しました。 とても良かったです!

細字よりも、さらに細い字で書ける油性サインペンがあります。ゼブラの「マッキーケア超極細」です。従来の細字は1.0~1.3mmでしたが、マッキーケア超極細のペン先はなんと0.3mm。ねじやナットといった部品、錠剤が入ったシートなどにも書けるほどの細さです。精密な作業や、細かい物への記入に最適な商品です。

手軽さで選ぶなら

ゼブラ 油性マーカー マッキーノック 細字 P-YYSS6-BK 黒

¥ 163

Amazonで見る

口コミ

仕事で使っています。 作業をしながら頻繁に使うことがあるので、ノック式を使うと手放せなくなるほど便利です。

油性サインペンはペン先が乾きやすいのが特徴のひとつです。そのため、使い終わったらすぐに、きちんとキャップをしめなければならず、面倒だと感じる人もいるのではないでしょうか。

そんな人におすすめなのが、ゼブラのノック式マッキー。従来の強力な油性インクと速乾性を備えながら、片手で扱える手軽さが特徴です。キャップを紛失する心配がないため、異物購入が厳禁の職場でも大いに役立ちます。

サインペンを探すならこのメーカー・ブランドがおすすめ!

サインペンおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方【2018年】

学校や職場で使うなら「ゼブラ」

1世紀以上続く歴史ある文具メーカー「ゼブラ」では、油性サインペンをはじめ、水性サインペンや筆サインペンも取り扱っています。学校や職場で使うための、しっかりとした書き心地の商品を探している人は、ゼブラで探してみることをおすすめします。

代表製品:マッキー

太さが選べる点、そして2種類の太さを1本のペンで使える点が、この商品の特徴にして最大の魅力です。確かな書き心地と用途の広さから、職場や学校だけでなく、家庭においても長きにわたって愛されています。

趣味で使う・親子で楽しむなら「サクラクレパス」

クレパスやクーピーペンシルなど、子ども向けの画材・筆記用具メーカーとしておなじみの「サクラクレパス」。実は、油性サインペン「マイネーム」をはじめ、油性、水性、布やお皿など特定の物への使用に特化したサインペンまで、種類豊富なサインペンを取り扱っています。

カラーが美しく、遊び心あふれる商品が多いのも、サクラクレパスの特徴です。趣味に使うサインペンを探している人は、ぜひサクラクレパスの商品をチェックしてみてください。

代表製品:マイネーム

「マイネーム」は、その名のとおり名前を書くために開発された商品です。にじみにくく、裏移りもしにくく、洗濯にも強いマイネームは、学校だけでなく事務用品として大人にも愛されています。

勉強のお供をお探しなら「PILOT」

擦ると字が消える革新的な「フリクションボールペン」の生みの親である「PILOT」。文具、ことに筆記用具を数多く生み出してきたPILOTも、サインペン選びには欠かせないメーカーです。

特に、暗記に便利な「メモリーライン」や、擦ると消えるカラフルなサインペン「フリクションカラーズ」は、従来のサインペンの常識を覆す画期的なアイテムです。勉強に使えるサインペンを求めている人は、一度PILOTの商品を見てみましょう。

代表商品:メモリーライン

「メモリーライン」は、暗記のために生み出されたサインペンです。メモリーラインはツインタイプのサインペンです。カラーインクの方で暗記したい部分をマーキングをし、カラーシートで覆うと、マーキングした部分の文字が見えなくなります。暗記できたら、反対側の消去ペンを重ねて塗ると、マーキングが消えます。PILOTらしい、無駄のない便利な商品です。

消去液がなく、赤と緑でツインになっているタイプもあるので、自分に合った商品を選んで有効活用してください。

文字を書くだけじゃない!サインペンの使い方・活用方法

プラバンづくりに

プラバンづくりとは、透明なプラスチックの板に絵や文字を書いてカットし、オーブントースターで熱して縮め、色や形を固定する遊びです。この懐かしいプラバンづくりブームが、現在、100円ショップなどを中心にじわじわと再燃しています。

プラスチックへの描写といえば、油性サインペンです。現在は油性サインペンでもカラーが豊富に揃っているため、懐かしいプラバンづくりをより楽しむことができます。

塗り絵に

子どもの遊びというイメージが強かった塗り絵は、大人の趣味に進化しつつあります。非常に細かく、黙々と作業に没頭できるような塗り絵が最近の流行です。

そんな塗り絵に適しているのが、水性サインペンです。色鉛筆よりも効率よく塗れるうえ、きれいな色を簡単に出すことができます。特に塗り絵初心者には、水性サインペンの使用をおすすめします。

知れば知るほどおもしろいサインペンの世界!

サインペンは、用途によって使い分ければ、趣味や仕事をより充実させることができるでしょう。そして、数あるサインペンの中からお気に入りの一本にこだわるのも、サインペンの楽しみ方のひとつです。サインペンの使い心地は、やはり実際に使ってみてこそ実感できます。ぜひ、たくさんのサインペンに触れて、あなたに合ったお気に入りを見つけてください。

Related