Search

検索したいワードを入力してください

2017年12月09日

付箋おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方【2018年】

付箋は様々なメーカーから色々なものが出ており、使い方も使う人によって様々です。単に目印として使うだけでなく、ノートやスケジュール、家事にも活用できます。種類が多すぎてどう選べばいいのか分からない時におすすめしたい付箋の使い分けをご紹介します。

付箋おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方【2018年】

付箋の種類と選び方

付箋おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方【2018年】

仕事や家事、プライベートでも活躍する付箋。お店にも色々な種類があって、迷ってしまうという人も多いのではないでしょうか。付箋の大きさや形によって、その使い方も自由自在です。そこで今回は付箋の種類や使う時の選び方やおすすめの付箋をご紹介します。

付箋の種類

付箋には、その形状、素材、そして接着の仕方で色々な種類があります。お店で付箋を選ぶ時には、その違いもチェックしてみましょう。

ブロックタイプ

ポストイットノート

¥ 854

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

ポスト・イットの類似商品が出回っているが使用してみれば違いがはっきり判る。粘着性も、また2度、3度貼り直しをした時の良さはさすがにポスト・イットである。恐るべし3M製品。

文房具店で付箋といえばこのタイプが一番オーソドックス、かつお馴染みです。四角い物や長方形、丸形などバリエーションがあり、メモ帳のように100枚や200枚が1セットとなっており、1枚ずつ剥がして使います。

ただしメーカーは違っても、大きさがだいたい同じものが多く、安価に購入ができるメリットがありますが、同じ色や形のものをたくさん貼ると必要なものが見つけづらくなるデメリットもあります。

ロールタイプ

タイトルを入力ヤマト 付箋 メモック ロールテープ カッター付き

¥ 432

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

ちょこっとメモをしたい時などに貼って剥がせるので便利です。付箋だと糊が付いてないところが浮いてはがれ易いですが、全部に糊がついているのでそこはクリア。

セロハンテープのようにロール状に付箋を巻いたタイプです。必要な長さにカットして使用します。ブロックタイプと違い、切り取るためにカッター台が付いています。大きさや幅で種類がありますが、カッターの切れ味が悪いと上手く切れずに、切り口がガタガタになってしまうこともあります。

少し大きめのタイプだと、卓上だけしか置き場がなかったり、持ち運びが少し不便だったりというデメリットもあります。幅にバリエーションがあるので、大量に買いそろえる必要がないメリットがあります。

ポップアップタイプ

ブロックタイプをディスペンサーにセットしたタイプで、1枚ずつ剥がしやすくなっているタイプです。ブロックタイプだと忙しい時や慌てている時に、2枚や3枚とくっついて剥がしてしまった、ということもよくありますが、ポップアップタイプならそんなこともありません。

安定のために大きいタイプが多いため、置く場所は限定されますが、片手ですぐ使うことができるメリットがあります。本体があれば、中を入れ替えるだけで長く使えるエコな点もおすすめです。

素材の違い

付箋の素材は紙が一般的ですが、水気に弱いため、台所周りや冷蔵庫に入れるものには使いづらいというデメリットがあります。また重ねて貼ると下に何が貼ってあるか分からなくなるといったことも起こりがちです。

こういった場合に対処できる素材として、透明なフィルム素材や防水加工、厚めの紙を使った付箋などもあります。素材によっては書きづらい筆記具などもありますので、用途に合わせて使い分けるといいでしょう。

接着タイプの違い

付箋は1枚ずつ剥がして使うため、一部分だけにのりが付いているタイプが一般的ですが、時間が経つと剥がれてしまうデメリットがあります。長期間貼り付けておきたい場合には、全面にのりが付いたタイプや、強粘着タイプのものを選ぶといいでしょう。

また付箋によっては長時間貼っていると、のりが紙に移ってしまう、また剥がす時に紙を傷めてしまうこともあります。べたつきなどが残ると困る書類などに使う場合には、種類は少ないのですが静電気で貼り付けるタイプを使うといいでしょう。

付箋の選び方

付箋は色々な形や大きさがあるため、どれを選べばいいのか迷うこともしばしばです。ここで気を付けたいのは、付箋では「大は小を兼ねる」、また「小さいものを複数で使う」ことが必ず便利とは限らないということです。

選ぶ際には何に使うのか、目的をはっきり持ってそのサイズに合わせた付箋の大きさや素材を選ぶことが必要です。何に貼り付けるのか、どういった場合に使うのか、その使用するシーンに合わせて、大きさや材質、そして粘着力を考慮して選ぶようにしましょう。

また同じ大きさ、紙質であっても、メーカーによってはボールペンやサインペンで書きづらいものもあります。気に入った付箋があれば、同じメーカーのものから他のタイプを選べば失敗を防げます。

付箋おすすめ人気ランキングTOP3

付箋おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方【2018年】

文房具メーカーの数だけ、付箋の種類があるといっても過言ではありません。ただし初めて付箋を使おうとしている、また新しく買ってみたいと考えているなら、やはり人気のメーカーの物が安心です。そこでよく売れている人気の付箋をご紹介します。

ランキング3位「ペントネ」

口コミ

筆箱に付箋を入れておくといつもくしゃくしゃになっていて困っていた時にこれを見つけました! ペン型で、スリムなのでかさばることもなく、しかも使いやすくて大満足です!学校でも、「いいな〜、私も欲しい!」とよく言われます

ペンのように持ち運べる付箋、で人気急上昇のカンミ堂が販売しているフィルムタイプの付箋です。ペン型のフィルムケースにロールタイプの付箋が3種類入っており、ミシン目が付いていて自分の好きな大きさでカットして使えます。

リフィルも多彩で、勉強用にシックなタイプ、友達との連絡用に可愛いタイプと使い分けることも可能です。さらに全面のりタイプなので、剥がれにくいメリットがあります。ペン型なのでペンケースに入れてすぐ使うことができ、使いやすい商品です。

ランキング2位:「ポストイット」

ポストイット 見出し

¥ 597

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

仕事で日頃たくさん使うので安くて良い物を使えて助かってます。

付箋というよりもポストイットのほうがなじみがあるという人も多いのではないでしょうか。アメリカのメーカー、3Mが開発したのがのり付きの付箋、ポストイットで、販売された当初はポストイットが付箋の主流商品でした。今でも付箋というとポストイット、という人もいます。

正方形の付箋の他、長方形の小さなタイプなどがありますが、パステルカラーの5色セットになったものは汎用性も高く量も多くてお得なため人気の付箋です。

ランキング1位:「100均・セリア」

100均でも付箋は色々な種類が出ていますが、粘着性が弱いなど実際に使ってみないと品質が分からないものもあります。100均で安く付箋を買うなら、セリアのものがおすすめです。

100円とは思えない付箋の種類の多さ、さらにしっかりとした粘着力もあるため、侮れないラインナップです。もちろん素材も紙だけでなくフィルムタイプもそろっています。

ただし商品によってはボールペンやマーカーのインクをはじいてしまうもの、にじんでしまうものなどもあり、在庫の関係で同じ商品がいつまでもあるわけではないといったこともあるので、注意が必要です。

特徴・用途別おすすめの付箋はこれ!

付箋おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方【2018年】

形や大きさ、色々種類がある付箋を上手に使いこなすために、シチュエーション別におすすめの付箋をご紹介します。

勉強

ポストイット 見出し

¥ 597

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

やっぱり他社製とは違う‼︎ いいです。 さすがは3Mのポストイットです。 もう他社製は使えない感じ。

勉強の時に使える付箋は、スタンダードな見出しがおすすめです。教科書のポイントになる場所に貼る他に、覚えるべき重要単語の上に付箋を貼るといった使い方もできます。ただし貼りすぎると分からなくなってしまいますので、色を変えるといった工夫も必要です。

ノートに付箋を貼る場合は、小さいものよりはある程度大きさのある付箋も活用しましょう。
見出しには小さいもの、覚えておくべきものには中ぐらいの大きさのものと使い分けると見やすくなります。

読書の付箋

本のしおりは、持ち運んでいる時に、ついするっと落としてしまうことがありませんか。そんな時におすすめなのが付箋です。しっかり張りついてくれ、読んだページだけでなく続きの場所に貼ればもっと便利に使えます。

付箋は種類によってはのりが付いてしまうこともあるので、きれいに剥がせるタイプを読書用に使いましょう。また文字が隠れない半透明タイプのフィルム付箋もおすすめです。

単語帳

極細で便利な付箋 蛍光 半透明 いっぱい使える付箋 極細

Amazonで見る

口コミ

極細(幅7ミリ)の付箋は、本に貼っても、字をあまり隠さないので、便利です。あるいは、ノートに書いた試験のヤマ(単語や熟語など)に貼れば、目隠しにもなります。

覚えられない英単語などの上に貼っていき、覚えたらはがす、のシンプルな方法で覚える勉強法がブームです。付箋は通常のものだと太さがあるため、隠したくないところまで隠してしまいます。このタイプなら半透明で単語は隠れません。さらに枚数が多いのも助かります。

教科書でポイントになる場所に貼る暗記用にも使うことができるので、勉強用に便利な付箋です。

手帳

コクヨ ふせん 超徳用 38mm×50mm

¥ 1,119

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

大き過ぎず小さ過ぎず、ちょうど良いサイズです。使い勝手が良いです。

ちょっとした覚え書きや、やることのメモをするのに、付箋は便利ですが、数が多くあるとどれが最優先だったのかが分からなくなることがあります。そんな時には付箋と手帳を活用する方法がおすすめです。

思いついたアイデアを付箋に書き、手帳に貼り付けていきます。終わった付箋は手帳から外して処分すればよく、手帳から落ちることもないので便利です。大きい付箋だとスペースが余ってしまうので、このサイズはメモに便利です。

スケジュール帳

ポスト・イット 見出し 25x7.5mm

¥ 238

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

手帳にピッタリの大きさです。近所に売っていないので、助かりました。

スケジュール帳に付箋を使う場合、備忘録やメモとして使う方法もありますが、毎日の仕事や家事のタスクメモとして、付箋を使う方法もおすすめです。

仮の予定などを記入し、スケジュールを組んだり、仕事やプライベートと色を変えて時間を調整するにも、貼り替えしやすい付箋は便利です。普通の付箋より短いので、マンスリーやウィークリーなどタイプが変わっても使える強みがあります。

フィルム

3M スリーエム 付箋 ポスト・イット ジョーブ 透明見出し

¥ 463

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

付箋としての性能は抜群です。使いやすく、見やすく、ちぎれることもない。ガンガン使えます。

付箋は紙のものが多いのですが、携帯する時にかさばる、またペンケースの中に入れておくと、バラバラになってしまうということが頻繁に起こりがちです。フィルムタイプは薄く、かさばらないのと、手帳やノートに貼っても分厚くならないというメリットがあります。

半透明のタイプを選べば、見やすく、また丈夫なので貼り替えることが少なくなるので便利です。また紙の場合は貼ると端がめくれてしまいがちですが、フィルムタイプの場合はそういったことがないので、きれいに貼ることができます。

かわいい

ペパラブル リーフ メモ ピンク YKP90-1277

¥ 485

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

手のひらにのせると、本物の葉っぱのようにくるっとなりますが、不思議と紙の上に乗せれば戻ります。

会社などで伝言を残す時に便利な付箋ですが、みんなが使っているものと同じだと、他のメモに混じってしまいがちです。そんな時にはちょっと違うかわいいタイプの付箋を使ってみましょう。

お土産のおすそわけの時や、寄せ書きをする時などにも活用できます。キャラクターや動物の形にカットされた付箋など色々な物も出ているので、プライベート用にもぜひ探してみましょう。枚数があるのでたくさんの人宛てに使う時にも便利です。

中学生

ポスト・イット 一週間メモ

¥ 1,399

Amazonで見る

口コミ

可愛らしい柄があしらってあり、角も丸くて、お気に入りの本やテキストに使うのにとてもいいと思います。

中学生は小学生と違い、勉強の仕方も変わってきますし、部活などもあるため毎日のスケジュールは試行錯誤が続きます。忘れ物防止や、塾のスケジュール管理に、1週間の予定が立てられるこの付箋を使ってみてはいかがでしょうか。

自分で計画を立てる楽しさを味わえるだけでなく、親子でも使えるので、プレゼントとしても最適です。もちろん中学生や学生だけでなく、ビジネス用、家で家事の計画を立てる時にも使えます。

おすすめの付箋のメーカー・ブランド3つと代表製品

付箋おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方【2018年】

ミドリ

ミドリ ひみつ付せん

¥ 367

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

かわいいです。シロヤギさんったら読まずに食べてた。しーかたがないのでお手紙書いたさっきの手紙のご用事なあに の方が良い感じです。でも、とりの大きさはいいです。

文具メーカーのミドリが販売している付箋は、可愛い付箋が多いのが特徴です。小さなステッカータイプは手帳に、本のポイントマーカーに使える付箋もあり、中に書いたことを秘密にできる付箋は、仕事でもプライベートでも活躍します。プレゼントに添えてもおしゃれです。

鳥のシリーズの他、猫や犬など動物のシリーズの付箋も多いので、好きなシリーズで付箋を揃えるのもおすすめです。オリジナルデザインが多いので、ちょっと他の人と差を付けたい時、また付箋自体をプレゼントにしても喜ばれます。

カンミ堂

カンミ堂 ふせん ココフセンカード

¥ 540

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

ふせんにしては高いと思いましたが、定番商品なので買ってみました。 普通のボールペンでもフリクションでも綺麗に書けます。 ノートの予定に貼っていくと、思ったより綺麗に見えて分かりやすくなりました。

フィルム付箋がお馴染みのカンミ堂の付箋は、スケジュール帳にぴったりの大きさです。紙の付箋と違い、めくれにくくかさばらないのも助かります。ケース入りの物を使えば、手帳に挟んで一緒に持ち開けるため、どこでもすぐ使うことができます。

リフィルも豊富で、ケースを再利用して何度も使える点もポイントの高い付箋です。立てて使うタイプの付箋や、ペンタイプの付箋など、色々なタイプが揃っています。付箋を活用できる手帳も販売しています。

無印良品

無印良品の付箋のシリーズは、大きさが豊富で、落ち着いたエコカラーなのが嬉しい商品です。ダイカットタイプは手帳やちょっとしたメモにも活用できます。枚数が豊富で、値段も手頃なので、安心して使える点でもおすすめです。

ダイカットや普通の付箋の他、見出しインデックスタイプや、1週間の曜日が印刷されたタイプもあり、欲しい付箋が一通り揃うのも助かります。定番のものはどこのお店でも販売しているので、長く使うことができて便利です。

付箋の使い方・活用方法・楽しみ方

付箋おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方【2018年】

付箋に皆のアイデアを書いてもらって、ホワイトボードに貼り付け、アイデアをまとめてよりよいものを作っていく、付箋で買い物リストや食材のストックリストを作る、付箋の使い方は十人十色です。防水加工がしてあるものなら、水を使う場所にメモを貼り付けることもできます。

決まった使い方だけでなく、自分のアイデア次第で色々な活用法がある付箋。さらに付箋にはメモをするだけでなく、メッセージを送ることにも活用できます。さらに最近では可愛い付箋もあるので、手帳を飾るといった活用法もあります。自分のアイデアで色々な使い方をしてみましょう。

付箋で自分の考えを整理しよう

付箋おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方【2018年】

スタンダードな付箋から、くすっと笑える面白い付箋まで、付箋の種類は日々増え続けています。付箋というと勉強の暗記用やメモに使うもの、といったイメージがありますが、ちょっとした伝言用にも活用でき、さらに忙しい1日を上手に過ごすために、考えを整理する使い方もできます。

大きさや幅、色なども多彩なので、約束や予定が入ったらすぐに付箋にメモ、といった習慣をつけて、上手に付箋を活用していきましょう。

Related