Search

検索したいワードを入力してください

2017年11月29日

手帳おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方【2018年】

数多くの手帳が販売されていますが、どのような手帳を選べばよいのか分からないという方は多いです。一言で手帳と言っても種類が多く、それぞれに特徴があります。ライフスタイルに合わせて自分に合った手帳を選ぶと、毎日のスケジュール管理も快適になります。

手帳おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方【2018年】

手帳の種類と選び方

手帳おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方【2018年】

さまざまな種類の手帳が販売されており、年末にもなれば店頭にたくさんの手帳が並びます。毎年どの手帳を使おうかと、頭を悩ませている人も多いでしょう。今回は、手帳の特徴や種類を紹介しながら、おすすめの手帳TOP3もあわせて紹介します。

手帳の種類

手帳の種類は、手帳自体の作りと中の記入欄の種類に分けて紹介します。それぞれの違いが分かっていると、自分に合った手帳を選ぶうえでも役立ちます。

手帳の作りの種類

手帳自体の作りが、はじめから1冊の手帳として作られている綴り手帳は、なじみのある方も多いでしょう。システム手帳、リングにリフィルを通すタイプの手帳です。1枚単位で自分好みの手帳にカスタマイズすることができます。

モジュール手帳は、ノートをカスタマイズするタイプの手帳です。カバーには、ポケットや収納ポケットがついているので、ノートの他にもプリントやふせんも一緒に収納することができます。ケースによっては、スマートフォンや充電器まで一緒に持ち歩くことができる物まで販売されています。

記入欄の種類

まず、1ヵ月のスケジュールが見開き1ページで確認できる手帳は、一目でその月の予定をチェックすることができます。1週間のスケジュールを見開きで確認できる手帳も販売されています。自分がどれだけ先の予定を確認した以下によって、選ぶと良いでしょう。

1日にたくさんの事を書き込みたい場合は、1日1ページの手帳がおすすめです。時間割になっていると、時間軸が目に見えてよくわかります。逆にスケジュールの時間がキッチリ決まらない方は、時間割の手帳よりも無地や罫線の物の方が向いています。

手帳の選び方

短くても1年間は使用するものなので、自分が気に入った物を選ぶことが大切です。自分が普段持ち歩くかばんのサイズも考慮しなければなりません。たくさん書き込みたいからと言って、大きすぎる手帳を購入すると、持ち運びが大変です。厚みのある手帳は重さもあるので、移動時間が長い方は、ある程度コンパクトなものを選んだ方が良いでしょう。

その手帳を持つ人のライフスタイルも、手帳を選ぶ時に考慮します。学生であれば、可愛らしいキャラクターの手帳や、赤やピンクの華やかな手帳も良いでしょう。しかし、ビジネスシーンで使用するのなら、黒や茶色などの落ち着いたカラーの手帳がおすすめです。

手帳おすすめ人気ランキングTOP3

おすすめ手帳NO.3

ジブン手帳

¥ 2,808

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

ただ、紙が思ったよりも 薄かったです。 でも、使う上での支障は全くないので、 大丈夫です。 どこを開いでも、180度にしっかり開くところが最高すぎます!

おすすめNO.3の手帳は、ジブン手帳です。1ヵ月分のスケジュールと、1週間分のスケジュールを、見開き1ページで確認できます。縦長の時間割になっておりますが、フリースペースも確保されています。ToDoリストのスペースもあるので、買い物ややることをリストにして記入できます。

読んだ本や見た映画、人との約束、プレゼントなどの専用リストまでついています。スケジュールを管理するだけでなく、1年を終えた時に見返して思い出すことができる作りになっています。食事記とお金の管理ページもついているので、自分の生活をしっかり管理することもできます。

おすすめ手帳NO.2

ほぼ日手帳

Amazonで見る

口コミ

よい使い心地で、良いものでした。価格に見合った良い商品でした。

1日1ページの手帳で、書き込みのスペースが広いのが魅力です。左端には、時間軸の数字がかかれています。ページに区切りがないため、自分が書きたい事を書きたいだけ書き込むことができます。紙は薄めですが、1日1ページでも持ち歩けるサイズの手帳です。

また、ほぼ日手帳には毎ページ「ほぼ日刊イトイ新聞」のコンテンツから抜粋された言葉が載っています。書き込むだけではなく、読んで楽しめる手帳です。カバーの種類も多く、シンプルな物からカラフルな物まで揃っています。

おすすめ手帳NO.1

トラベラーズノート

¥ 3,456

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

革の質感は程良い感じで使い込めば使い込むほど自分の味が出る感じです。 色んなカスタムが出来るみたいなので自分なりにカスタムして使ってみます。

トラベラーズノートは、牛皮を使用したカバーに自分好みのリフィルをカスタマイズする手帳です。本革なので、使い込むと傷がついたり、ツヤが出たりと、自分だけの手帳になってゆきます。リフィルは、無地、横罫、セクションだけでなく、クラフト紙や画用紙のリフィルも揃っています。

手帳に貼り付けてるポケットや名刺ファイル、ジッパーケースなど種類豊富です。スケジュール帳は、見開きで1ヵ月確認できるものと、1週間確認できるものがあります。手帳のカラーは、キャメル、茶色、黒の3色で、レギュラーサイズでは、さらにオリーブエディションも販売されています。手帳をまとめるゴムもカスタマイズできます。

特徴・用途別おすすめの手帳

手帳は、だれが使うのか、どのような場所で使うのかによって、選ぶことも必要です。ここでは、特徴や用途別におすすめの手帳を紹介します。

女性におすすめの手帳

レッツは、世界で初めてダイアリーを作った会社です。長年親しまれてきた手帳は、高品質で世界で愛されています。コーナーには、ゴールドの装飾がついており、金箔加工が施されています。華やかさもありながら、落ち着いた雰囲気の手帳です。記入欄のタイプは1日1ページ、 2日1ページ、見開き1週間の3種類から選択できます。

女性が使用するのなら、シンプルながらも華やかさのある手帳がおすすめです。バーガンディーは落ち着いたカラーですが、女性らしさも忘れない上品な色合いが魅力です。

学生におすすめの手帳

コクヨスケジュール帳

¥ 918

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

午前、午後、夜とバーチカルタイプなのですぐに目視できるため、何日の何時ごろが空いていて、新しく予定を入れられるかが一目瞭然な商品です。本当にお勧めです。

学生が使う手帳でおすすめなのが、コクヨのキャンパスダイアリーです。時間割になっているため、授業の時間もしっかり書き込むことができます。

そして、勉強に使用するノートと一緒に持ち歩いてもかさばらないサイズが魅力です。教科書やノートをたくさん持ち歩く学生さんでも、カバンの中で手帳が見つからないということが無くなります。サイズが揃うのでかばんの中もすっきり片付きます。

主婦におすすめの手帳

スケジュール&マネーブック

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

2017年版を買って良かったのでリピ。 スケジュール帳兼簡易家計簿として使えるので便利です。 サイズも大きすぎず小さすぎず良い。

スケジュール&マネーブックは、1ヵ月のスケジュールを確認できる見開きページと、お金の管理をするページに分かれています。家計簿は、どのように付ければ良いのか分からないという方も多いでしょう。しかし、スケジュール&マネーブックは、上手な使い方を説明してくれるページもついています。家計簿を初めてつけるという方でも、安心して始めることができます。

毎月まとめのページがあるので、1ヵ月の生活を振り返ることができて、節約につなげることができます。

大学生におすすめの手帳

口コミ

手帳を開く際に傷みやすい月の見出し部分に貼る透明のインデックスシールがついていたり、色の違うしおり紐が2本ついています。カバーの表紙外側がポケットになっていて、忘れたらいけないメモなどを見えるようにはさんだりできそうです。

12月から月間ページと時間割ページの2種類で使用できます。ページのカラーは、毎月違う色になっています。シンプルながら可愛らしさも忘れない手帳です。

1ヵ月のスケジュールを確認できる見開きページは、1日の欄が3行に線が引かれています。プライベートと学校行事、アルバイトなど分けて記入することができます。見開きで1週間のスケジュールを確認できます。1日のスペースは、縦の時間割になっているバーチカルと、ToDoリスト、メモスペースに分かれています。

授業の時間を自分で管理しなければならない大学生には、このようにバーチカルと1ヵ月のスケジュールが確認できる手帳がおすすめです。

A5サイズの手帳

コクヨ ノートカバー

¥ 2,160

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

コレはスケジュールもメモもノート二冊十分に入るので重宝してます。他メーカーも考えましたが、軽くて丈夫そうだったのでこちらに決めました。良かったです。手帳よりは大きくなりますが、ノートが選べるし書きやすいのが一番です。

A5サイズは、他の手帳に比べると大きく感じるでしょう。しかし、その分記入できるスペースが広いというメリットがあります。コクヨのノートカバーは、A5サイズのノートを2冊収納することができます。スケジュール用のノートとメモ用のノートなど、じぶんで使いやすいようにカスタマイズすることができます。

しおり用のリボンが2本ついており、開きたいページがすぐに開けるのも魅力です。

ポケットサイズの手帳

スケジュールを管理したいけれど、手帳を持ち歩くのは邪魔になってしまうと悩んでいる方もいらっしゃるでしょう。そのような方におすすめなのが、ポケットサイズの手帳です。小さな鉛筆もついているので、思い立った時にすぐメモすることができます。

小さいながらも、カレンダー・週間予定表・次年度年間スケジュール・横罫・切り取りメモ・住所録・パーソナルノートが揃っています。サイズは小さくても、手帳としての機能は十分です。

ブラックの手帳

能率 NOLTY

¥ 1,620

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

メモできるスペースが多いので、振り返ってみると忘備録のようなものに仕上がります。 忙しく、なかなか日記をつけるまではいかない方におすすめです。

可愛い手帳も魅力的ですが、黒のシックな手帳も魅力的です。長い間使っていても飽きない色ですし、どのような場所にもっていっても恥ずかしくない色です。職場で使用する手帳としても使用できます。就活中の学生さんも、手帳は黒などの落ち着いた色を選んだ方が良いでしょう。

見開きページでは、2ヵ月分のスケジュールを確認できます。横向きの時間割ページでは、1週間分のスケジュールが一目で分かります。時間割の隣のページはメモ帳になっており、自由に書き込みできるスペースがじっかり確保されています。

男性におすすめの手帳

ダヴィンチ

¥ 918

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

もう15年ぐらいは使っています。 スマホやPC入力もありますが、簡単にさっと書ける良さ...手書きも良いものです。 紙質も良く、書き味も良いです。それから簡単には破けません。お勧めです。

ビジネスの予定が多い男性には、リフィルを1枚単位でカスタマイズできるシステム手帳がおすすめです。カバーのデザインも自分好みのものを選べます。1枚単位で抜きとったり挿し込んだりすることができるので、とっさのメモ帳代わりになります。ビジネスパートナーに頼みごとをする時にも、すっと抜き取ってめもとして渡すこともできます。

手帳を選ぶのに毎年悩みたくない。毎年手帳選びに時間をとられてしまう。毎年手帳選びに悩んでしまうという方も、リフィルを好感して毎年使えるシステム手帳がおすすめです。

銀行員におすすめの手帳

近代、セールス社のバンカーズダイアリーには、金融機関関係者に必要な情報が載っています。仕事中に欲しくなるような知識が載っているので、実際に銀行で働く金融マンでも使用している人は多いです。会議や打ち合わせでメモすることが多くても、記入スペースがしっかり確保されているバンカーズダイアリーなら快適に使用できます。

手帳の使い方・活用方法・楽しみ方

手帳おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方【2018年】

スケジュールを管理するための手帳ですが、使い方は人それぞれです。スケジュールの書き方ひとつとっても、人によってことなります。スケジュールを書くだけでなく、日記のように使用する方もいるでしょう。手帳を楽しむためにペンと付箋は欠かせません。手帳に合わせたペン選びは、手帳を見やすくするためにも大切なことです。

手帳におすすめのペン

ペンは、スケジュール帳の記入スペースに合わせて選ぶと良いです。記入欄が大きければ、太めのペンでも問題ありません。しかし、記入欄が小さめの手帳を使用するのなら、細めのペンを使用した方がきれいに見やすく記入することができます。

また、ペンと髪の相性によっては裏うつりしてしまう場合があります。裏面にもスケジュールを記入するので、裏うつりしていると見にくい手帳になってしまいます。裏移りしないというのも、ペンを選ぶ一つのポイントです。

普段から筆箱を持ち歩いている方は問題ありませんが、手帳用に1本だけ持ち歩くという方もいるでしょう。その場合は、手帳にペンを収納するスペースがあるか確認しておいてください。ペンを収納できるクリップを後から付けても良いでしょう。

手帳におすすめの付箋

付箋というと、ポストイットを思い深べる方が多いでしょう。無地でもカラーバリエーションやサイズの種類が豊富で使いやすい付箋です。せっかく付箋を貼っても、はがれてしまっては意味がないので、しっかり粘着力のあるものを選ばなければなりません。

月間ダイアリーのような枠にも収まるような、小さめの付箋も販売されています。確定していない予定を書き込むときに使用すると、手帳を無駄に汚さずに済みます。かわいらしいデザインの付箋も数多く販売されているので、付箋を使用して自分らしく手帳をデコレーションしても良いでしょう。

付箋は、一部にしか糊がついていませんが、手帳に貼る場合は前面に乗りがついている物もおすすめです。はがれにくく、うっかり無くしてしまう可能性も低くなります。付箋の代わりに、マスキングテープを使用しても良いでしょう。

スケジュールが変わる時は

スケジュールがころころと変わる方もいらっしゃるでしょう。スケジュールが変わるたびに、修正テープや二重線で消していると、ごちゃごちゃした手帳になってしまいます。見にくい上に、記入できるスペースが少なくなってしまいます。

スケジュールが変わりやすい方や不確定の予定を記入する場合は、付箋に記入して貼っておくとよいでしょう。これなら、予定が確定してから記入することができます。また、擦ると消えるインクを使用したボールペンが販売されています。このペンを使用すれば、予定の変更も簡単に書きなおすことが可能になります。

新年を新しい手帳で迎えよう

手帳と一言で言っても、システムや大きさ、色などたくさんの種類があります。魅力的な手帳もおおく、ついつい目移りしてしまう人も多いでしょう。しかし、手帳は短くとも1年間付き合っていくパートナーです。自分の1年を一緒に過ごすのだということを忘れずに、しっかり選びましょう。

今回は、手帳の種類や用途に合わせて、おすすめの手帳を紹介しましたが、生活スタイルが異なれば、使いやすい手帳も異なります。ぜひ、自分に合う手帳をじっくり選んでみてください。1年の初めに新しい手帳を用意してみてはいかがでしょうか。

Related