Search

検索したいワードを入力してください

2018年08月11日

ルームミラーモニターおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ【2018年】

「ルームミラーモニター」は、ルームミラーに液晶モニターを内蔵している商品です。単に映像信号を表示するだけでなく高機能な商品も多く、車にもう少し機能を加えたいという方におすすめです。ルームミラーモニターを選ぶ際に、どれがおすすめなのかを紹介していきます。

ルームミラーモニターおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ【2018年】

ルームミラーモニター(RMM)とは

ルームミラーモニターおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ【2018年】

ルームミラーモニターとは車のフロントガラス中央上部に取り付けられている後方確認用のルームミラーに液晶モニターを内蔵している商品です。後方の様子とともに入力された映像信号を液晶モニターに表示します。

全面が液晶になっているタイプと一部だけが液晶でそれ以外は鏡となっているタイプがあります。

ルームミラーモニターの種類と選び方

ルームミラーモニターおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ【2018年】

ここではルームミラーモニターの種類と選び方をご紹介しましょう。

ルームミラーモニターの種類

機能の違いで3種類あります。

ドライブレコーダー型

本体背面にカメラが内蔵されていて、ドライブレコーダーの機能を持つルームミラーモニターです。純正のルームミラーを挟み込むようにして取り付けるタイプが多く、ドライブレコーダーの中では取り付けが簡単なのが特徴です。

自分でドライブレコーダーを取り付けたいが、あまり手間をかけたくないという方におすすめです。

バックカメラユニット付属

ルームミラーモニター本体のほかにバックカメラユニットがセットになった商品です。付属のバックカメラユニットを後方のナンバープレート付近に取り付け、バックギアと連動させることで後退時の後方確認を支援します。

映像信号の入力は2系統備えているタイプが多く、バックカメラユニットの映像のほかにDVDなどの映像信号を入力して表示することができます。

バックギアとは連動せず、車内後方に取り付けたバックカメラユニットの映像を常時表示するタイプもあります。

ルームミラーモニター本体のみ

バックカメラユニットが別売りとなっているタイプです。価格は安価なものが多く、カメラユニットを安価なものと組み合わせれば手軽にバックモニターを試せます。とにかく安く揃えたいという方におすすめです。

ルームミラーモニターの選び方

ルームミラーモニターを選ぶ際にポイントとなる点をご紹介しましょう。

映像入力端子の数

DVD再生とバックカメラの映像を表示したいなら最低2つの映像入力端子が必要です。

表示液晶のサイズ

ルームミラーモニター全体が液晶画面となっているタイプと1部分が液晶画面となっているタイプがあります。

1部分が液晶画面となっているタイプでは、4.3インチ以上の大きさのものがおすすめです。液晶部分の位置は左右どちらかに寄っているものと中央にあるものがあります。右ハンドル車の場合は液晶部分が中央あるいは右側に寄っているものが、運転席に着座しての操作がしやすいのでおすすめです。

調光機能の有無

周囲の明るさに合わせて液晶画面の明るさを調整できる調光機能があると画面が見やすくなるのでおすすめです。

セット商品か否か

バックカメラが付いていない車への取り付けを検討するなら、バックカメラとのセット商品がおすすめです。バックカメラを別に買おうとするとルームミラーモニターに適合するか確認が必要となります。その点セット商品なら悩まずに済みます。

ドライブレコーダーとしての機能は十分か

ドライブレコーダーの機能を持つルームミラーモニターの場合は、ドライブレコーダーの機能が必要十分か確認が必要です。GPS非搭載の製品が多いのでGPSが必要という方は購入前にチェックしましょう。

GPSを搭載していると自動で時刻合わせをしてくれる商品が多いので、いざという時に時刻が正確でなく焦るということがなくなるのでおすすめです。

ルームミラーモニターおすすめランキングTOP3

ルームミラーモニターおすすめ人気ランキングTOP3をご紹介しましょう。

おすすめランキング3位:「SUTEKUS製」

SUTEKUSルームミラーモニター

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

サイズも非常に小さく、薄く、良いサイズ感です。 ミラーに関しては見た感じはほとんど普通の鏡、電源が入った時だけ映像が浮かびます。

ルームミラーモニターおすすめ人気ランキング第3位は、SUTEKUS製ルームミラーモニターMR432です。ルームミラーモニター本体と電源ケーブルのみの商品構成です。

12Vと24V両電源対応なので乗用車からトラックまで幅広い車種で利用可能です。価格も安価なのでおすすめランキング上位となっています。

バックカメラは付属していませんが映像入力2系統の内、映像入力2の信号を優先的に表示する仕様となっているため、こちらにバックカメラの映像を表示するようにしておけばバックカメラの電源が入って映像信号が入力されると自動的に切り替わるようになります。

項目内容
映像入力端子の数2系統
液晶のサイズ4.3インチ
調光機能の有無なし
バックカメラ付属なし
ドライブレコーダー機能なし

おすすめランキング2位:「SENDOW製」

SENDOWドライブレコーダー

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

操作もそれほどややこしくなく、ボタンを適当にいじっていると大体の主要な機能は理解できます。 配線もシンプルで、私はあまり車に詳しくありませんが1時間弱で設置できました。

ルームミラーモニターおすすめ人気ランキング第2位は、SENDOW製ミラー型ドライブレコーダーです。バックカメラも付属していてバックカメラの映像も録画可能です。電源は12V専用です。

ドライブレコーダー機能にバックカメラも付属して値段も手ごろということで、購入された方の評価も高く人気がありおすすめです。

項目内容
映像入力端子の数本体内蔵カメラ+1系統(バックカメラ用)
液晶のサイズ5.0インチ
調光機能の有無なし
バックカメラ付属あり
ドライブレコーダー機能あり(GPS搭載なし)

おすすめランキング1位:「AUTO-VOX製」

AUTO-VOXミラー型ドライブレコーダーバックカメラセット

Amazonで見る

口コミ

最新ファームウェアに更新すると走行中の後方録画も可能になります

ルームミラーモニターおすすめ人気ランキング第1位は、AUTO-VOX製ミラー型ドライブレコーダーです。第2位のSENDOW製ドライブレコーダーと同じく、ドライブレコーダー機能にバックカメラも付属し、値段も手ごろで購入された方の評価も高く人気があります。

タッチパネル液晶部分が中央ではなく左側に配置されているので表示中でも後方が確認できます。右側ハンドルの場合は操作時は少し遠いので若干操作がやりにくいです。電源は12V専用です。左側ハンドルの輸入車におすすめです。

項目内容
映像入力端子の数本体内蔵カメラ+1系統(バックカメラ用)
液晶のサイズ4.5インチ
調光機能の有無なし
バックカメラ付属あり
ドライブレコーダー機能あり(GPS搭載なし)

特徴・用途別おすすめのルームミラーモニター

ここでは特徴・用途別おすすめのルームミラーモニターをご紹介しましょう。

車検に通る

まず1つ目の特徴・用途別おすすめのキーワードは車検に通るです。ルームミラーは道路運送車両法の保安基準で規定されている後写鏡の1つです。車外のドアミラーやフェンダーミラーと違い、車内のルームミラーはなくとも車検はパスします。

装備されている場合は保安基準に適合している必要があり、ルームミラーモニターも同じです。確実に車検に通るものとしては自動車メーカーの純正品がおすすめです。

こちらの商品はトヨタ純正の電子インナーミラーです。バックドアガラス内側に取り付けたカメラの映像を表示します。機能をOFFにすると通常のミラーとして使用することもできます。

後席に人が乗っていても遮られることなく後方を確認できるのがメリットです。反面後席に乗っている人の様子を確認するには機能をOFFにする必要があるのがデメリットです。そのデメリットを軽減するために後席確認用ミラーがオプションとして用意されています。

項目内容
映像入力端子の数1系統(付属バックカメラの映像のみ)
液晶のサイズ9.7インチ
調光機能の有無あり(自動防眩)
バックカメラ付属あり(バックギアとの連動はなし)
ドライブレコーダー機能なし

純正インナーミラー交換タイプ

AUTO-VOXバックモニターカメラセットT2

Amazonで見る

口コミ

本品は大変使いやすく取り付け方法なども丁寧に記載されているので安心して使っています。取り付けも自身でできるほどのもので自分で取り付けることができたので良かったです!

次の特徴・用途別おすすめのキーワードは純正品との交換です。こちらの商品は純正品のインナーミラーと交換して取り付けるタイプのルームミラーモニターです。

項目内容
映像入力端子の数1系統(付属バックカメラ用)
液晶のサイズ4.3インチ
調光機能の有無あり
バックカメラ付属あり(バックギア連動のみ)
ドライブレコーダー機能なし

HDMI出力あり

ドライブレコーダーT502CM

Amazonで見る

口コミ

3千円の物からの買い替えです。映り、画質とも向上し、特に夜間は断然よく見えるようになりました。タッチパネルは操作性が良く、ささっと調整できるのは便利です。

次の特徴・用途別おすすめのキーワードはHDMI出力対応です。ルームミラーモニタータイプでHDMI入力に対応した商品はありませんが、HDMI出力に対応したものがこちらのドライブレコーダーです。HDMIケーブルで大画面TVに接続すれば、録画した映像を高精細で再生できます。

事故対応よりも旅先での記録用としてドライブレコーダーの用途を考えている方におすすめです。

項目内容
映像入力端子の数本体内蔵カメラ+1系統(バックカメラ用)
液晶のサイズ5.0インチ
調光機能の有無なし
バックカメラ付属あり
ドライブレコーダー機能あり(GPS搭載なし)

車への防犯対策機能付き

HPルームミラータイプドライブレコーダー

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

バックミラー下部からカメラが覗く仕組みで取り付けスッキリで違和感のないドラレコ。操作性はもちろん最高の位置です。飛行機感覚!

特徴・用途別おすすめのキーワードは車への防犯対策機能付きです。こちらの商品は本体バッテリーで作動中に限られますが、駐車中にカメラの前で物体が動いた時に自動的に録画を開始する動体検知モード機能があるルームミラーモニタータイプのドライブレコーダーです。

自宅などでの長時間駐車には対応できませんが、買い物などの外出時の短時間の駐車の際に安心です。

先に紹介したドライブレコーダータイプのルームミラーモニターのドライブレコーダーT502CMも駐車監視が可能な製品です。

項目内容
映像入力端子の数本体内蔵カメラのみ
液晶のサイズ4.3インチ
調光機能の有無なし
バックカメラ付属なし(外部入力も不可)
ドライブレコーダー機能あり(GPS搭載なし)

おすすめRMMのメーカー・ブランド3つと代表製品

ここではルームミラーモニターのおすすめメーカー・ブランド3つとそれぞれのメーカーの代表製品をご紹介しましょう。

おすすめメーカー・ブランド(1)DW

DWバックミラーモニターB390B

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

2年半もちました、再度購入です 造りがしっかりして画質もそこそこで、安物バックカメラとの併用でコスパ最高なトラック荷台の監視モニターでした。

ルームミラーモニターおすすめメーカー・ブランド1つ目はDWです。大阪市にある株式会社ドライブワールドのブランドです。こちらで紹介している商品は12V~24Vに対応しているルームミラーモニターです。

液晶サイズが9インチと大きく手頃な価格がポイントです。

項目内容
映像入力端子の数2系統
液晶のサイズ9インチ
調光機能の有無あり(手動)
バックカメラ付属なし
ドライブレコーダー機能なし

おすすめメーカー・ブランド(2)ユピテル

ユピテルDRY-AS380M

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

ミラー型にして良かった。視界がすっきり。ミラーとしては最初暗いと思ったが慣れると問題ない。 画質も満足。

ルームミラーモニターおすすめメーカー・ブランド2つ目は、ユピテルです。東京港区に本社を置く無線通信機器メーカーです。

ご紹介した商品はGPS搭載のドライブレコーダーです。液晶サイズが小さいですがミラー部分が大きく後方視界を損ないたくない方におすすめです。

項目内容
映像入力端子の数本体内蔵カメラのみ
液晶のサイズ2.4インチ
調光機能の有無なし
バックカメラ付属なし(外部入力も不可)
ドライブレコーダー機能あり(GPS搭載あり)

おすすめメーカー・ブランド(3)AUTO-VOX

AUTO-VOXドライブレコーダーX2

Amazonで見る

口コミ

写り良し、タッチ感度良し、走行中の右折、左折時のブレなどなしです。 撮影の幅が広く、目の前だけではなく対向車側までも綺麗に写りました。

ルームミラーモニターおすすめメーカー・ブランド3つ目は、ルームミラーモニターおすすめ人気ランキング第1位でもご紹介したAUTO-VOXです。中国深圳の欧州向けカメラや液晶製品のOEM品の生産を行っている会社が立ち上げたブランドです。

ご紹介した商品はおすすめ人気ランキング第1位のモデルより高機能のモデルで全体が液晶画面となっているのが特徴です。バックカメラはバックギアとの連動も可能です。

項目内容
映像入力端子の数本体内蔵カメラ+1系統(バックカメラ用)
液晶のサイズ9.88インチ(液晶フル画面)
調光機能の有無あり(手動)
バックカメラ付属あり
ドライブレコーダー機能あり(GPS搭載あり)

ルームミラーモニターの使い方・活用方法

ルームミラーモニターおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ【2018年】

ここではルームミラーモニターの使い方・活用方法をケース別にご紹介しましょう。

ドライブレコーダーを簡単に取付けたい

ルームミラーモニタータイプのドライブレコーダーは、純正ルームミラーに挟み込むだけというものが多く取り付けが簡単です。取り付け後もあまり目立たず、視界を遮ることもありません。

トラックの後方確認に

コンテナタイプの荷台や、オープンタイプの荷台でも荷物を積むと通常のルームミラーでは後方確認はできません。24V電源に対応しバックカメラがセットになったルームミラーモニターを取り付ければ、後方確認ができるようになります。

荷室内にカメラを取り付けて、運転席から荷室内を確認できるようにすることも可能です。

中古車にもバックモニターを

バックモニターの付いていない中古車にバックモニターを付けようとすると、オーディオ装置を対応したナビゲーションシステムに変更する必要があったりと、費用がかかる場合があります。

バックカメラがセットになったルームミラーモニターを取り付ければ、比較的安価にバックモニター付きの車にアップグレードできます。

中古車選びの条件としてバックモニター付を考えている方は、この方法により選択肢が広がるのでおすすめです。

液晶モニタがないドライブレコーダーのモニタとして

最近のドライブレコーダーは液晶モニタが付いていないタイプのものは少ないですが、ドライブレコーダーが出始めたころは液晶モニタ付きのものは高価で価格を抑えるため、外部出力端子のみで液晶モニタが付いていないものもありました。

液晶モニタが付いていないドライブレコーダーのモニタとして外部入力端子が付いたルームミラーモニターが使用できます。モニターとして使用しないときも邪魔にならないのでおすすめです。

用途に合ったルームミラーモニターを選ぼう

ルームミラーモニターおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ【2018年】

ここまでルームミラーモニターの種類と選び方、おすすめ人気ランキング、特徴・用途別おすすめのルームミラーモニター、おすすめのルームミラーモニターのメーカー・ブランドと代表製品、ルームミラーモニターの使い方・活用方法などをご紹介してきました。

ルームミラーモニターは機能・大きさなど多くの種類があり、購入対象を1つに絞り込むのも一苦労です。用途を明確にし、これだというルームミラーモニターを決める際にここでご紹介した商品の情報を参考にして下さい。

Related