Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月17日

テレビ台おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方【2019年】

生活には必須のテレビを見るためにかかせないのがテレビ台です。これを選ぶにはここだけは守ってほしい項目があります。ここでは、それらをご紹介します。デザイン製だけにとらわれない、ずっと長く使っていくために必要なことがあります。また関連することもご紹介しています。

テレビ台おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方【2019年】

テレビ台の種類と選び方

テレビ台おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方【2019年】

テレビやテレビ台を新調する際に悩むのが、いったい何を基準に選べばいいのかでしょう。今では壁一面の大きなテレビがあったり、壁掛けなどさまざまなテレビが出てきています。テレビを見るにも、目に優しい位置というのがあり、それが確保されて、はじめて居心地の良い場所や配置、空間が作られます。

ついついデザインやお値段で決めてしまうことがありますが、テレビもテレビ台も長いお付き合いになることですから、購入時にきちんと自分に合うテレビ台を購入してみてはいかがでしょうか。それでは、おすすめのテレビ台の選び方、どのようにして選べばいいのか、そしておすすめ人気ランキングをご紹介していきます。

テレビ台の種類

テレビ台は、各家のテレビサイズに合わせて買うのはもちろんですが、毎日の生活スタイルにも合うように選ぶ必要があります。

ローテーブルやこたつを使用する頻度が高い人には、ロータイプのテレビ台がおすすめです。リビングではイススタイルのお家では、ハイタイプのテレビ台がおすすめです。

そして、収納力もほしい場合は、システムテレビ台がおすすめです。床面から天上まで全面収納型になっているものもあれば、組み立て式で自分の好きな形に組み立てたりできます。コーナー型というのもここに当てはまります。

各家の生活スタイルを考えて選ぶようにしてください。どうして、生活スタイル別におすすめをしているかというと、テレビスペースは以外と場所をとるものだからです。そのため、テレビ台含め、テレビスペースでその部屋の雰囲気が決まってきます。また、目に優しい位置も考慮してほしいところです。

おすすめテレビ台の選び方

では、さっそく、おすすめのテレビ台の選び方をご紹介していきます。人の視線は自然な状態で水平方向から、やや下側を向いているといわれています。

また、長時間画面を見つめていると瞬きの回数が減ってドライアイにもなりやすく、さらに視線の向きは上に向けたほうが下に向けるより4倍渇きが早く、ドライアイ予防にも画面は目線よりも下の設置がよいとされています。

画面と自分が座るところまでの距離は、テレビ画面の一番下から一番上を測った高さの約3倍が目安です。例えば、49型テレビの場合は、画面の高さが約60センチなので、その3倍ということで、約1.8メートルが必要ということです。

そのようにして、自分との一番見やすい距離を測ってみてください。そのうえでテレビやテレビ台を選ぶことをおすすめします。

テレビ台おすすめ人気ランキングTOP3

テレビ台おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方【2019年】

それでは、おすすめのテレビ台ランキングトップ3をを早速見ていきます。

ランキング3位「iOCHOW テレビ台」

ローボード

Amazonで見る

口コミ

写真よりいい感じです。 発送も早くて、梱包も丁寧でした。 組み立てはあまり難しくない、30分ぐらい 丈夫な木材を使い、品質にはまったく問題がありません。サイズもちょっと良かった。 値段以上

こちらのおすすめの理由は、40型まで対応可能なローボードのテレビ台です。もっともシンプルで、どんなお部屋にも合うデザインと、中に収納して中が見えない点から3位としておすすめです。

ランキング2位「山善(YAMAZEN)テレビ台」

収納型テレビボード

¥ 4,980

Amazonで見る

口コミ

良い商品です。 値段の割には、良い商品でした。 組み立てやすさ大きさ段の数 申し分ありません。購入して良かったです。

こちらをおすすめの理由は、お値段のわりには、申し分ないというレビューの多さです。高さは50センチと少し高めです。中の棚板は調節可能なので、収納スペースを自分の好きなように変えられるテレビ台となっています。

たくさん収納部屋があるところと、お値段のわりに十分というところと、組み立ても簡単というところで、2位におすすめです。

ランキング1位「山善テレビ台 壁面収納」

大容量収納テレビボード

¥ 13,668

Amazonで見る

口コミ

私はなんとか1人で組み立てましたが、1時間半ほどかかりました。 値段も手ごろでデザインも良く、収納スペースもあるので大変気に入っています。

堂々たる1位は、収納力がどれよりも良いテレビ台です。あとワンルームでも問題なく、お部屋を片付けられます。組み立てには、電動ドリルがあったっほうが便利ですが、なくても可能です。お部屋がまとまるので、雰囲気作りにも、これ一つで大丈夫という点で1位におすすめします。

特徴・用途別テレビ台

テレビ台おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方【2019年】

収納力にすぐれたハイタイプ

テレビスタンド

Amazonで見る

口コミ

このテレビスタンドのおかげでとても楽に移動することができるようになりました。組み立ても説明書を見簡単に作成できるテレビが部屋の場所を取っている方やテレビの移動が苦な人にお勧めです。

ハイタイプテレビ台とは、壁面いっぱいに広がる収納が、高い位置まであることから、ハイタイプと呼ばれています。壁面を覆う収納スペースの、備え付け家具のような一体感が特徴的なテレビ台です。これの良いところは、収納力の多さではないでしょうか。

広がる収納力の大きさが、特徴的です。どうしても、チャンネルや説明書、DVDなど、テレビ周りをごちゃごちゃさせてしまう小物をまとめて収納することができ、リビングをスッキリさせることができます。

ハイタイプが苦手な方には、高さがあるので、お部屋に多少の圧迫感を与えてしまうので、それが苦しく感じるかもです。

圧迫感を与えないロータイプ

ローボード

¥ 4,818

Amazonで見る

口コミ

組み立ては奥さんがしましたが、簡単に組み立てられたらしいです。柱の部分はプラスチック素材で出来ていますが、グラつきなし。値段の割に安っぽさなんかもなく大変満足しております。

大型のテレビを設置するのに最も良いとされているのが、このロータイプのテレビ台です。

大きなテレビでも、ソファーに座ってテレビを見た時にも、ベストな目の高さに来るので、疲れることがないです。姿勢を保ちつつ、床に座ったり寝転がったりしても楽にテレビを視聴できる高さになっています。

高さがないのでお部屋に圧迫感を与えることなく、スッキリとした印象を持たせることができます。価格が割と抑えられるという面もあります。

収納スペースが限られているので、収納面を重視する方には物足りないものとなります。

AV機器も必要最低限のものを置くスペースしか確保できないものが多いので、AV機器にこだわる方は別途AV機器用のキャビネットを用意する必要が出てきます。

広さや間取りにあわせられる伸縮式

伸縮式テレビボード

Amazonで見る

口コミ

1人暮らしですが、リビングの小物たちを1つにまとめたくて安くて収納力のあるテレビ台を購入しました。本当に大きいです笑 板が一枚一枚重いの大変でしたが完成するととても愛着がわきますね。

こちらは、お部屋に合わせて、伸縮できるものとなっており、自分のすきなようにセットできるのが良いところではないでしょうか。

収納も兼ね備えているので、好きなように使いたい人にとてもおすすめなテレビ台です。

おすすめのテレビ台3つの種類と選び方

テレビ台おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方【2019年】

最近は、テレビ台を自分の好きなようにもリメイクしてみたり、お買い得なカラーボックスを買って、自分の好きなように色をつけてみたりする方が多いです。お値段的にもお安くなっておすすめです。

またデザイン製に優れているものもあります。こうすることで、一番自分のイメージにあう部屋にあったものができるのではないでしょうか。

それでは、いくつかのおすすめをご紹介していきます。

おすすめカラーボックス

このカラーボックスを3つ買って、左右においておくと、DVDなどもしっかり収納できます。

めんどうな組み立てもいらないので、おすすめです。

おすすめデザイン重視テレビ台

デザイン製テレビ台

Amazonで見る

口コミ

いろいろなレイアウトが取れるのがとても気に入っています。 しばらく素の状態で使ってみて、棚を増やしたり ネットを貼ったりして使いやすくしてみようと思います。

こちらは、デザイン製が優れていますので、個性を大切にしたい方や、個性を出したいかた、またおしゃれにお部屋を維持したい方にもおすすめです。

スタンド式テレビ台

Amazonで見る

口コミ

55インチのテレビを設置しました。 総合的に安定感もあり悪くはないです

こちらは、会議用など、ビジネスシーンでも使えるようになっています。

会社や、リビングにもおすすめです。

居心地よい空間を目指してみては

上記ご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

テレビを買うにも、テレビ台を買うにも、下調べが必要だったり、自分の疲れない位置はどこなのか、事前に知っておくのはとても大事です。

テレビを見るのは、ほぼ毎日といっていいほど、テレビを見ている時間は長いので、目と首に負担をかけないように、準備してほしいところです。

またおしゃれ重視にしても、デザイン重視でも、普段使う家具との調和も必要かと、そのあたりも参考にしてください。ご紹介してたものがお役に立てると幸いです。

関連記事紹介!

この後に、関連記事をご紹介しておきます。こちらはテレビ台を購入につき、ここだけは読んでおいてほしい記事を上げておきますので、要チェックしてもらえると、より良い買い物ができることでしょう。

家具の配置や、どうやったらきれいな空間作りができるかをご紹介しています。どうしても生活感が出てきますが、それを見せないためにはどうしていけばいいのでしょうか。

これらを駆使して、快適な生活を送ってください。家具の配置が決まると、生活リズムも出てきて、生活に張りがでてくるはずです。

またグリーンや観葉植物、お花を置いてみてはいかがでしょうか。空間にもきれいな空気感ができて、風水的にも、お部屋のあらゆるところに、グリーンをおくことが気を高められるといわれています。観葉植物は悪い気をとってくれる役割があります。

ぜひ挑戦してみてください。

Related