Search

検索したいワードを入力してください

2018年11月21日

電動バイクおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方【2018年】

今回は、電動バイクの特集です。電動バイクはガソリンではなく電気で走行します。電動バイクの種類と選び方、おすすめ電動バイクの人気ランキング、特徴・用途別のおすすめ電動バイク、電動バイクのメーカー(ブランド)を紹介してまいります。

電動バイクおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方【2018年】

電動バイクの種類と選び方

電動バイクおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方【2018年】

電動バイクとは、蓄電(充電)した電気でモーターを動かすバイクのことです。ガソリンで走るバイクと最も異なる点は、モーター音がとても静かで振動が少ないことにあります。

その静音性は自転車と、なんら変わることなく、夜の住宅街でも騒音は全く気になりません。コストもガソリンに比べてはるかに安いのがメリットですが、充電に時間がかかるのが電動バイクの難点です。

電動バイクの種類

電動バイクおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方【2018年】

電動バイクの種類は大きく分けて2つになります。ひとつは子供用のおもちゃ、玩具です。公道でなければ、公園などで免許のない子供(大人)が乗っても大丈夫な電動バイクです。もうひとつは、交通の手段として利用する電動バイクです。

公道を走行可能な電動バイクは、テレビ東京で今人気の番組「充電させてもらえませんか?」で、主役の出川哲朗、ゲスト、ディレクターが乗っているバイクのことです。電動バイクはこの番組のおかげで、周知されるようになりました。本当に走っているのと疑うほど、騒音がでません。その分パワーに欠けますが、いたしかたありません。

電動バイクの選び方

電動バイクおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方【2018年】

電動バイクの生命線は「充電」にあります。電動バイクを選ぶ際は、充電できる環境を選ばなければなりません。駐車場・駐輪場に充電用のコンセントは常設されていないのが現状です。

電動バイク本体から、バッテリーを外して部屋に持ち込んで充電できるタイプであればなんら問題はありません。バッテリーが取り外し可能な電動バイクを選べば、充電のストレスは半減します。

2018おすすめ電動バイク人気ランキングTOP3

2018おすすめ電動バイク人気ランキングTOP3を紹介いたします。ランキング3位と2位は、子どもが乗れるおもちゃとしての電動バイクです。堂々の第1位は、前述した、テレビ東京の人気番組「充電させてもらえませんか?」で出川哲朗が乗っている、あの電動バイクです。

ランキング3位:ロマーナぱでぃんとんオリジナル

電動バイク ロマーナ ぱでぃんとんオリジナル

Amazonで見る

対称年齢3~7歳の電動バイクです。ぱでぃんとんのオリジナルモデルです。重量制限は25kgまでになります。長さ104cm、幅47cm、高さ73cm、重量は9.8kgです。

足元にあるアクセルで作動します。前進・後進もワンタッチで切り替えできます。ヘッドライトも点灯します。状況に応じたサウンド機能も搭載しています。小さなお子様へは最高のプレゼント(おもちゃ)になります。

ランキング2位:Vespa GTS Super

ベスパ(ヴェスパ)と言えば、イタリアのオートバイメーカー、スクーター愛好者にはたまらないブランドです。ベスパは、イタリア語ですスズメバチを意味します。そのスズメバチのベスパが子ども用の電動バイクになりました。スズメバチの羽音も静かです。とてもかっこイイです。

ランキング1位:ヤマハ E-Vino

今、やっと旬を迎えた出川哲朗が「充電させてもらえませんか?」で乗車、大活躍しているのが、ヤマハE-Vinoです。番組ではオレンジタイプのものを使用しています。

ガソリンで駆動するエンジンと電気で動くモーターには、大きな違いがあります。音が静かです。排気ガスがでません。だからマフラーは必要ありません。

特徴・用途別おすすめの電動バイク

電動バイクの魅力を特徴・用途別に紹介します。電動バイクには自転車のような手軽さがあり、近所に出かける際のちょい乗りにも適しています。

エンジンではなく電気モーターで駆動するので、形状はコンパクト、操作方法はシンプルです。折りたたんで、持ち運びが楽なユニークな形状の電動バイクもあります。

自転車のような手軽さ

電動バイクおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方【2018年】

自転車は、人力で駆動し走行する車両、前輪と後輪を有し自らの脚力で駆動可能な乗り物と定義されています。英語では、bicycle、bikeと綴られ、「二輪」を意味します。電動バイクは、モーター駆動のため、充電さえしっかりできていれば自転車のように手軽に利用することができます。

ちょい乗り

電動バイクおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方【2018年】

公道を走るための電動バイクは、原付免許(普通自動車免許)が必要です。公道でなければ、免許のない子供も大人もライドできます。電動バイクの魅力は、充電さえしっかりしてあれば、ちょい乗り感覚で使用(利用)できるところです。

シンプルコンパクト

電動バイクおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方【2018年】

電動バイクは、ガソリンで駆動するエンジンとは違い、電気を利用するモーターを搭載しているために、その形状はコンパクトになり、操作方法はシンプルになります。自転車のように手軽に、ちょい乗りするのに適しています。

ユニークな形

電動バイクおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方【2018年】

自転車に限らず、電動バイクも盗難の危険に常にさらされています。駐輪場に置いておくと、いつ盗まれるか分からない、という心配がついて回ります。自転車にはすでにありましたが、折りたたんで、楽に持ち運べて、自宅に収納できる「折りたたみ式電動バイク(後述)」も登場しました。とてもユニークな形をしています。

おすすめの電動バイクメーカー3つと代表製品

おすすめの電動バイクメーカー、正確には取扱い企業を含む3社、そして代表製品を紹介します。ミズタニ自転車株式会社、BLAZE、株式会社トレジャーハンティングの企業情報とその代表製品です。

ミズタニ自転車株式会社

ミズタニ自転車株式会社は1924年創業、1947年に創立されました。本社を東京都足立区に置きます。

(株)シマノの自転車部品の国内代理業務、国内自転車部品・付属品・アクセサリーなどの卸・販売、輸入自転車・輸入自転車部品・アクセサリーなどの代理店業務、自転車の企画・卸売業務を行っています。

<スーパーアメリカンニューパイソンV-NP>

ミズタニ電動バイク スーパーアメリカンニューパイソンV-NP

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

この度は素晴らしいミニ電動バイクご提供有難うございました。私どもの家には多くの来訪者が訪れますが皆さん感心して見て触れて笑顔でビール🍺が進むと喜んでいます。

ミズタニ電動バイク スーパーアメリカンニューパイソンV-NPの対象年齢は3歳~7歳です。前進とバックはワンタッチで切り替えができます。その際は、サウンドが補助してくれます。ヘッドライトはメッキで、ボディーはメタリック塗装が施されています。

BLAZE

BLAZEは、2002年に設立された次世代のEV(electric vehicle=電気自動車)ブランドを開発する企業です。本社を名古屋市中川区に置きます。

新車・中古車・輸入車の販売、ネクストキャンパー(未来のキャンピングカー)・ネクストクルーザー(夢のクルーザー)EVの企画・開発・販売を手がけ、車検・修理・鈑金・各種保険業務も行っています。

<BLAZE SMART EV >

BLAZE 電動バイク 折りたたみ型 (ナンバー取得付き) ホワイト

¥ 179,280

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

181cm、85kgの私ですが、都心の急坂エリアで17〜8kmは走れます。軽いので部屋で保管しています。保管は専用スタンドが高いので、洋服掛けに引っ掛けています。

BLAZEのSMART EVは、折りたたんで、楽に収納できる電動バイクです。大容量のリチウムイオンバッテリー搭載により、上り坂でもパワーを発揮します。フル充電で30kmほどの走行が可能です。家庭用コンセントから充電ができます。

カラーはホワイトの他に、カーキ、ブラック、ワインレッドの4種類から選べます。公道を走行できるので、原付免許(普通自動車免許)が必要になります。

株式会社トレジャーハンティング

静岡県駿東郡長泉町にある株式会社トレジャーハンティングは、Razor社の電動モトクロスバイク、電動式キックボード(スケーター)、電動カート(簡単な構造の電気自動車)などを取り扱っています。「株式会社トレジャーハンティング」には、同じ法人名が数社存在しますので注意してください。

<Razor 電動式モトクロスバイクMX350>

Razorレイザー製 電動式モトクロスバイクMX350【正規輸入品】

Amazonで見る

Razor社の電動式モトクロスバイクは、対象年齢13歳以上、体重は63.5029kg未満に制限されています。24Vのバッテリーは同梱の充電器を使用します。最速22km/hまでの加速が可能です。公道での乗車はできません。モトクロスに憧れるお子様が、最初にライドするのに適した製品です。

電動バイクの使い方

電動バイクおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方【2018年】

EVはElectric Vehicleの頭文字で、日本語では電気自動車と訳されます。EVは、近年の地球温暖化や資源節約(エコ)、環境破壊問題への関心により、注目を集めています。ガソリンと電気を上手に使い分ける、人類の「知恵」が試される時期を迎えました。

電動バイク(EV)のこれからに、期待しましょう!

電動バイクおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方【2018年】

電動バイクは、走行中にCO2を出さないため、地球温暖化防止の一助になります。深夜電力を利用して充電すれば、エコにもつながります。電動バイクのランニングコスト(燃費)は、ガソリンで走るバイクの比ではありません。今こそ、地球のこれからを真剣に考える時です。電動バイクのこれからに大いに期待しましょう。

Related