Search

検索したいワードを入力してください

2017年12月26日

マットレスおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類【2018年】

質の高い睡眠をとると、翌朝の目覚めがすっきりします。前日の疲れがなくなり、気分もリフレッシュ。そんなさわやかな朝をスタートするためには、睡眠環境を整えることが重要です。睡眠の質に不満がある方は、お使いのマットレスを見直してみてはいかがでしょうか。

マットレスおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類【2018年】

マットレスの種類と選び方

マットレスおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類【2018年】

ぐっすり眠って一日の疲れをリセットするためには、体に合ったマットレスを使う必要があります。どんなマットレスがいいのかを知るために、まずはマットレスの種類と選び方をご紹介します。

マットレスの種類

マットレスおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類【2018年】

ひと口に「マットレス」と言っても、色々な種類があります。使用されている芯材によって区別されますが、代表的なものをいくつかご紹介します。

低反発マットレス

発泡ウレタンを使用した、柔らかい寝心地のマットレスです。重みを吸収し、反発力が弱いのが特徴となります。体のラインに合わせてフィットするので、体圧分散効果に優れています。包み込まれるような優しい寝心地がお好みの方におすすめです。

高反発マットレス

素材としてはウレタン、EVA樹脂やポリエチレンを使用したものが多く見られます。体を横たえると下からしっかり支えられるので、体が沈み込みすぎることがありません。寝がえりを撃ちやすく、寝心地は固めです。素材によっては丸洗いできるものもあり、扱いやすく通気性が良いのが特徴です。季節を問わず衛生的にマットレスを使用したい方におすすめです。

ポケットコイルマットレス

こちらはバネを使用した、スプリングタイプのマットレスです。ポケットコイルマットレスでは、使用されているバネが一つ一つ独立しているのが特徴です。それぞれが自在に動くため、体を横たえた時に「面」ではなく「点」で全体を支えてくれます。

バネが独立しているため、体の中でも重たいおしりや腰部分と軽い足部分では沈み方が異なります。部位に合わせて支えてくれるので、体全体が沈み込んでしまうことがありません。体へのフィット感が高く、快適な寝心地です。

ボンネルコイルマットレス

こちらは使用されているバネが連結されているスプリングタイプのマットレスです。ポケットコイルマットレスは「点」で体を支えていたのに対し、ボンネルコイルマットレスは「面」で体を支えます。バネが連結されているので、支える力が強く、硬い寝心地です。重たいおしりや腰回りも沈み込まないので寝返りが打ちやすく安定感があります。

ラテックスマットレス

ゴムを原材料としたマットレス。天然ゴムの含有量が80%以下なら「合成ラテックス」、80%以上なら「天然ラテックス」、100%なら「天然ラテックス100%」と記されます。ラテックスの比率が高いほど良いものと考えられます。マットレスを処分するときも有害な物質を発生させないので環境にも優しい素材です。

体あたりがやさしいけれど、適度な反発力があるので体圧をきちんと分散させてくれます。さらに体をしっかり支えてくれるので、寝返りも打ちやすく質の高い睡眠を得ることができるでしょう。防虫・殺菌効果にも優れています。

マットレスの選び方

マットレスおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類【2018年】

マットレスの種類をざっと見てみました。ここでは、自分にピッタリのマットレスを選ぶためのポイントをご紹介します。

寝心地で選ぶ

マットレスを決める際、重要なのは寝心地です。寝心地に大きく関係するのがマットレスの素材。使用されている中材によって、マットレスの硬さが異なるため、寝心地も全く異なるものとなります。

柔らかい寝心地が好みの人

体全体を包み込まれるような気分で眠りたいなら、おすすめは「低反発」マットレスです。またはポケットコイルマットレスもおすすめです。

硬い寝心地が好みの人

安定したしっかりとした寝心地をお求めの方は、高反発マットレスやボンネルコイルマットレスがおすすめ。体を支える力が強く、マットレスに体が沈みすぎることがありません。寝返りも打ちやすく質の高い睡眠を得ることができます。

腰痛・背中痛のある人

腰痛や背中痛など、体に痛みがある人は、「寝姿勢」に注意する必要があります。腰痛や背中痛を悪化させないようにするために、重要なのは「体の負荷を分散すること」です。特に腰痛の場合、腰部が沈み込んでしまうマットレスですと腰部に負荷が集中し、腰痛が悪化する恐れがあります。そのため体に痛みのある人は反発力が高く、体を押し返す力が強いものがおすすめです。

ただし、反発力が強すぎるとマットレスと体が接する部分が少なくなってしまいます。体重はマットレスと体が接する部分に集中してしまうので、その部分の負担が大きくなってしまいます。体に痛みのある方は、体が沈み込みすぎず、適度に反発するマットレスがおすすめです。腰痛・背中痛などがある人は、ポケットコイルマットレス、適度な高反発マットレスがおすすめです。

マットレスおすすめ人気ランキングTOP3

マットレスおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類【2018年】

数あるマットレスの中でも、特に人気が高く注目したいマットレスをランキング形式でご紹介します。マットレス選びにお悩みの人はぜひチェックしてみて下さい。

第3位 エアウィーヴ スマートZ シングル マットレス

エアウィーヴ スマートZ シングル マットレス

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

かなり良いです!高反発のマットレスは、あまり体を沈み込ませずに適度にホールドしてくれるので、絶妙な寝心地です。

おすすめポイント
・体圧分散効果が高い
・通気性が良い
・コンパクトに収納できる

適度な反発力を持っているので、体を横たえた時に負荷が偏ることがありません。効率的に体圧を分散し、快適な寝心地を実現します。中材に使用されている「エアファイバー」は、90%以上が空気。通気性に優れ湿気を籠らせないので、オールシーズン快適な使用感をキープすることが可能です。

また、マットレスパッドの中まで水洗いできるので、ダニやホコリなど気になる汚れをため込みません。収納したい時は三つ折りでコンパクトにたためます。ホテルや旅館など一流のサービスが求められる場所でも愛用されているおすすめマットレスです。

サイズ:幅 約100×長さ 約195×厚さ 約9cm
中材: ポリエステル 100%

第2位 ブリジストン スーパーハード四層敷布団

ブリジストン スーパーハード四層敷布団

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

二度購入しました。固いフローリングの床に直に敷いても本当に寝心地が良いです。

おすすめポイント
・両面使用可能で、好みの寝心地が選べる
・へたりにくい
・三つ折り収納でコンパクト

敷き布団、とありますが厚さがあるのでベッド用マットレスとしてもおすすめです。適度な反発力を持ち、体をしっかり支えてくれます。片面はスーパーハードな寝心地、もう片面はソフトで柔らかめの寝心地です。好みや体調に合わせて使用面を変えることができます。横向き寝、うつぶせ寝の人は柔らかい面の使用がおすすめです。

サイズ:幅100×長さ200 厚さ約8㎝
重さ:6kg
中材:ウレタンと中綿

第1位 マニフレックス フラッグFX シングル

マニフレックス フラッグFX シングル

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

初めて寝転んだ時は、気持ちよさのあまりそのまま寝てしまいました。

おすすめポイント
・しっかり体を支える適度な反発力
・へたりにくい「エリオセル」を芯材に使用
・12年間の長期保証つき

マニフレックス独自のウレタン素材「エリオセル」を使用したおすすめマットレスです。芯材の「エリオセル」18㎝を中心に、ソフトな感触の「エリオセルMF」2㎝を上下に挟むように配置した三重構造になっています。しっかり体を支えつつも、肌当たりは柔らかく快適な寝心地です。

エリオセルは通気性にも優れているので、季節を問わず快適に使用することができます。また、12年間もの長期保証がついているので安心。厚みはあるのにスプリング不使用なので、軽量です。女性でも扱いやすいおすすめマットレスです。

サイズ:約W100×D195×H22cm
本体重量:約20㎏
芯材:エリオセル

特徴・用途別おすすめのマットレス

マットレスおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類【2018年】

快適な眠りのために、マットレス選びはとても重要です。腰痛がある、低反発マットレスが欲しいなど具体的なお悩み・ご希望のある人のために、目的や用途別のおすすめマットレスをご紹介します。

腰痛のある人におすすめのマットレス

腰痛のある人がマットレスを選ぶ際は、気をつけたいポイントがいくつかあります。腰痛を悪化させないためにも、腰部に負担をかけないマットレスがおすすめです。

・体圧分散効果が高い
・適度な反発力を持つ
・底つき感がない

腰痛がある場合、睡眠中の姿勢が重要です。理想的なのは「立ち姿勢」のまま眠る事。腰部に一番負担が少ないのは「立ち姿勢」であり、これをキープすることで腰部への負担が軽減されます。

また、理想的な姿勢をキープするためには、ある程度の硬さが必要になります。体全体をしっかり支え、沈み込みが少なく体圧分散効果が高いマットレスがおすすめです。さらに、適度な反発力で寝返りをサポートし、眠った時に体が床面に当たる感じがない、しっかりしたマットレスを探しましょう。

昭和西川 ムアツベーシック

ムアツ ベーシック

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

腰痛持ちの主人の為に買いました。朝、起きる時のアイタタタの声がなくなりました!

おすすめポイント
・特殊構造で高い体圧分散効果
・適度な反発力
・お手入れ簡単

タマゴを縦に置いて並べたような凸凹構造のおすすめマットレスです。側面の凸凹が点で体を支え、優れた体圧分散効果を実現しています。体の中でも重たい腰部、おしりまわりをしっかりサポートする適度な反発力があります。

通気性が良く、蒸れにくいので一年中快適に使用することが可能です。マットレスを干す必要もなく、気になる時はマットレスを起こして立てておけば湿気は発散されます。

サイズ:910mm×1950mm×厚み90mm
中芯ウレタンフォーム

安い・コスパがいいおすすめマットレス

マットレスを探しているけれど、あまりこだわりはないという人や、とりあえずコストと品質のバランスの良いものなら何でもOKという人におすすめのマットレスを見てみましょう。

・中材
・底つき感がない

いくら値段が安くても、すぐに品質が低下したり、へたってしまうマットレスを購入しても意味がありません。中材が悪かったり、あまりに厚みがないものですと底つき感がひどく、快適に眠ることができません。また、湿気や熱がこもってしまうマットレスも寝心地が悪いので、避けた方が無難です。

アイリスオーヤマ バランスマットレス

アイリスオーヤマ バランスマットレス

¥ 3,780

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

ふかふかで、腰が当たる部分は少し硬めで腰痛の人にも優しいです。また、厚すぎないので熱がこもり暑すぎたりもしません。

おすすめポイント
・頭部・腰部・脚部で異なった中材使用
・いつもの布団の下に使用できる
・底つき感がない


体の中でも一番負荷が大きく沈み込みやすい腰部やおしりまわりが当たる部分には固めのウレタンフォームが使用されています。頭部や足部には柔らかく肌当たりのよい中材を使用しています。

バランスのとれた快適な寝心地が叶うでしょう。いつも使用している布団の下にプラスするタイプなので、設置も簡単です。底つき感がなく、しっかりと安定した寝心地です。

サイズ:約90×奥行約195×高さ約4㎝
重さ:1.4kg

直置きできるおすすめマットレス

1人暮らしでワンルームにお住まいの人などは床に直置きできるマットレスがおすすめです。

・収納しやすい
・適度な硬さがある

床に直置きできるとはいえ、置きっぱなしというわけにはいきません。ですからマットレスは収納しやすいタイプがおすすめです。また、床に直置きするので柔らかすぎるものは底つき感が強くおすすめできません。適度な硬さがあるものを選びましょう。

トゥルースリーパー プレミアムケア 布団タイプ

トゥルースリーパー プレミアケア 布団タイプ

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

フローリングに敷いて寝る敷布団を探してたどり着きました。少しボヨンとなりますが無事三つ折りにたため押入れに収納可能でした。

おすすめポイント
・三つ折り収納可能
・二層式で底つき感なし

朝晩の使用時に出し入れしやすい、三つ折り可能なおすすめマットレスです。限られたスペースでもコンパクトに収納することが可能です。

また、床に直置きしても底つき感のない「二重構造」を採用しており、上部層は優しい肌あたりで包み込んでくれる「低反発素材」を使用しています。床に当たる下部層には固めのウレタンフォームを配置しています。ダブルレイヤー加工で、底つき感がありません。快適な眠りを実現します。

サイズ:縦195×横90×高7cm

ラテックスのおすすめマットレス

マットレスの新素材として注目されているラテックス。気になる新素材マットレスを購入する際に気をつけたいポイントはこちらです。

・天然ラテックスの割合
・弾力性

ラテックスは低反発でも高反発でもない、「正反発」と言われる適度な反発力を持っています。ラテックスの実力を十分に感じるためには、「天然ラテックス」の含有量が多いものがおすすめです。ラテックスのマットレスを購入する際は「天然ラテックスかどうか」「割合はどのくらいか」に注目しましょう。

body doctor マットレス

body doctor マットレス

¥ 73,440

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

体重が85kgと重いため、底付き感がないかが一番心配でしたが、そんなこともなく、まるで雲に寝ているような感覚で幸せです。

おすすめポイント
・天然ラテックス100%使用
・適度な弾力性
・通気性が高い

ラテックスマットレスの中でもかなりの高品質といえる、「天然ラテックス100%」のおすすめマットレスです。適度な反発力で理想的な寝姿勢をしっかりキープしてくれるので、負担なく眠りに就くことができます。

表面は柔らかく優しい肌当たりながら、しっかり体を支える安定感も持ち合わせています。多孔構造で通気性が高く、湿気を籠らせないのでいつでも快適に使用できるでしょう。

サイズ:195×97×11cm
中材:天然ラテックス

高反発のおすすめマットレス

硬い寝心地がお好みの人は、高反発マットレスがおすすめです。気をつけたいポイントはこちらです。

・反発力が適度なものを選ぶ
・寝心地はどうか

体をしっかり支えてくれるので沈み込みがなく、安定した寝心地です。ただしあまりに硬質なものは、体との接点が減少するため、マットレスと体が触れる部分に体圧が集中してしまいます。部分的な負荷が増大する上、血流の流れも悪くなってしまうので、ほどほどの硬さがおすすめです。

男の高反発Z

口コミ

今まで使用してたマットレスのなかで一番かも。長時間使用しても凹まなかったです。

おすすめポイント
・竹炭入りで消臭効果アリ
・高密度高反発
・三つ折りでコンパクトに収納可能

硬めの寝心地がお好きな人におすすめの高反発マットレスです。就寝時の臭いを軽減してくれる竹炭入り。夏場など、皮脂や汗が気になる季節でも快適な使用感となります。マットレスの硬さを示す単位「N(ニュートン)」は225。通常のマットレスよりも硬めの仕様です。

さらにウレタン密度が高いのでへたりにくく、体をしっかり支えてくれるので底つき感がありません。優れた体圧分散効果を持ち、寝返りも打ちやすいので腰痛の人にもおすすめです。

サイズ:幅97x長さ195x厚み10cm
重量: 5.3kg
中材:高反発ウレタン

柔らかいおすすめマットレス

包み込まれているように柔らかい寝心地が好き、という人は低反発マットレスがおすすめです。気をつけたいポイントはこちらです。

・体が沈み込みすぎない

体の重さに合わせて柔らかく形を変え、体型にフィットして包み込んでくれます。ただしあまりに体が沈み込みすぎるものは寝返りが打ちにくく動きにくいのでほどほどの低反発がおすすめです。

テンピュール フトン シンプル

テンピュール フトン シンプル

¥ 41,040

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

テンピュール布団に変えてからは目覚める事なく朝までぐっすり眠れる様になりました。

おすすめポイント
・低反発素材で優しい寝心地
・和洋を問わないシンプルなスタイル
・2年の保証期間つき

NASAの公認を受けた唯一の寝具ブランド「テンピュール」の低反発マットレスです。マットレスに体を横たえると、溶け込むように体のラインがフィットします。包み込まれているような、優しい寝心地です。

体圧分散効果に優れているので、体の一部分に負荷が集中する事がありません。腰痛などでお悩みの方も安心のサポート感を味わえます。2年間の長期保証付きです。

サイズ:幅95×長さ195×厚さ6cm
重量:6.9kg

サイズ別おすすめのマットレス

マットレスおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類【2018年】

ここでは、大きいサイズをお捜しの人に、ダブルサイズのおすすめマットレスをご紹介します。

ダブルサイズのおすすめマットレス

シーリー アネット マットレス

おすすめポイント
・世界の「シーリー」製
・シーリー独自の「ポイスチャーテックコイル」使用
・ソフトな寝心地の「ピロートップ」仕様

世界中の高級ホテルで使用されている、ラグジュアリーブランド「シーリー」のマットレスです。シーリー独自のスプリング「ポイスチャーテックコイル」を使用し、体の凸凹や凹凸に合わせて反発力を調整してくれます。二人寝でもそれぞれに最適の寝心地が実現します。

マットレスのトップ部分には柔らかい素材が詰め込まれているので、横たわった時の肌当たりがやさしく、包み込まれるような快適さです。安定感と安心感に包まれて眠ることができます。

W1.410×L1.950×H310mm

おすすめのマットレスのメーカー・ブランド3つと代表製品

マットレスおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類【2018年】

寝具ブランドはたくさんあります。どれを購入したらいいか迷ってしまうという人は、人気ブランド・メーカーのマットレスを検討してみてはいかがでしょうか。人気の高さにはそれなりの理由があります。マットレスのおすすめメーカー・ブランド3つと、おすすめの製品をご紹介します。

昭和西川

日本を代表する寝具メーカー「西川産業」の中からおすすめしたいのが「昭和西川」です。人気の「ムアツシリーズ」はホテルや旅館、医療機関など幅広く使用され、多くの愛好者を持っています。

ムアツ PLATINUM

おすすめポイント
・畳・フローリングに直置きできる
・優れた体圧分散効果
・3フォーム構造で快適な寝心地

昭和西川の「ムアツシリーズ」の中でも、最もハードな寝心地のマットレスです。体が大きい人でも、しっかりした安定感を得ることができます。

マットレスの表面は凸凹のウレタンを使用し、体全体をおよそ1300もの「点」が支える仕組みです。3フォーム構造で、最上層は凸凹なつくりで体をしっかり支えます。中間層はD型のポケットがついており、効率よく体圧を分散、最下層は固めのつくりで、かかる体圧をしっかりと受け止めてくれます。

サイズ:W97×L200×H9cm
重量:約7.0Kg

マニフレックス

1962年創業のイタリアン・寝具ブランドです。愛用者は世界90カ国、3500万人にもおよびます。マニフレックスの特徴は、次世代高反発フォームと言われる「エリオセル」です。それまでのスプリングマットレスに比べて扱いやすく、廃棄しても環境に悪影響を及ぼしません。マニフレックス全ての製品にこの「エリオセル」が使用されています。

マニフレックス レオナルド

マニフレックス レオナルド

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

使えば使うほど、効果があるような気がします。お尻は、程よく沈むのですが、腰は、支えられてる感じがしてとても楽に寝る事が出来ます。

おすすめポイント
・次世代高反発フォーム「エリオセル」使用
・コンパクトに収納できる三つ折りタイプ(日本限定)
・10年の長期保証つき

肌に当たる部分にはソフトなエリオセル、床に面する部分にはハードなエリオセルを使用した2重構造のおすすめマットレスです。体を横たえても沈み込みすぎないので、一部に体圧が集中するのを防ぎます。体をしっかり支えてくれるので、寝返りも楽々です。血流の停滞を防ぎ、快適で質の高い睡眠を得ることができます。

安心の10年長期保証付きです。

サイズ:約W97×D198×H11cm
重量:約7㎏

フランスベッド

フランスベッドの前身である「双葉製作所」時代に日本初の折りたたみ式ベッドを販売しました。1961年に社名を「フランスベッド」に改め、日本発の西欧風寝具を生産・販売しました。フランスベッドは徹底した「日本製」にこだわっているのがポイントです。高品質で日本人のために開発されたマットレスは多くの人に支持されています。

フランスベッド デュラテクノ

フランスベッド デュラテクノ

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

今回、思い切ってスプリング式でこの商品にしてみました。使用感はやはりスプリング式マットレス硬すぎず柔らかすぎず、90kg以上の私でも安心して使用しています。

おすすめポイント
・新型スプリング「デュラテクノ」採用
・安定感のある高反発
・衛生的

フランスベッド独自のスプリング「デュラテクノ」を搭載したマットレスです。スプリング部分は高密度連続構造。体全体をしっかり支え、理想的な寝姿勢をキープしてくれます。

肌にふれる表面部にはキルティング素材を使用しているので、肌当たりが柔らかくなめらかです。保温性、耐久性にも優れています。

スプリングタイプのマットレスなので通気性がよく、熱や湿気を籠らせません。また、衛生と環境に配慮した証である「衛生マットレス」の基準を満たしていますので、衛生面が気になる人にもおすすめです。

安心の2年保証付きです。

サイズ:幅×長さ×マット高(mm) 970×1950×190

マットレスの使い方・活用方法

マットレスおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類【2018年】

快適な眠りを提供してくれるマットレス。専ら室内で使うのみかというと、そんなことはありません。キャンプで、車中泊で、など屋外での眠りも快適にしてくれます。車やテントなどで使用できるおすすめマットレスをご紹介します。

FIELDOOR 車中泊マット 10cm

FIELDOOR 車中泊マット

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

展開すると勝手に厚みが出てきてしっかりとした腰のあるマットレスになるし、収納もくるくると丸めるだけ。これ考えた人は天才ですね。良い商品です。

おすすめポイント
・優れた携行性
・バルブを開くだけでセッティングできる
・高密度ウレタンフォーム使用で快適な寝心地

収納時は小さくまとまっているので、キャンプや車中泊でも荷物になりません。持ち運びに最適な収納バッグがついているので、携行性抜群です。セッティングはバルブを開くだけです。

自然にマットレスが広がっていくので、余計な手間がかかりません。完全に膨らんだらバルブを閉めて終了です。収納は使い終わったら空気を抜いて丸めればコンパクトにまとまります。

中材には高密度ウレタンフォームが使用されているので、よくあるエアーマットレスのような不安定さがありません。快適な寝心地で、アウトドアだけではなく急な来客や緊急避難時にも有益で、おすすめです。

サイズ (約)195cm×60cm×10cm
重量 :(約)2.8kg

マットレスにおすすめのすのこ

マットレスおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類【2018年】

マットレスがじめじめしていると、快適に眠る事ができません。マットレスの通気性が気になるという方はマットレスの下にすのこを使用するのがおすすめです。マットレスを快適に使用するためのお助けアイテム、すのこのおすすめをご紹介します。

帝人 ダブルインパクトすのこ

帝人 ダブルインパクト すのこ

¥ 6,449

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

手軽に扱えます。定期的に干してはいますが、ほすのをサボっても、マットレスの湿気感もなく、重宝しています。

おすすめポイント
・高い通気性を持つ高吸湿素材使用
・高い耐久性
・軽量・コンパクト

木製のすのことは異なり、マットレスに当たる面に「帝人ベルオアシス」を使用しています。「帝人ベルオアシス」は高吸水・高吸湿の特別な繊維です。湿気を吸収し、ダニやカビの繁殖を防ぎます。寝汗も吸い取ってくれるので、マットレスの衛生・快適性をキープできます。軽量でコンパクトなので、お手入れも簡単です。

サイズ:厚さ:約1.5cm/広げた状態:幅約100×奥行約205

快適なマットレスで極上のベッドタイムを過ごそう

マットレスおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類【2018年】

人間の一生のうち、およそ1/3は睡眠時間です。大切な時間を質の高いものにするためにも、体を横たえるマットレス選びは重要なポイントになります。最高のマットレスがあれば、質の高い睡眠をとり、次の新しい一日のパワーを蓄えることができます。ベッドタイムを有意義にするためにも、自分にピッタリのマットレスを見つけましょう。

Related