Search

検索したいワードを入力してください

2018年01月15日

テレビ台のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類【2018年】

テレビ台はリビングのメイン家具です。そんなテレビ台の種類や選び方のポイントをご紹介します。また、特徴別に見たテレビ台のおすすめ商品、テレビ台を扱う主なメーカーの概要とメーカーおすすめ商品、テレビ台の活用方法などを解説していきます。

テレビ台のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類【2018年】

テレビ台の種類と選び方

テレビ台のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類【2018年】

お家の中でテレビ台はリビングの中心にあったり、家具の中でもサイズも大きく存在感のあるアイテムです。そんなテレビ台を見直すだけでお部屋の雰囲気もガラリと変わります。では、テレビ台を選ぶ際にどのようにすればお部屋にあった理想のものを探せるのでしょうか。それらを解説していきます。

テレビ台の種類

テレビ台はおおまかにいくつかの種類に分けられます。

ハイタイプのテレビ台

きちんとした定義はありませんが、だいたいテレビ台の高さが50cm以上のものをハイタイプのテレビ台と扱うところが多いです。ハイタイプのテレビ台には、テレビ台の下にも上にも収納機能がついているものもあれば、シンプルにテレビのみを支える支柱がついているものなどがあります。

テレビは高い位置にありますので、ソファーに座って見たりリビングに座ってみたりするのに適しています。また、インテリアとしても存在感があるため、部屋に一体感を持たせることもできます。

ロータイプのテレビ台

一般的にはテレビ台の高さが50cm以下のものを差します。コンパクトなものから大きな物までサイズはさまざまで、お好みによって選べます。高さがないため、部屋に圧迫感がありません。寝ころんでテレビを見たり、一人暮らしの家におすすめです。

伸縮タイプのテレビ台

お部屋の模様替えやテレビの大きさによってテレビ台のサイズや形を変えられるタイプのテレビ台です。幅を変えられるものもあれば、レイアウトを変えられるものもあります。引っ越しが多い方や模様替えが好きな方におすすめです。

コーナータイプのテレビ台

お部屋の角に置くタイプのテレビ台です。デッドスペースを有効利用できます。ただ、コーナー以外に置くのは難しく決まった位置になってしまうのがデメリットです。一人暮らしや狭い空間にはおすすめです。

テレビ台の選び方

テレビ台のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類【2018年】

テレビ台を選ぶ際のポイントをいつくか紹介します。

テレビ台の大きさで選ぶ

一番大まかなポイントはテレビ台の大きさです。

小型

横幅が1メートル以下の小さなサイズです。一人暮らしや小さなリビングにおすすめです。プライベートなお部屋に置いたり作業場に置いたりするときに便利です。ある程度の大きさのリビングでもテレビのサイズが小さい場合は、小型のテレビ台でも充分です。小型のテレビ台はシンプルなものを選ぶことによってインテリアとして主張することもありません。

中型

横幅が1.5メートル以下くらいのミドルサイズのテレビ台です。ファミリー層のリビングやテレビのサイズが中型くらいのお家におすすめです。テレビより少し大きめを選ぶことによって安定感があり、空いたスペースに他のインテリア小物を置いたりできます。収納がついていれば、DVDやゲームカセットも整理整頓できて便利です。

大型

大型テレビを置く方におすすめです。サイズが大きくなればなるほど家具としての存在感が大きくなりますので、インテリアに合わせて選ぶことをおすすめします。収納部分も大きくなりますので、周辺機器やオーディオなど一括管理が可能です。テレビを置くだけではなく、リビングのメイン家具として本棚やDVDやCDなど全てをまとめるのも良いでしょう。

タイプで選ぶ

テレビ台にもさまざまなタイプがあります。

伸縮タイプ

テレビ台の横幅や簡単なレイアウトが変えられるテレビ台です。スライド式になっているものや、分離して使えるものもあります。自由に幅を変えることが可能なので、テレビの大きさが変わっても対応できます。また、部屋の模様替えをしたときでも、ディスプレイが変えられるタイプならば対応できます。変化を楽しみたい方におすすめのテレビ台です。

コーナータイプ

お部屋のコーナーに設置するタイプのテレビ台です。スペースの有効利用が可能です。一人暮らしや小さな作業場、オフィスの休憩室などにおすすめです。ただ、コーナー以外使い勝手が悪くなってしまいますので注意しましょう。

ローボードタイプ

オーソドックスなタイプのテレビ台です。シンプルな形状でテレビ台の下部に収納機能がついており、DVDプレーヤーやゲーム機なども置くことができます。材質やカラー、デザインなど豊富なラインナップがありますのでお好みに合わせて選ぶことが可能です。また、横幅の長さによって、収納の大きさも変わりますのでそれも合わせて考慮して選びましょう。

壁面収納タイプ

壁一面が収納棚になっており、部屋と一体化するタイプです。中にはテレビを置いて扉を閉め隠せるタイプもあります。ホテルなどによく使用されています。テレビを普段隠しておきたい、高い位置にテレビを配置したい方におすすめです。壁面にはめ込むので、部屋全体の雰囲気も変わります。

壁掛けタイプ

壁にテレビを掛けるタイプです。テレビ台という概念はなくなりますが、テレビを設置するという意味では同じになります。家具を置くスペースが必要ないため、部屋の空間が広がります。寝室などにもこのタイプはおすすめです。

高さで選ぶ

テレビ台の高さは重要です。テレビを見る目線は30cm~50cm下あたりになるのが良いとされています。その高さは一番目が疲れにくいと言われているからです。テレビを見上げて見ると肩凝りの原因にもなります。そのため、テレビ台を選ぶ際に高さは重要です。

ソファーに座ってみるのか、ダイニングにあるチェアに座ってみるのか、カーペットの上に座って見るのかで高さも変わってきます。テレビの高さが気になる方は、テレビ台の高さが変えられるアジャスター式の脚がついたテレビ台をおすすめします。

幅で選ぶ

テレビ台を選ぶ際には、テレビの幅を確認しなくてはなりません。一般的にテレビの大きさからみた幅のサイズは下記となります。

テレビ台の大きさテレビの幅
30V型約64cm
42V型約96cm
47V型約107cm
50V型約113cm
58V型約130cm

テレビの幅とテレビ台がピッタリだと安定感が悪くバランスが取れません。テレビより少し大きめの幅のテレビ台が一番落ち着いた印象となります。例えば42V型のテレビの幅は96cmなので、100cm以上のテレビ台がおすすめです。

テレビ台には収納箇所もついていますので、ゲーム機やAV機器の大きさも考慮しましょう。また、本体だけではなくDVDなども一カ所に収納できると便利です。また、テレビ周辺は静電気も多く埃が集まりやすい場所ですので、扉がついていると精密機器を保護できます。

耐荷重で選ぶ

テレビ台のサイズだけではなく、必ず耐荷重も確認することをおすすめします。テレビの重量、設置するAV機器など全ての重量が耐えられるか表示を確認します。

収納力で選ぶ

テレビ台の周りにはゲーム機やDVDレコーダーなど、一緒に入れておけば配線なども便利です。それらのサイズや容量も考えて選ぶことをおすすめします。また、他の小物を片付けたり、リビングに常備しておきたいものを入れておくと便利です。テレビ台の上も余裕のあるサイズを選ぶことで、写真立てを置いたり花を飾ったりとアイデア次第でお部屋のコーディネートも可能です。

機能性で選ぶ

テレビ台でも扉がついているもの、引き出しがついているもの、キャスター付きのものまで機能性が異なります。キャスター付きなら模様替えや掃除をする場合に便利です。

デザインで選ぶ

カラーや形状、材質など、テレビ台によってさまざまなタイプのものがあります。インテリアに合わせても良いですし、大型のテレビ台ならば、それをメインにして他のインテリアを合わせていくのもおすすめです。テレビ台にはアンティーク風、スタイリッシュタイプ、ポップタイプなどありますので好みに合わせても選べます。

価格で選ぶ

テレビ台を選ぶ際に予算も重要です。高級なものからリーズナブルなものまでありますので、予算にあったテレビ台を選びましょう。大型になればなるほど値段も高くなりますが、その他の収納家具を一緒に買うと考えれば、安く済む場合もあります。それぞれの予算にあった選び方でチョイスしましょう。

テレビ台おすすめ人気ランキングTOP3

テレビ台の人気ランキングを紹介します。

第3位:「山善(YAMAZEN) テレビ台 幅112 ダークブラウン YWTV-1130」

山善(YAMAZEN) テレビ台 幅112 ダークブラウン YWTV-1130

¥ 4,818

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

家族がテレビ台が欲しいということで購入しました。 特に問題もなく満足しているようです。

デッキ収納棚つきのロータイプのテレビ台です。42型テレビまで対応しています。高級感のある木目のようなデザインとなっています。シンプルなものをお求めの方におすすめです。

第2位:「LOWYA(ロウヤ)テレビ台 キャスター付 コンパクト ~42型対応」

LOWYA (ロウヤ) テレビ台 充実収納 キャスター付き コンパクト ~42型対応

Amazonで見る

口コミ

40インチのテレビの前にバースピーカー、下の棚にPS4、BDレコーダー、サブウーファーが収まりました!他にも安いテレビ台は有りましたがサブウーファーが収まるサイズがなくやっと見つけました。

横幅が56cmとワイドなため、DVDプレーヤー、ブルーレイディスクなど3台並べて収納可能です。フロントにある棚板はすべて可動式なので入れる物によって変更でき無駄なスペースがありません。全てのオーディオ機器などをまとめて収納したい方におすすめです。

第1位:「Fitueyes テレビスタンド 32~50インチ対応 壁寄せテレビスタンド」

Fitueyes テレビスタンド 32~50インチ対応 壁寄せテレビスタンド

Amazonで見る

口コミ

値段品質ともに良いと思います。個人的には満足しています。 私はトレーニングのモニター台として使用しています。

最適な角度が自由に調整できるテレビ台です。リビングやキッチン、寝室にいても回転することによって角度を変えられるのでどこからでも見ることができます。高さも調節できますので用途に合わせて変えられます。すっきりとしたテレビ台なので圧迫感が無くおすすめです。

特徴に見たおすすめのテレビ台

特徴別に見たおすすめテレビ台を紹介します。

おしゃれ

テレビ台はリビングにある家具の中でもメインになります。そのため、もちろんおしゃれなテレビ台がおすすめです。ダークな色が多いテレビもこれにのせるだけでおしゃれになります。

YOGEAR(ヨギア) テレビ台 YOTB-120

YOGEAR(ヨギア) テレビ台 YOTB-120

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

10畳のリビングにはどうかなーと考えていましたが以外に合う。夏場なのでスペースができて部屋が涼し気になった。見た目も木目調が鮮やかで落ち着きと華やかさがあります。

4種類の天然木を組み合わせて1枚の板に仕上げたモダンなデザインのテレビ台です。おしゃれなテレビ台をお探しの方におすすめです。木独特なナチュラルな雰囲気が楽しめます。DVDや小物が収納できるちょうど良いサイズになっています。

安い

とにかく安さにこだわりたいという方におすすめのリーズナブルなテレビ台です。

不二貿易 TVラック 幅89cm 32型テレビ対応 ブラウン

不二貿易 TVラック 幅89cm 32型テレビ対応 ブラウン

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

物は、しっかりしてるし安くて入れ場所が多いので助かってます。

リーズナブルなテレビ台です。シンプルなデザインですが耐荷重は30kgと耐久性に優れています。コスパにこだわりたい方におすすめです。背面にはコードを通す穴もありますのでゲーム機やAV機器を一緒においてもすっきりと片付きます。

一人暮らし

一人暮らしの限られたスペースにおすすめのテレビ台です。コンパクトながら機能性は充分整っているテレビ台です。

場所をとらないオープン設計 リビングテレビボード】 AV収納 飾れるテレビ台

Fitueyes テレビスタンド 32~50インチ対応 壁寄せテレビスタンド

Amazonで見る

口コミ

組み立ても1人で難なく出来ました。 高さもちょうどよく買って良かったです。

壁面収納

壁面収納タイプのテレビ台はお部屋の中をすっきりと片付けます。一体感がありお部屋に統一感が生まれます。複数の家具を置かずにまとまった印象を与える壁面収納型のテレビ台はおすすめです。

LOWYA (ロウヤ) テレビ台 壁面 ガラス戸タイプ 大容量収納

ダークな木目で落ち着きのあるテレビ台です。上部にも下部にも収納スペースがありますので物を外に出したくないかたにおすすめです。ガラスはクラッシックなタイプでお部屋の雰囲気をレトロ感にします。本やDVDなどたっぷり収納できる壁面タイプのテレビ台です。

アンティーク調

家具をアンティーク調にコーディートしている方におすすめです。テレビ台も揃えて統一感のある空間に仕上げましょう。

クロシオ ニューカントリー 80 TV台 幅80cm 半完成品 一部組立 カントリー調

クロシオ ニューカントリー 80 TV台 幅80cm 半完成品 一部組立 カントリー調

Amazonで見る

口コミ

とても良い商品です、組み立て式と書いてありますが、足と、取っ手をつけるだけの、簡単な物で女性でもラクラク、色合いも気に入りました、小さめの部屋には、ピッタリです。

アンティークスタイルのデザインでおしゃれなテレビ台です。カントリー調にコーディネートしている方におすすめです。長年使い込まれたような雰囲気が魅力で落ち着いた仕上がりになっています。

スタンド型

家具を極力増やしたくない場合におすすめです。シンプルにテレビを支えるスタンドのみですので、インテリアの邪魔になりません。大勢でテレビを見る機会のある施設などにもおすすめです。

Loctek 32~65インチ液晶テレビ対応 高さ調整 キャスター付き

Loctek 32~65インチ液晶テレビ対応 高さ調整 キャスター付き

Amazonで見る

口コミ

43インチのテレビを使用しています。 今まではテレビの移動がとても大変でしたが、このテレビスタンドのおかげでとても楽に移動することができるようになりました。

スペースを取らないスタンド型のテレビ台です。会議室や施設などで使用するにおすすめです。32~65インチのテレビに対応しており、スタンド式ながらレコーダーを置ける棚も付いています。また、テレビの高さを調節できキャスター付きで移動も楽です。

吊り下げ型

テレビを吊り下げることによって、部屋全体をすっきりとした印象にできます。寝室などベッドの前に吊り下げたりするのにもおすすめです。

エース・オブ・パーツ テレビ天吊り金具 斜め天井対応 19-32インチ対応

テレビを吊り下げることができるアイテムです。19~32インチのテレビに対応しています。斜めの天井にも取り付けが可能なアリーアームとなっています。寝室や飲食店などにおすすめです。

サイズ別おすすめのテレビ台

テレビのサイズに合わせてテレビ台を選ぶのが基本です。テレビサイズから見たおすすめのテレビ台を紹介します。

55インチ

中型から大型タイプに対応するテレビ台です。大型のテレビ台は他の用途としても使えます。

ハヤミ工産【TIMEZ】Yシリーズ (47v~60v型対応) テレビ台

Amazonで見る

口コミ

55型のテレビにピッタリのサイズでした。 組み立ても女性の私が一人でできたので比較的簡単だったと思います。 買い換えたテレビにしっくりなじみ、満足しています

大型のテレビが設置できる天板の幅が140cmのテレビ台です。大型のテレビを置いてもキャスターがついているので移動が簡単です。扉は強化ガラスなので安心です。

50インチ

小型から中型まで対応するテレビ台です。ファミリー層のリビングにおすすめです。

ハヤミ工産(HAYAMI) テレビ転倒防止金具搭載 壁寄せスタンド テレビ台

ハヤミ工産(HAYAMI) テレビ転倒防止金具搭載 壁寄せスタンド テレビ台

Amazonで見る

口コミ

少し前の40型の液晶テレビをもらったが、スタンドがついていなかったためにスタンド式テレビ台を探していたところ発見。 この値段で、コストパフォーマンスは最高だと思います。

37~42Vに対応するテレビ台です。テレビの高さも調節できますので、お部屋に合わせて変更可能です。また、テレビが転倒するのを防止する機能もついているので地震があっても安心です。

42インチ

小型のテレビに対応したテレビ台です。一人暮らしやサブテレビにおすすめです。

テレビ台 42インチ対応 コーナーTV台 幅100cm キャスター付

テレビ台 42インチ対応 コーナーTV台 幅100cm キャスター付

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

この商品は部屋の角を有効に使え理想的です。本来は42までのようですが、49でも横が少しはみ出る程度だったので私には許容範囲内でした。

無駄なコーナースペースを有効に活用できるテレビ台です。キャスター付きなので移動時に便利です。デザインがシンプルなのでどんなお部屋でも対応できます。収納した中身が見えないので片付いて見えます。

テレビ台の有名メーカーの特徴とメーカーおすすめのテレビ台

テレビ台を扱う主なメーカーの概要とメーカーおすすめのテレビ台を紹介します。

株式会社ベガコーポレーション

インターネットによる家具やインテリアを販売する福岡県に本社を置く会社です。家具を通信販売するLOWYA/ロウヤではオリジナルの製品も数多く扱っています。

LOWYA (ロウヤ) テレビ台 テレビボード 伸縮 角度自由 コーナー ローボード

LOWYA (ロウヤ) テレビ台 テレビボード 伸縮 角度自由 コーナー ローボード

Amazonで見る

口コミ

高級家具じゃなくて手頃な値段で、見た目もよく、収納性があり、幅が長い物を探してたのでバッチリです。 自分で頑張って組立てた分愛着もわきます。

角度や伸縮サイズも自由に変えられるおすすめテレビ台です。お部屋に合わせてサイズが変えられますので模様替えが簡単にできます。引き出しには小物を入れて整理整頓が可能です。縦型に入れられる収納スペースもありますので雑誌やカタログもすっきりと収納できます。

アイリスオーヤマ株式会社

家庭用プラスチック製品の生存、販売を行う宮城県にある会社です。プラスチック製品以外にも、収納用品、インテリア用品、園芸用品、ペット用品なども数多く取り扱っています。

アイリスオーヤマ テレビ台 モジュールボックス 幅約73.2 高さ約36.6cm ブラウンオーク

アイリスオーヤマ テレビ台 モジュールボックス 幅約73.2x奥行約29.0x高さ約36.6cm ブラウンオーク

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

スッキリ収納できて、かさばらず大きさも32型のテレビにぴったり。 真っ白でかわいい。

コンパクトでシンプルなテレビ台は32インチのTVにおすすめのサイズです。両面化粧張りで木目調の仕上がりになっています。AV機器、ゲーム機を置くのにちょうど良いサイズの棚と、A4サイズの雑誌が入る縦の収納ですっきりと片付きます。

白井産業

1963年に創業された50年以上の歴史のある木製の家具専門メーカーです。品質、デザイン、価格にこだわった高品質な商品で知られています。

白井産業【SHIRAI】テレビ台 キアエッセ2 32型用ローボード

白井産業【SHIRAI】テレビ台 キアエッセ2 32型用ローボード

Amazonで見る

口コミ

今まで組み立ててきた家具の中で、ダントツ1位です 説明書もわかりやすく、精密にできています。この値段でこのクオリティーは文句なしです

一人暮らしや個室にちょうどいい、32Vにおすすめのテレビ台です。無駄なものをなくしたシンプルなデザインです。幅約80cmと邪魔にならないサイズですので一人暮らしやプライベートなスペースにぴったりです。

テレビ台のおすすめ活用方法

テレビ台のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類【2018年】

テレビ台は、ただテレビを置くだけではなく、うまく活用することでお部屋全体を変えることができます。そのポイントを紹介します。

統一感を出す

テレビ台はリビングに置くことも多くメインとの家具として注目されるアイテムです。それをないがしろにしてしまっては、お部屋全体の雰囲気も保つことができません。インテリアがまとまって見えるポイントは統一感です。

同色のカラーでまとめたり、材質をまとめたりするだけで、統一感が生まれます。ゲーム機などのインテリアにそぐわないものは、テレビ台の収納に入れて隠すようにしましょう。

アクセントとして

テレビ本体はどうしてもデザインが地味でカラーバリエーションもありません。そのため、それを置くテレビ台をアクセントにして選べば部屋のインテリアとして確立します。ダークなカラーでコーディネートしている部屋でも、差し色としてテレビ台を入れることで、アクセントになるのでおすすめです。

プラスの役目

テレビの大きさに合わせてテレビ台を選ぶと、テレビを置くだけで何も置くことができません。大きめのサイズを選ぶことで、他のスペースにインテリア小物や置物などを置くことができます。テレビ台を置くアイテムではなく、テレビも置くアイテムとして選べば活用方法が広がります。

テレビを隠す

インテリアとして浮いてしまう場合があるのがテレビです。そんな時はテレビを思い切って隠すのもおすすめです。扉が閉まるタイプの家具もありますので、必要なときだけ出すのもひとつの方法です。また、床のスペースを取りたくない場合は、吊り下げタイプにすれば空間を有効利用できます。

狭い空間にはロータイプ

一人暮らしの部屋を広く見せる家具の配置の鉄則は高い家具を置かないことです。背の高い家具はどうしても圧迫感が生まれてしまいます。特に天井が低いお部屋の場合は、低いテレビ台を選ぶことで部屋が広く見えます。

テレビ台をシンプルに

テレビ台を壁面タイプにして一気に収納する方法もありますが、逆にテレビ台をシンプルにして部屋を広くするのもおすすめです。天井から吊り下げたり、テレビのみを支えるテレビ台もありますので、余計な家具を増やしたくない方におすすめです。

扉つきを有効に

小さい子供やペットがいるご家庭は扉付きの収納がついたテレビ台がおすすめです。オーディオ機器などの精密機器に触れないように対策しておけば安心です。

テレビ台におすすめの地震対策

地震が多い国といわれる日本ですので、テレビ台にも対策を施しておくことをおすすめします。地震でテレビが倒れたという事例は多数あります。万が一の時のために地震対策をしておきましょう。

サンワダイレクト テレビ 地震対策ベルト 転倒防止 穴あけ不要

サンワダイレクト テレビ 地震対策ベルト 転倒防止 穴あけ不要

¥ 1,980

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

TVの買い替えに伴って購入。接着したTV台の変更さえなければ、次回TV買い替え時に再度使えそうでよかったです。

薄型テレビ用の地震による転倒を防止する固定ベルトです。 震度6強まで対応しているので安心です。地震だけではなく小さな子供やペットがいるお家にもおすすめです。

テレビ台の代替品としておすすめのアイテム

テレビ台のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類【2018年】

テレビはテレビ台に置くのが耐荷重などの面でも一番おすすめですが、それ以外でも活用は可能です。高い位置に配置する場合は、チェストの上、低い位置ならカラーボックスの上など、工夫次第でテレビ台として代用することも可能です。

また、DIYで作製すれば好みのサイズに仕上がりますので、デッドスペースがなくなります。ただし、耐荷重などをきちんと確認してから設置しましょう。

テレビを置くだけではないテレビ台

テレビを置くために購入するといった方が多いテレビ台。しかし、テレビ台はメインリビングの中央に設置されることが多いので、きちんと選ぶのがおすすめです。インテリアとしても、収納棚としても、テレビ台ひとつで部屋の印象も変わります。部屋のコーディネートがなんとなくバラバラだと感じた方は、一度テレビ台を見直してみてはいかがでしょうか。

Related