Search

検索したいワードを入力してください

2017年12月28日

一人暮らしのベッドのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ【2018年】

一人暮らしを始めようと考えている方は、期待のわくわくと不安の入り混じるような気持ちでいることでしょう。今回は一人暮らしにおすすめのベッドをご紹介します。部屋の中でも大きな部類に入る家具ですから、おすすめのベッドでレイアウトにもこだわりたいところです。

一人暮らしのベッドのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ【2018年】

一人暮らしのベッドの種類と選び方

一人暮らしのベッドのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ【2018年】

一人暮らしにはいったいどのようなベッドがあっているのか、しっかり考えて購入しなければなりません。安い買い物ではありませんし、疲れをいやす場所だから寝心地にもこだわりたいアイテムです。ここで、一人暮らしにおすすめのベッドの種類と選び方をご紹介します。自分の部屋と好みに合ったものを選びましょう。

実際に店頭でベッドを触れる場合は寝心地も分かりますが、インターネットで購入する場合は触ることができません。そのような時には口コミをチェックすると良いでしょう。

一人暮らしのベッドの種類

一言でベッドと言ってもさまざまな種類のベッドが販売されています。一人暮らしを始める部屋や生活スタイルに合う種類のベッドを選んでください。

ローベッド

フラットローベッド

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

到着してすぐ組み立ててみましたが、簡単にできましたし出来上がった仕上がりもしっかりしていて大満足しています。

床からの高さがほとんどなく、狭い部屋においても圧迫感がありません。一人暮らしではワンルームなどの小さな部屋も多いでしょう。そのような部屋でも広く見せることができます。しっかりした厚いマットレスをおいても良いですし、布団を敷いて使うこともできます。

このようなベッドは、一人暮らしを始めるかたにおすすめです。一人暮らしを始める時にはなにかとお金がかかります。布団を持っているのならはじめのうちは布団で、余裕ができてからマットレスを購入することもできます。

ただし、枠だけのローベッドは安定感がありません。使用しているうちに枠がガタガタになったり、ゆがんでしまうこともあります。そのような事態を避けるために、枠だけではなく、しっかりと骨組みがあるものがおすすめです。

収納付き

収納付きのベッドは荷物の多い方におすすめです。収納付きベッドにも種類があります。まずはベッドの下部分が引き出しになっており、荷物を収納できるタイプ。そして、ベッドのマットレス部分を外して物の出し入れをおこなうリフトアップベッドです。

リフトアップベッドの場合は、マットレスを上げる時に力のいらないガス圧式跳ね上げ収納がおすすめです。引き出し収納の場合、引き出しを引っ張り出す分のスペースを確保しなければなりませんが、リフトアップベッドの場合はスペースの心配はいりません。引き出しのスペースを確保できないという部屋におすすめの収納方法です。

ロフトベッド

ロフトベッド

Amazonで見る

口コミ

ロフトがない部屋を借りたので、ロフトベッドはスペースが確保できていいです。

ロフトベッドはスペースの少ないお部屋におすすめです。ベッドの下のスペースも自由に使うことができます。荷物を置いてもテーブルを置いても良いでしょう。たてのスペースを有効活用することで、一人暮らしの部屋も広く使うことができます。はしごの方がスペースは取りませんが、階段の方が安定感があります。

一人暮らしのベッドの選び方

ベッドの種類がいくつもあって、どのベッドを購入すれば悩んでしまう方も多いでしょう。ここで生活スタイルや部屋に合わせた選び方のポイントをご紹介します。自分に当てはまるものをヒントに、ベッドを選んでください。

部屋の広さに合わせる

ベッドは大きい分お部屋のスペースを占領します。そのため、お部屋のスペースに合わせたサイズを探すことが大切です。お部屋にたいして大きすぎるベッドを購入すれば、移動スペースやくつろぐスペースがなくなり生活しにくくなってしまいます。

6畳の部屋はスペースが限られており、大きなベッドは置くことができません。小さなお部屋にはシングルサイズのベッドを選びましょう。8畳の部屋ではシングルベッドかセミダブルベッドを選べます。

しかし、ベッド以外にソファーなどの大きな家具があるのならシングルベッドがおすすめです。10畳ならスペースがそれなりにあるのでセミダブルベッドでも良いでしょう。12畳以上になればダブルベッドを置いても余裕があります。他にもこだわりの家具をそろえることが可能です。

体の大きさに合わせる

狭すぎるベッドではゆっくり眠ることも、疲れをとることもできません。自分の体の大きさに合ったサイズのベッドを選ぶことをおすすめします。目安としては、肩幅+30cmです。自分の両サイドに15cmずつスペースがあれば良いでしょう。ただし、寝相が悪い、寝返りが多いという方はもう少し大きめのベッドを選ぶことをおすすめします。

一人暮らしでも、恋人が遊びに来た時には2人で眠る方もいるでしょう。そのようなケースでは2分の肩幅+30cm+15cmを目安にしてください。両サイドに15cmずつと2人の間に15cmのスペースを確保してください。

搬入の事も考える

一人暮らしを始めるためにベッドを購入しても、部屋に入らなければ意味がありません。部屋の入り口を通れる大きさなのか確認してから購入しましょう。パーツの状態で届く組み立て式なら問題ありませんが、大きなものは出入口やエレベーターのスペースも図ってから購入してください。

また、新しい部屋に引っ越す際に、分解できた方が運ぶ時に楽なこともあります。引っ越し業者によっては組み立てた状態でも運んでくれるようですが、後々の事もしっかり考えてから決断することをおすすめします。

一人暮らしのベッドおすすめ人気ランキングTOP3

ここで一人暮らしをする方におすすめのベッドをご紹介します。たくさんあるベッドの中から決めることができない場合は、人気ランキングを参考にしましょう。人気が買い物や口コミの評価が良いものは、それだけ多くの購入者が満足しているということです。

ランキング3位:「DORIS」

低めのベッドで、ヘッドボードもないシンプルなベッドです。その分圧迫感がないので、1人暮らしのお部屋を広く見せることができます。男性でも女性でも使いやすいデザインです。底板が酢のこのような仕組みになっているので、空気がとおり寝心地の良さをサポートしてくれます。

ボードより碗サイズ小さなマットレスを使用すれば、空いたスペースをサイドテーブルとして使用することもできます。目覚まし時計やスマートフォンを置いておきたいという方におすすめです。

ランキング2位:「UNE BONNE」

UNE BONNE

¥ 39,800

Amazonで見る

口コミ

組み立てが大変なだけあってすごく安定感があり頑丈です。 ベットスペースの板は網なので、デスクスペースからマットが丸見えですが、一枚何か敷けば問題なし。

UNE BONNEのロフトベッドの中でも、ベッドの下にテーブルがついている物がおすすめです。スペースのない一人暮らしの部屋では、テーブルを置くのも一苦労です。

しかし、UNE BONNEのベッドならテーブルがすでに付いているので、スペースの心配をしなくても良いということです。テーブルの高さに合う椅子を用意すれば、勉強や作業をするスペースの完成となります。勉強のスペースではなく、収納スペースにしても良いでしょう。本棚や小物を並べて、自分の好きなように飾ることもできます。

会談は位置を移動することができるので、部屋の向きを気にする必要もありません。また、はしごよりも安定感のある階段は、寝起きのおぼつかない足でも安心して上り下りができます。シンプルなデザインのベッドは、部屋のインテリアに合わせやすいというメリットがあります。

ランキング1位:「STELA」

口コミ

手頃な値段ですがしっかりした作りで寝心地も良くていいベッドだと思います 組立ても凄く簡単で助かりました

ベッドはお部屋の中でも大きく、雰囲気を左右します。だからこそ日本製のベッドをおすすめします。木目のベッドはお部屋の雰囲気を柔らかくしてくれるでしょう。引き出しの収納もついており、収納スペースが少ない一人暮らしのお部屋をすっきり片付けることができます。

さらに、ヘッドボードがついており、目覚まし時計やメガネ、リモコンなどのアイテムをすぐに手が届く場所に置くことが可能です。コンセントもついているので、スマートフォンの充電をしながら眠りにつけます。ヘッドボードには手元を照らすライトもついているので、暗い時間に目が覚めてもすぐに明かりをつけることができます。

特徴・用途別おすすめの一人暮らしのベット

一人暮らしと言っても人それぞれのこだわりや、生活パターンがあります。ベッドは自分が生活していく中で使いやすい物を選びましょう。ここでは、特徴・用途別におすすめのベッドをご紹介します。

安いベッド

一人暮らしは始める場合も引越しをする場合も、かなりのお金がかかります。できるだけ節約したいと考える方も多いでしょう。スリープゾーンミニは2つで19,890 円です。つなげれば180cmのベッドができ上がります。マットレスも三層構造になっており、耐久性品質基準にも合格しています。動かすのが楽なので、1人でも簡単に搬入、移動させることができます。

また、昼間はソファーとしても使用できるというメリットがあります。ベッドもソファも置きたいけれど、スペースがない。お金がない。そのような方にもおすすめのベッドです。

男性用ベッド

女性に比べ身長もあり、体がしっかりしている男性の一人暮らしには頑丈なベッドがおすすめです。半世紀場もベッドを作り続けてきた日本の工場で作られています。黒いベッドは男性の一人暮らしの部屋をカッコ良く、落ち着いた雰囲気に演出してくれます。

引き出しの収納とヘッドボードついており、収納力も高いベッドです。棚やコンセント、照明もついており遊び心と使いやすさを両立したデザインです。

女性用ベッド

通常、レギュラーサイズのマットレスを置くには195cm程のスペースが必要になります。一回り小さなだけでもスペースを有効活用するために、小柄な女性には小さめのベッドがおすすめです。小さくてかわいくても収納力もあります。

引き出しの収納とマットレス下の収納、2種類の収納を利用することができます。洋服のクローゼットとして収納しても、オフシーズンのアイテムを長期間しまうのに使用しても良いでしょう。引き出しの位置は、左右鳥らでも取り付けることができます。部屋のレイアウトに合わせて組み立ててください。

また、ヘッドボードには間接照明と、コンセントが2口付いています。コンセントにはスライド式のカバーがついており、ほこりが入ることを防ぎます。さらに、マットレスをセットで購入した場合は、理念3点セットもついてきます。カラーは5色から選ぶことができるので、お部屋のインテリアに合わせて選びましょう。

収納があるベッド

収納があるベッド

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

1Kの収納の少ない部屋でベッドの下に二段の引き出しと床下収納的になっているので夏冬の入れ替えに大変便利に活用できました!

一人暮らしを始める人にも、荷物が多い人とそうでない人がします。荷物が多い人や、引越し先のお部屋の収納スペースが少ない場合は収納スペースの多いベッドがおすすめです。大きなものや形が不規則なものをしなうのには、深さのある収納がおすすめです。

また、ベッドの底も収納スペースとなっており、長いものやオフシーズンのアイテムをしまうときに便利です。ヘッドボードもついているので、目覚まし時計や小物を置くこともできます。

サイズ別おすすめの一人暮らしのベッド

一人暮らしのベッドのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ【2018年】

ベッドにはセミシングル、シングル、セミダブル、ダブルと大きさの種類があります。しかし、ベッドの大きさは何を基準に選べばよいのか分からないという人も多いでしょう。快適な睡眠をとるためにも、適した大きさのベッドを選びたいです。また、1人暮らしのお部屋はスペースが限られているので、快適に生活できるよう工夫しましょう。ここでベッドのサイズについてご紹介します。

セミシングル

セミシングルは小柄な女性や、部屋のスペースが狭い方におすすめのサイズです。850mm×1950mm程度の大きさで、横幅が狭くコンパクトなベッドです。省略してSSと表記されることもあります。ベッドが小さい分1人暮らしのお部屋も広く使用できます。

シングル

シングルのベッドは970mm×1950mm程度の大きさです。6畳ほどのスペースにはシングルサイズ以下のベッドを使用すると良いでしょう。大きすぎるベッドを置くとフリースペースや同線の確保が難しくなります。

セミダブル

セミダブルのベッドは1220mm×1980mm程度の大きさです。寝返りの多い人やゆったりと眠りたい人におすすめです。8畳ほどのスペースがあるのならセミダブルのベッドを置くこともできます。一人暮らしのお部屋でもゆったり眠りたい方にはセミダブルのベッドがおすすめです。

ダブル

ダブルベッドは1400mm×1950mmほどの大きなベッドです。2人が眠るにはダブルベッドが必要ですが、一人暮らしならこの大きさのベッドは必要ないでしょう。また、ダブルサイズ程大きなベッドを置くには12畳以上の部屋が必要になります。一人暮らし用の小さな部屋にダブルベッドを置くのはおすすめできません。

おすすめの一人暮らしのベッドのメーカー・ブランド3つと代表製品

一人暮らしのベッドのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ【2018年】

ここでベッドメーカーを3つご紹介します。一人暮らしで寝心地を求めるのなら有名メーカーのベッドもおすすめです。メーカー別におすすめの代表商品も見てみましょう。

フランスベッド

1949年に創業した日本のメーカーで、高級感のあるデザインからカジュアルのデザインまでそろえられています。一人暮らしにおすすめの引き出し付きや、ソファーベッドも取り扱っています。日本製の商品の方が安心できるという方は、フランスベッドで一人暮らしを始めてみてください。

シモンズ

シモンズという名前は聞いたことがある人も多いでしょう。しかし、有名メーカーなだけあって商品は高級です。一人暮らしでも眠りに相当なこだわりがある場合、このようなメーカーを選ぶのも良いでしょう。高級感もあり、ホテルで使用されている物もあります。

シーリー

シーリーは30年間、アメリカのシェアNO.1を守り続ける人気ブランドです。アメリカのメーカーですが、日本の規格サイズに商品を作っているので、一人暮らしのお部屋にも置くことができます。一流ホテルでも使用されており、寝心地も評判が良いです。

一人暮らしで使用するのなら、収納のついているドロアータイプがおすすめです。

一人暮らしのベッドの使い方・活用方法

ソファーベッドRobie

Amazonで見る

口コミ

安くて座りやすくて、なにより2つにわかれているから 2階にも運びやすいし。邪魔になったら1つづつ使えるし。 軽くて掃除も楽々。いや~。本当によかった~!!

一人暮らしをはじめたら、お部屋を自分好みにカスタマイズしたいという方が多いでしょう。ベッドも置きたいけれど、ソファーも置きたいと考える人も少なくありません。しかし、スペースの関係で両方を配置するのは難しいこともあります。そのような場合はソファーbedがおすすめです。

昼間はソファー、夜はベッドとして利用できます。ベッドが必要ない時にはスペースを大きく使うことができるので、行動範囲も広くなります。また、1人でも搬入しやすいので一人暮らしにおすすめです。お客さんが来た時にも座ってもらう場所があるので、友達を呼びたい方にもおすすめです。

おすすめベッドで快眠を

一人暮らしのベッドのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ【2018年】

今回は一人暮らしにおすすめのベッドについてご紹介しましたが、いかがでしょうか。自分の部屋や生活スタイルにはどのようなベッドがあっているのかお分かりいただけたでしょう。

ベッドは寝られれば良いと考える人もいますが、疲れが取れなければ意味がありません。また、一人暮らしの部屋を始めると家事や洗濯、食事の準備まで自分でやらなくてはなりません。だからこそゆっくり休めるベッドが必要です。

自分の一人暮らしにピッタリのベッドを見つけてください。

Related