Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月05日

加湿器の種類と選び方・2018人気加湿器ランキングTOP3【2018年】

一口に加湿器といっても、その方式は複数あります。インフルエンザウイルスや、お肌の乾燥など美容に大敵なのはお部屋の乾燥です。その乾燥が気になるこれからの季節にぴったりな、人気のある売れ筋の加湿器の機能や特徴について紹介します。

加湿器の種類と選び方・2018人気加湿器ランキングTOP3【2018年】

人気の加湿器を活用しよう

加湿器の種類と選び方・2018人気加湿器ランキングTOP3【2018年】

これからの季節はお部屋の湿度に気を配りましょう。

冬は乾燥する季節です。以前とは違い室内の暖房も、ストーブにヤカンというものではなくなりました。エアコンなどの温風の出るタイプが主流です。空気の乾燥に拍車がかかる季節でもあります。

そこで活躍するのが加湿器です。冬場に流行するインフルエンザの対策にも効果がある加湿器は人気があります。種類も豊富で使い方によって選ぶことができます。

加湿器にはどんな種類があるのか?

健康のためや美容のためなど用途別に選ぶことができます。

あたためて蒸気を出すタイプのものや、ファンの風を送るもの、振動によって水を微粒子化させて室内に拡散させるタイプなど、人気の種類が豊富です。

加湿器は、家電量販店やネットショッピングでも、特設コーナーなども設けられるほど人気があります。

オフィスなどで、自分のデスクの上で使うパーソナルな小型のものや、USBから電力を取れるものなどもあります。

加湿器の選び方

目的にあったものを選びましょう。どこに置くのかなど、生活環境を考えて選ぶことをおすすめします。

人気のデザインが可愛いからといって、小型の卓上タイプでは、広いリビング全体を加湿することは難しいでしょう。また、一晩中使用するのであれば、タンクの容量にも考慮すると良いでしょう。

加湿方式によっては、こまめな掃除などメンテナンスが必要なものもあります。自分のライフスタイルに合わせて選ぶことをおすすめします。

2018人気加湿器ランキングTOP3

種類がいろいろあるとなにを選んでいいのか迷ってしまいます。加湿器も、好みによって人気が分かれるでしょう。

有名家電メーカーから発売されている、付加価値機能のついた商品に人気があります。イオンの効果で脱臭作用のあるものや、センサーで湿度を自動的に調整できる機能、夜間に使用するときの静音設計などです。

価格は少し高くなりますが、そのぶん満足度も高くなるので、人気の加湿器ともいえます。

ランキング3位:「シャープハイブリッド式加湿器」

シャープハイブリッド式加湿器

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

逐一給水タンクを外さなくて良い為、水の補充が簡易である。 また、おやすみモードがあり音が全然気にならない。 今年は、風邪をひかないぞ!という心構えで購入。

お部屋の空気を浄化・消臭して静電気も押さえます。人気のプラズマクラスターを搭載しているので、空気清浄機の役目も期待できます。

給水のしかたが2通りあり、上からは使い慣れた容器で継ぎ足しができます。給水トレーならたっぷり給水できます。半透明のトレーは水位が一目でわかります。もちろん表示パネルでも確認できます。

エコモードでヒーターレス運転なら、さらに省エネです。

ランキング2位:「パナソニック気化式加湿器」

パナソニック気化式加湿器

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

DCモーターで運転音がかなり静か。水タンクも4l入り長時間運転できる。水タンクも入れる方向性がなく便利。ナノイーで運転停止中にフィルターの除菌ができるのもよい。

加湿プラス人気の「ナノイー」で潤い美肌と清潔加湿ができます。

DCモーターを搭載していて、すばやくお部屋を潤おすことができます。「のど・肌モード」なら、やや高めの湿度60から65%を目安に自動運転します。

給水タンクは左右どちら向きでも入れられるので、スムーズに給水できます。凹凸の少ない構造なので、お手入れも簡単です。タンクは広口で手首まですっぽり入ります。

ランキング1位:「象印スチーム式加湿器」

象印スチーム式加湿器

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

以前使っていたのが古くなったため、今回は前のより容量の大きいのを頼みました。やはりお手入れ簡単で加湿機能も高くて、買ってよかったです。音は以前のよりも静かに感じます。おススメです。

清潔な蒸気スチーム式です。いったん沸騰させた蒸気を約65度まで冷ましてお部屋を加湿します。ポットに似たデザインも人気です。

独特な形をいかした広い開口で、給水もお手入れも簡単です。内部はフッ素加工なので汚れもつきにくく、フィルターのない構造なので交換の必要がありません。

湿度モニターで部屋の状態が一目でわかる大きな表示パネルや、チャイルドロック・ふたロック・店頭湯漏れ防止のトリプル安心設計です。

特徴・用途別おすすめの人気加湿器

最近では機能家電に人気があり、選べる種類も増えています。

使い勝手が良くなったり、いろいろな機能を搭載して便利にはなりましたが、逆にどれを選べばいいのか迷ってしまいます。

加湿器の方式だけでも3種類あり、設置する部屋の広さや畳数によっても、給水タンクの大きさが違うので選択肢が増えてしまいます。

デザインやカラーの好みもあるので、ネットなどの比較サイトで人気や売れ筋を検討するとよいでしょう。

気化式加湿器

アイリスオーヤマ加湿器

¥ 14,904

Amazonで見る

口コミ

サイズ: 加湿量500ml/hスタイル名: 気化ハイブリッド式Amazonで購入 快適で、赤ちゃんにやさしい。手入れも簡単。連続で2日は持ちます。

気化式の加湿器はヒーターレスともいい、噴出するミストは温かくなりません。

水をフィルターに浸透させて、そこにファンの風邪を当てて水を気化させる加湿器です。熱を加えているのではないため、ミストが暑くなることはありませんから、室温も上がりません。また、加熱ヒーターを内蔵しないので、省電力です。

卓上での使用向きで人気の加湿器ではありますが、フィルターに雑菌が繁殖しやすく、こまめなお手入れが必要です。

スチーム式加湿器

ヴィックス加湿器

Amazonで見る

口コミ

大容量のタンクが助かりますね。 シンプルで最高です。 専用オイルはあまり香ってる気がしないんだけど 気のせいかなぁ?

加湿器内部に電熱装置が内蔵されていて、温かい蒸気が出ます。

タンクから電熱装置に移動した水を、100度以上に加熱・沸騰させて、水蒸気を拡散させます。ストーブにかけたヤカンと同じようなものなので、部屋も暖まり冬の季節には人気の加湿器です。また、水を煮沸するので雑菌が繁殖しにくいのも特徴です。

高温の蒸気が出るので、ヤケドに注意しましょう。電熱装置にスケールという水アカがつきやすいので手入れが必要です。

ハイブリッド式加湿器

ダイニチ ハイブリッド式加湿器

Amazonで見る

口コミ

以前の商品は超音波でトラブルも多かったのでダイニチに変えてみました。 気化式のハイブリットのため霧は出ませんが静かで確実に加湿しています、メンテナンスを知らせてくれるのも便利です。

2つの方式を合わせた人気のハイブリット式加湿器です。

温風気化式と気化式の組み合わせや、ヒーターで温められた温水を超音波振動でミスト化して拡散する方式などの組み合わせがあります。

使い始めなど急速に加湿をして、設定湿度・温度にに達した後は、気化式に切り替えて省エネ運転ができるなど、機能の高い商品は人気がありますが、フィルターを通して加湿をしているので、お手入に手間がかかることもあります。

超音波式加湿器

APIX 超音波式加湿器

Amazonで見る

口コミ

一晩中でもタップリ水が入り、タイマーも最長6時間で三段階に設定出来ます。掃除もラクで、付属のカートリッジには、鉱物が入っており水道水の濾過もフィルター系と違いカビ対策にも万全です。

水を振動させることによって微細な粒子を空気中に拡散します。

水を温めていないので、ヒーターを使用しません。ファンを回す必要もないので音も静かです。本体価格も比較的抑えられた人気の加湿器です。

水を加熱しないことから、内部に除菌機能が付いていない商品の場合は、こまめな手入れが必要です。フィルターを通さないので、水道水に含まれるミネラルで部屋が白く汚れることもありまが、人体に影響はありません。

人気の加湿器メーカー3つと代表製品

人気の加湿器にはおしゃれなもの、お手頃なものがあります。

ダイソンはの「ハイジェニック・ミスト」はバクテリアを除菌する加湿器で、衛生面にも優れています。

アイリスオーヤマは、お手頃価格の家電が豊富です。チムニー型の加湿器は、超音波式で11時間の連続運転が可能です。

コイズミのタワー型加湿器は、UVランプと抗菌カートリッジで除菌します。給水タンクでは取り外せるので、給水も楽に行えます。

加湿器と空気清浄機の違い

加湿器と清浄機では、得られる効果が違います。

加湿器は、吸気中に水分を拡散させて、部屋の湿度を上げることができます。一方空気清浄機には、空気中のチリやホコリ、ハウスダスト・花粉などを吸い取る機能があります。

最近では高性能の商品も出回るようになり、価格は高価ですが加湿器と空気清浄機が合体したものも増えています。

加湿器とアロマディフーザーとの違い

アロマディフューザーとは、精油の香りを拡散させる芳香が目的です。加湿器にディフューザーの機能がついているものもあります。

精油はエッセンシャルオイルともいい、香りの効果によって気分をリラックスさせます。拡散させる方法はいろいろありますが、人気なのは専用ポットを使いキャンドルの熱でオイルを熱する方法です。

リードディフューザーはボトルにオイルを入れ、木製のスティックをさしてお部屋に香りを拡散させます。

潤いのある暮らしで健康に

お部屋の潤いを保つことは、インフルエンザの予防にもなります。

ウィルスは湿度に弱いので、冬の乾燥の季節には加湿器が欠かせません。さらに女性はエアコンの風で、お肌も乾燥しがちです。健康面からも美容の面からも、お部屋の湿度には気を配ることをおすすめします。

人気の加湿器の中から、ぜひ自分にあった商品を見つけて、この冬を健康に乗り切りましょう。

Related