Search

検索したいワードを入力してください

2018年07月24日

クランプメーターおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方【2018年】

クランプメーターという装置をご存知でしょうか。簡単に言えば回路の電流を測定する装置です。従来型のテスターと比べて回路の電流を安定して安全に測定できる装置です。しかし、用途によって種類もたくさんあるので慎重に選びましょう。

クランプメーターおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方【2018年】

クランプメーターの種類と選び方

クランプメーターおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方【2018年】

みなさんはクランプメーターという道具をご存知でしょうか。クランプメーターという単語を聞きなれない人も多いでしょう。そもそも日常で生活しているとクランプメーターという道具を使うことはあまりありません。なんとなく電気系の機器なのかな、くらいのイメージでしかないでしょう。ですのでここではクランプメーターという道具を詳しく説明しておきましょう。

クランプメーターとは?

まずは、そもそもクランプメーターという道具はなんなのか、について説明していきましょう。簡単に言ってしまえばクランプメーターという道具は電流を測定できる装置です。電流を図りたいときに使う道具で極めて便利なことから専門の業者さんにも重宝されている道具です。

しかし、電流を図るだけならば他にも似たような道具は存在します。クランプメーターは他の道具と比べてなにがそこまで優れているのでしょうか。答えは回路に直接接続しないという利点です。

ふつうの電流を図る装置ならば、電流を図るとき、回路を1回切断して、間に装置を取り付けて測定することになります。例えばマルチメーターなども電流を図る道具ですが、使用するときは、対象の電気回路を1回切断してから測定しなければなりません。

回路を切断しないということは、手間が省けると同時に安全に電流を図ることができるということです。以上の理由から重宝されてます。

クランプメーターの種類

1言におすすめのクランプメーターと言っても、クランプメーターにもさまざまな種類があるために、把握をしておかないと使えないクランプメーターを買ってしまう可能性もあります。知識がないとおすすめの商品は買えません。

おおまかな種類としては、交流か直流か、の電流の種類で分かれているタイプなどがあります。また、電流の強さによってもおすすめのクランプメーターは変わってくるでしょう。漏れ電流を測定する専門のクランプメーターや負荷電流測定タイプのクランプメーターなどがあります。

クランプメーターの選び方

クランプメーターの選び方も紹介しておきましょう。選び方としては当然自分の使いたいクランプメーターを買いましょう。選び方としては、店員さんなど詳しい人と相談してから決めるのがいいでしょう。

クランプメーターおすすめ人気ランキングTOP3

クランプメーターおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方【2018年】

おすすめのクランプメーターを人気別に紹介します。トップ3まで紹介しておきましょう。

3位:クランプテスタ

クランプテスタ

¥ 5,120

Amazonで見る

口コミ

詳しくないですが家電の消費電力調べたくて購入しました 問題なく使えました

第三位は横河計測株式会社が製造しているクランプテスタです。クランプメーターとテスタの両方の性質を兼ね備えた製品です。使い勝手がいいでしょう。

2位:HIOKI クランプインハイテスタ

口コミ

社内工具を無くした為、自腹にて購入、性能が良く、安心して使えます。

続いて第2位です。第2位のクランプメーターは、HIOKIクランプインハイテスタです。日置電機が製造しているクランプメーターです。お値段が1万円越えと少々高いですが、品質は保証されています。

1位:ミニクランプテスター

ミニクランプテスター

Amazonで見る

口コミ

これで2千円ならコストパフォーマンスは抜群です。きになっていたAutoPowerOFFもちゃんと付いていました。またケースも付いていて助かります。

最後に第一位を紹介します。栄えある第一位はKaiseが製造しているミニクランプテスターです。これも第二位のHIOKIクランプインハイテスタの倍以上の値段がする高級クランプメーターです。

特徴・用途別おすすめのクランプメーター

クランプメーターおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方【2018年】

おすすめのクランプメーターを紹介するといっても用途や特徴によっておすすめできる商品も当然変化してきます。ある一定以上の電流しか測定できないクランプメーターもあれば交流電流か直流電流かの違いで測定できなくなる場合もあります。それぞれの用途にあったクランプメーターをおすすめするために種類別で紹介していきましょう。

自動

自動クランプメーター

¥ 10,778

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

とりあえずこれ一台でなんとかなるという安心感。 ボディも小型なのでせまいところでも使いやすいです。 中途半端に安価な商品を選ぶなら最初からこれを選択したほうがよいと思います

クランプメーターは基本的に装置に挟み込むだけで電流を測定することができます。挟み込んでときに自動で電流を測定してくれます。この便利さから、家庭用にとどまらず、DYIや専門の電気業者にまで重宝されている道具です。

手動レンジ付き

MS2008A デジタルACクランプメーター

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

クランプのバネの力も強く安っぽさも感じられない。持ち手の黄色いカバーはゴム製でプラスチック製の物と比較して、確りとした造りだと思う。

クランプメーターは安全かつ迅速に電流を測定できるというところで、おすすめしてきました。ですが、一部手動で電流を測定するクランプメーターもあります。せっかくのクランプメーターの利点が失われてしまっているのでこれはおすすめできません。

それでも、手動レンジが付いたクランプメーターもありますので、使い方にこだわりたいのであれば、手動レンジの付いたクランプメーターをおすすめします。

ACクランプメーター

UNI-T UT210E クランプメータ

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

DC電流の精度もシリーズで入れる電流計と比べても 自分の基準ではそう変わりはなさそうなのでスペック通りだとおもいます。趣味でとりあえずクランプメータが欲しければ私ならこれを勧めます。

おすすめのクランプメーターを紹介するまえに覚えておきたい単語がいくつかあります。そのなかのひとつがACクランプメーターです。ACクランプメーターのACとはどういうどういう意味でしょうか。ACは交流という意味になります。

では、交流電流とはどういうものでしょうか。交流とは時間とともに電流の向きが周期的に変化していく電流のことを言います。交流電流のほかに、時間とともに周期的に大きさの正負の値が反対になる電圧を交流電圧ともいいます。2つをまとめて交流と呼ぶこともあるでしょう。

以上のように交流電流というものを専門で測定する装置のことをACクランプメーターと言います。使用するときは直流電流か交流電流かを注意しましょう。また、ACクランプメーターでおすすめの商品は、上記のクランプメーターが評価が高く、人気のACクランプメーターです。

DCクランプメーター

DCデジタルクランプメーター 15-147

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

クランプメーターが必要でいろいろ探して1万円以下ということで 諸条件にあったこの製品を使っている。 クランプできるところであれば問題ない。

おすすめのクランプメーターを紹介する前の基礎知識として、次に紹介するのはDCクランプメーターという単語です。クランプメーターの前にDCという単語がありますが、このDCとはどういう意味なのでしょうか。

DCというのは直流という意味の単語です。つまり直流電流のこと。直流電流とはさきほど説明した交流電流とは違い、向きと大きさの変わらない電流のことをいいます。家のコンセントに流れ込む電流は交流電流ですが、家電製品などは本体の内部で交流電流を直流電流に変えているということでしょう。

また、DCクランプメーターでおすすめは、こちらのモデルが評判です。クランプするだけで電流の測定が可能で、1万円以下でそこそこのモデルを求めているなら良いレベルでしょう。

AC・DCクランプメーター

MASTECH オートレンジ デジタル クランプメーター

¥ 12,000

Amazonで見る

口コミ

秋月の他のラインナップと比較しても,4000円台は良心的ではないでしょうか。 作りもしっかりしていますし、直流が非接触で測定でき、趣味で使う範囲として、満足しています。

さきほどACクランプメーターとDCクランプメーターの意味について説明してきました。ACクランプメーターは交流電流の電流を測定するときに使う装置で、DCクランプメーターは直流電流の電流を測定するときに使う装置でした。使用するときは注意が必要ということですが、イチイチ交流電流か直流電流かを確かめるのは面倒でしょう。

そこで、交流電流だろうが直流電流だろうが両方電流を測定することができる、めんどくさがりの人にはおすすめのクランプメーターといえるでしょう。また、AC/DCクランプメーターでおすすめは、こちらの1万円ちょっとで購入できるMASTECHというメーカーから発売されているモデルがいいでしょう。

負荷電流専用クランプメーター

負荷電流測定タイプのクランプメーターを紹介しておきましょう。基本的には、この上記のメーカーのような負荷電流測定タイプのクランプメーターをおすすめします。ある一定以上の大きさの電流を測定できる装置となります。ある一定以上の、というのがポイントで基準より小さい電流は測定することができません。

ですので、後ほど紹介しますが、小さな電流の漏れをい確かめたいときは、負荷電流測定タイプのクランプメーターでは測定できない場合があるので、おすすめはしません。

漏電を調べたいときは、漏電測定タイプのクランプメーターを使用するか、漏電測定タイプと負荷電流測定タイプの両方の特徴をもったクランプメーターをおすすめします。漏電は危険ですので、用途にあったものを使用しましょう。

リーク・漏れ電流

共立電気計器キュースナップ・漏れ電流・負荷電流測定用クランプメータ

¥ 36,720

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

仕事の現場で使うため購入しました。 漏電調査では、制御盤内で動力線の三線一括測定をすることが多いため、狭いところでも使えるのを探してこれに決めました。

最後に漏電しているかどうか不安になったときにおすすめのクランプメーターをみていきましょう。漏れ電流測定タイプには微細な電流を測定できる機能がついています。先ほどおすすめした負荷電流測定タイプは、ある一定以上の電流を感知するタイプでした。

一方でここでオススメするのは小さな電流を見逃さないタイプのクランプメーターです。先ほどご紹介しました、同じメーカーからの発売で、こちらの価格のほうが少々安めなのが特徴です。

また、漏電はかなり危険な状態です。電気が漏れているということは電力の損失とかのレベルではなく、火災や関電などの事故につながるほど深刻な状況です。つまり、小さいアンペアからも測定できる漏れ電流専用クランプメーターはおすすめできるモデルです。

テスター機能付きおすすめクランプメーター

クランプメーターおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方【2018年】

クランプメーターの中にはテスター機能付きのクランプメーターというものが存在します。つまり、電流の測定の機能だけではなく、それ以外の機能もついているクランプメーターがメーカーより発売されています。

また、テスター機能付きのクランプメーターの他にもより小さく持ち運びやすいコンパクトなアイプのクランプメーターもでています。さらに頑丈なつくりになっているものや、熱につよいタイプも存在します。より過酷な環境でも電流を測定できるようになったということです。

また、電流の回路には細いタイプのものもあれば、太いタイプの回路も存在します。その太いタイプの回路にも対応するために、改良されたクランプメーターもあります。ここでは、たくさんの新型のおすすめクランプメーターの中からテスター機能付きおすすめクランプメーターについて紹介していきましょう。

そもそもテスターとは?

おすすめのテスター機能付きクランプメーターを紹介していく前に、そもそもテスターとは何であるのか、について説明していきましょう。テスターとは日本語で回路計とも言います。電流や電圧を測定する装置です。電気機器や電気回路などの点検ために使われます。回路の調整や故障を発見するときに役に立ちます。

さきほど、おすすめクランプメーターの種類の説明のところで、ACクランプメーターとDCクランプメーターの説明をしました。交流電流と直流電流の違いによって使い分ける装置でした。整流器と呼ばれる機械を内蔵しているので、この直流電流と交流電流ともに測定もできます。

また、普通のクランプメーターとの大きな違いは乾電池を内蔵できるというところです。乾電池を内蔵することにより、抵抗までも測定できるようになります。他にも可動コイル型直流電流計,分流器,可変抵抗器,測定範囲切替スイッチも備え付けています。

使いやすさではどちらがおすすめ?

さて次にクランプメーターとテスターの比較をしていきましょう。何度もお伝えしていますが、クランプメーターの長所は測定のしやすさと回路を切断する必要がないことによる安全面です。ですので、テスターとクランプメーターを比較すると使い勝手という意味ではクランプメーターは非常に優れています。

テスターで電流を測定しようとした場合は、回路を一回切って電流を流すのをやめてから、テスターを回路の一部に接続する必要があります。さらに測定が終わった後に回路を元どおりに戻すという重要な仕事も残っているので大変です。

その点クランプメーターでは、洗濯ばさみのようなクランプセンサを回路に挟むだけですので、使い勝手という点ではクランプメーターがテスターよりもおすすめでしょう。

正確さではどちらがおすすめ?

さきほどは、使い勝手の良さでテスターとクランプメーターのどちらがおすすめかどうか紹介してきました。お次は正確さ、つまりどちらがより電流を正確に測ることができるか、でテスターとクランプメーターどちらがおすすめか紹介していきます。

これは、従来のテスターのほうが有効であることがわかっています。テスターは回路を切断して間に接続して電流を測定することになります。ですので正確な電流の値が測定できるでしょう。

一方、クランプメーターはどうでしょうか。クランプメーターは回路をクランプセンサと呼ばれる洗濯バサミのようなもので挟んで、電流を測定します。ですので正確さではどうしても従来型のテスターにかないません。電流の数値にムラが出ます。

安全さではどちらがおすすめ?

使い勝手の良さではクランプメーターがおすすめであり、電流を測定するときの正確さでは従来のテスターがおすすめでした。では、電流を測定するときの安全面ではテスターとクランプメーターのどちらがおすすめでしょうか。

基本的には回路を切断する必要がないクランプメーターが安全綿ではおすすめできます。すぐに測定することができるからです。初心者には特にクランプメーターを使うことをおすすめします。

しかし、回路を切断しなくていいということは、電流が流れているまま電流を測定するということです。ですので、正しく測定しなければ危険があることには変わりはありません。クランプメーターを使っているから安全に決まっているわけではありません。

テスターの利点もある

この章では従来型のテスターとクランプメーターのどちらがおすすめなのかについて議論してきました。安全面や使いやすさという意味ではクランプメーターがおすすめであり、より正確に電流を測定したいという場合は従来型のテスターのほうがおすすめということでした。

ここで、正確に電流をっ測定できるということ以外にテスターの利点を紹介しておきましょう。従来型のテスターには電源が不要ということです。従来型のテスターは回路の間に装置を挟み込むだけです。

電流を測定する場合は回路の電力を利用することができるので、消耗などを気にすることはありません。このように、従来型のテスターにも、クランプメーターにもおすすめできるところはあります。用途によって使い分けましょう。

おすすめクランプメーターのブランド3つと代表製品

クランプメーターおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方【2018年】

ここで、おすすめのクランプメーターのブランドを紹介しておきましょう。やはり、購入するならば安心できるブランドのほうがいいでしょう。ぜひ、購入の時の参考にしてみてはいかがでしょうか。

キーサイト・テクノロジー

まずは、東京都八王子市の電子機器製造者であるキーサイト・テクノロジーが製造しているクランプメーターです。もともとはアメリカのカリフォルニア州を拠点としている世界最大級の電子機器メーカーですので信頼もできるでしょう。

HIOKI(日置電機)

次におすすめするクランプメーターメーカーは、HIOKI(日置電機)というメーカーです。こちらも日本に拠点を置くクランプメーターメーカーの1つで安定した品質と性能が大きく評価されているメーカーです。

横河計測

最後におすすめするクランプメーターのメーカーは横河計測です。横河計測株式会社も50年以上続いている歴史のあるメーカーです。クランプメーターのほかにもオシロスコープや圧力測定器など多種多様な電子機器を製造しています。

クランプメーターの使い方・活用方法

クランプメーターおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方【2018年】

さきほどまでクランプメーターのおすすめの種類や商品を紹介してきました。大変便利なクランプメーターではありますが、用途別に種類が分けられているので、適当に選べばよいというものではありません。しっかりと自分が必要としている機能を見極めて購入する必要があります。

なんどもお伝えしていますが、クランプメーターという道具は回路に挟み込むだけで電流が測定できます。回路への影響も少ないですし、一度回路を切断する方法と違い安全に測定できます。

測定するときのコツですが、クランプセンサと呼ばれる先端の輪っかを回路に挟みます。このとき回路ができるだけ、クランプセンサの中央に来るように工夫しましょう。

用途に合わせたおすすめクランプメーターをを選ぶ

クランプメーターおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方【2018年】

ここまでクランプメーターという道具についてたくさんのことを記述してきました。クランプメーターの種類と選び方やクランプメーターおすすめ人気ランキングTOP3、特徴・用途別おすすめのクランプメーター、おすすめのクランプメーターのメーカー・ブランド3つと代表製品、などなどです。

最初に説明したとおりクランプメーターという道具は普通のマルチメーターなどと違い電流を図るときに回路を切断せずに電流を図ることが可能です。そのお手軽さと安全面から電気業者または家庭用に非常に重宝されています。

最近ではDYIをする人がとても多くなってきています。そのときに電気系の部品を使う人もたくさんいるでしょう。プロの業者の人と違い電気機器の扱いになれていない人が回路の切断などをするのはリスク大きいです。そういうときに回路を切断しないクランプメーターという道具は役に立つでしょう。

Related