Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月23日

草刈り鎌おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方【2019年】

草刈り道具である草刈り鎌ですが、そんな草刈り鎌1つで草刈りの疲労度が変わります。自身の使用用途と鎌が合わないと、疲労度にも違いがでるため、自身に合う草刈り鎌を選ぶことをおすすめします。そんな、草刈り鎌のいろいろなおすすめを紹介しているので読んでみてください。

草刈り鎌おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方【2019年】

草刈り鎌の使い方は?

草刈り鎌おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方【2019年】

鎌にもたくさんの種類がありますが、家庭園芸で使う鎌の使い方は主に、草刈り鎌として除草用の道具としてとらえられていますが、本来の鎌の使い方としては、野菜などの収穫をするため道具として作られています。そのため、家庭菜園などでは草刈り鎌として使われている鎌も、農家などでは収穫用の鎌として使われています。

そんな、草刈り鎌は機械が発達し普及した現在でも、機械が入りづらい場所などの雑草を刈るために使用されることが多く、家庭でも農家でも貴重な除草するための道具です。そんな草刈り鎌は、地域によって使われ方などが異なるため、鎌の形などが変化し地方独自の発展を遂げています。

そんな鎌は、大きく分ける片手で使用する片手鎌と、両手で使用する大鎌に分けることができます。そんな鎌ですが、日本では片手鎌が主流になり、逆に欧米では片手鎌と同じように、大鎌などの種類も多用されています。

草刈り鎌の種類と選び方

草刈り鎌おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方【2019年】

日本手作られるの鎌の多くが、刃部の峰側である地金部には「粘りと強度のある鋼」を、刃を構成している刃金部には切れ味が出るように「硬い鋼」を使うなど、それぞれの部位にあった鋼材が使われています。

そんな、日本の草刈り鎌はたくさんの種類があり、そんな草刈り鎌にはおすすめしたい選び方があります。そんな草刈り鎌の種類や、おすすめの選び方を詳しく紹介しますので、草刈り鎌を購入するときには、ぜひ参考にしてみてください。

草刈り鎌に種類はある?

鎌の種類は、除草するときに使われる「草刈り鎌」だけではなく、その他にも野菜の収穫時などの農業でも使います。そんな、鎌は使用用途に合わせて選べるものだったり、逆にオールマイティに使える鎌など、種類が豊富なため自分で選んで使えるのがメリットです。

そんな鎌の種類には、農業に使用する鋸鎌をはじめ、小鎌・薄鎌・中厚鎌・厚鎌・刈払鎌・造林鎌・収穫用鎌・特殊鎌・地域鎌など大きく分けると10種類と豊富にあります。また鎌の形状も、折り畳み式のものや、錆びにくく切れ味がいいもの、専用のもので形状が特殊なものなど数多くあります。

そんな、鎌は自宅で刃を研いで使用することもできるため、自分でしっかりメンテナンスをすることで、いい状態で長期的に使うことが可能です。

草刈り鎌の選び方

鎌の選び方は、まず鎌の「素材」を重視します。そんな素材選びのポイントは、「刃」と「柄」の2カ所の素材です。刃の部分は、物を刈るため錆びづらく、鋼材の表面に加工がされている物を選びましょう。次に柄の部分の素材は、水分吸収性が高い素材だと雨天時に柄が重くなり使いづらくなるため、水分吸収性が低く軽くて丈夫な素材がおすすめです。

次に鎌を選ぶ時のポイントは、鎌の刃部分の形です。購入する鎌の刃渡りを考える場合に、鎌は外周部の「外刃」・内周部の「内刃」・先端の「刃先」の刃の大きさを考慮して選びましょう。また、縦幅の大きさにより、鎌の収納性や切れあじに関係してくるので、1回で刈りたい範囲よりも、少し大きめの刃渡りを選びましょう。

鎌の選び方のポイントを紹介しましたが、実際に鎌を手持ち馴染むかも大切なポイントになるため、実物の鎌を手に取ってから購入を決めることをおすすめします。

鎌の種類を選ぶ

草刈り鎌を選ぶ場合、用途に合せて「鎌の種類」を選ぶことが大切です。そんな草刈り鎌には、複数の種類があり用途を簡単に紹介するので用途に合せて選びましょう。

一般的な草刈り鎌はといえば、「三日月鎌」です。この鎌は、全てに使えるため初心者にすすめですが、雑草を根こそぎ刈りたい方には「草削鎌」がおすすめです。この草削鎌の刃は、大きく曲がっているのが特徴で、この刃が根こそぎ刈りとってくれます。

そんな草刈り鎌の中でも、農作業までこなせるのが「鋸鎌」です。この鎌の刃は、鋸のようになっているため、手前に引くときに力を使わずに刈り取れます。また、座っての草刈り作業が辛い人におすすめなのが、鎌に50cm以上の長い柄が付いる「長柄刈払鎌」になり、立ったまま草刈りができます。

また庭での作業で、雑草だけではなく小枝も刈りたい人には、太い柄で力が入りやすい「木鎌」がおすすめな鎌です。

刃の厚みを選ぶ

鎌の選び方で大切なのが、刈る物に合せた「刃の厚み」を選ぶことになり、草刈り鎌の刃の厚みは鎌の切れ味に影響するため、作業効率のためにも刃の厚み選びは重要です。そんな、刃の厚みには3種類あるので紹介します。

まず、柔らかい草を刈るのなら「薄鎌」をおすすめです。刃が薄い鎌は、刃先の切れ味がシャープになため柔らかい草も刈れます。また、使用している金属が少ないため、鎌自体が軽く作業が楽です。

次に紹介する「中厚鎌」は、成長して硬くなった草や、乾燥している太い茎の草などを刈りたい場合におすすめです。また、柄が長い製品を選ぶと手首のスナップで作業がはかどります。刃が厚いため草を刈る威力が強いのが利点になります。

最後の種類は「厚鎌」になり、この鎌なら太い草だけでなく小枝も一度で刈れます。鎌に重さがあるため、女性からは敬遠されがちな鎌ですが、鎌の重みで振りまわしやすいため少ない力で刈ることが可能です。

刃の素材を選ぶ

草刈り鎌を選ぶのに鎌の「刃の種類」を選ぶことが大切です。鎌の刃の素材によって特徴があり、メンテナンスの仕方もその頻度も異なります。そんな鎌の刃を選ぶ際は、使用用途を含めて、自分がどの条件を優先したいかを決めから購入することがおすすめです。

例えるなら、草刈りをすると樹液が付いたり、小石などの硬い物に当たり刃が欠ける場合があります。そんな、草刈り鎌の刃の耐久性を重要視するのならば、鋼に鉄を混ぜた「鋼材」がおすすめになり、この鋼材の鎌は、切れ味が悪くなっても自分で研げるのが利点ですが、錆びやすいのが欠点なため頻繁にメンテナンスが必要です。

そんな鋼材とは、真逆なのがステンレスになります。ステンレスは、錆びにくく、メンテナンスが簡単なため初心者におすすめです。しかし、今までは研ぐことが難しかったのがステンレスでしたが、最近では研ぎ直せる製品もあるのでぜひ探してみてください。

おすすめしたい草刈り鎌ランキング!

鎌の種類や、おすすめの鎌の選び方を詳しく紹介しましたが、草刈り鎌にも同じように自身の使用用途に合う草刈り鎌を購入することが大切です。そんな草刈り鎌の中から、皆さんにおすすめしたい草刈り鎌を、ランキングで紹介しますので、購入の際にはぜひ参考にしてください。

おすすめ第3位

口コミ

剛性と軟性がほどよく、サクサクと、草刈り出来ました‼田舎を思い出しました(*^^*)

草刈り鎌の購入を考えている方におすすめしたい草刈り鎌人気ランキング第3位は、若獅子の「中厚鎌」です。

この草刈り鎌は、茎の硬い雑草などを刈り取るために、特化している草刈り鎌です。振り回して使用する草刈り鎌は、刃の脱落が心配になるという人が多いですが、この中厚鎌は刃が2つの鋲で柄にしっかりと留めてあるため、安心して使用することができます。ご自身の好きなように、草をザクザクと刈ることができます。

この草刈り鎌に使われている鋼材は、包丁にも使用されている日立安楽鋼を使用しているため、鎌の切れ味も抜群です。また、鍛造と熱処理により不純物が排除されているため、錆にも強いのが特徴になり、繰り返し刃を研いでも刃が欠ける心配がないほど、強度に優れた刃です。

今回おすすめした草刈り鎌である中厚鎌は、園芸用かま部門のランキングなどで第1位に輝くなど人気のある商品になっています。

おすすめ第2位

草刈り鎌の購入を考えている方に、おすすめしたい草刈り鎌ランキング第2位は、鉄光の「改良鋸鎌」になります。この草刈り鎌は、ザクザクと草を刈りとれるため、除草から農作業まで幅広く使用できるパワーのある草刈り鎌です。

また改良鋸鎌の刃は、刃の素材に「炭素鋼」を使用しているため強度が高く、刃の厚みも十分にある草刈り鎌になるため、太くしっかりとした植物も刈りとれます。また、鎌の刃に焼き入れ処理をしているため、刃先が特に硬く耐久性があり、草刈り鎌の切れ味も抜群です。

またこの草刈り鎌が、優れているのは性能だけではなく、鉄光が老舗工具メーカーだからできる安価な価格設定が購入者の魅力になっています。しかし、鋸鎌のデメリットに刃先を研ぐことが難しいことがあげられますが、この改良鋸鎌なら価格が安価なため、鎌の切れ味が悪くなった時期に買い替えることができるのも、この鎌がおすすめな理由です。

おすすめ第1位

草刈り鎌の購入を考えている人に、おすすめしたい草刈り鎌の第1位は、手打の「草刈り鎌」です。この草刈り鎌の価格は、決して安くありません。しかし、それでも購入をおすすめしたい草刈り鎌です。

そんな、草刈り鎌でおすすめしたい第1位である草刈り鎌に使われている鋼材は、素材の中でも最高ランクと言われている青紙鋼です。そのため、草刈り鎌をただの消耗品だと考えていると、この価格は正直選びづらいでしょう。しかし、この草刈り鎌は、熟練の職人が1つ1つ丁寧に叩いて作っている手作りの商品です。

この草刈り鎌が、できるまでには30工程をおこなう必要があります。しかし、この工程をおこなうことで青紙鋼から不純物が抜け、高度と粘りの2つを両立させた鎌が完成します。また、草刈り鎌のメンテナンスを、きちんとおこなうことで長期間使用できるため、長期的にみるとコスパのいい商品です。

特徴・用途おすすめしたい草刈り鎌

草刈り鎌を購入する予定の人に、おすすめしたい草刈り鎌ランキングを紹介しましたが、次に紹介したいのは、草刈り鎌を使う状況や用途別でおすすめしたい草刈り鎌を紹介します。今回は、「立ったまま」「左利き」「ステンレス」「高級」に合った、おすすめな草刈り鎌を詳しく紹介します。

立ったままで使える草刈り鎌

座って長時間草刈りをする場合、どうしても足腰に痛みが出てしまい困っている人が多くいます。そんな人に、おすすめしたい草刈り鎌が、千吉の立ち刈り用の「草取鎌」です。もちろん、この草刈り鎌の特徴は、立ったままでも草刈りができるように作られた、鎌に付いた長い柄になります。

そんな草取鎌は、立ったままでも細かい草を狙って刈ることができ、柔らかい草でも逃がさないように、草刈り鎌の刃にギザ刃加工がされています。また、刈っているときに草刈り鎌が滑ってしまわないように、長い柄には滑り止め加工の特殊塗装がされています。

そんな、長柄の草刈り鎌は、座っていても広範囲の雑草を刈ることができため、地区の清掃などでも、座りながら実力を発揮することが可能です。

左利きの草刈り鎌

通常の草刈り鎌は、右利きの人から向かって、左側に刃が突出するように作られているのが一般的です。しかし、左利きの方もいるため、草刈り鎌には刃が逆に付いている左利き用の草刈り鎌も存在しています。そんな、左利き用の草刈り鎌を使うときには、事故防止のためにも、右利き用の草刈り鎌と同時に作業しないことをおすすめします。

なぜ同時の作業をおすすめしないのかと言うと、右利きの方と同時に作業をする場合、作業の仕方が互いを向いて作業をすることになります。そのため、お互いが鎌の刃を相手に向けて作業することになり、作業中に相手を傷つける可能性があるためです。

そんな左利き用の草刈り鎌で、おすすめしたい草刈り鎌は豊稔の「光山作改良目鋸鎌」の左用になります。この鎌は、古来の刃物造りの考え方を受け継ぎ、草刈り鎌に適してた最高級材料を使い、手作りと機械の利点を合わせることで切れ味のよい草刈り鎌が完成しました。

ステンレス製草刈り鎌

草刈り鎌は、作業中に草木の汁が刃に付いたり、硬い物が当たり刃が欠ける恐れがあります。そのため草刈り鎌を、購入する場合には耐久性が大切な条件になります。そんな、草刈り鎌の耐久性を長くするためには、草刈り鎌で使われる素材を選ぶことが大切です。

そんな草刈り鎌の主な素材は、鋼付・ステンレスなどの種類あり、鋼材は切れ味が素晴らしく、切れ味が落ちても自身で研ぐことができるため、鎌を長期的に使用することができますが、錆びやすくメンテナンスが大変なのが欠点になります。

そんな鋼材と逆なのが、ステンレスになり、錆びにくく切れ味も鈍くなりにくいため、メンテナンスが鋼材よりも簡単なため、鎌をはじめて購入する人におすすめです。そんな、ステンレス製の鎌でおすすしたいのが、sitaの「平ネジリ鎌」です。この鎌は、ステンレス製で錆びにくく、土ごと削り取れるため雑草を根元から刈りとれます。

高級草刈り鎌

草刈り鎌などの刃ものは、使っている素材によっても値段が異なりますが、鎌の作り方によっても値段に多きな差がでます。そんな草刈り鎌の中には、安易に手が出にくい価格の草刈り鎌が存在します。そんな草刈り鎌は、高級品と呼ばれる商品です。しかし、そんな高級草刈り鎌を購入するメリットもあります。

そんな、高級草刈り鎌の中でおすすめなのが、鍛冶屋トヨクニの「中厚鎌 青鋼」です。まず、製造元の鍛冶屋トヨクニは、1946年に創業された土佐鍛冶メーカーになり、手加工包丁、作刀、狩猟刀などを造り、販売をおこなっていました。しかし、近年はそこにハイテク技術が加わり、さらによりよい製品が作れるようになりました。

そんなメーカーの中厚鎌は、土佐打ちの和式刃物の定番な鎌になり、昔ながらの戸田自由鍛造で1本ずつ丁寧に製造しています。そのため、切れ味が一般的な鎌とは異なり、使い勝手がいいのが特徴です。

おすすめの草刈り鎌メーカーと製品

たくさんの草刈り鎌を詳しく紹介しましたが、そんな草刈り鎌のメーカーは複数存在しています。そんな、たくさんある草刈り鎌メーカーの中から、みなさんにおすすめしたい草刈り鎌メーカーと、その製品を詳しく紹介します。

浅香工業のおすすめ製品

浅香工業は、約350年前の寛文年間に創業された老舗メーカーになります。そんな浅香工業は、代々堺名産の打刃物問屋を営んでいます。そんな、浅香工業のメーカーは「宝長久」の名前で知られており、明治26年に日本で初めてショベルやスコップなどを国産化しました。

そんな浅工業は、創業以来「人の生活」を会社のテーマとし、数多くの生活関連用品を製作・販売しています。また、350年の伝統で培ったノウハウを生かしながら、現在のニーズに合せた製品作りをしています。そんな、浅香工業の草刈り鎌で代表的なのは、宝長久寛文作の「安来鋼付薄鎌」です。

この草刈り鎌は、腰入れと呼ばれている鎌の頭部が少しだけ起きているような形状になっており、柄尻にコブが付いており滑りにくくなっているのが、この草刈り鎌の特徴です。また刃の素材に、安来鋼を使用しているため、長期的に切れ味を持続できるのもおすすめな理由になります。

藤原産業おすすめ製品

藤原産業は、1897年に藤原長太郎が「藤原長太郎商店」を創業したのが始まりになり、カミソリなどの製造を基本にしていましたが、現在は「営業・商品・物流・管理・園芸」の5つの部門でDIY業界を牽引しています。

そんな、藤原産業の草刈り鎌の中で、おすすめしたいのが千吉の「振っても引いても切れる鎌」です。この鎌は、除草・収穫用に製作した草刈り鎌です。

そんな振っても引いても切れる鎌の特徴は、鎌の「刃」にあります。この鎌は、鋸鎌になるため鎌に溝が複数ついており、その溝1つ1つが刃になっているため、どんな方向に鎌を動かしても草を刈ることができます。

また、錆に強いステンレス製の鎌になりますが、以前までステンレス製の欠点だった研ぐ行為も、ダイヤモンドシャープナーや砥石などで、自宅でも簡単に研げるようになりました。その他にも、裏目付きなため切れ味が長く保てるのもおすすめの理由です。

株式曾社高儀おすすめ製品

高儀は、約150年前に創立して以来、建築に関わる刃物や工具を製作・販売しています。その道具の精度は、約150年積み重なった技術を駆使しています。そんな老舗メーカーである高儀の製品は、建築系の工具のみではなく、キッチン用品や学校製品も製作・販売しています。そんな高儀の草刈り鎌は、左利き用製品が多いのが特徴です。

そんな高儀の製品で、おすすめしたい草刈り鎌は「菊堂 極ラク鎌」の中厚鎌です。極ラク鎌の刃は、三面に刃が付いた裏目式刃になっており、刃先が薄くシャープ作られています。そのため三面刃は、通常の刃付けの鎌よりも雑草を簡単にスッと刈ることが可能です。

また、おすすめした中厚鎌には、適度な重さがあるため、振り回しやすく草が刈りやすいです。また、極シリーズの特徴である凹凸グリップは、草刈りの最中にすっぽ抜けることを減らせ、握力が弱い女性でも握りやすく疲れにくくなっています。

草刈り鎌は、条件を守って購入しよう

草刈り鎌おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方【2019年】

草を刈るときに必須な道具が、草刈り鎌になります。そんな草刈り鎌には複数の種類がり、用途に合わせて選ぶ必要があります。

ですが、自分の使用条件などに合わない草刈り鎌を選んでしまうと、草刈りの効率が下がるだけでなく、ムダな疲労に繋がってしまいます。草刈り作業は、もとから疲れる作業になるため、少しでも楽に作業をするためにも、自分の用途などに合った草刈り鎌を探してみましょう。

Related