Search

検索したいワードを入力してください

2017年12月30日

コードレス掃除機のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類【2018年】

近頃掃除機業界は、「コードレス掃除機」の製造に力を入れています。そんなコードレス掃除機にはたくさんの種類がありますが、いったいどんな種類のコードレス掃除機があるのでしょうか。また、コードレス掃除機はどんな基準で選べば良いのでしょうか。

コードレス掃除機のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類【2018年】

コードレス掃除機の種類と選び方は?

コードレス掃除機のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類【2018年】

コードレス掃除機は、最近の掃除機業界の主流になりつつある掃除機です。そんなコードレス掃除機にはさまざまな種類がありますが、コードレス掃除機の種類はどんな物があるのでしょうか。また、コードレス掃除機の選び方についても解説していきます。

コードレス掃除機の種類は?

家電量販店に行っても、コードレス掃除機はたくさん販売されていますが、コードレス掃除機にはいったいどんな種類があるのでしょうか。コードレス掃除機の種類について解説していきます。

サイクロン式

コードレス掃除機の種類の1つに、「サイクロン式」のコードレス掃除機があります。サイクロン掃除機は、サイクロンの力でゴミを集塵するタイプの掃除機です。

従来の紙パック式の掃除機とは違い、フィルターやゴミ集約容器の掃除などが必要になりますが、紙パックを購入する必要がなく、いつも掃除機内を清潔に保てるというメリットがあります。

紙パック式

コードレス掃除機の種類の中には、「紙パック式」のコードレス掃除機もあります。紙パック式のコードレス掃除機は、従来の掃除機のように紙パックを掃除機本体にセットして使用するタイプの掃除機です。

紙パックの場合は、ゴミが溜まるごとに紙パックを購入し、交換するという手間がありますが、フィルターやゴミ集約容器の掃除の必要がないので、簡単に使いこなすことができることがメリットです。

ハンディタイプ

コードレス掃除機の種類の1つに、「ハンディタイプ」のコードレス掃除機があります。一般的なコードレス掃除機よりも小さく、手軽に使用できる小ぶりなコードレス掃除機です。

ハンディタイプの掃除機は、ソファの掃除や車内の掃除、ちょっとした掃除の際などに使用することができ、一家に一台は欲しいコードレス掃除機です。

布団掃除機

コードレス掃除機のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類【2018年】

コードレス掃除機の種類には、「布団掃除機」もあります。布団掃除機は名前のとおり、布団に使用する掃除機で、ダニやほこりなどを除去する効果があります。

普段は天日干しすることができないマットレスや、ソファのクッションなど、布団掃除機と言えども幅広い用途で使用することができます。

コードレス掃除機の選び方は?

コードレス掃除機にはさまざまな種類がありますが、コードレス掃除機はどんなことを基準に選べば良いのでしょうか。コードレス掃除機の選び方について解説していきます。

使う場所で選ぶ

コードレス掃除機のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類【2018年】

コードレス掃除機を選ぶ時には、「どんなところで使用するか」ということを考えて選ぶことがおすすめです。例えば、普通に床に使用したいという場合は、一般的な大きさのコードレス掃除機を選ぶ必要があるでしょう。

車内に使用したい場合は、小さく軽いコードレス掃除機を、布団に使用したい場合は、布団掃除機を選ぶ必要があります。

使う場所・用途に合わせてコードレス掃除機を選ぶことが大切になります。

重さで選ぶ

コードレス掃除機の重さは、その掃除機によってさまざまです。重い物は使い辛くて嫌という場合は、軽い掃除機を選ぶことがおすすめです。

反対に、多少重くても吸引力を重視するという場合は、軽さ重視ではなく、性能重視で選ぶことがおすすめです。

充電時間や連続使用時間で選ぶ

コードレス掃除機は、コードレスのため、充電が必要不可欠になります。一回の充電にどのくらいの時間を要するのか、また、連続して使用できる時間はどのくらいなのかは、コードレス掃除機を選ぶうえで重要な判断基準になります。

充電時間が長く、連続使用時間が短い物は、使用する際に不便に感じる場合もあるでしょう。家の広さや掃除機の使用時間を考慮し、充電時間や連続使用時間から判断してコードレス掃除機を選びましょう。

お手入れのしやすさで選ぶ

コードレス掃除機のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類【2018年】

コードレス掃除機には、紙パック式の掃除機と、サイクロン式の掃除機があります。紙パック式の物は、ゴミが溜まったらパックごと捨てることができますが、サイクロン式の物は、集塵カップからゴミを取り除き、定期的に洗浄する必要があります。

サイクロン式の掃除機の中でも、フィルターごと丸洗いできる物もあるので、掃除やお手入れが面倒という方は、丸ごと水洗いできるタイプや、紙パック式の掃除機を選ぶことがおすすめです。

お手入れのしやすさも、掃除機を選ぶ判断基準になります。

値段で選ぶ

コードレス掃除機は、数千円で購入できる物から、十万円近い金額がするコードレス掃除機もあります。ない袖は振れませんから、ご自身の購入予算を考慮して、コードレス掃除機を選ぶことも大切です。

値段が安いから・高いから良いというわけではなく、あくまでもコードレス掃除機の性能やスペックと比較して選ぶようにしましょう。

コードレス掃除機おすすめ人気ランキングTOP3は?

数あるコードレス掃除機の中で、おすすめの人気ランキングを紹介していきます。コードレス掃除機おすすめ人気ランキングTOP3は、いったいどんなコードレス掃除機なのでしょうか。

ランキング3位「マキタ」

「マキタ」CL107FDSHW

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

人気のマキタですが、コレはよいと思います。 吸引力は強い方ではないかもしれませんが、 フローリングだけなので十分かな。 すぐ出せる軽さと便利さがよいです。

コードレス掃除機おすすめ人気ランキング第3位は、「マキタ」のCL107FDSHWというコードレス掃除機です。マキタのコードレス掃除機は、重量が1.1kgととても軽く、新幹線の清掃などの業務用にも使用されています。

集塵方式は紙パック式になるので、使い方も簡単でおすすめです。

ランキング2位「シャープ」

「シャープ」フリード

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

届いて、組み立てて。 充電前だったから一瞬しか動かなかったけど、 マジックバランスが良いです。 壁掛けの金具無しでも置いておけるのがポイント高い。

コードレス掃除機おすすめ人気ランキング第2位は、「シャープ」のフリードというコードレス掃除機です。シャープのコードレス掃除機は、アイドリングストップ機能が搭載されており、消費電力を最大58%も削減してくれます。

サイクロン式のコードレス掃除機ですが、集塵カップやフィルターも丸ごと水洗いすることができ、お手入れも比較的簡単でおすすめです。

ランキング1位「東芝」

「東芝」トルネオブイコードレス

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

商品説明通り。軽くて、使いやすくて、強力。性能とデザインには満足。 こういうタイプは自立型充電スタンド式だと勝手に思い込んでいた

映えあるコードレス掃除機おすすめ人気ランキング第1位は、「東芝」のトルネオブイコードレスです。東芝のコードレス掃除機は1.9kgと軽量で、付属のアタッチメントを付け替えれば、布団掃除機や衣類クリーナーなどとしても使用することができます。

吸引力も抜群で、さまざまな用途に使用することができるので、おすすめのコードレス掃除機です。

特徴・用途別おすすめのコードレス掃除機は?

続いては、特徴や、用途別のおすすめのコードレス掃除機を紹介していきます。特徴や用途によって、おすすめのコードレス掃除機は違ってきます。特徴や用途別には、いったいどんなコードレス掃除機がおすすめなのでしょうか。

一人暮らしにおすすめのコードレス掃除機は?

「ツインバード」サイクロンスティック型クリーナー

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

レビューを見て値段の割にとても良いと書いてあったのでこれは、買うしかないと思いました 吸い込み最高!音は高いけど値段は安い 何も問題無くおすすめです

一人暮らしにおすすめのコードレス掃除機は、「ツインバード」のサイクロンスティック型クリーナーです。とにかくお値段がお安い掃除機ですが、一人暮らし向けの掃除機としては十分な掃除機です。

本体重量も1.7kgととても軽く、パッと掃除機をかけたい方にもおすすめです。細かいところの掃除に便利な隙間ノズルも付属されています。

サイクロン式でおすすめのコードレス掃除機は?

「Panasonic」P8コードレス掃除機

Amazonで見る

口コミ

ヘッドの回転が思いのほか軽くて掃除しやすかったです。絨毯は吸引力がある分、キッチンマットなどは上がってしまってやりずらいですが、吸引力はさすがです。

サイクロン式の掃除機でおすすめのコードレス掃除機は、「Panasonic」のP8コードレス掃除機です。Panasonicのコードレス掃除機は、4時間の充電で最大35分間連続して使用することができ、広いお家でも安心して使用することができます。

パワフルな吸引力に比べて稼働音が小さく、3.9kgとしっかりとしたサイクロン掃除機としては軽い設計もおすすめのポイントです。

紙パック式でおすすめのコードレス掃除機は?

「Panasonic」イット

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

軽くて、◯イソンにも負けない位の吸引力、紙パックを捨てるわずわらしさもないです。 まだ慣れませんがノズルがIの形になって狭いところも掃除できて中々いいです ただコードレスクリーナーにしてはちょいと割高かな…。

紙パック式のコードレス掃除機でおすすめなのは、「Panasonic」の紙パック式スティッククリーナー「イット」です。この掃除機の最大の特徴はヘッド部分にあり、壁際や狭い場所でも一つのヘッドで自由自在にお掃除をすることができます。

ハンディクリーナーとしても使用することができ、掃除機の本体重量も1.7kgととても軽いのでおすすめです。

吸引力が強いおすすめのコードレス掃除機は?

「ダイソン」V8

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

初めてのコードレス掃除機でしたが、吸引力がいい! かなり満足してます。

吸引力が強いおすすめのコードレス掃除機は、「ダイソン」の掃除機です。ダイソンの最新モデルのダイソンV8は、従来のコードレス掃除機とは比べ物にならない吸引力です。

ダイソンの最大の特徴は、たくさんのアタッチメントで、布団や車内、高いところや狭いところにも、アタッチメントを付け替えることで自由自在にお掃除をすることができます。

お値段が高いところが残念ポイントですが、お値段以上の品質に期待ができます。

軽くておすすめのコードレス掃除機は?

「アイリスオーヤマ」超軽量スティッククリーナー

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

この掃除機はヘッドがコンパクトで軽いので、同じ量の掃除をしても全然体が楽です。壁掛けも大事なポイントで、この商品はマグネットで付ける形になっているので、サッと取って、サッサと掃除ができます。

軽くておすすめのコードレス掃除機は、「アイリスオーヤマ」の超軽量スティッククリーナーです。アイリスオーヤマのコードレス掃除機は、「超軽量」ということだけあって、本体重量は1.3kgと超軽量です。

延長パイプとフロアヘッドを外したハンディタイプの状態にすれば、なんと0.98kgという軽さです。連続使用時間は20分~30分と、少々短い気もしますが、軽いという面ではかなりおすすめのコードレス掃除機です。

車用におすすめのコードレス掃除機は?

「FUKAI」充電池式ウェット&ドライハンディクリーナー

¥ 5,400

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

商品到着してから1ケ月程度経ちました。コードレスでちょっと机周りが汚れた時に利用させて頂いています。 充電式なので吸引力を期待していなかった分、良い意味で期待を裏切られました。(^^)

車用におすすめのコードレス掃除機は、「FUKAI」の充電池式ウエット&ドライハンディクリーナーです。FUKAIのコードレス掃除機は、とにかく安く購入することができる点がおすすめのポイントです。

ただし、電池式なので、充電式の電池を使うなどの工夫が必要になるでしょう。

ハンディタイプでおすすめのコードレス掃除機は?

「Holife 」ハンディクリーナー

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

とにかく便利! 車用に買いましたが、家の中でもサッと使えて重宝しています!

ハンディタイプでおすすめのコードレス掃除機は、「Holife」のハンディクリーナーです。隙間ノズルやブラシなど、ハンディタイプですが、アタッチメントも豊富で、使用する際の音も静かでおすすめです。

3時間~5時間の充電時間で、連続して30分間使用することができます。本体重量も1.7kgと軽く、さまざまな場面で活用できるでしょう。

一台何役もこなすおすすめのコードレス掃除機は?

「東芝」トルネオブイコードレス

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

ホルダに乗せると自動で充電すると良いのですが、アダプタを差し込む必要があるので、減点ポイントです。 なお、国内メーカでは調べた限り唯一のブロー機能があることも決め手でした。

一台で何役もこなすおすすめのコードレス掃除機は、「東芝」のトルネオブイコードレスです。東芝のトルネオブイコードレスは、たくさんのアタッチメントが付属されていて、一台で何役もの掃除をこなしてくれます。

アタッチメントの種類は、布団用や衣類用アタッチメント、柵周りのお掃除に使える丸ブラシや、高いところにも使用できるホース、細かい隙間に入り込める隙間ノズルなど、一台でたくさんの役割を担ってくれます。

本体重量が1.9kgと軽いため、高いところの掃除でも疲れにくく、おすすめの掃除機です。

布団用でおすすめのコードレス掃除機は?

「ダイソン」布団クリーナー

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

布団クリーナーとありますが いろいろついていたのでハンディークリーナーとしても使えます 今まで届きにくかった場所もお掃除できて 気に入っています

布団用でおすすめのコードレス掃除機は、「ダイソン」の布団クリーナーです。別のメーカーからも布団掃除機を販売していますが、吸引力の点で言えば、ダイソンの右に出る掃除機はありません。

マットレスや布団などの気になるダニやほこりを最大限吸引してくれ、布団やマットレスを清潔に保つことができます。

また、アタッチメントが豊富なので、布団掃除機の他にも細かい隙間や溝など、さまざまなところを掃除することができます。

おすすめのコードレス掃除機のメーカー・ブランド3つと代表製品は?

コードレス掃除機は、さまざまなメーカーやブランドから販売されていますが、おすすめのコードレス掃除機のメーカーやブランドは、どんなメーカー・ブランドなのでしょうか。おすすめのコードレス掃除機メーカー・ブランド3つと、代表製品を紹介していきます。

ダイソン「コードレスクリーナーV8」

「ダイソン」V8

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

フルパワーではそれなりに音も頑張ってる感がありますが、通常稼働なら十分に静かなんですね。 世間の爆音というレビューはなんだったのか・・・ 妻が満足しているのでそれだけで十分です。

コードレス掃除機のおすすめメーカー・ブランドの1つは、「ダイソン」です。ダイソンは英国に本社のあるブランドで、日本の製品ではありませんが、世界中で愛され、指示されている掃除機ブランドです。

コードレス掃除機の先駆けと言っても良いダイソンは、コードレス掃除機の中でも圧倒的な吸引力を誇っています。

そんなダイソンの代表製品は、最新モデルの「ダイソンコードレスクリーナーV8」です。アタッチメントも豊富に付属されてあり、高い部分や狭いところ、布団や車内など、さまざまな場面で使用することができるコードレス掃除機です。

吸引力重視という方には、ぜひダイソンのコードレス掃除機をおすすめします。

三菱「インスティック」

「三菱」インスティック

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

ナンカオシャレな感じがしますするするとらくらくお掃除完了します らくらくお掃除 部屋の匂いも何となく

コードレス掃除機のおすすめメーカー・ブランドの1つは、「三菱」です。三菱は日本の家電メーカーで、掃除機以外にも冷蔵庫やエアコンなど、さまざまな家電を手掛けています。

そんな三菱の代表製品は、「インスティック」というコードレス掃除機です。三菱のインスティックは、スタイリッシュな見た目が特徴的で、リビングにインテリアとして置いておいても違和感のないおしゃれな見た目が人気の秘訣です。

充電時間が90分と短く、空気清浄機能も搭載されているため、排気も気になりません。布団アタッチメントも付属しているので、布団クリーナーとしても使用することができます。

見た目重視の方にはぜひおすすめのコードレス掃除機になります。

Panasonic「イット」

「Panasonic」イット

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

紙パックが購入の決め手です。 サイクロン式は、ゴミを捨てる際に多少のチリが舞いそうな気がしましたので… 今までの掃除機も紙パック式でした。 初めてのハンディですが使いやすいです。

コードレス掃除機のおすすめメーカー・ブランドは、「Panasonic」もおすすめです。Panasonicも日本の家電メーカーで、洗濯機や照明機器などの製造・販売も行っています。

Panasonicではたくさんの掃除機を製造・販売していますが、そんなPanasonicの掃除機の中でも代表的なおすすめのコードレス掃除機は、「イット」というコードレス掃除機です。

イットの特徴としては、ノズルを変えることなく部屋の隅々まで自由自在に掃除ができるところです。壁際や狭い隙間にも入り込み、しっかりとゴミを吸引してくれます。

アタッチメントよりも、掃除機本来の性能を重視するという方には、ぜひおすすめの掃除機になります。

コードレス掃除機の使い方・活用方法は?

コードレス掃除機のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類【2018年】

最後に、コードレス掃除機の使い方や、活用方法について解説していきます。せっかくコードレス掃除機を購入しても、正しい方法で使用できていなかったり、活用できないことはとてももったいないです。コードレス掃除機の使い方や活用方法は、どんなものがあるのでしょうか。

充電時間と稼働時間を把握しよう

コードレス掃除機は、コードがない掃除機なので、充電が必須になります。そのため、「どのくらいの充電時間が必要か」ということと、「連続してどのくらいの時間稼働できるか」をあらかじめ把握しておくことが大切になります。

しっかりと充電をしておかないと、掃除の途中で充電切れになってしまうこともあるので、使用する前に、充電時間と稼働時間はきちんと把握しておきましょう。

サイクロン式はマメに掃除を

コードレス掃除機の中でも、最近はサイクロン式が圧倒的に多くなっています。しかし、サイクロン式のコードレス掃除機を使用する際には、マメにフィルターや集塵カップの掃除を行うようにしましょう。

フィルターなどが目詰まりしてしまうと、吸引力が劣ってしまったり、故障などの原因になります。また、水洗いできる物は、しっかりと乾燥させないと、カビが発生する原因になります。

サイクロン内にカビが発生してしまうと、排気口からカビの胞子が排気されてしまうので、マメなお掃除が大切になります。

掃除が面倒という人は、紙パック式のコードレス掃除機を購入することがおすすめです。

アタッチメントを活用する

コードレス掃除機で、ある程度お値段がする掃除機は、付属のアタッチメントが充実していることが多いです。付属のアタッチメントには、ノズルやブラシ、布団用など、さまざまなアタッチメントがあるでしょう。

コードレス掃除機をフル活用するためには、アタッチメントを最大限に活用して掃除をすることがおすすめです。

コードレスなら高いところの掃除も簡単!

コードレス掃除機のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類【2018年】

コードレス掃除機は、軽い物タイプの物が多く販売されています。そのため、コードがついている掃除機よりも、格段に高いところの掃除が簡単になります。

付属の長いアタッチメントがついている場合は、長いノズルを活用して、天井や天井付近の掃除に役立てられます。

生活スタイルや用途に合わせてコードレス掃除機を選ぼう!

コードレス掃除機のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類【2018年】

今回は、コードレス掃除機の種類や、コードレス掃除機の選び方、また、おすすめのコードレス掃除機のランキングやメーカー・ブランドの代表製品などについて解説しました。

コードレス掃除機は、さまざまなメーカー・ブランドで製造、販売を行っており、たくさんの種類があります。

ご自身や家族の生活スタイル・ニーズ、使用したい用途や場所に合わせて、コードレス掃除機を選んでみてください。

Related