Search

検索したいワードを入力してください

2018年01月12日

洗濯槽クリーナーおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類【2018年】

洗濯槽クリーナーは目に見える部分は汚れていないようでも、目に見えない部分にカビや雑菌、汚れが付着していることも多いので、定期的に洗浄することをおすすめします。そこで今回はおすすめの洗濯槽クリーナーをメーカー別やランキング形式で紹介していきます。

洗濯槽クリーナーおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類【2018年】

おすすめの洗濯槽クリーナーの種類と選び方

洗濯槽クリーナーおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類【2018年】

洗濯槽は一見汚れていないように見えても、実はカビや雑菌がとてもつきやすく洗濯槽を洗浄しないまま洗濯を続けてしまうと、知らず知らずのうちに洗濯ものに洗濯槽に付いているカビや雑菌をつけてしまっていることも少なくありません。

洗濯をした衣類に嫌な臭いが残っていたり、黒いカスのようなものがついた場合は洗濯槽の汚れが原因の場合もあります。そのため洗濯槽は定期的に洗浄することがおすすめです。

そこで今回は洗濯層をきれいに洗浄してくれるおすすめの洗濯槽クリーナーを紹介していきます。まず洗濯槽クリーナーには塩素系と酸素系の2つのタイプがあります。そこでタイプ別にその特性をまず紹介していきます。

洗濯槽クリーナーの種類

塩素系

塩素系の洗濯層クリーナーは次亜塩素酸ナトリウムが主成分です。次亜塩素酸ナトリウムには強い殺菌作用があるので、殺菌力の高さでは酸素系の洗濯槽クリーナよりも勝っています。しかし販売されている商品にもよりますがあまり頻繁に使用してしまうと洗濯槽が傷んでしまうこともあるので、各商品の使用目安をよく確認して使用することをおすすめします。

また塩素系の洗濯槽クリーナーには「混ぜるな危険」の表記がされていることも多くあります。これは酸性タイプの商品と混ぜてしまうと有害な塩素ガスが発生してしまうための注意喚起です。

酸素系

酸素系の洗濯槽クリーナーは過炭酸ナトリウムの強い発泡作用で、剥がして落とすタイプなので塩素系のように分解するタイプとは違ってこびりついていた汚れを直接目にすることができます。殺菌力は塩素系の洗濯槽クリーナーより劣ってしまうことが多いですが、汚れを落とすことに長けているタイプです。使用頻度の目安は各メーカーによって推奨する期間の差はありますが2ヶ月前後が多くなります。

おすすめの洗濯槽クリーナーの選び方

洗濯槽はしばらく洗浄していない、もしくは購入してから一度も洗浄していない場合はカビや雑菌、汚れも酷くなってしまっています。その場合はまず酸素系の洗濯槽クリーナーで汚れを落とし、その後塩素系洗濯槽クリーナーでしっかり除菌するなどの方法もおすすめです。

その後は2か月に1回程度は洗濯槽クリーナーで定期的に汚れを落とし、しっかりと除菌をすることが衛生的に洗濯機が使えるのでおすすめです。

また湿度の高い時期はどうしても雑菌が繁殖しやすくなってしまいますので殺菌力の高い塩素系洗濯槽クリーナーでしっかり除菌することも効果的でおすすめです。

洗濯槽クリーナーおすすめ人気ランキングTOP3

ランキング3位:「カビキラー」

洗たく槽 カビキラー 酸素系

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

洗濯機を新しくしてから、長く使う物なので、定期的に掃除してます。汚れ落ちは抜群です。 これからも使い続けて行きたいと思います。

酸素系パウダータイプの洗濯槽クリーナーです。ジョンソンの「カビキラー」はカビ取り洗剤の中ではトップクラスの人気の商品でこちらは「カビキラー」シリーズの洗濯槽クリーナーなので、カビ取り効果には高い定評がありおすすめです。

塩素は使わずに「アクティブ酸素」で洗濯槽のカビをはがして落とすタイプなので、塩素独特のにおいが苦手な方でも安心して使用することができカビ胞子除去率は99.9%という高さの洗濯槽の洗浄におすすめのクリーナーです。

またつけ置きの必要もなく、洗濯槽クリーナーを入れて洗濯機の「標準コース」(洗たく→すすぎ→脱水)の1サイクル運転で洗濯槽の洗浄をしてくれるので手間もかからないおすすめの洗濯槽クリーナーです。(洗濯機の洗濯槽洗浄コースでもOK)最近の洗濯槽クリーナーはつけ置き不要のものも多く、手間もかからずおすすめです。

対応洗濯機:全自動洗濯機、乾燥機能付き全自動洗濯機

ランキング2位:「激落ちくん」

洗濯槽の 激落ちくん

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

この商品をお湯で使って見たのですが洗濯機特有のカビ臭さが綺麗に臭わなくなりました。 定期的に購入して見たいと思います

レックの激落ちくんシリーズの酸素系粉末タイプの洗濯槽クリーナーです。「洗濯槽の 激落ちくん 」はカビの胞子を除去するだけでなく、「ラジカル酸素」の働きでカビの菌糸まで除去してくれるおすすめの洗濯槽クリーナーです。

酸素系の洗濯槽クリーナーは、種類によってドラム式の洗濯機には使用できないものも多くあります。しかし「洗濯槽の 激落ちくん 」は酸素系の洗濯槽クリーナーですが、ドラム式の洗濯機にも二層式の洗濯機(洗濯槽)にも使用できます。(9kgサイズまで)

こちらもつけ置きの必要はなく、基本的に「標準コース」(洗たく→すすぎ→脱水)の1サイクル運転で洗浄できておすすめです。黒カビ菌糸除去率は99.9%と高く、使用頻度目安は3か月に1回です。

対応洗濯機:全自動洗濯機、乾燥機能付き全自動洗濯機、ドラム式洗濯機、二層式洗濯機

ランキング1位:「アリエール」

アリエール 洗たく槽クリーナー

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

月に一度は洗濯機の槽洗浄をしているので、定期便で購入。 洗剤もアリエールなので、統一出来て良かったです。 爽やかな香りがします。

洗濯用洗剤で高い人気のあるアリエールシリーズの酸素系粉末タイプの洗濯槽クリーナーです。「活性酸素パワー」の働きででカビ胞子除去率は99.9%(ステンレスプレートによる試験)と高く、ファブリーズと共同開発されて作られているので防臭効果も高いおすすめの洗濯槽クリーナーです。

こちらもつけ置きの必要はなく、基本的に「標準コース」(洗たく→すすぎ→脱水)の1サイクル運転で洗浄できる手間いらずの洗濯槽クリーナーですが、ドラム式の洗濯機は使用不可です。使用頻度目安:3~4か月に1回

特徴・用途別おすすめの洗濯槽クリーナー

ドラム式

N-W2 洗濯槽クリーナー ドラム式専用 750ML

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

ドラム式洗濯機の黒かびが気になり、購入しました。この洗剤で洗濯槽を洗ったら、びっくりするほどきれいになりました。年に一度の使用をしようと思いました。

ドラム式の洗濯槽クリーナーは、カビを分解して落とすタイプの塩素系のものが多くなります。これは酸素系の汚れをはがしとるタイプの洗濯槽クリーナーではドラム式洗濯機の故障の原因になってしまうこともあるため、多くの場合は分解するタイプの塩素系になります。

各洗濯機メーカーで販売されていることも多くなりますが、ほとんどの場合各メーカー推奨のものでも全メーカー対応になっていて、使われている成分も類似しているので、もちろんメーカー推奨のものは安心ですが、他メーカーの洗濯機でも使えることが多くなります。

「N-W2 洗濯槽クリーナー ドラム式専用 750ML」は塩素系のドラム式洗濯機用の洗濯槽クリーナーでパナソニックから販売されています。

赤ちゃんがいる家庭でも使える

洗濯槽キレイサッパリ 600g

¥ 1,009

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

環境に優しいのに汚れには厳しいようで、すごい取れました。今までのもので一番です。コスパもよろしいかと。

アーネストの「洗濯槽キレイサッパリ 600g 」は界面活性剤(石鹸も未使用)が使われていないので、環境にも優しく赤ちゃんのいるご家庭でも安心して使用できる洗濯槽クリーナーです。全自動洗濯機、ドラム式洗濯機、二層式洗濯機とも使えるタイプです。(槽洗浄コースのないドラム式洗濯機や、二槽式の脱水槽は不可)

また計量スプーンの付いたチャック式のパッケージなので、洗濯機の容量に応じて計量して使えるのでコスパも高いおすすめの洗濯槽クリーナーです。

酸素系

洗たく槽カビトルデス

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

ドラム式で使用しましたが効果は間違いなくありました。 価格も安く臭いもないので定期的に使おうと思います。

酸素系液体タイプの洗濯槽クリーナーです。「洗たく槽カビトルデス」は大容量11kgの洗濯機にも対応してくれて、全自動洗濯機のほかにドラム式洗濯機、二層式洗濯機などすべての機種に対応タイプです。

塩素系

洗たく槽カビキラー 塩素系液体タイプ

Amazonで見る

口コミ

これで洗濯槽を洗浄すると、生乾きの嫌なニオイもしにくくなるので、定期的に使っています。

ランキング3位で「酸素系洗たく槽カビキラー」を紹介しましたが、同じカビキラーシリーズの液体タイプ「塩素系洗たく槽カビキラー」です。

こちらは全自動洗濯機はもちろんドラム式洗濯機にも対応タイプです。塩素系ですので雑菌をしっかりと除去してくれてつけ置きも必要なく標準コースで回すだけで洗浄することができます。また汚れがひどい洗濯槽の場合は、3時間つけ置きするとさらに効果UPします。また塩素系ですが汚れが一度で採り切れない場合は、続けて2度使用しても洗濯槽を傷める心配はない洗濯槽クリーナーです。

しかし塩素系の洗濯槽クリーナーですので、パッケージにも「混ぜるな危険」の注意喚起が書かれているように、酸性タイプの製品と混ぜると有害ガスが発生する危険性もありますのでしっかりと取り扱い表記を確認して使用する必要があります。

市販で買える

シャボン玉 洗たく槽クリーナー 500g

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

以前使っていたのは一袋では効果があまりなく他の人に教えてもらって2袋入れていました。しかし、これは1袋で十分効果が実感できます。

つけ置きタイプの洗濯槽クリーナーです。合成界面活性剤は使われていないので環境にも優しいおすすめの洗濯槽クリーナーです。成分は過炭酸ナトリウム(酸素系)、界面活性剤(純石けん分[脂肪酸ナトリウム])、アルカリ剤(重曹)で3~4時間放置するひと手間がかかりますが、洗浄力の高さには高い定評のあるおすすめの洗濯槽クリーナーです。(ドラム式洗濯機は使用不可です。)

酸素系漂白剤

ニチガ 酸素系漂白剤 3kg

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

この量でこの値段はお買い得だと思います。 早速、洗濯槽とお風呂場を掃除しましたが、汚れがごっそり落ちて綺麗になりました。

酸素系漂白剤は洗濯槽クリーナーとしても使えますが、台所用品の除菌・漂白や衣類の黄ばみやシミの漂白などにも使えておすすめです。

酸素系漂白剤を洗濯槽クリーナーとして使用する場合は、重曹と混ぜて使用するとより洗浄力が高くなっておすすめです。

おすすめの洗濯槽クリーナーのメーカー・ブランド3つと代表製品

ジョンソン

ジョンソンの「カビキラー」は、カビ取り洗剤として知名度が高くあります。また「カビキラー」シリーズから洗濯槽クリーナーも販売されていて、種類は塩素系・酸素系の2種類があります。塩素系の洗濯槽クリーナーの臭いが気になる方は、酸素系の洗濯槽クリーナーの方がおすすめです。

塩素系、酸素系とも使用方法どおりに使えば、洗浄効果に違いはありません。

酸素系粉末タイプ

洗たく槽カビキラー 酸素系粉末タイプ

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

洗濯槽の嫌な臭いが取れました。これは、良く利きます。また購入したいです。

酸素系粉末タイプの「洗たく槽カビキラー(非塩素系)」です。アクティブ酸素で洗濯槽カビをはがして落とすタイプなので、塩素成分を使っていないため、塩素の臭いが苦手なかたにおすすめです。

全自動洗濯機、乾燥機能付き全自動洗濯機の洗濯槽の洗浄(ステンレス槽/プラスチック槽両用)に使えます。しかしドラム式洗濯機には使えません。ドラム式洗濯機の場合は、塩素の力で汚れを分解して落とす塩素系の、洗たく槽カビキラーがおすすめです。

つけ置きはなしで、液体を入れて「標準コース」(洗たく→すすぎ→脱水)の1サイクル運転するだけなので手間もなく簡単に洗濯槽の洗浄ができます。(入浴剤を使用しているフロの残り湯は不可・槽洗浄コースでもOK)

塩素系液体タイプ

洗たく槽カビキラー 塩素系液体タイプ

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

見た目あまりわかりませんが、洗濯槽からの臭いがなくなりすっきりしました。今後は定期的に使用したいと思います。

塩素系の液体洗濯槽クリーナー「洗たく槽カビキラー」はカビ胞子除去率99.9%と塩素系洗濯槽クリーナーの除菌効果が高いクリーナーで、雑菌をしっかり除去してくれるのでおすすめです。

雑菌が繁殖していると、せっかく洗濯した衣類などに嫌な臭いが残ってしまう原因にもなるので、もし洗濯した衣類などの臭いが気になる方にはおすすめです。全自動洗濯機以外にもドラム式洗濯機でも使用することができます。

またつけ置きはなしで、液体を入れて「標準コース」(洗たく→すすぎ→脱水)の1サイクル運転するだけなので手間もなく簡単に洗濯槽の洗浄ができます。(入浴剤を使用しているフロの残り湯は不可・槽洗浄コースでもOK)汚れがひどい場合は3時間つけ置きすることでさらに効果はUPします。

「洗たく槽カビキラー塩素系」は、「酸性タイプ:まぜるな危険」などと表示のある製品と混ぜると有毒ガスが発生する危険があります。

P&G

アリエール 洗たく槽クリーナー

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

しばらくしなかったので2袋続けて使用しました。ゴミもとれにおいもなくなりきれいになりました

P&Gのアリエールは洗濯洗剤として知名度が高いですが、洗濯槽クリーナーも販売しています。アリエールの洗濯槽クリーナーはファブリーズとの共同開発で作られていて、活性酵素パワーでカビ胞子除去率は99.9%(ステンレスプレートによる試験)と高く、臭いもすっきり取れるおすすめの洗濯槽クリーナーはです。酸素系粉末タイプの洗濯槽クリーナーなので、塩素の臭いが苦手な方にもおすすめです。

つけ置きはなしで、液体を入れて「標準コース」(洗たく→すすぎ→脱水)の1サイクル運転するだけなので手間もなく簡単に洗濯槽の洗浄ができます。メーカーでは3~4か月に1回の使用を推奨しています。

エステー

洗浄力 洗たく槽クリーナー

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

洗濯機内を洗ったことがないので早速購入。購入以降、ゴミが出にくくなったので重宝してます。商品もすぐに到着しました。

エステーの「洗浄力 洗たく槽クリーナー」は全自動、乾燥機能付き全自動、ドラム式、ななめドラム式、二槽式(脱水槽もOK)とすべての機種に使える塩素系液体タイプの洗濯槽クリーナーです。

全自動洗濯機やドラム式洗濯機は一般の洗濯槽クリーナーと同様、「標準コース」で1サイクル(洗い→すすぎ→脱水)運転での使用方法になります(「槽洗浄コース」でもOK)。また二層式洗濯機の洗濯槽の場合は全自動洗濯機と使い方は同じです。

またなかなか二層式洗濯機の脱水槽の洗浄OKのものは少ないのですが、「洗浄力 洗たく槽クリーナー」は脱水槽でも使えるので、二層式洗濯機のご家庭にはおすすめです。脱水槽を洗浄する場合は、薬剤を全量脱水槽全体にまんべんなくかけて、約1時間放置しその後水で充分に洗い流すという使用方法になります。そのため洗濯槽と脱水槽を洗浄する場合は、2パック必要になります。

おすすめの洗濯槽クリーナーの使い方・活用方法

洗濯機の対応機種を確認

まず、洗濯槽クリーナーを使う際は、家庭にある洗濯機の機種が対応しているか確認することをおすすめします。各洗濯槽クリーナーによって対応洗濯機も異なります。

酸素系の洗濯槽クリーナーの場合は、汚れをはがしとるタイプなのでメーカーによっては、ドラム式の洗濯機や二層式の洗濯機は使用不可と記載している場合もあります。全自動洗濯機の場合はほとんどの洗濯槽クリーナーで対応していますが、ドラム式や二層式の場合は特に対応機種をまず確認することをおすすめします。

ぬるま湯で洗浄

水でもお湯でも効果は変わらない洗濯槽クリーナーもありますが、ぬるま湯(40℃程度)で洗浄することで洗浄効果が高まる洗濯槽クリーナーも、多く販売されています。お風呂の残り湯などを利用して洗浄すれば、節水もできますし洗浄効果も高まりますのでおすすめです。

しかし入浴剤を使用しているお風呂の残り湯は、使用不可のものがほとんどです。洗濯槽の洗浄をする際は入浴剤は入ずにお風呂の残り湯を使えば、効率的で経済的に洗濯槽の洗浄ができるのでおすすめです。

汚れがひどいときは

洗濯槽クリーナーを1回使用しても、汚れがひどい場合はしっかりと汚れを落とすことができない場合もあります。すすぎを繰り返しても汚れが出てくる場合などは、再度洗濯槽クリーナーで洗浄することをおすすめします。

しかし塩素系の洗濯槽クリーナーなどは、あまり頻繁に使ってしまうと洗濯槽の傷みを速めてしまうこともあります。洗濯槽クリーナーを続けて再度利用する場合は、取扱説明書に続けて利用OKと記載があるものがおすすめです。

またつけ置き不要の洗濯槽クリーナーも多くなりますが、汚れがひどい場合は数時間つけ置きしてから標準コースで洗浄することで洗浄効果がUPするものも多くあります。

1回使い切りタイプ

洗濯槽クリーナーは、計量して使えるものもありますが、使い切りタイプも多くなります。また洗濯機の容量に制限もありますので、まず取扱説明書で確認することをおすすめします。

使い切りタイプは、家庭の洗濯機の容量が規定の容量より少なかった場合でも全て使い切る必要があります。容量は半分でも水量は半分になるわけではないので、全て1回で使い切ることをおすすめします。

規定容量より小さな洗濯機でも、全て使ったからと言って洗濯槽を傷める心配はありません。全て使い切らないと、十分な洗浄効果を得られないこともあるので、小さめの洗濯機でも全て使い切ることをおすすめします。

また規定の容量より大容量の洗濯機の場合は、二つ分を一度に利用することで、十分な洗浄効果を得られるのでおすすめです。

定期的に洗濯槽の洗浄を

いかがでしたでしょうか?たくさんの洗濯槽クリーナーを紹介してきましたが、気に入った洗濯槽クリーナーは見つかりましたか?

洗濯槽は見た目ではわからないことも多くなりますが、目に見えない部分に多くのカビや雑菌、汚れが発生しています。そのため定期的に洗濯槽は洗浄して衛生的に使用することをおすすめします。

洗濯槽の汚れをそのままにしてしまうと、洗濯ものに雑菌をつけてしまったり、嫌な臭いが残る原因にもなってしまいます。洗濯槽クリーナーの使用頻度は各メーカーによっても推奨する期間は異なりますが、1~3か月に1度は洗濯槽の洗浄をすることがおすすめです。

今回のおすすめの洗濯槽クリーナーの記事が、少しでも参考になれば幸いです。

Related