Search

検索したいワードを入力してください

2017年12月18日

ハンディ掃除機おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類【2018年】

今流行りのハンディ掃除機を購入しようと考えている人も多いのではないでしょうか。この記事では、ハンディ掃除機の種類やランキング、用途別おすすめ、メーカー別の特徴などを紹介しています。ぜひハンディ掃除機の購入を考えている方は読んでみてください。

ハンディ掃除機おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類【2018年】

ハンディ掃除機の種類と選び方

ハンディ掃除機おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類【2018年】

家にあるとより便利な家電がハンディ掃除機です。大きめのハンディ掃除機であればセカンド掃除機としても、メイン掃除機としても使用でき、キャニスター型掃除機と異なりホースがなく持ち運びがしやすいのでおすすめです。

ハンディ掃除機の種類

ハンディ掃除機の種類は、コードがあるか無いか、紙パックかどうかの4種類にわけることができます。

・コードレスでダストカップ式(ハンディ掃除機の主流)
・コードレスで紙パック式
・コードありでダストカップ式
・コードありで紙パック式

コードレスハンディ掃除機は、家の中だけでなく車の中なども掃除することができるので非常に汎用性に富んでいます。現在、掃除機はダストカップ式の紙パックがないものが主流ですが、紙パックが良いという人も根強くいるのか紙パック式のハンディ掃除機も販売されています。

ハンディ掃除機の選び方、おすすめは?

ハンディ掃除機の何を買おうか迷う場合は、何を決め手とするかが問われます。どうしても紙パック式が良い場合は紙パック式ハンディ掃除機から、電源のない場所で掃除機を使いたい場合はコードレスハンディ掃除機から選択することになります。

充電したりするのが嫌で使いたい時に使いたい人はコードありのハンディ掃除機を選べば良いですし、何か一つ、これが決め手というポイントをまず定めてから、選んでいくのがおすすめです。

また、ハンディ掃除機の特徴として、本体を片手で持って掃除をすることになりますので、本体の重量が軽量の方が女性に向いています。軽量もしくはヘッドが自走してくれるハンディ掃除機が負担なくおすすめです。

ハンディ掃除機おすすめ人気ランキングTOP3

ランキング3位:「日立」

おすすめのハンディ掃除機ランキング3位は、日立の充電式スティック&ハンディクリーナ PV-BEH900です。このPV-BEH900のおすすめポイントは、パワフルスマートヘッドです。

ハンディ掃除機ながらにヘッドに自走機能が搭載されており、シンクロフラップがヘッド内の圧力を調整してじゅうたんにへばりつくのを抑えてくれるので、軽い操作で掃除機をかけることができます。連続使用時間は強で約8分、標準で約40分、ダストカップ式なので紙パックは不要です。

ランキング2位:「ダイソン」

ダイソン コードレスサイクロン式掃除機 V8 Fluffy

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

コードレスなので手軽。吸引力が強いこと、そしてゴミ捨てが簡単です。

ハンディ掃除機おすすめの2位は、ダイソンのコードレスサイクロン式掃除機V8 Fluffyです。ダイソンのコードレスクリーナーとハンディクリーナーは種類が多くありますが、V8はコードレスクリーナーの中で最上位機種となります。

おすすめポイントは、ダイソンの吸引力だけでなく、ヘッドがソフトローラークリーナーヘッドであることです。ダイソンのコードレスV8のヘッドはナイロンフェルトで覆われた全幅サイズのローラーで、大きなゴミも小さなゴミも全て同時に吸い取ってくれます。

使用時間は通常モードで40分、ワンタッチで簡単にゴミを捨てることができて紙パックは不要です。以前よりもゴミが捨てやすく改良されているところもおすすめなところです。

ランキング1位 :「マキタ」

マキタ 充電式クリーナー CL107FDSHW

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

気がついたときにさっと掃除でき、吸引力も問題ありません。コードレスで軽量なので手軽に掃除ができます。

ハンディ掃除機のおすすめランキング1位は、マキタの充電式クリーナーCL107FDSHWです。マキタCL107のおすすめポイントは、標準的なスペックながらお手軽価格で購入できることです。

また、本体重量が1.1Kgと軽いのもおすすめできる点で、薄暗いところに便利なLEDライトも付いています。

紙パック式のワンタッチスイッチで、吸込み仕事率は3段階あり、パワフルで32W、強で20W、標準で5Wです。連続使用時間はパワフルで約10分、強で約12分、標準で約25分、電源はスライド式Li-ionバッテリ直流10.8V-1.5Ahです。コードレス掃除機は充電に時間がかかるのが難点なことがありますが、このマキタCL107だと約22分で急速充電してくれる点もおすすめポイントの一つです。

特徴・用途別おすすめのハンディ掃除機

コードレス

コードレスのハンディ掃除機は、電源のない場所でも掃除できるのが一番おすすめできるところです。充電さえされていれば、思いついた時に電源をコードにさす必要がなくボタン一つで掃除をすることができます。ただし、充電しないと使えないため、うっかり充電し忘れると使っている間にパワー切れを起こしてしまうことがあるので注意しましょう。

コードレスハンディ掃除機のおすすめは、シャープのコードレスサイクロン掃除機EC-SX320です。

この掃除機のおすすめポイント2つあります。ひとつめはヘッドです。ヘッドの吸込口の裏側に専用モーターで駆動する走行車輪が搭載されているので、軽い力で掃除することができます。またヘッドにはフローリング表面の汚れを拭き取る床みがきブラシが搭載されています。

もう一つのおすすめポイントは、自立機能です。少し止めて立てておきたい時に自立させると自動で一時停止し、本体を倒すと運転を再開してくれます。着脱式バッテリーで急速充電器に差し込めば約80分で充電してくれます。最長連続使用時間は、標準で約30分、自動モードで約20分、強で約8分です。

吸引力の良い・強力

吸引力の良い・強力なハンディ掃除機を探す場合は、掃除機の「吸込仕事率」を確認しましょう。吸込仕事率とは吸い込む力を数値化したもので、基本的に数値が大きい方が強力に吸い込んでくれます。

ただし、フィルターが目詰まりしやすいか、ヘッドの形状がどうかによっても吸引力は変わってきますので、一概に数値が大きいからといって吸引力が強いとは言い切れません。物によりますが、一般的にはコードありの方が吸引力があると言われていますのでおすすめです。

ツインバード HC-EB51GY パワーハンディークリーナー

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

吸い込み力は十分、不満なし。キイーンと高めの音が目立ち確かに音は大きめだが、まあ仕方なし。

吸引力の良い・強力なハンディ掃除機のおすすめは、ツインバードHC-EB51GYパワーハンディークリーナーです。「とにかくよく吸うハンディクリーナーをつくりたい」と考えられて作られただけあって、吸込仕事率は180Wとハンディ掃除機の中ではかなり強力です。(ダイソンのV8 Fluffyの強で115W。)

コードありですが、電源コードが6mもあるのでかなりの範囲を掃除することができます。紙パック不要のダストカップタイプで、ダストケースは0.7Lと大容量。自動車掃除に便利なアタッチメントが4種類付属しています。

車用

特に子供がいるご家庭の車は、砂やお菓子の細かなゴミが座席などに残っていることも多いため、ハンディ掃除機で掃除したいと思う方も多いでしょう。そんな場合におすすめなのは、車用のハンディ掃除機です。

HOTOR LEDライト付き 車用掃除機

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

このクリーナーは車用に考えられていて、軽くて扱いやすく小回りが効くと思いました。 ライトがついているので、暗いところもゴミを残さず掃除できます。

「HOTOR LEDライト付き 車用掃除機」は、車用に作られているため車のシガーライターに掃除機のプラグをさして電源を確保することができます。電源コードは5mと長く、アタッチメントも3種類あるため細かいところから隅々まで掃除することができます。

LEDライトが付いているので暗い場所でもゴミを確認して掃除することができ、乾湿両用のため液体も吸引することができるのもおすすめなところです。付属品と本体を入れる収納バッグも付属しているので、トランクに入れておけばいつでも車の掃除をすることができる、まさしく車専用のハンディ掃除機です。

安い

山善(YAMAZEN)ハンディクリーナー電池式 ZHD-340

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

卓上のちょっとしたほこり位なら問題ありません。 なんせ乾電池で回るので充電しなくていい利点はあります

安いハンディ掃除機のおすすめは、山善(YAMAZEN)ハンディクリーナー電池式 ZHD-340 です。電池式のハンディクリーナーで単三電池4本で約35分稼働することができるため、電源のない場所で充電する手間なく使用することができます。本体が290gと軽量で小さいので取り扱いやすいですが、吸引力はやはり低いために埃や髪の毛程度のゴミを手早く掃除したい時におすすめなハンディ掃除機です。

紙パックタイプ

最近の掃除機の主流はサイクロン式などのダストカップタイプです。

しかし、ゴミを捨てる時に埃が舞うのが嫌だったり、むき出しのゴミを見たくないなどの理由で紙パックタイプの掃除機をあえて選ぶ方もいます。紙パックタイプはゴミが紙パックに満タンになったタイミングで紙パックを捨ててしまえば良いのでダストカップを掃除する手間がなく楽でおすすめです。

ただし、紙パックを定期的に購入する必要がありコスト面で多少の負担があるというデメリットがあります。

日立 ハンディクリーナー こまめちゃんPV-H23

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

紙パックで、コードが巻き取れて、長くも使用できて、吸引力もあります。

紙パックタイプのハンディ掃除機のおすすめは、日立のハンディクリーナーこまめちゃんPV-H23です。こまめちゃんはコードありなので吸込仕事率がコードレスに比べて圧倒的に高く240Wとなっています。

本体にローラーが付いていますので、本体質量は2.1Kgですが、本体を持ち上げずに転がしながら掃除ができるので腕に負担が少なく、ハンディ掃除機が重く感じる女性にはおすすめです。集じん容積は0.6Lで、ごみすてサイン機能が付いています。

サイクロン式

ダイソンなどの掃除機が採用しているのがサイクロン式です。サイクロンは「粉体分離器」のことで、気体や液体から遠心力を使って異物を分離する装置のことです。円錐の形をした中で掃除機が吸い込んだゴミと空気を高速回転させて、生じた遠心力でゴミを分離します。紙パックを使う必要はありませんが、フィルターやダストカップを定期的に綺麗にする必要があります。

ダイソン コードレスV6 Slim

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

コードレスのバンディータイプなので使いたい時にさっと使えてとても重宝してます。吸引力は勿論の事、空気が綺麗です。

ダイソンのコードレスV6 Slimは、ダイソンのコードレスクリーナー軽量モデルで本体質量は2.1kgです。

2層に配置された15個のサイクロンが同時に機能することで風力を強めてゴミを捉えてくれます。V8、V7と異なるヘッドであるモーターヘッドが採用されていて、最長使用時間は通常モードで約20分です。吸込仕事率はV8とあまり大きな差はありませんので、ダイソンを安値で使ってみたいと思う方にはおすすめです。

布団用

「レイコップ」でよく知られています布団用のハンディ掃除機です。普通のハンディ掃除機と違うところは、ヘッドに付属している振動パッドが布団を叩いてくれるので、ダニの死がいやハウスダストを浮き上がらせて吸引してくれるところです。

また、布団用掃除機によって温風を送風してダニの繁殖しにくい環境を作ってくれたり、UVランプで紫外線を布団に照射することで除菌してくれるなど、布団用に特化した機能が搭載されています。普通のハンディ掃除機のヘッドを布団用にして使うことも可能ですが、布団用のハンディ掃除機もおすすめです。

布団用ハンディ掃除機のおすすめは、アイリスオーヤマ布団クリーナーIC-FAC2です。コードありですが、その分吸引力は充電式製品と比べて約3倍、強力バキュームモーターが搭載されています。ダニちりセンサーが搭載されているので、綺麗になっているのを目で確認することが可能です。温風機能も搭載されているので、ダニが繁殖しにくい環境を作ってくれます。

布団用ハンディ掃除機は大きくて収納に困ったり、重くて操作し続けると疲れるというデメリットがあることがありますが、IC-FAC2は本体質量1.6Kgと軽量で操作しやすく、自立してくれるので収納しやすくなっているのもおすすめなところです。ダストカップ式です。

静か

静音タイプのハンディ掃除機というのは残念ながら販売されていないのが実情です。やはり静かさを求めるならキャニスター型掃除機を選択する必要があります。そんなハンディ掃除機の中でも比較的静かでおすすめなのは東芝のトルネオVC-CL1300です。

ダイソンのコードレスクリーナーも静かだとは言われますが、独特の高音の騒音が苦手という方もいます。

このトルネオVC-CL1300は、運転音が比較的静かと言われており、本体質量1.4kgとハンディ掃除機の中では軽量です。集じん方法はサイクロン方式で、連続運転時間は約8〜20分、ダストカップ式です。エアブローノズルが搭載されていて砂ゴミを風速約2.5m/秒で吹き飛ばせるので、窓のレールなどに溜まった砂ゴミを手軽に掃除したい時におすすめとなります。

おしゃれ

ブラックアンドデッカー コードレスクリーナー PV1020LR

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

吸引音が多少ありますが(そこが吸い込んでいる感じがして良い)、吸引力もあり満足です。

おしゃれなハンディ掃除機のおすすめは、ブラックアンドデッカーのコードレスクリーナーPV1020LRです。ブラックアンドデッカーは電動工具メーカーで、世界初のコードレス電動工具を開発したグローバルブランドとなります。このハンディ掃除機のおすすめは、おしゃれなデザインだけでなく、掃除の用途によってノズルの角度を調整でき、コードレスで本体重量1.3kgと軽量なところです。

おすすめのハンディ掃除機のメーカー・ブランド3つと代表製品

マキタ

通信販売で人気のあるハンディ掃除機がマキタです。マキタは有名な日本の電動工具メーカーで、マキタのハンディ掃除機にはプロ用の電動工具で利用されているハイパワーモーターが搭載されています。

また、バッテリもプロ用充電工具と同じバッテリが採用されています。マキタのハンディ掃除機のおすすめポイントは、紙パック式とダストカップ式を選べるだけでなく、スイッチがワンタッチ式かトリガー式か、バッテリのスペックの違いのよって欲しいハンディ掃除機を選べるところです。その中での売れ筋は、紙パック式のワンタッチスイッチです。

マキタ 充電式ハンディクリーナーCL182FDRFW

¥ 39,480

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

充電時間は短くて、電池の持ちは抜群。吸引力もサッと掃除するには十分すぎるほど。

マキタの充電式ハンディクリーナーCL182FDRFWは、マキタの充電式ハンディクリーナーの中で最上位機種です。電源がLi-ioバッテリ3.0Ah-直流18Vと最上位スペックで、吸込み仕事量は強で37W、標準で10W、連続使用時間は強が約20分、標準で約40分です。最上位機種のおすすめなところはやはり連続時間が強でも約20分と長いところでしょう。

ダイソン

「吸引力の変わらないただひとつの掃除機」でおなじみのダイソンです。ダイソンはコードレスクリーナーとハンディクリーナーの2種類の取り扱いがありますが、コードレスクリーナーをハンディクリーナーとして使用することもできます。

サイクロン技術を搭載しているのがダイソンの掃除機の特徴です。他の掃除機であればフィルタの目詰まりや紙パックのゴミ溜まりによって吸引力が落ちてきますが、ダイソンのサイクロン技術はフィルターに頼らずほぼ全てのゴミをサイクロン内部で処理できることから吸引力が変わらないと言われています。

ダイソン コードレスV7 Fluffy SV11FF

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

基本的な吸引力自体は従来の掃除機と変わらないか、かえって弱いように感じますが、何しろモーターヘッドがいい。ゴミの吸引力を素晴らしく高めているように思います。

ダイソンのコードレスV7 Fluffyは、最上位機種V8の一つ下位機種で、V8が吸込仕事率が通常モードで28W、強で115W、使用時間が通常モードで約40分ですが、V7は吸込仕事率が通常モードで21W、強で100W、使用時間が通常モードで約30分となっています。

ヘッドはV8 Fluffyと同じなので、最上位機種はお値段が厳しいけど、そこそこのスペックのダイソンのハンディ掃除機を使ってみたいと思われる方にはV7 Fluffyはおすすめです。

東芝

日本の大手家電メーカーである東芝ですが、ハンディ掃除機においては「和製ダイソン」と呼ばれていることもあります。ダイソンの良いところを取り入れつつ、不満に思うところを改良しているような機能のハンディ掃除機を取り扱っているからでしょう。

トルネオ VC-CL1400

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

軽い、ありえなくらい滑らかに動く。スティックとホースのつなぎ替え、それぞれの先に丸ブラシと通常のヘッドなど様々な組み合わせが可能。

トルネオVC-CL1400は、「バーディカルトルネードシステム」を搭載しており、目詰まりするサイクロン部のフィルターがないので吸引力が99%以上持続すると言われています。

強力な吸引力だけでなく、本体質量が1.4kgと軽量でヘッドも自走式「ラクトルパワーヘッド」が搭載されているので楽に操作することができ、女性でも負担なく使えておすすめです。連続運転時間は約8〜20分、ダストカップ式です。

ハンディ掃除機のおすすめな使い方・活用方法

ハンディ掃除機のおすすめな使い方は、高いところの掃除です。キャニスター型と異なり片手で操作ができて持ち運びが簡単なため、棚の上や扉の上部やカーテンレールなどの埃が溜まりやすい細かな部分も埃をあまり飛び散らせずに掃除することができます。

また、子供部屋など細かなものが床に散らかっている場合でも、散らかっているものを収納しつつハンディ掃除機をかけることができるのもおすすめです。子供部屋は片付けたと思った瞬間から散らかっていくので、ながら掃除がやりやすいのがハンディ掃除機の良いところと言えるでしょう。

コードレスの場合は、階段や車の中など電源がない場所を重い掃除機を担ぐことなく掃除ができるのでおすすめです。また、炊飯器で炊いている途中や乾燥機を使っている時でも、ブレーカーを気にすることなく使うことができるのもおすすめなところです。

おすすめなハンディ掃除機を活用してみよう

ハンディ掃除機おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類【2018年】

従来のキャニスター型掃除機があれば掃除はできますが、ハンディ掃除機があるとより便利に家の中や車などの掃除ができます。キャニスター型掃除機を出して掃除しようと億劫に考えている間に、ハンディ掃除機があればササッと掃除できてしまうので、掃除を億劫に思える人には特にハンディ掃除機をおすすめします。

Related