Search

検索したいワードを入力してください

2017年11月30日

洗濯用洗剤のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類【2018年】

洗濯洗剤を賢く選ぶことは、家事の中でも特に大事になってきます。たくさんの洗剤がありますが、ユーザーのおすすめ商品は何か、各メーカーのおすすめはどんな製品なのか、用途や衣類別に合わせて見ていきましょう。自分に合った洗剤を見つけられたら良いです。

洗濯用洗剤のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類【2018年】

洗濯用洗剤の種類と選び方

洗濯用洗剤のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類【2018年】

洗濯洗剤をどのように選ぶかは、主婦にとって大切な仕事の一つです。いろいろな種類の洗剤が販売されていますが、用途に合ったものや自分の好みのものを選んで使えば、それによって洗濯という作業が楽しくなります。

しかし、たくさんある中から、自分の使いたい洗剤を一つだけ選ぶというのも、なかなか大変です。一つのメーカーでもさまざまな種類の洗剤を販売していますし、主婦の間でのおすすめもそれぞれ違ってきます。

一体どのような洗濯洗剤があるのか、どのように使えばいいのか、使っている人のおすすめはどの洗剤なのか、人気ランキングや特徴などを見ながら、ご自分の生活に合った洗剤を見つけてください。

洗濯洗剤の種類

洗濯用洗剤には、大きく分けて『液体』と『粉』の二種類があります。それぞれの種類に合った洗濯方法は後で説明しますが、この中から、洗浄力のレベルに合わせて強・中・弱も選択することができます。

一般的には、洗濯洗剤は弱アルカリ性のものが多いですが、この弱アルカリ性の洗剤は、中性のものに比べて洗浄力が強いといわれています。一般的に、家庭で出る洗濯物の汚れの中でも落としにくい汚れの代表格、汗や皮脂汚れを落とすなら、弱アルカリ性洗剤を使うと綺麗に落とすことができるのでおすすめです。

洗濯洗剤の選び方

洗濯洗剤を選ぶ上でポイントになってくるのは、やはり、何を洗うかということでしょう。白い生地のものを真っ白に洗いあげたい、カシミヤやウール、シルクなどのデリケートな製品をやさしく洗いたい、そんなに汚れてはいないが洗いたいといったように、さまざまな目的がありますから、その目的に合った洗剤を選ぶ必要があります。

白いものをきれいに洗いあげたい場合、酵素、漂白剤、蛍光増白剤などが配合されているものを選びましょう。こういった製品は、とにかく汚れ落ち重視、白いものを白く洗い上げることに重点を置いた洗剤で、製品にも大きくアピールされています。

一つの洗剤で、ある程度すべての汚れに対応できるのは確かですが、用途に合った洗剤を上手に選べば、さらに効果が期待できるでしょう。では、細かく紹介します。

洗濯用洗剤おすすめ人気ランキングTOP3

第3位:「LION トップ スーパーナノックス」

液体洗剤で使い勝手良し。生乾きのにおいを抑制します

Amazonで見る

口コミ

液体洗剤なので粉タイプの洗剤のように洗剤がダマになることが少なくなるので使い易い洗剤です。 生乾きのにおいも抑制してくれるようなので室内干ししてもにおいが残らないので重宝しています。

スーパーナノックス、数年前にこちらの製品が出た時は今までの洗剤と違って、少量で今までと同じ洗浄力を保てるとのことで、ちょっとした社会現象になりました。数年たった今も、その実力は使用感と共に各世代におすすめできる人気製品です。

特に、ナノックスは、全ての世代の気になる臭いをしっかりと消臭してくれるのがおすすめポイントです。ライオン独自の洗浄成分と酵素の力をプラスすることで、ナノレベルですっきり洗浄できるようになりました。特に、加齢臭にお悩みの世代の方が家族の中にいる主婦におすすめの洗剤です。

第2位:「P&G アリエール サイエンスプラス7」

洗濯するなら

¥ 512

Amazonで見る

口コミ

洗濯するならアリエールと思いAmazonで即購入致しました。届いた瞬間洗濯したいという衝動に駆られ気づいたら洗濯機を回していました。汚れが全て落ち大変満足でした。次回も購入したいです。

第二位に選ばれた洗濯洗剤は、アリエール・サイエンスプラス7です。こちらは、長年愛されてきたアリエールのラインナップ中でも、W漂白剤入りの粉末洗剤で、洗浄力の高さは文句なしの粉末洗剤です。

口コミでの満足度もとても高く、がんこな汚れが落ちるのはもちろん、嫌なニオイがしなくなったという声や、部屋干ししてもにおいが気にならないなど、実際の利用者のおすすめポイントもかなり高い製品です。

液体洗剤では、汚れ落ちにいまいち自信が持てないという方も、こちらの洗剤を使ってからは、汚れ落ちとにおい落ち両方に満足できる安定したおすすめ商品といえます。

第1位:「コストコ アームアンドハンマー洗濯洗剤」

コストコの会員の方なら、オキシクリーンという洗剤を、一度は手に取ったことがあるのではないでしょうか。オキシクリーンは、万能な洗剤ですが、ポイントは他の洗濯洗剤と合わせて使うようにとの注意書きがされているところです。

こちらは、今年新しく入荷したアームアンドハンマー洗濯洗剤のオキシクリーン入りです。なぜ、こちらの商品を一位にしたかというと、オキシクリーンの洗浄力や汚れ落ちをそのままに、何か他の洗剤と混ぜる必要もなく、洗濯用に使えるということです。

オキシクリーンのおすすめポイントは、そのままに使える洗剤なので、洗浄力抗菌力共に右に出るものなしの製品です。

特徴・用途別おすすめの洗濯

洗濯用洗剤のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類【2018年】

洗濯洗剤のおすすめは、上記ランキング以外にも多々あるのですが、問題は、どのような用途に合わせた洗剤として、売り出されているかということになります。実際、初めて使う商品は、自分で効果の実感をまだできてない以上、すでに使っている人の口コミやおすすめがひとつの目安になってきます。それぞれの用途にあったおすすめ洗剤があるかを紹介します。

液体

アリエール パワージェルボール3D

Amazonで見る

口コミ

この洗剤でグンゼの下着は段々綺麗になってきました。 家庭菜園で汗と土で下着がなぜか黒ずんでハイターつけ置きで大変でしたが この洗剤に白くなってきてとてもよく他の洗剤に変えることはできません。

P&G アリエール パワージェルボール3Dは、最近人気になってきているジェルボールタイプの洗剤です。アリエールの洗剤は、粉末洗剤液体洗剤そろって洗浄力や抗菌力共に安定した人気と実力を備えています。

こちらの製品は、業界初の3D立体構造で、蓄積された衣服の汚れを根本から徹底洗浄するために、洗剤をそれぞれの種類別に分けてパッキングする工夫がされています。

『100種の汚れを一発洗浄』『深層の菌まで50倍抗菌』『くすみ・黄ばみまでクリアに』というキャッチコピーからも、この製品に対する自信が伝わってきます。さらに、洗濯槽のカビ防止も期待できるとのことなので、部屋干し用の洗剤としても効果が期待できます。

粉洗剤は、昔から根強い人気があります。頑固な汚れには、粉洗剤を使う主婦の方も多いですが、粉洗剤でおすすめの商品は『花王 アタック 高活性バイオEX』です。

バイオ酵素のパワーで、衣類の奥からきれいに汚れを落としてくれる洗濯洗剤です。表面の汚れを落としてから繊維の奥に入り込み、繊維の奥に絡みついた頑固な汚れを引き出してきれいに洗い上げてくれます。マイクロ粒子1つ1つが空洞になっていて、水に入れたとたん弾けるように溶けるので、冬の冷たい水で洗っても溶け残りの心配もありません。

ただ、蛍光剤が入っているので、すっきりした白さを期待できる一方、柄物などへの使用には注意が必要です。

部屋干し可能

トップ除菌EX

Amazonで見る

口コミ

私は基本、洗濯は夜なので必然的に部屋干しとなりますが、嫌な匂いもしないし、逆に部屋の中が洗濯したての良い香りになります(笑) なんだか、高くてちっとも汚れの落ちないCMバンバン流して騙して売ってる洗剤とは別物。すごく気に入ってリピートしてます。安いので逆に心配かも知れませんが、超オススメ品ですよ。

梅雨時期や夜の洗濯物は、外に干したくてもどうしても部屋干しになってしまいます。サンルームがあるお家がうらやましいとおもってしまいますが、そのような時に使いたいのが『部屋干しトップ 除菌EX』です。

なんといっても、製品名に部屋干しと堂々と表示しているあたりに、部屋干しに特化している洗剤の自信を感じます。部屋干しトップ除菌EXのおすすめポイントは、漂白剤と酵素入りな点にあります。酵素によって汚れを分解し、漂白剤で衣服本来の白さを取り戻すことができます。

除菌以外にも消臭効果が高いので、嫌な生乾きの臭いもしっかり防いでくれ、なおかつお部屋にも洗濯物のいい匂いを少し残してくれるおすすめの洗剤です。

香り

香りつづくトップ~アロマプラス~

Amazonで見る

口コミ

洗剤の能力は変わらず良いですね。前から変わらないトップらしい洗剤の汚れの落ちぐあいだと思います。コンパクト洗剤はいろいろな香りが出ていますから、気分や用途にあわせて使い分けても洗濯がたのしくなって良いと思います。迷ったら老舗ブランドのTOPをオススメします。

洗濯を楽しい家事の一つにする大事な要素の一つは、洗濯洗剤の香りです。そこでおすすめなのは、エッセンシャルオイルを使用した優雅な香り漂う『香りつづくトップ~アロマプラス~』です。

バリエーションは、ライラック、ジャスミンをアクセントに高級感あふれるピンクローズを集めた華やかで上品な香りのプレシャスピンクと、ローズ、フリージア、ミモザなど、明るくやわらかいイエローフラワーを集めた、優雅で上品な香りのエレガントイエローの2種類があり、柔軟剤成分配合で柔らかな洗い上がりに仕上げることができます。

また、香りキープ成分も配合されていて、香りが衣服の繊維に結びつくため、着るときまで香りが長続きします。デオドラント効果もあるので、汗や皮脂の臭いが気になる方や、服の香りにこだわりたい方におすすめの製品です。すすぎを1回にすれば、さらに香りを持続させることができます。

手洗い

洗濯機だけではどうしても取れない泥汚れや、襟や袖口の皮脂汚れなどの頑固な汚れは、手洗いをする必要があります。そのような時におすすめなのが、このウタマロ石鹸です。

昭和32年から今に至るまで、多くの人に愛されているこの石鹸ですが、当時まだ洗濯機がある家がまばらだった時代から、洗濯を手洗いするお母さんたちに愛されてきた『頑固な汚れ専用』の石鹸です。

通常の洗濯で失われていく衣類の白さを取り戻すために、蛍光増白剤を配合しているので、白い衣類についた汚れを落とすだけでなく、さらに白く洗いあげます。ワイシャツや子供の学生服などに一度使ったら手放せない製品です。

エコ

サラヤ ハッピーエレファントランドリーパウダー

¥ 515

Amazonで見る

口コミ

使い出して1年以上が過ぎました。市販の洗剤や柔軟仕上げ剤の香りの強いのが嫌で色々探して使いこの洗剤に決めました。 汚れも良く落ちますし余計な香りもなく気に入ってます。夏は外干しにすると柔軟剤を使ってないのにふんわりしています。価格は 市販の洗剤よりはチョット高めですが今はこの洗剤しか考えられません。娘も孫たちがチョット肌が弱いので使ってます。

洗濯洗剤にエコの観点を取り入れたい人には、『サラヤ ハッピーエレファントランドリーパウダー』がおすすめです。

こちらの製品は、天然の界面活性剤や重曹、クエン酸などを主な洗浄成分としているため、自然にはもちろん人体にもエコな製品となっています。さらには、付属のスプーンも生物由来のバイオマス原料を使っているので、パッケージ全体を通して環境に優しい洗剤といえます。粉末タイプの他に液体タイプもあるので、用途に応じて使い分けることもできます。

環境問題を考えたエコな製品は、洗浄力も弱いのではないかと不安に思う方もおられますが、こちらの洗濯洗剤は、思ったよりも洗浄力があったという口コミを書いている利用者も多いことから、洗浄力にも期待できるおすすめ製品です。

衣類別おすすめの洗濯用洗剤

洗濯用洗剤のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類【2018年】

衣類の種類に応じて洗剤や洗濯方法を変えると、衣類にも優しく長持ちさせることができます。衣類の種類によって、おすすめの洗濯洗剤は変わってきます。夏場と冬場は、水の温度も違いますし、洗う衣類の素材も違ってきます。

衣類は、きちんと選択表示を守って洗えば、伸び縮みを避けることができ、ずっときれいな状態を保つことができます。どのような衣類にどのような洗剤がおすすめなのかを紹介します。

ニット

ニットを洗う時には、洗濯表示によっても異なりますが、基本は手洗いを心がけましょう。繊細な繊維なので、洗濯機の中で他の衣類に絡まって簡単に伸びてしまいますし、逆に脱水で必要以上に縮んでしまうこともあります。そのような時に使える洗剤が『アクロン』です。

アクロンというと、おしゃれ着を洗う時に使う洗剤ですが、もちろん普段使いのニットにも利用可能です。色褪せや型崩れを防ぎながら洗い、着用後のヨレや伸びをきれいに整えるおしゃれ着用洗剤として、シルキータッチ成分を配合することにより、着ている間に擦れてできてしまう毛玉の発生を予防してくれる効果もあります。

毛糸の種類によっては、すぐに毛玉ができてしまうニット製品は、着る時もそうですが洗濯時や保存時にもひと手間かけてあげることで、長く楽しむことができます。洗剤にも気を付けて洗ってみましょう。

ワイシャツ

ワイシャツについた皮脂汚れは、何回も着て徐々にたまった汚れなので、気づいた時にはかなりの頑固汚れになってしまっています。その汚れをきれいに落とすために何ができるでしょう。

先ほどの手洗いの項目で紹介した泥汚れや襟の汚れなど、部分汚れ専用に作られた「ウタマロ石けん」は、よく落ちると評判の洗剤ですが、他にどんなおすすめアイテムがあるでしょう。

おすすめなのは、洗濯前の下準備として食器用洗剤で洗うことです。衣類に食器用洗剤を使うことを、ちゅうちょされる方も多いでしょうが、食器用洗剤は油汚れを落とすために特化した洗剤なので、皮脂の主な成分である油を落とすのにはぴったりのおすすめアイテムです。食器用洗剤以外にも、クレンジングオイルやシェービングクリームなども有効です。

使い方はいたって簡単です。40度ほどのお湯を用意しておき、汚れを落としたい部分を付けます。その後、洗剤を使ってもみ洗いをし、サッと残り湯で洗剤を洗い流してから、いつもの洗濯洗剤を使って洗濯機で他の衣類といっしょに洗いましょう。

子供におすすめの洗濯用洗剤

洗濯用洗剤のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類【2018年】

新生児

大人と違い、子供や赤ちゃんの肌はデリケートなので、洗剤にも気を遣うことが必要です。ちょっとした洗剤残りでも、反応してかぶれや肌荒れにつながってしまってはかわいそうですし、その後のアレルギーにもつながる可能性があります。子供や赤ちゃんの衣類を洗う際に使える洗剤は、どのような製品があるでしょう。

新生児その2

arau. アラウ 洗濯用 せっけん 本体

¥ 864

Amazonで見る

新生児の衣類を洗う上でおすすめなのは『アラウベビー』という赤ちゃん専用洗剤です。この製品は、合成界面活性剤、蛍光剤、漂白剤、合成香料、着色料、保存料などが一切入っていない無添加石けんです。

ヤシ油とパーム油から生まれたやさしい純植物性石鹸ですが、しっかり汚れを落とし、繊維本来の自然な風合いや吸水性を保つことができるため、柔軟剤なしでも赤ちゃんの肌着やタオルをやさしく洗いあげることができます。

ラべンダーとスペアミントの天然ハーブオイルが爽やかに香り、部屋干しでも嫌な臭いがしにくく、アロエ成分配合なので、つけ置き洗いや手洗いをしてもお母さんの手肌を守ってくれるおすすめ製品です。

赤ちゃんなど

シャボン玉 衣料用液体洗剤 スノール 本体

Amazonで見る

口コミ

敏感肌の娘の為購入しました。肌の調子も良くなり他のはもう使えません。

赤ちゃんの衣類を洗ううえでもうひとつおすすめの洗剤が『シャボン玉石けん』シリーズです。シャボン玉石けんといえば、ボディーソープや洗顔フォームも低刺激で肌に優しいものが有名ですが、赤ちゃんの衣類を洗う洗剤もあります。

シャボン玉スノールは、手肌に優しい無添加石けんで傾向増白剤、香料、着色料はもちろん、合成界面活性剤も使用していないので、赤ちゃんにもお母さんにも優しい石鹸です。低刺激で保湿に優れたアボカドオイルを配合しているので、手肌の保湿の面も心配なく使用できます。

おすすめの洗濯用洗剤のメーカー・ブランド3つと代表製品

洗濯洗剤の有名メーカーの主力製品は、どのようなものがあるでしょう。また、各メーカーのおすすめポイントはどのようなところでしょう。

イオンパワー

「洗濯洗剤のおすすめは」と聞かれたら、まずこのブランドをおすすめする主婦の方も多いのではないでしょう。

アリエールの最新おすすめ製品は、先ほど紹介した3Dパワージェルボールといってよいでしょうが、今回は『アリエール イオンパワージェル サイエンスプラス』を紹介します。このポイントは、洗濯槽のカビまで防ぎ、3日使ったタオルの臭い戻りも防ぎます。

一人暮らし家庭や洗濯ものが少ない時など、生乾きのタオルの臭いが気になるというご家庭には、おすすめの洗剤です。10年ぶりの大改良と大々的に宣伝を打っているあたりからも、今期のおすすめ製品といえます。

一番

花王 アタック

¥ 399

Amazonで見る

口コミ

生乾き臭や匂い戻りに悩まされており、洗剤を探してましたが、いろいろ試したなかではこれが1番よい!

花王のアタックも、洗濯洗剤業界では有名なブランドの一つです。花王は、アタック以外にもおしゃれ着洗い用洗剤のエマールも有名でしょう。

アタックのラインナップの中でもおすすめなのが『抗菌EX Wパワー』です。洗濯水を抗菌水に変えるというキャッチコピーが目を引きますが、におい菌やカビ菌を抑えることに特化した液体洗剤で、液体洗剤の中に漂白剤が配合されているので、白い洗濯物を真っ白に洗い上げることもできる洗剤です。すすぎが一回で良いのも、おすすめポイントです。

LION トップシリーズ

トップ ハイジア 洗濯洗剤 液体

¥ 362

Amazonで見る

口コミ

他メーカーの洗剤も一通り試してみましたが、匂いがキツかったり、洗濯物を部屋干しすると臭ってしまったりとなかなか満足できるものが見つかりませんでした。 その点HYGIAは、匂いは極微かに薫る程度で、部屋干ししても特に嫌な匂いは発生せず、目立つところはありませんが普段使いに適した良い洗剤だと思いました。

LIONのトップも、有名ブランドの中でおすすめしたい洗剤の一つです。特に、HYGIA(ハイジア)は、新開発プレミアム抗菌処方で、洗うたび衣類が菌に強くなるので、湿気や汗で湿った衣類さえ匂わせない超コンパクト液体洗剤として、最近人気が上がってきています。

におい菌の元まで除去し、綿製品はもちろん、化学繊維の中に入り込んだ菌を除去することもできるので、衣類だけでなく、寝具を洗うのにもぴったりのおすすめ洗剤といえます。また、ハイジアは消臭スプレーもあるので、併用して使えば効果はさらに上がるでしょう。

おすすめの洗濯洗剤の使い方

洗濯用洗剤のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類【2018年】

洗濯洗剤を使う上で大事なことは、水によく溶かすということです。この点で特に問題になるのは、水の冷たい冬場でしょう。液体洗剤の方が、水に溶けやすいのはもちろんですが、粉末を使う場合は、40度前後のぬるま湯で、少し洗剤を別の容器で溶かしてから洗濯機に入れるようにすることをおすすめします。

さらに、汚れが気になる衣類の場合は、あらかじめ手洗いをしてから洗濯機に入れることで、汚れ落ちがアップします。子供の泥だらけの靴下や体操着など、なかなか汚れが落ちないものの場合は多少手間にはなりますが、手洗いやつけおきをしてから洗濯機にかけましょう。

ライフスタイルに合った洗剤を見つけて洗濯を楽しく

洗濯用洗剤のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類【2018年】

洗濯洗剤は、どれを選んだら良いかわからないほどたくさんの種類がありますが、自分の自分の衣類の種類や季節を考慮して選ぶことで、通常よりさらに効果を感じることができます。ここに挙げたおすすめの他にも、たくさんの製品が出ているので、ご自分の好きな洗剤を選んで楽しい洗濯ライフを過ごしましょう。

Related