Search

検索したいワードを入力してください

2017年12月26日

布団クリーナーおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類【2018年】

布団クリーナーが、布団を天日干しにして叩くより、ダニや粉塵にとても効果的なのを知っていましたか?花粉やPM2・5の環境汚染が気になる昨今、布団クリーナーは今や必需品です。今回は、布団クリーナーの種類や選び方に特徴や布団クリーナーの人気TOP3を紹介します。

布団クリーナーおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類【2018年】

布団クリーナーの種類と選び方

布団クリーナーおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類【2018年】

夏だと、天日干にてパンパン叩けるお布団も、冬はそうもいきません。そこで、欠かせなくなってくるアイテムといえば【布団クリーナー】です。

布団クリーナーが、実は【布団を天日干しにして叩くより、ダニや粉塵にとても効果的】だということを、ご存知でしょうか。

今回は、今話題の布団クリーナーの種類や選び方の特徴、布団クリーナーのおすすめ人気ランキングを一挙にご紹介します。

布団クリーナーの種類は⁈

布団クリーナーの種類をザックリ分けると、【レイコップ式】【掃除機式】【ハンディークリーナー式】の3タイプにわけられます。

レイコップ式

ポイントは、今までの布団クリーナー界に驚きの旋風を起こした紫外線でダニや細菌にウイルスを除菌するという【UV除菌機能】に加え、【布団を叩いて吸い取る】という、革命的的な機能を持ちます。

【ベットや布団以外では使えない】と思う方が多いですが、ソファーや枕、毛足がみじかい絨毯などにも難なく使えてしまうので、『急なおこぼしやお漏らしなんて、もう怖くない』お子さんやペットを飼っている人には最強の見方です。

掃除機式

掃除機式には2タイプあり、【布団専用タイプ】と【取り付けタイプ】に分かれます。

【布団専用タイプ】のポイントは、掃除機とおなじく、凄まじいモーターブラシで、ダニや粉塵を紙パックやサイクロン方式で綺麗に吸い取ってしまいます。最近になり、レイコップ式で有名だった【叩き吸い】ができる新商品も、LGエレクトロニクスから出てきて、とても評判になっています。

【取り付けタイプ】は、従来の掃除機掃除機に布団専用のクリーナー・ノズルを取り付けるという、昔からある懐かしい布団クリーナーのタイプですが、近年では、低コストな割りにクオリティがパワーアップしていて、また、普通の掃除機としても使えることから、実は、今でも人気があります。

ハンディークリーナー式

ポイントは、コードレスにもなり布団専用ではないという点で、ハンディークリーナーとしても使えてしまう、超お手軽なスグレモノで、布団クリーナーは欲しいけど、布団専用という部分が腑に落ちないという方には、とってもおすすめです。

布団クリーナーの選び方のポイントは?

布団クリーナーは、種類も豊富でお値段もピンキリなので、家電量販店に着いても『いったいどれを選べばいいのやら、なかなか決まらない』なんて悩まないように、事前に選び方のポイントもシッカリと見ていきましょう。

【手軽に使える?】コードレスかケーブルか?

ケーブルがなく手軽に使えるのがメリットの充電式コードレスですが、スタミナが切れそうになると吸引力が落ちたり、充電が切れると使えなくなるのがデメリットなので、一度の充電で使用できる時間と充電するのにかかる時間をチェックしましょう。

コンセントから直接電源を供給するケーブル式は、長時間の連続使用が可能なところがメリットで、いちいちコンセントを探して移動するという微々たる手間はありますが、吸引力が常に一定なのと連続使用できる利点で、家族が多い方にはこちらがおすすめです。

【集じんの方式】紙パックかフィルターかサイクロンか?

集じん方式や集じん能力は、その機の吸引力に左右されるので、一概にどれが良いとは断定できず、買う人の好みやその他の機能などの相乗効果をトータルに見て選ぶのがおすすめです。集塵方式は、フィルタータイプ、紙パックタイプ、サイクロンタイプの3タイプにわかれます。

【フィルタータイプ】は、『比較的に作りがシンプルなので、お手入れが簡単』なのがメリットですが、フィルターをマメにチェックしないと、「ゴミが詰まり、吸引力が低下してパワーダウン」するというデメリットがあります。

【紙パックタイプ】は、パックを取り付け、ゴミがたまるとポイするだけで『簡単で、吸引したダニや粉塵なども、排気から出にくい』ので、安心でパワーダウンしないことがメリットですが、デメリットは、事前に紙パックの用意が必要で「パック交換に費用」がかかります。

【サイクロンタイプ】は、近年の活気的な技術で、『紙パックも不要で、ゴミが溜まっても吸引力がパワーダウンしない』ところや『溜まったゴミの量もランプでお知らせ』してくれるメリットがありますが、「集めたゴミを捨てる際に、粉塵が飛散しやすい」点や「割とコストが高め」な点がデメリットと言えるでしょう。

【振動の性質】叩きかモータブラシか?

振動の仕方は、叩き出しとモーターブラシの2つのタイプにわかれ、その振動数により集じんパワーも違うので、より振動数の多いものがおすすめです。

【叩きだしタイプ】は、ブレードやローダーなどで、ダニやその糞や粉塵を叩きだし、それらを吸い取ってくれるというもので、布団叩きと同様の効果があります。

【モータブラシで掻き出しタイプ】は、モーターブラシが高速に回転して、繊維の中からダニやその糞に粉塵を吸引してくれるというもので、ブラシの強力な回転により、叩きに似たような効果も得られます。

【布団専用器か兼用機か?】

【布団専用機】は、布団のみのために作られただけあり『滑りがとてもスムーズで、使用感や作業性がかなり高い』事がメリットですが、「布団にしか使えない」というデメリットがあります。

【兼用機】のハンディークリーナタイプや取り付けタイプは、『掃除機としても使えるという魅力的な2面性を持つ』メリットがありますが、「ノズルが布団に吸い付いてしまって、滑りが悪く」作業中にイライラしてしまうモノが多く、「使用感や作業性が専用機に比べると下がる」というデメリットがあります。

【殺菌や除菌機能のある無し】

お子さんやペットがいるご家庭で、特に便利でとっても喜ばれるのが、UV照射(紫外線照射)により、布団の中にいる雑菌やウイルスの除菌と消臭ができるという、除菌機能付きの優れもので、紫外線が強力なほどに清浄能力が高くなります。

【温風機能のある無し】

UV除菌機能の他に、布団に熱風を当てて乾燥させ、ダニをはがし取り細菌の繁殖を抑え、天日干し同様、布団をふかふかにするので、掃除機と同時に、布団乾燥機のような効果も得られます。

【要望とお値段が割りにあってる?】

布団クリーナーの価格は、5千円以内から5万円ほどと価格の幅がかなり広く、値段が高いほど高性能になり、通常1万円以上はするので、デザインや機能に加え、使用中にかかる電気コストや吸引力、その他、必要なメンテナンスなどをトータル的にみて、『値段が自分の要望と性能に対し割に合う商品かどうか』を、しっかりと考えて選ぶのがおススメおすすめです。

布団クリーナーおすすめ人気ランキングTOP3

市場で、最も選ばれている人気な布団クリーナーはいったいどれなんでしょうか。口コミやおすすめな人気ランキングをご紹介します。

布団クリーナーのおすすめ人気ランキング3位

ダイソン ハンディクリーナー サイクロン式掃除機

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

布団用 兼 持ち運び用掃除機として購入して使用中ですが、布団やベッドってほこりやごみがあるのに驚いています。 ロングパイプとヘッドを同時購入して、持ち運び用としても便利しています。 強力ですが、15~20分程度の使用でバッテリーがなくなりますので、スイッチをこまめに入れたり切ったりしています。

掃除機業界のレジェンドとも呼べる、強力な吸引力で有名なダイソンのハンディタイプの布団クリーナーで、同時に回転する15個のサイクロンが二層設置されおり、ミニモーターヘッドにて、ベッドや布団に潜みダニの餌となりゆる、微細な粉塵ゴミからダニやその糞、死骸にいたるまでを、強力にシッカリと掻き吸い取ってくれます。

驚くことに、排気が空気よりもキレイということで、赤ちゃんがいるご家でこそ、ぜひ使用したい商品です。

布団クリーナーのおすすめ人気ランキング2位

アイリスオーヤマ コードレス 布団クリーナー

¥ 21,384

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

特に興味もなく買ってみた商品でしたが、激しく商品の良さを実感しました。四年使用した敷布団の片隅を試しに1、2分くらいしか使用していないのにびっくりの通り越して、敷布団を買い替えようと思うくらいのホコリの多さ、クリーナーの威力を実感しました。アイリスオーヤマは低価格で質は良くかなりお勧めです!

充電式のコードレスで、1分間に6000回もの振動をおこし、ダニや粉塵を叩き出し強力吸引しながら、あのUVランプ機能で除菌もしてくれて、汚れを赤・緑・黄のランプでお知らせしてくれる、便利な【ダニ取りセンサー機能】まで搭載しています。

また、価格がとてもリーズナブルなことで人気の火がつき、ダストフィルターも簡単にお水で丸洗いできて、アフターケアも楽チンなのでおすすめです。

布団クリーナーのおすすめ人気ランキング1位

アイリスオーヤマ 超吸引 布団クリーナー

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

数日前に一台購入しました。今回は2台目の購入です。 ベッド用・床用を分ける為に購入しました。 掃除は週一しかしていませんでした。

布団のダニ・ちりなどのゴミ量を、なんと、ランプでお知らせしてくれる【ダニちりセンサー】が搭載されていて、温風+たたき+吸引により、ダニが繁殖しにくい環境を作りだしながら吸引し、布団乾燥機にかけたかのようなふかふかな仕上がりになるのが特徴です。

収納は、スタンドなしで自立でき、集じん方式はサイクロン式で、いつでも水洗いができるなど、清潔に使用できて吸引力も強く、価格も一万円程で、性能の割にコストパフォーマンスがとても良くかなり好評で、Amazonや楽天にYahooなどのネットショップにて、現在、ダントツでNo.1の商品です。(2017年12月時点で)

特徴・用途別にみるおすすめの布団クリーナー

【安いのに驚くほどの高機能⁈】でおすすめな布団クリーナー

ツカモトエイム ふとん用UV除菌クリーナー

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

レイコップより断然軽くてコンパクト。レイコップの時は重くて億劫になって結局全然使わなかったのが、これなら「ちょっとかけとこう」って気軽に使えるので、しょっちゅうお掃除できてて大満足です!

Amazonの最低価格にて、5000円以下で購入ができる低コストなのに、レイコップに似た機能を持つという商品で、毎分3,500回の振動でダニを浮かせて、除菌UVランプのちからで、ダニの活動を弱めて除菌消臭し、温風で日干しのようにふとんを乾燥させて、ダニの住みにくい環境を作ります。

クリーナーの上部にも、なんと吸い込み口が付いていて、舞い上がったハウスダストも、同時に吸い取るという、このユニークな機能は、この布団クリーナーにだけ見られる特徴です。

集塵フィルターも、0.3μmまでのゴミをしっかりとキャッチしてくれるといわれる、こだわりのフィルターを搭載し、吸い取ったゴミを排気で吐きもどす心配もなく、重量も1.4㎏と、とても軽量で扱いやすくおすすめです。

【ダニの撃退】でおすすめな布団クリーナー

ダニが弱るとされる60度の熱風を放出しながら、毎分12000回と凄まじい叩き機能に加えて、さらにパワーブラシで布団から、ダニや粉塵を掻き出して吸い取り、おまけに、プラズマクラスターイオンにて、悪臭を根元から除去してくれて、価格も平均的なとても魅力的な商品です。

【吸引力がすばらしい】おすすめな布団クリーナー

ダイソン ハンディクリーナー サイクロン式掃除機

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

吸引力問題なし。かなり吸い込みます。 欠点といえば、電池の持ち。MAXモードだと連続使用で、5分程度。通常でも20分弱

吸引力が凄まじくおすすめな布団クリーナーは、掃除機のトップメーカーのダイソンで、吸引力に関しては、どこの社もダイソンには及ばず、さすが掃除機業界のレジェンド、そのすばらしい吸引力の人気は、まさに右に出る者がありません。

【花粉やPM2.5にも安心】でおすすめな布団クリーナー

花粉注意報がニュースで流れると、それだけで目や鼻がグジュグジュしてきて憂鬱になり、最近では、PM2.5の飛散状況が伝えられ、とくに、アレルギーの人は、布団を外に出すことも恐怖になってきました。布団乾燥機のようなクリーナがあれば、花粉やPM2.5を家に持ち込む心配もなく、しかも、布団を天日干しのように、ふっかふかに乾燥し清掃してくれます。

HITACHI ふとんクリーナー PV-FC100(N)

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

素晴らしい!みなさんのレビューに惹かれて注文しました。早速布団をやってみたら白い粉と猫の毛がよーけ塊で取れました!

吸引機能がすばらしいダイソンには、残念ながら叩き機能はなく、その、たたき機能が充実したものが多いのも日本製の布団クリーナの特徴だと言えるでしょう。

日立のふとんクリーナーは、叩いて吸い込むスピードが180kmと、とても高速に花粉や埃にダニなどを、飛散させずにしっかりと急速に吸い取とり、なんと、ダニを含むハウスダストの除去率は99%以上で、吸い込んだダニの死滅率は、なんと約94%という、驚異的なデーターもあり、また、安心の日本製というのも人気の秘訣です。

【強力な除菌】でおすすめな布団クリーナー

除菌で1番おすすめな布団クリーナーは、やはりあのレイコップ社の布団クリーナーで、代表的なレイコップ商品の特徴と口コミを載せておきます。

今までの機能に加え、温風機能がプラスされた新型レイコップRP

レイコップ ふとんクリーナー ホワイト RP-100JWH

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

アレルギーがある私と息子のために買いました。 外に干せない日でも寝る前のレイコップをするとほかほかになり、気持ちが良いです。 掃除機では取りきれないほこりもとれるので安心です。

最新のレイコップRPは、新技術ドライエアブローを搭載したプレミアムモデルで、強力な紫外線での除菌率は、なんと99.9%もを除去するというもので、その他、ハウスダストについても3分で90%を除去し、パットも1つから4つへとかなり増え、進化したパワフルたたき機能にて毎分3,600回も振動し、ふとんブラシでゴミを掻き出し、吸い取ります。

今までにないドライエアブロー機能も搭載されて、約70度にあたためられた空気を噴射し、布団の湿気を取り除いて、天日干し同様の仕上がりでダニの繁殖を抑えてくれるという、ツワモノ新商品ですが、RS2に搭載された新機能の、ふとんケアコントロールは、こちらには付いていません。

大切な布団をケアする機能がついたレイコップRS2

レイコップ ふとんクリーナー RS2

¥ 39,960

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

大きいのは他ので取り出して、黄砂やハウスダストなどにはいいと思います。 自分ほこりアレルギーあるけどかけてたら楽になりました。

こちらのRS2モデルは、ハウスダスト除去率やUV除菌機能は同様ですが、パワフルたたき機能にモードが2つできて、お好みで選択ができ、振動率も毎分4,600~5,000回とかなり高くなり、この機種独自の寝具の用途に合わせ、掛け・敷き・羽毛の3モードを選択できます。

ハウスダストを除去しつつも、大切な寝具のケアも同時にしてくれるという、ふとんケアコントロールという新機能が搭載されています。

レイコップ・ライト

raycop ふとんクリーナー レイコップライト

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

とりあえず家のソファーで試しましたが、効果アリです。これから家の至る所でハマりそうです。

レイコップの布団クリーナー・ライトは、布団ブラシがなく、ハウスダストの除去率も3分間で80%以上と、新型よりもやや落ち、パワフルたたきは、パッドが1つなのと毎分3,300回振動と振動率も低めですが、UV除菌効果は99.9%と除菌だけをみれば、新型とはなんら変わりません。

初代レイコップRS

レイコップ ふとんクリーナー

¥ 29,800

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

使用してみると目で見てもわかるくらいゴミを除去してくれます。 家族全員で使用しています。 非常に便利です!

初代レイコップの布団クリーナーRSは、ハウスダスト除去率も3分間で90%で、UV除菌効果も99.9%と、新型レイコップとかわらず、パワフルたたきも2つのパッドがついていて、毎分4,000回振動の振動率で、RS2より若干は落ちますが、そこまでの大差はないと言えますが、ドライエアブローが搭載されていない点が残念です。

除菌能力は新型と旧型ともに全く変わらない

『除菌したい』でも、新型レイコップのお値段には、手が届かないという人には、旧式のレイコップ布団クリーナーがオススメです。

旧型と新型との大きな違いは、【旧式は、パッドの振動数がやや落ち、温風機能が無い】という点だけで、実は、除菌機能は両者ともに99.9%と同じで、新型レイコップと全く変わりません。

旧式レイコップは、Amazonや楽天に、Yahooや価格.comなどのネットショップでも、なんと、新型の半額程度で購入が可能なので、主な目的が除菌で、温風機能はいらないという人には、旧型レイコップは、かなりお買い得です。

【掃除機の機能がすばらしい】おすすめ布団クリーナー

TENKER 布団クリーナー

¥ 13,540

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

ベランダの構造上外に布団を干せないので このふとんクリーナーは非常に重宝しています。

のTENKERの布団クリーナーは、ハンディクリーナーとしても使える、兼用タイプの布団クリーナーで、叩き+UV+温風でダニやホコリをたたいて吸い取り、消臭してくれるという優秀クリーナーです。

その優れた叩き機能は、毎分8000回と、他社製品と比較しても非常に多い振動数にて、徹底的にアレルゲンを浮き上がらせて除去し、中でも掃除機としての吸引力が、とても優れています。

ダストカップとフィルターは、手軽に水洗いができるという清潔さで、価格はAmazonでも8,000円代とかなりの低価格、掃除機機能を重視したい方にはおすすめで、この性能でコストパフォーマンスの良さには驚きです。

おすすめの布団クリーナーのメーカー・ブランド3つと代表製品

布団クリーナーおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類【2018年】

ダイソン

ダイソンの代表商品は、もちろん強烈な吸引力でおなじみの掃除機ですが、今だに吸引力も人気も劣らず、歴代トップランナーの道を駆け抜けています。

ファーストダイソン

dyson キャニスター掃除機

¥ 90,309

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

吸引力は、これはスゴいとしか…マットレスと毛布で使った感想は、毛布は軽すぎるのか、吸い付くこともありましたが、マットレスはいい感じです。本体は重いです。オッサンが持つにしてもちょっと……ですね。ですが使用中はその重さも感じないほど、軽くついてきます。

ケーブル式のダイソン掃除機で、本体の重量はそこそこありますが、内蔵されているロールによって、見た目からは想像できないほど、スイスイと軽快な移動が可能で、女性でもとても使いやすく、吸引パワーも強烈で、ゴミ処理がとても楽なことで知られており、充電を気にせずに強力パワーを実感できるので、現在でも、変わらず安定した人気のヒット商品です。

これは凄い

ダイソン コードレスサイクロン式掃除機

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

とにかく感動したのが、コードレスなので手軽。吸引力が強いこと、そしてゴミ捨てが簡単です。 うちは室内犬がいますので、カーペットにかなりの毛が付いてしまいますがそれも難なく吸引してしまいます。

『手にとって使って見たい』、この商品のCMを見た方なら、そう感じた人も多いはず、衝撃的な吸引力を誇るダイソンの商品の中でもこの掃除機は、コードレスなのにもかかわらず【吸引パワーが劣らない】という、人気絶好調のコードレスクリーナーです。

最高ですね。

ダイソン 掃除機 ハンディクリーナー DC34

¥ 32,914

Amazonで見る

口コミ

2016年10月12日購入。最高ですね。敷き布団を吸ってみたら、すごい埃や皮脂が取れて嬉しくなります。これから、車の中を掃除してみます。やはり、高級品は良いですね。あとは、どのくらいの耐久性があるのかですね。

従来のハンディークリーナーは、コンパクトになればなるほど吸引力が下がってしまい、主婦の願いを、全て叶えてくれるような商品は、今までにありませんでしたが、掃除機業界のレジェンド『ダイソン』が革命を起こし、魔法のようなこのハンディクリーナーを発売しました。

ペットや小さいお子様がいる家庭では、常にそばに置いておきたい掃除機、この商品はそんな人たちの希望を全て答えてくれる、まさに、涙が出るほど軽くて、手軽にちょこっと使いができてしまえる夢のような商品です。

ダイソン布団用ツール

ダイソン フトン ツール 掃除機

¥ 4,320

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

羽毛布団、綿布団では吸い付いてしまい、全く掃除出来ませんが、 マットレスはすいすい掃除機をかけれます。 ゴミも取れてます。 物自体は、簡素な感じですが買って良かったです。 掛け布団も出来るようになるといいな!

掃除機の吸引力No. 1を誇り、どの人気ランキングでも、必ずトップ3に殿堂入りしている、ダイソンの布団クリーナーですが、もともと、ダイソンの掃除機やミニハンディ掃除機を持っている人も多いでしょう。

そのような方には、こちらの【ダイソン布団用ツール】がおすすめです。ふとん専用機ではありませんが、ただならぬ吸引パワーを発揮してくれる、ダイソンならではのアタッチメントで、口コミでも、吸引力が強いため多少の吸い付きはあるものの、十分に使えるとの声が非常に多いです。

レイコップ

布団をクリーニングするためだけに特化して開発された、レイコップの布団クリーナーへのこだわり追求は、止むことを知らず進化しつづけています。

その中でも新商品『レイコップRX』は、今までのレイコップ製品の良いところだけを、ギュギュっとここに閉じ込めた、そんな期待どおりの商品です。

吸引力にびっくり

レイコップ ふとんクリーナー

¥ 69,660

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

早速に使って見ました。布団に絡みつくことなく、見る見るほこりが溜まっていく様子が見えて、驚きました。この中にダニがいると思うとぞっとします。花粉症のため布団を外に干せないので、妻の機嫌が悪かったのですが、これで解消です。

搭載されている機能も最上レベルのRXの特徴は、なんといっても【コードレス】で、今まで、レイコップRPにしかなかった、【ドライエアブロー】が搭載され、枕を99%除菌、90%脱臭してくれる【まくらモード】や、布団の種類別にて吸引力を調節する【自動モード】も備えています。

また、従来からある毎分45,000回の振動やUV除菌機能はそのままに、今まで欲しかった機能が全て搭載されたレイコップRXは、すごいことに連続で、最大40時間の使用が可能です。

パナソニック

布団クリーナー本体の、メンテナンス掃除をするのが面倒だという人に、おすすめな布団クリーナーは、やはり【紙パック式】で、その中でもパナソニックの布団クリーナーが、安定した人気を保っています。

Panasonic紙パック式布団クリーナー

Panasonic紙パック式布団クリーナー

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

こちらに決めた点は、まず軽い!! アトケアもそうですが、レイコップも重く疲れます。量販店でいろんな商品を持ちましたが、これが一番軽かった。そして、今まではサイクロンでしたが、1回1回のフィルター掃除がめんどくさく、紙パックにしました。

軽量で手軽なハンディータイプもいいですが、適度な重量がある方が、布団を安定して押さえ込んでくれるので、シッカリと掃除ができるため、このようにレイコップのようなデザインの紙パック式もとても人気があり、特にこちらは、音が静かでレイコップよりも軽いと評判で、疲れにくく、便利で安心なゴミセンサーも搭載されています。

布団クリーナーの使い方・活用方法

布団をクリーニングするためだけに、作られたレイコップですが、せっかくUV除菌が使えるのですから、レイコップならではの特徴を生かし『布団以外で、いろいろな使い道はないものか』と調べ、いろいろ試している【先人の知恵】を探すと、他の用途や使い道が色々とわかったので、分かりやすく表にしてみました。

【布団クリーナー】いろいろある!!ふとん以外での使い道

以外にも布製品ならば、なんにでも使用でき、驚いたのが畳にまでと、アイディア次第で意外に広範囲な、布団クリーナーの使い道があることがわかり、我が家の意外な使い方などを、家族みんなでワイワイ探求してみるのも、また1つの楽しみになるでしょう。

布団系肌着系フロアー・車内畳の上など衛生用品
クッション下着カーテンベットマット布オムツ
座布団ステテコカーペット玄関マット布ナプキン
コタツ布団Tシャツ絨毯バスマットエプロン
シーツやカバー類靴下バスタオルキッチンマット布巾
赤ちゃんの肌着ベットパット車のシートタオル

玄関マットやバスマットなどは、来客が多く水虫などに配慮が心配なご家庭や、ワキガの悩みなども、UV除菌機能があれば、Tシャツや靴下の匂いも除菌も、ひとえにできて怖いものなしです。

搭載機能と相乗効果をトータルにみて購入すれば間違いなし‼︎

人生の3分の1寝て過ごすといわれる私たち、そんな貴重な時間をダニやハウスダストや雑菌に邪魔されたくはないですし、花粉や環境汚染などで布団を外で干すこともためらう時代となり、やはり、現代では布団クリーナーは、一年中なくてはならない存在です。

布団クリーナーのいろいろな種類を調べてみましたが、最終的な集塵能力は、どれも吸引力に左右されるので、一概にどの機種が良いのかは断定できませんが、ほかの搭載機能や相乗効果など、また、メンテナンスやデザインなどの好みもあるので、トータルでじっくりと考慮し、ご家庭に合うものを購入することをおすすめします。

Related