Search

検索したいワードを入力してください

2018年08月10日

キャノンのレンズおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方【2018年】

キャノンのレンズには、おすすめしたいポイントや選び方によるコツがあります。そのため、今回はおすすめしたいキャノンのレンズの使い方や、性能による違う方法による選び方をご紹介します。では、キャノンレンズにはどのような違いがあるのでしょうか。

キャノンのレンズおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方【2018年】

キャノンのレンズの種類と選び方

キャノンのレンズおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方【2018年】

一眼レフや望遠カメラを使うときは、景色の見え方によってレンズを交換することが多いです。例えば、キャノンのレンズの使い方は性能により、色々な使い方があります、そこで今回は、キャノンレンズの種類と選び方についてご紹介します。

キャノンのレンズの種類

キャノンのレンズの種類には、主に2種類のレンズがあります。すべてのEOSに対応しているEFレンズ、APS-Cデジタル一眼レフに対応しているEF-Sレンズです。

キャノンのレンズの選び方

レンズの違いを知ることで、正しいレンズの選び方が分かります。まず、EFレンズはすべてのEOSシリーズに対応しているため、デジタル一眼レフカメラでも使うことができ、万能なレンズです。次に、EF-Sレンズは一眼レフカメラのみにしか使えません。そのため、装置できるレンズが限られ、フルサイズの一眼レフカメラにも使えないので注意しましょう。

また、撮影できる範囲を確認することも大切です。キャノンのレンズには、焦点距離の異なるレンズがあり、焦点距離の数値が小さければ広い範囲を撮影できます。逆に数値が大きい場合は、遠く離れた範囲まで撮影できます。これを望遠レンズと言います。

キャノンのレンズおすすめ人気ランキングTOP3

実際にキャノンのEFレンズやEF-Sレンズの中で、おすすめしたい商品をご紹介します。

ランキング3位:「Canon 単焦点広角レンズ」

Canon 単焦点広角レンズ

¥ 24,840

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

50mmを買ったんですが、ちょっと画角が狭すぎて、こちらを購入しました。見て撮りたいと思ったものが撮れて、今はこれだけで撮ってます。

ランキング3位でおすすめなのは、単焦点広角レンズです。このレンズは、パンケーキレンズと呼ばれ、キャノンの製品の中でも薄くて軽いレンズになっています。またパンケーキレンズは、持ち運びが便利なレンズです。そのため、山登りやハイキングでの風景撮影やスナップにおすすめのキャノンレンズです。

ランキング2位:「Canon 望遠ズームレンズ」

Canon 望遠ズームレンズ EFレンズ

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

思った以上に軽い。 操作音が小さい(学芸会にも使いやすいかなと)。 ピント合わせが早い。

ランキング2位におすすめなのは、望遠ズームレンズです。こちらは、キャノンのEF70レンズで焦点距離は300mmとなっています。また、この望遠レンズはフルサイズのカメラに装置して、範囲を広げて色々な景色を撮影できるでしょう。例えば、山頂から眺められる雲海の撮影や、山あいの絶景の撮影におすすめの望遠レンズです。

ランキング1位:「Canon 標準ズームレンズ」

Canon 標準ズームレンズ

¥ 167,400

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

24-105mm 使い勝手がいいです! とりあえず この1本持ってれば撮れる! F4ですから、暗いところでは F2.8には敵いません。。

キャノンレンズの中で、1番おすすめしたいのは標準ズームレンズです。こちらのタイプは、EFレンズで撮影焦点距離は24mmから105mmとなっています。すべてのEOSシリーズに対応しており、手ブレ補正機能が付いているレンズです。

そのため、初心者の方でも手ブレもなく、綺麗に撮影することができるでしょう。例えば、海外の砂漠や山岳地帯、海沿いなどの自然も鮮明に写して、思い出に残すのがおすすめです。

特徴・用途別おすすめのキャノンのレンズ

他にもキャノンレンズには、色々なタイプのレンズがあります。そこでここでは、キャノンレンズの特徴や用途別分けておすすめ商品をご紹介していきます。ぜひ、購入時の参考にしてください。

フルサイズ

Canon 単焦点レンズ フルサイズ対応

¥ 21,060

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

2形より倍の値段しますけど、倍の価値はありますよ、2形のプラスチックは頂けないが こちらは良いですね。

フルサイズでおすすめなのは、EF50の単焦点レンズです。このEF50レンズは、標準的広角でデジタルカメラに適した構成になっています。そのため、カメラが初心者の方でもフルサイズで景色を写すことができ、使いやすいのが特徴です。

また、キャノンの技術により広角の絞りが5枚から7枚になっています。これにより、景色を円形撮影してぼかすことができます。特徴的な使い方をしたい方には、EF50の単焦点レンズがおすすめでしょう。

広角

Canon 超広角ズームレンズ EF-S10-18mm

¥ 49,680

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

広角レンズを初めて買ったのですがこの価格でこのレンズなら広角レンズを持ってない人には自信をもってオススメできます!

標準ズームレンズよりも、広い範囲を写せる広角レンズをお探しの方には、次の超広角ズームレンズEF-S10がおすすめ商品です。広い範囲を写すためには、焦点距離が小さく、こちらは18mm となっています。そのため、遠く離れた場所からでも風景をダイナミックに写すことができ、遠近感を強調した表現にもおすすめのレンズです。

マクロ

Canon 単焦点マクロレンズ

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

お手頃本格マクロレンズ。 EOS-Mに付けて使っています。 重さも丁度良く写りも抜群!

マクロレンズをお探しの方には、単焦点マクロレンズEF-Sがおすすめの商品です。このマクロレンズは、風景をぼかして特徴的な使い方ができます。例えば、至近距離で撮影して、スナップを大きく切り取ることもできます。このような色々な使い方ができ、幅広い風景の撮影におすすめのマクロレンズです。

6d

Canon 標準ズームレンズ EF24-105mm

¥ 167,400

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

EF24-70mm F2.8L II USMを使用してましたが、シチュエーションによって必要性を感じ、こちらも購入。 問題なく使えてます。

キャノンのデジタル一眼レフカメラ「EOS 6D Mark II」に合わせるレンズは、標準ズームレンズEF24-105mmがおすすめです。このレンズの特徴は、従来のモデルよりも光学性能が高まり、高画質な画像を撮影することができます。

また、シチュエーションによって使い分けることができ、手ブレもありません。そのため、しっかりと被写体を撮りたいかたには、標準ズームレンズEF24がおすすめとなっています。

60d

Canon 標準ズームレンズ EF-S18-55mm F3.5-5.6

¥ 38,880

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

中古で6000円程で購入しました。 新品でも一万円前後、コスパは最高です。さすが歴史を重ねてきているだけあり、ミラーレス用の16-50等とは、段違いに画質が良いです。

キャノンのデジタル一眼レフカメラ「EOS 60D」には、標準ズームレンズのEF-S18がおすすめの商品です。こちらのレンズの焦点距離は55mmでAPS-Cに対応しています。そのため、他のレンズよりも高画質で使いやすいのが特徴です。

また、標準ズームレンズにより、離れた場所からでも気軽に楽しめ、一瞬で景色を撮影することができます。「EOS 60D」のレンズをお探しの方には、ぜひ標準ズームレンズをお使いください。

70d

Canon 標準ズームレンズ EF-S18-55mm

¥ 38,880

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

EW63Cフードを付けると、俄然かっこ良くなります。 軽量ズームは、代え難い価値があります。 Sigma17-70等を買っても、すぐに手放さない方が良いでしょう。

デジタル一眼レフカメラ「EOS 70D」には、F4.0-5.6ISの標準ズームレンズがおすすめ商品です。先程のEF-S18と同じく焦点距離は29mmから88mmとなっており、焦点距離をカバーすることができます。

また、APS-C対応に対応した小型レンズで、手ブレ補正機能も充実しており、小型で使いやすいレンズになっています。つまり、初心者の方でも、静止画や動画撮影をスムーズに行えるおすすめの商品です。

望遠

Canon 望遠ズームレンズ EF-S55-250mm

¥ 54,000

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

写実性やシャープさは欠くかもしれませんが、独特の味があり、日常スナップのつもりでシャッターを切ったつもりがハッとするような写真が撮れたりする面白さがあります。

望遠ズームレンズなどの交換レンズをお探しの方には、キャノンの望遠ズームレンズ「EF-S55」がおすすめ商品です。この商品は、STMというステッピングモーターとリードスクリュー機能が備わっており、動く物や静止画を綺麗に保存して画像を残すレンズになっています。

例えば、月のクレーターの凹凸や木星の輪を上手に撮影したい方に、おすすめの望遠ズームレンズになっています。ピントも合わせやすく、どなたでも撮影しやすいのがおすすめポイントです。

単焦点

Canon 単焦点広角レンズ EF-S24mm

¥ 24,840

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

50mmを買ったんですが、ちょっと画角が狭すぎて、こちらを購入しました。見て撮りたいと思ったものが撮れて、今はこれだけで撮ってます。

背景ボケを楽しみたい方には、単焦点レンズがおすすめの商品です。キャノンの中では、この単焦点広角レンズがおすすめで、35mm判換算により焦点距離は24mmとなっています。一つの物体をそのまま映し出すことができ、焦点をぼやかして撮影できます。

例えば、焦点距離ギリギリまで近づいて、物体をレンズいっぱいまで写したり、自然な角度からも撮れるのがおすすめポイントです。単焦点レンズをお探しの方は、ぜひこちらの単焦点広角レンズをお使いください。

おすすめのキャノンのレンズのメーカー3つ

キャノンの一眼レフカメラの交換には、次のレンズメーカーもおすすめです。キャノン用となっていますので、メーカーの特徴や代表する製品などをご説明していきます。

シグマ

SIGMA 標準ズームレンズ 17-50mm キヤノン用

¥ 89,424

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

とにかくCANONを使っている方にとってはコスパ最高の神レンズだと思っております。

キャノンの一眼レフカメラには、シグマの標準ズームレンズも装置することができます。焦点距離は、17mmから50mmとなっており、APS-Cに対応しています。

シグマの標準ズームレンズは、全長91.8mmで持ち運びやすいコンパクトサイズになっています。これにより、被写体から50mm離れていても、綺麗に映し出すことができ、簡単に操作できるおすすめのレンズです。

kiss

Canon 標準ズームレンズ EF-S18-135mm

¥ 73,440

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

EOS Kiss X7とともに購入。 合計重量は920gと決して軽くはないものの、バランスは悪くありません。

kissは、キャノンのデジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss」を表しており、商品によって合わせるレンズが異なります。例えば、「EOS Kiss X9i」なら、EF-S18シリーズのレンズがおすすめです。

このレンズは、UDレンズを採用しており色にじみや色ボケを自動的に取り除きます。そのため、クリアで鮮明に被写体を撮影することができるおすすめの商品です。

タムロン

TAMRON 単焦点マクロレンズ SP キヤノン用

¥ 73,440

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

マクロレンズなのでおとなしく三脚に据えてマニュアルフォーカスでピント合わせて撮影するのがいいかなと思います。 初めてのマクロレンズとして購入するのもいいと思います。

タムロンのレンズもキャノンの一眼レフに合わせることができます。タムロンは、フルサイズのタイプなど色々なレンズを取り扱っているメーカーです。その中でも、単焦点マクロレンズがおすすめしたい商品です。

このレンズは、ボカした写真を撮影することができ、柔らかな雰囲気を出せるとして人気があります。例えば、画像をボカしたい人やズレた画像を補正して残したい方におすすめの商品です。

キャノンレンズにおすすめのアイテム

キャノンのレンズおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方【2018年】

キャノンレンズには、他にもおすすめの付属アイテムがあります。以下のアイテムを取り付けることで、より綺麗な画像を撮影できるのがポイントです。

レンジフード

カメラのレンズを覆い、直射日光がレンズに入ることを遮って被写体をしっかりととらえるレンジフードもおすすめです。例えば、次のレンズフードの特徴をご説明します。

Canon レンズフード L-HOODEW83M

Canon レンズフード L-HOODEW83M

¥ 3,564

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

Canon EF24-105mm F3.5-5.6 IS STM用に購入。 専用品ですので何の問題もありません。

このレンズフードは、直射日光からの光をさえぎり、キャノンのレンズを守ることができます。特に直射日光からの画質劣化を防ぎ、最低限必要な光のみを得ることができるアイテムです。もちろん、レンズフードはレンズのサイズに合わせたフードを選んでください。こちらは、キャノンレンズのEF24-105ISSTM専用となっています。

ダブルズーム キット レンズフード 2点セット

ダブルズーム キット レンズフード 2点セット

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

可もなく不可もなく、普通にいいです! ただ、もう少し締め付けの最後が硬く カチッと止まれば最高ですね!

キャノンの色々なレンズに使えるダブルズームキットもおすすめです。こちらには、Canon EOS 80Dや70D・9000D・8000D・KISS X9i・X8i・X7iに対応できるレンズフードが付いています。このレンズフードを装置することで、直接太陽による白ボケや反射が無くなります。

特に、写真のでき栄えに満足しない方におすすめのアイテムとなっています。ぜひ、色々なレンズに対応しているレンズフードを使って、逆光や直射日光を遮って被写体を綺麗に撮りましょう。

エクステンダー

エクステンダーは、一眼レフカメラ本体とマスターレンズの間に取り付けて、レンズの焦点距離を1.4倍、2倍に増やすことができるアイテムです。ズームモードにもでき、撮影の幅が広がるおすすめ商品となっています。

Canon エクステンダー EF1.4X III

Canon エクステンダー EF1.4X III

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

CANON EF100-400 F3.5-4.5 L USMに取り付けていますが、相性が非常に良く使いやすいです。野鳥撮影とかに最適な組み合わせて思います。

例えば、「EF1.4X III」のエクステンダーがおすすめです。こちらの商品は、マスターレンズの焦点距離を1.4倍に増やして、高画質な映像になります。例えば、超望遠レンズと組み合せても機能が高まり、鮮明に被写体を撮影できるでしょう。

また、こよエクステンダーには、フッ素コーティングが行われています。フッ素コーディングにより、レンズ表面に汚れを付きにくくし、綺麗なレンズの状態のまま使用できます。

エクステンダー EF2X 2型 EF2X2

Canon エクステンダー EF2X 2型 EF2X2

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

レンズの関係でピントがマニュアルになるので心配でしたが、思っていたよりも合わせやすく良かったです。

2タイプの高性能なエクステンダーもおすすめ商品です。このエクステンダーは、2つの要素を兼ね備えているのが特徴です。例えば、焦点距離を1.4倍や2倍に倍増させ被写体を撮りやすく設定できます。また、色々な単焦点レンズに装置することで、よりクリアな画質になります。さらに、望遠レンズとの組み合わせもできます。

たとえ雨風がひどい条件でも雨やホコリを防ぎ、望遠撮影が行えるおすすめのアイテムです。このように、色々な要素があることで、初心者の方でも簡単に使えるエクステンダーでしょう。

キャノンのレンズの使い方・活用方法・楽しみ方

キャノンのレンズおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方【2018年】

これまで紹介したレンズを元に、レンズの使い方や楽しみ方などを用途別にご紹介していきます。ぜひ、使用時の参考にしてみてください。

旅行

旅行に持っていくなら、デジカメよりも一眼レフカメラで絶景を堪能することがおすすめです。デジカメやスマホでは被写体を立体的にとらえることができません。いつでも被写体をくっきり写すなら、キャノンのレンズを持参しましょう。

キャノンには、持ち運びできるレンズが揃っており、レンズごとに焦点距離が決められています。種類も豊富にあり、撮りたい範囲によって交換するのもおすすめの使い方です。例えば、広角レンズ、標準レンズ、魚眼レンズ、望遠レンズ、単焦点レンズなどがあります。

この中でも、旅行で撮影を楽しむなら、広角レンズがおすすめです。裸眼で見ているよりも広く写し出し、遠くの焦点まで撮ることができるでしょう。

初心者におすすめ!

初心者におすすめなのは、広角レンズよりも画角が広く、壮大な景色を撮れる超広角レンズです。一般的超広角レンズは、見る景色そのままを残すレンズとして人気があります。初心者の方でも、焦点を合わせやすくパノラマのように映し出せます。

また、海外旅行でも使えるおすすめのレンズです。超広角レンズは、鮮明に写すだけでなく補正機能も付いているレンズが多いです。たとえシャッターを切るときにズレても補正され、綺麗な画像を実現することができます。

最適なキャノンレンズを見つけよう!

今回は、キャノンのレンズについておすすめしたい商品や選び方によるコツをご紹介しました。いかがでしたでしょうか。キャノンのレンズの使い方や、性能によって違いがあると分かりました。

紹介した商品の中から最適なレンズを見つけて、キャノンの一眼レフカメラを楽しみましょう。きっと良き思い出や風景を写真として残せますよ。

Related