Search

検索したいワードを入力してください

2018年01月30日

MIDIキーボードのおすすめ人気ランキングTOP3・選び方【2018年】

MIDIキーボードは自身の用途に合わせて身の丈にあったものをチョイスすると良いでしょう。この記事ではおすすめのMIDIキーボードやおすすめの特徴別MIDIキーボードををご紹介しています。自身にあったMIDIキーボードで素敵な音楽ライフを楽しんでみましょう。

MIDIキーボードのおすすめ人気ランキングTOP3・選び方【2018年】

あなたにとって最高の MIDIキーボードを選びましょう!

MIDIキーボードのおすすめ人気ランキングTOP3・選び方【2018年】

たくさんあるMIDIキーボードですが、それゆえ何を選んでいいか分からないというかたも多いはず。この記事では MIDIキーボードの種類を紹介するとともにそれぞれの用途に合わせた最適かつおすすめのMIDIキーボードをチョイスできるようにサポートします。

こちらで載せているMIDIキーボード選びのポイントは使いやすさ、身の丈にあっているかどうか、ポータビリティの3点です。機材の説明ももちろんなのですが、やはり機材を使う側の意識をどう持ったら良いかという点に重点をおき寄稿しております。

MIDIキーボードのランキングTOP3も載せておりますので参考にしていただき素敵なミュージックライフを楽しんでください。この記事からヒット曲が生まれることを大いに期待しております。さぁこの記事を読んだあたなは作曲家です。自身にぴったりのMIDIキーボードを選んで、素敵な音楽を奏でてください。

MIDIキーボードの種類とおすすめの良い選び方とは?

MIDIキーボードのおすすめ人気ランキングTOP3・選び方【2018年】

MIDIキーボードの種類はいくつあるの?

MIDIキーボードは機種によって仕様が異なります。目立つところだと鍵盤数です。25鍵、49鍵、61鍵、88鍵盤などと種類があります。25鍵だと打ち込みのみしか使用しないという人にとってはちょうど良いサイズとなるでしょう。

後はパッドがあるかないかどうかで、ドラムの打ち込みなどに使用できます。また、端子も機材によって全く違います。機能としては再生機能や録音機能など、DAWのコントローラーとして使用できることも多いので、その配置やどのようにリンクするかなど事前に調べておくと間違いがないでしょう。

そして、DAWやMIDIキーボードの仕様や機能を把握できたらあとは、自身の好みと偏見でどのMIDIキーボードがいいかを選んでいくと良いでしょう。

MIDIキーボードのおすすめと良い選び方とは?

MIDIキーボードは使う人の使い方でおすすめも異なります。打ち込みだけじゃなく、演奏などにも使いたい方は鍵盤数は多いほどより多くの音域をカバーできた方が良いでしょう。

後はお持ちのDAWソフトウェアによって親和性があったりなかったりしますので、CUBASEなのかabletonを使用するのかなどお手持ちのソフトウェアを何にするのか、何にしたいのか決めてから MIDIキーボードを選ぶようにしましょう。

まずソフトウェアがあっての MIDIキーボードですからそれと操作性がどうリンクしてくるかというところもしっかりと下調べする必要は出てきます。その上で自身の好みなどを取り入れるとより愛着が湧くようになることでしょう。

MIDIキーボードによってはDAWが付属してくる場合もありますので自身が何のDAWを使用して作曲したいのかビジョンはあらかじめ決めておくことをおすすめします。

おすすめの MIDIキーボードとは?

まず、打ち込みだけにしか使用しないというのであれば25鍵盤をおすすめします。理由は打ち込みでしか使用しないのに、鍵盤数の多い MIDIキーボードを選ぶと結果的に使わなくなる可能性が出てくるからです。これはどんなものにも言えますが、身の丈にあったものをチョイスしたほうがより MIDIキーボードを使いこなせるようになると言えます。

そして、演奏や両手でも使うということであれば、鍵盤数は多い方がより広い音域をカバーできます。その分値段は張りますが、世界のトップアーティストはかなりしっかりとした重厚感のあるMIDIキーボードを使用している場合がほとんどですので参考にしてみてはいかがでしょうか。

DJをするなら、AbletonのDAWソフトでPUSHを使用しようかな、などと色々な選択肢がこのMIDIキーボード選びではすることができます。

MIDIキーボードの良い選び方とは?

DAWソフトウェアとの兌換性を考慮することは、自身の作曲や演奏にとってやりやすいかやりやすくないかという点に関わってきますので、購入時になんのDAWソフトが使えて何が使えないのかよく確認しておきましょう。

できるだけ購入の際には、事前に楽器店や知っている人に使用感がどんな感じなのか聞いておくと、買った後にミスマッチすることを防ぐことができます。そうすれば、長く同じ機材を使用できる上、自身の音楽ライフもより良いものとなるでしょう。

下調べをたくさんしておけば、改めてこっちが良かったなどと言って買い直す手間も省けますし、一石二鳥となります。もちろん、物足りなくなった時には買い替えどきだと言えるので、もう少し自身にとって機能や仕様が拡張されたMIDIキーボードを選ぶことをおすすめします。

MIDIキーボードおすすめ人気ランキングトップ3

MDIキーボードの特徴や種類、そして選び方を見ても何を選んでいいかわからないというかたのために、おすすめのランキングTOP3を作成しました。

世間ではこんな MIDIキーボードが選ばれているというのを参考にしていただき、自身の音楽スタイルに合わせた最適なチョイスをしていただければ良いでしょう。壮観するとやはりコストパフォーマンスの良いMIDIキーボードが選ばれています。

おすすめはやはり安くて機能が限定されているものから選んでいくことです。やはり最初のうちはDAWの使い方すら慣れていないので、よりシンプルで扱いやすいMIDIキーボードがおすすめです。それに加えて軽量な方が、持ち運びしやすくどんなシーンでも活躍させることが可能となることでしょう。

3位:KORG USB MIDIキーボード NANOKEY2

KORG USB MIDIキーボード NANOKEY2 ナノキー 25鍵

¥ 6,372

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

DTMしたい、でもデスクトップPCを立ち上げて、椅子に座って…とするのが面倒なとき、横になったりソファに座って適当に操作できます。

その軽量さに加えて、パッド演奏・作曲できるユーザー視点の仕様となっております。値段も物凄く安く1万円以内で手に入るMIDIキーボードとしてはおすすめの一点です。

2位:M-Audio USB MIDIキーボード

M-Audio USB MIDIキーボード 49鍵 ピアノ音源ソフト付属 Keystation 49

¥ 9,980

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

押し心地は軽すぎず重すぎず丁度良い感じに戻ってきます。Abletonとの相性も良く、買って良かったです。

49鍵盤でがこの値段で手に入るのはこちらくらいと言っても過言ではありません。作曲・演奏ともにパフォーマンスを発揮します。49鍵盤と言ったらkeystationがおすすめです。またこちらにはピアノ音源がついており、すぐ音を出すことが可能です。

1位:KORG USB MIDIキーボード microKEY-25

KORG USB MIDIキーボード microKEY-25 マイクロキー 25鍵

¥ 7,560

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

簡単な打ち込み(キーボードのコード、ドラム、ベース)でしたら、これで十分かと思います。

25鍵盤で一定の機能が揃っていてこの価格です。打ち込みを行うには最適な機能が備わっています。また持ち運びも場所を取らず、楽な点もおすすめの理由の一つと言えるでしょう。

特徴・用途別おすすめのMIDIキーボードとは?

MIDIキーボードのおすすめ人気ランキングTOP3・選び方【2018年】

DAWや持ち運び、そして自身の能力に応じたMIDIキーボードのチョイスができるように以下では、それぞれのソフトとの兌換性や親和性の良いおすすめのMIDIキーボードを載せました。

それぞれの特徴を掴んだ上で、自身にとって最適のMIDIキーボード選びをして行きましょう。おすすめのMIDIキーボードとは価格でも格好よさでも機能の多さでもありません。自身にとってそれが作曲や演奏の起爆剤になるかどうかという点です。

そして起爆剤となった暁にはここからヒット曲を生み出すことも可能となるでしょう。いずれこの記事を読んだ人の中からヒットチャートに載るような大成功を収める人が出てくることを祈っています。

初心者におすすめのMIDIキーボードとは?

初心者の方にとって最初は機能が制限されているものの方がより、自身の音楽ライフを良いものとすることができおすすめです。機能がどうしても足りないと感じた時は成長の時です。少し機能の良いものをチョイスするとまた音楽の幅が広がることでしょう。

逆の場合から始めた場合、自身の成長を実感する機会が減りますので、最初は必要最低限の機能しかない機種をチョイスすることをおすすめいたします。

49鍵盤の MIDIキーボードの特徴とは?

49鍵盤は両手を使って作曲・演奏ができる範囲の MIDIキーボードとなってきます。もはや打ち込みだけは物足りない。両手で機材を扱えるというかたにおすすめの MIDIキーボードと言っても過言ではありません。

音域も25鍵盤に比べてより広い音域をカバーできますし、持ち運びもそこまで苦にはならないはずです。音楽スタジオを借りて本番さながらの環境で作曲をする。そんな贅沢な音楽ライフを満喫したいならこの49鍵盤をお勧めします。

61鍵盤のMIDIキーボードの特徴とは?

61鍵盤となるともはやプロ仕様です。だた持ち運びという点では49鍵盤よりも邪魔になりますので、自宅でよりダイナミックに作曲したいという人向けにおすすめのMIDIキーボードとなります。

そしてこれは自宅に音楽スタジオを作ってしまった人や、これから自分の音楽スタジオを持ちたいという人にとってもおすすめのMIDIキーボードとなります。仕様も機能も優れているものが多く、ある程度熟練した人にとっては大きなパフォーマンスを発揮することでしょう。

88鍵盤のMIDIキーボードとは?

88鍵盤ともなると値段相応の音源がついてきたりします。そして音源だけでも価値あるほどの量と質のものがついてきます。もはや一流のMIDIキーボードと言えるでしょう。そのカバーできる音域はものすごく広いのはこの88という数字からもうかがい知ることができます。

ただ初心者には全く向かないMIDIキーボードとなります。ピアノを両手で演奏できる人にしかその本領を発揮することはできないでしょう。もし使えると感じた人がいたらこちらをおすすめします。

USB接続ができるMIDIキーボードとは?

USB接続ができる MIDIキーボードも種類が二つあります。バスパワーなのかセルフパワードなのかという点においてです。バスパワーのMIDIキーボードは場所を選びません。パソコンさえあれば電力を供給できるのでどんなところでも作曲、演奏できおすすめできます。

一方でセルフパワードのものは別途、電源ケーブルが必要で使える場所も電源が使用できるところに限られてきますのでそうしたところでのパフォーマンスにはおすすめできません。おすすめとしてはここでも自身にとって限定的な方がより音楽ライフを満ちたものにしてくれるということです。

それは、限定的な方がより頭を使うことになりますし、アナグロ的な方が学ばなければいけないことも多いためです。どちらが自身にとって限定的なのかは人それぞれですので、よく考えて購入しましょう。

garageband対応のMIDIキーボード

garageband対応の MIDIキーボードは、garagebandで作曲したい方におすすめの MIDIキーボードです。ソフトウェアと親和性が高いので、より作曲の幅は広がることでしょう。ただiphoneにつなげて使える MIDIキーボードは今のところ出ていないので、こちらのPC版のソフトとの兌換性というところで選んだ方がおすすめです。
また、garagebandはiphoneやipadをハードウェアとして使用する場合の方が使いやすく本領を発揮するのでおすすめです。

logicと連携するMIDIキーボード

novation Impulse 49 USB MIDIコントローラー キーボード 49鍵盤 【ノベーション】

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

鍵盤タッチはかなり素晴らしいと思います。 コントローラーでこれほどのモノを装備している。

logicと連携できるMIDIキーボードは種類が多くおすすめです。特にこちらのMIDIキーボードは、logicとの連携の他にAbleton LiveやCubaseなどの使いやすいDAWにも対応していますので、さまざま曲作りが楽しめることでしょう。

他にもループコレクションなど作曲がすぐに楽しめるソフトも付いてきますので、気軽にMIDIキーボードで作曲を始めたい方にもおすすめです。

cubaseと連携が取れるMIDIキーボードとは?

Novation MIDIコントローラー Impulse 49

¥ 19,800

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

私はピアノを弾いていたので、この鍵盤の弾き心地はとてもいいとは言えないのですが、普通に打ち込む分には問題はないと思います。

cubaseもまた汎用的なソフトで以下のMIDIキーボードが使用できおすすめです。こちらのモデルは、プロも使用するベロシティやエフェクト、バーチャル・インストルゥメントを調整することができるアサイナブル・ノブなど、曲作りに便利な機能もついています。また、DAWはcubaseだけでなくAbleton Live、logicなどさまざまDAWに対応させることもできます。

flstudioと連携するMIDIキーボードとは?

おすすめ1

NANO CONTROL

¥ 6,372

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

ボリュームフェーダーにフィルターの減退などをアサインしても良いですね。ノブ、ソロ、ミュート、RECボタンも共に問題ありませんでした。

気軽にflstudioで打ち込みを楽しみたい、作曲をしたいという方には、こちらのモデルはいかがでしょうか。こちらは、鍵盤系のMIDIキーボードではありませんが、多くのメロディを打ち込むことができます。

flstudioだけでなく、GarageBandのDAWなどに対応していますので、さまざまソフトで打ち込みと作曲を楽しむことができます。さらにノートPCほどの大きさですので、コンパクトに持ち歩けるのもこのMIDIキーボードコントローラーのおすすめポイントといえるでしょう。

おすすめ2

KORG モバイルMIDIキーボード nanoKEY Studio

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

iPad+音源で利用されている方は重宝しますね。 鍵盤部のタッチはあまり良くないですが、モバイル打ち込み用としては申し分ないです。

こちらのMIDIキーボードは、iPadなどで気軽にどこでも作曲したいという方におすすめです。鍵盤数は少ないものの、ちょっとしたフレーズやちょっとしたメロディが思い浮かんだらすぐに打ち込むことができます。

価格もそれほど高くなく、手頃ですので、モバイルで打ち込みをしたい方や外出中にアイデアが浮かぶ方におすすめのMIDIキーボードといえるでしょう。

おすすめのMIDIキーボードのメーカー・ブランド3つと代表製品

MIDIキーボードのおすすめ人気ランキングTOP3・選び方【2018年】

ここまでさまざまなMIDIキーボードをご紹介いたしましたが、やっぱりどのMIDIキーボードが良いのか悩むという方には、メーカー・ブランドから選ぶことをおすすめします。特に有名なブランドに関しては、多くの作曲家から支持を得ているブランドですので、信頼性が高いため、安定したMIDIキーボードを選ぶことにつながりやすいです。

この項目では、おすすめの人気MIDIキーボードメーカーとそのブランド3つをご紹介いたします。

Native Instruments

Native Instruments S-シリーズキーボード KOMPLETE KONTROL S61 MK2

¥ 86,184

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

セミウェイトのようですが、やっぱり安物とは違います。跳ね返りや強弱の反映具合が素晴らしい・・・ 個人的に黒鍵盤の長さが短めに感じました。

Native Instrumentsはドイツ生まれのメーカーで主にPCでリアルタイムに音響を合成できるための技術開発を目指して設立されたメーカーです。代表的なブランドは、KOMPLETE KONTROLシリーズです。

品質が良いと評判のFatar社製のキーボードが搭載されており、拡張プラグインのNative Kontrol Standardと一緒に使用することによってパフォーマンスをアップさせることができます。また、11製品と2500曲の曲作りに使えるサウンドなどを収録したKOPLET 11 SELECTもついてくるので、初心者から上級者まで幅広く扱いやすいメーカーです。

Roland

Roland MIDIキーボードコントローラー A-49-BK

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

あれこれツマミが多いタイプではないのでスッキリして良いと思います。キーボードのタッチは馴染みやすい重さだと思います。D-Beamは??と思いました。

Roland(ローランド)は日本の大阪で生まれた大手の電子音楽メーカーの1つです。メーカー名からドイツなどの生まれを想像する方もいらっしゃいますが、れっきとした国産メーカーです。主に楽器屋さんなどに行くとローランド製のピアノやキーボードが並んでいるのを見かけている方も多いのではないでしょうか。

Rolandの代表的なブランドはA49という49鍵盤のMIDIキーボードが有名です。シンセンサイザー界の中でも特に人気が高く、どんなDTMソフトを使っても良い曲作りができると高評価なのが特徴です。

初級者はもちろんのこと、上級者まで安心して使える品質ですので、安定の国産MIDIキーボードが欲しいという方におすすめのメーカーといえるでしょう。

M-AUDIO

M-Audio MIDIキーボード 49鍵 ピアノ音源ソフト付属 Keystation 49

¥ 9,980

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

商品も特に問題はなく使えています。Ableton Live Liteがついてきたのはとても嬉しかったです。

M-AUDIO(エムオーディオ)は、アメリカの電子音楽機器メーカーの1つです。設立は1988年と比較的この中では新しいメーカーですが、軽量かつシンプルなデザイン・機能、32鍵盤から88鍵盤まで選ぶことができるラインナップの多さが魅力的なメーカーです。

M-AUDIOを代表するブランドは、Keystationシリーズです。こちらは、フェーダーやツマミなど、MIDIキーボードに搭載されていることが多い機能がない代わりにコスパの良いMIDIキーボードとなっています。

まだDTMを初めて日が浅く、何をしたら良いか分からない初心者や、少しづつ機能を覚えていきたいという方におすすめのメーカーです。

MIDIキーボードの使い方・活用方法・楽しみ方とは?

MIDIキーボードのおすすめ人気ランキングTOP3・選び方【2018年】

ここではMIDIキーボードの具体的なおすすめの使い方・活用方法・そして楽しみ方について説明いたします。キーボードの機能性というよりはキーボードを使ってどんなことができるか、どんな世界が広がるかという点に重きを置いて記事を書きました。

MIDIキーボードの使い方とは?


MIDIキーボードはPCとDAWソフトウェアと音色ソフトの四つが揃わないと使えません。したがって全てを揃えるとそこそこの値段になりますので、ある程度の出費は覚悟して置いた方が良いでしょう。その上でMIDIキーボードとはDAWのコントローラーという形で使用することになります。

MIDIキーボードの活用方法とは?

ここではMIDIキーボードを具体的にどう活用するとより音楽の幅が広がるのか載せてみました。まずMIDIキーボードを使う目的ですが、それは作曲や演奏環境の効率化を図る点です。

MIDIキーボードを使用すれば、DAWでいちいち一つずつ音を割り当てなくても実際に音をより、直感的、感覚的にチョイスしていくことが可能でおすすめです。そのためには、DAWとキーボードの説明書から読んでみることをおすすめいたします。

作曲は毎日練習することでどんどん良いものが作れるようになってきます。DAWだけでは物足りないそんな人にとってMIDIキーボードの存在は作曲の起爆剤になることでしょう。

MIDIキーボードの楽しみ方とは?

MIDIキーボードはDAWソフトウェアの兌換性によって演奏や作曲ができるのはこれまでも述べてきましたが、もしいい曲ができれば、それをTUNECOREなどの配信サイトを利用して配信し、もしヒット曲を生み出せばちょっとしたお金を手に入れることも可能となります。

もちろん効率的な作曲環境を提供してくれるMIDIキーボードが化けるか化けないかはあなたの腕と練習次第です。

MIDIキーボードを使って作曲を楽しんでみよう!

MIDIキーボードのおすすめ人気ランキングTOP3・選び方【2018年】

おすすめのMIDIキーボードは最初は機能の限定されているものを選び、自身の成長に合わせて、機能の増えたMIDIキーボードをチョイスするようにしていくと良いでしょう。そして大きいほど持ち運びしにくくなるので、ある程度MIDIキーボードに慣れた人はその点も考慮に入れましょう。

また自身のDAWソフトウェアとの親和性や相性がどうなのかもしっかり調べた上でぴったりのMIDIキーボードをチョイスして最高の音楽ライフを送るためのヒントにしてみはいかがでしょうか。

Related