Search

検索したいワードを入力してください

2017年12月25日

電源ユニットのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類【2018年】

電源ユニットの種類と選び方が分からない。PCを動作させるのに、多種多様な電源ユニットがあります。電源ユニットがないとPCを動作させることが出来ません。そこで、いま気になる電源ユニットを、目的や用途などPCの種類に応じてどれを購入すればいいのかをご紹介します

電源ユニットのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類【2018年】

電源ユニットの種類と選び方

「電源ユニット」は、PCを動作させるのにとても大切な電源パーツです。電源ユニットの役目はコンセントのAC電源を、PC本体で使えるDC電源に変換します。「デスクトップPC」「サーバーPC」「自作PC」などでも無くてはならない、縁の下の力持ちでもあり、PCを動作させる主要パーツでもあります。そこで、PCを動作させるのにとても大切な電源ユニットの気になる種類と、選び方のおすすめを紹介します。

電源ユニットの種類

オウルテック FSP AURUM Sシリーズ

¥ 12,938

Amazonで見る

口コミ

ファンの音が静かでいいですね~! 手触りもいい感じです! 気に入りました。

PCの種類と比例して電源ユニットの種類もたくさんあります。ノートPC用のアダプタータイプものから、一般的なデスクトップPC用の電源パーツの物まで、PC1台につきそれぞれ専用パーツとしてあるほどです。

電源ユニットの種類でデスクトップPC用には色々なタイプの商品があります。「省電力タイプ」「低価格のコストパフォーマンスタイプ」「サーバーPC用」「静音タイプ」「高出力電源タイプ」など使用目的に応じて選択が可能です。

ここでは自作デスクトップPCなどで販売されている、ATX電源パーツとしてのおすすめの電源ユニットについて取り上げていきます。

電源ユニットの選び方

電源ユニットのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類【2018年】

PC電源ユニット各種類に違いがあります。例えば、同じ電源のW(ワット)の電源容量と電源の大きさサイズ数でも、電源パーツの要である中身に使われているコンデンサやパーツの品質が違ってきます。

それぞれの電源ユニットの価格の違いは、中身に使用されているパーツの価格なども入っています。そのために同じWの電源容量でも電源によって価格差が出てきます。電源ユニットを購入する際に注意するポイントとして、「所持しているPCの種類」「電源の本体サイズ」「電源容量の出力サイズ」などのポイントを考慮して予算に合わせて購入します。

おすすめの電源ユニットとは

電源ユニットのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類【2018年】

おすすめの電源ユニットは、所有しているPCの本体規格サイズにあわせて購入するのがよいでしょう。各メーカーから販売されている主流の電源ユニット規格は3種類あります。

「ATX」:一般的なデスクトップPC用電源ユニット
「EPS」:サーバーやワークステーションなどでATXを強化した電源ユニット
「SFX」:MicroATX用の小型ケースなどで使われる電源ユニット

さらに電源ユニットの性能があり、「80PLUS認証」で(Standard~Titanium)まで6つのランクがあります。Titaniumが一番最高のランクです。PCで使用するAC(交流)電源コンセントをDC(直流)に変換するエネルギー効率が高い製品になります。

主流になっているこの規格の中で、目的に合わせた電源ユニットを選びます。電源ユニットそれぞれに必要なW(ワット)の電源容量と性能も加味して選択します。

電源ユニットおすすめ人気ランキングTOP3

電源ユニットのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類【2018年】

現在、大手インターネット通販やパソコンショップなどで購入可能な、人気のある電源ユニットのおすすめを紹介します。

ATX規格を中心に、PCパーツの主要メーカーがしのぎを削り世界中で電源ユニットが販売されています。日本国内でもニーズに合わせて、高性能なものからコストパフォーマンスの良い物まで購入可能です。

電源ユニットは各メーカーの特色が良く出る製品でもあります。例えば同じスペックでも、メーカーで値段と特色が違ったりします。大きな売れ筋の商品は、価格・メーカーの信頼度・性能などが色濃くランキングに売れ筋として反映されています。

ランキング3位:「玄人志向」

玄人志向 NEXTシリーズ

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

音も静かで安定しています。 三年保証は製品のクオリティをはかるうえでも大切かも 大体が一年保証程度なので三年は十分ではないでしょうか?

「玄人志向」は電源ユニットパーツでも大変人気がありおすすめするメーカーです。CFD販売が扱う日本国内のパーツメーカーで、親会社は無線LANなどのネットワーク製品で有名なバッファローです。

玄人志向は当初、玄人のためのPCパーツブランドとして定着してきましたが、近年は信頼性も高く商品の保証が充実した幅広いPCパーツを扱うようになり、今回の電源ユニットもその中に含まれます。

この電源ユニットNEXTシリーズの特徴は、奥行がコンパクトな12.5cmで設計されておりケース内の収まりがが良く、電源容量は500Wと600Wの2つのラインナップです。3年保証と80PLUS認証が(Bronze)コストパフォーマンスと、実用性能が良い製品なのでおすすめです。

ランキング2位:「Corsair」

口コミ

先日2台のPCを組んだのですが、片方は750wGOLD、もう一台がこれにしました。 価格の割に高性能だと思います。 Ryzen7+GeForce1060、HDD2台にsataのSSD、電飾までつけても問題ないです。 経年劣化でどこまで耐えてくれるかは未知数ですが、最近のケースのエアーフローは優れているので、熱で劣化していく速度はそんなに早くないと期待しています。

「Corsair」は電源ユニットパーツでも性能が良く人気がありおすすめするメーカーです。米国CORSAIR Inc.社のPCパーツメーカーで日本国内では、株式会社アスクが扱う電源ユニットパーツになります。Corsairは設計から他メーカーと違い、パーツの信頼性が高く安定してPCが動作するので電源ブランドとして信頼されています。

この電源ユニットCorsair CXシリーズの特徴は負荷状況に応じて120mm静音ファンで回転数を制御し、電源容量は「450W」「550W」「650W」「750W」「850W」の5つのラインナップと豊富にあるので、自由に選ぶことが可能です。5年保証と80PLUS認証が(Bronze)ながらコストパフォーマンスと、信頼性と幅広いラインナップがある製品なのでおすすめです。

ランキング1位:「オウルテック」

Seasonic G シリーズ

¥ 15,098

Amazonで見る

口コミ

静かで発熱も少なく、良い電源です。 XP2と悩みましたが、こちらで十分でした。

「オウルテック」は「Seasonic」という電源ユニットのパーツでも大変人気があり、おすすめするメーカーです。Seasonicは有数のPCパーツメーカーがある台湾のPCパーツメーカーとして、信頼性も高く有名です。日本国内ではオウルテック社が扱う製品になります。

この電源ユニットSeasonic G シリーズは日本のメーカー製105℃アルミ電解コンデンサーを2次にも使用しているので信頼性が高く、電源容量は「450W」「550W」「650W」「750W」の4つのラインナップです。5年間の新品交換保証と80PLUS認証が(Gold)なので電源性能と、長く使える信頼性が高い製品なのでおすすめです。

特徴・用途別おすすめの電源ユニット

電源ユニットのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類【2018年】

それぞれの電源ユニットにも、使用用途で適材適所があります。一般的なデスクトップPC用の製品から、長時間電源を使用し続けるサーバー用まであります。PCの種類に応じて、電源ユニットのサイズや性能など適応した電源ユニットを購入すれば性能を発揮することが可能です。

複数ある電源ユニットのなかでも、どれを選択したらよいのかが分からない部分もあります。しかし、目的と性能を考慮すれば購入する製品を選べます。そこでPCの用途別に特徴もかねて、おすすめの電源ユニットについてご紹介します。

PC用

オウルテック FSP AURUM Sシリーズ

¥ 11,664

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

とにかく静かで電源をつけているのがわからないほど。 写真では少しわかりにくいが質感、手触りもとてもいい。

PC用でおすすめの電源ユニットは 「オウルテック FSP AURUM Sシリーズ」です。普段使用するPC用として、静音で主張せずにコスト的にも性能的にも良い電源ユニットです。

電源ユニットの故障原因の一つでもある、熱に対してこの製品は熱だまりを少なくするためにパーツの点数を少なくし、熱対策がされています。さらに風を送り込むFANの性能も高く、静音設計になっています。熱対策がなされているので長寿命という利点もあります。3年の新品交換保証があり、PC用としておすすめの電源ユニットです。

静音

玄人志向 電源 80PLUS Platinum 12cm静音ファン

¥ 13,910

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

1年前に約5年使用していた電源が異音が発してきたので、プラチナクラスで値段が安かったので試しで購入してみましたが予想以上に安定しています。 ゲームやエンコードなど比較的高負荷がかかる場合でも安定して起動しています。 ファンの音は静音ファンをうたっているだけあり、特に気になるほどの音は出ておりません。

PC用でおすすめの電源ユニットは 「玄人志向 電源 80PLUS Platinum 12cm静音ファン」です。電源FANノイズが少ない静音PC用をとして、おすすめしたい電源ユニットです。

電源ユニットの低負荷時はFANの回転を抑え、ノイズが少なくない静音設計になっています。80PLUS認証でPlatinumにあたり、DC-DC変換基板が搭載されいるので、電源効率が高く省エネにも貢献しPCが安定して動作します。

静音FANなので、FANノイズ対策がなされています。音が静かで電源効率が良く3年の保証があり、静音PC用としておすすめの電源ユニットです。

デスクトップ用

オウルテック FSP RAIDERシリーズ

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

XP時代にたくさん自作していました。電源が壊れて眠っていたPC を10で復活させる為に購入しました。何年かぶりに楽しめました。電源は長く使わないと良し悪しはわかりませんが、今のところ良い感じです。

PC用でおすすめの電源ユニットは 「オウルテック FSP RAIDERシリーズ」です。普段使用するデスクトップPC用として、長年使用した電源を新調する際にコスト的にも性能的にも良い電源ユニットです。電源自体に各場所に工夫があり、同期整流の立ち上げ方式を採用しています。電源を立ち上げる際に電流をシンクさせてPCの起動効率が良い製品です。

PCI-Eコネクタが多様的に対応しているので、グラフィックカードも豊富な種類に対応します。電源回路の簡略化がなされているので電磁ノイズの発生も抑えられて、良い製品です。3年の交換保証があり、コストパフォーマンスも良く、多くの用途に対応するデスクトップPC用としておすすめの電源ユニットです。

サーバー用

SilverStone SFX電源

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

省電力、静音の自宅サーバーを構築するために、この商品を選択しました。 24時間稼動していますが、まったく音が気になりません。 というか動いているのかどうかもわからない位に聞こえてきません。 (実際見るとファンは動いています) 省電力、静音で選択するならこれはお勧めです。 (電力はワットモニターで測定すると20W~30Wの間でした) ちなみにCPUとマザーは以下のとおりです。 ・Core i3-6100T ・MB3580 H110I PRO (CPUクーラーは付属品をそのまま利用)

サーバーPC用でおすすめの電源ユニットは 「SilverStone SFX電源」です。サーバーPC用として静音で主張せずに、使用する電力も少なく、コスト的にも性能的にも良い電源ユニットです。

サーバーPC用は電源を酷使するので、サーバーの電源を一度使用すると電源を落すことがなく、毎日サーバーPCを使用し続けます。サーバーPCという使用環境に合わせた、省電力で高耐久な電源ユニットをおすすめします。

静音FANを使用しているので、音が静かという利点もあります。3年のメーカー保証があり、手軽なサーバーPC用としておすすめの電源ユニットです。

自作PC用

Corsair RM シリーズ

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

前の電源は冬の寒い時期に起動時にガラガラ音が出ていて何時壊れるかなと思いこの電源ユニットを購入。交換は前の接続状況をチェックしてから行ったので、素人でもスムースにできました。驚いたのは不要な時ファンが回らず凄く静かなこと。PCで音楽を聴いているのでこれは素晴らしいと思っています。とても良い電源と感じています。

自作PC用でおすすめの電源ユニットは 「Corsair RM シリーズ」です。自作PC用として、高性能で保証も充実し、安定して長く使える良い電源ユニットです。

電源ユニットの基本性能が高いために、電源に付加が少ない場合はFANが回らない仕組みになっています。セミファンレスなのでFANノイズがほとんど無く静かで、内部に使用されているパーツに品質も良いので安定した製品です。

FANノイズだけでなく、コンデンサーをケーブルにまで取り付けてあるので、低ノイズで自作PCの各パーツの性能をしっかり発揮させます。フルモジュラー式のケーブルなので、無駄な配線が余らずにPC内部がスッキリします。長期10年保証があり、長く安定して自作PC用として使えるおすすめの電源ユニットです。

ワット数別おすすめの電源ユニット

電源ユニットのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類【2018年】

W(ワット)数でPCに求められる用途が変ってきます。300W~600Wはミドルレンジ向けで、電気の消費が多いグラフィックカードに対応した電源ユニットです。

600W~1000Wはハイエンド向けで、さらに電気の消費が多い高性能なグラフィックカードに対応した電源ユニットです。電源容量のW数が多いほど、安定性と耐久性が求められます。ここでは上記のおすすめ電源ユニットから、W数で製品名を上げていきます。

500w

500wでおすすめの電源ユニットは、「オウルテック FSP RAIDERシリーズ」です。ミドルレンジに対応した製品です。

600w

600wでおすすめの電源ユニットは、「玄人志向 電源 80PLUS Platinum 12cm静音ファン」です。ミドルレンジにもハイエンドに対応した製品です。

650w

650wでおすすめの電源ユニットは、「Seasonic G シリーズ」です。ハイエンドに対応した製品です。

700w

700wでおすすめの電源ユニットは、「オウルテック FSP AURUM Sシリーズ」です。ハイエンドに対応した製品です。

1000w

1000wでおすすめの電源ユニットは、「Corsair RM シリーズ」です。1000wの配電に対応したハイエンドに対応した製品です。

おすすめの電源ユニットのメーカー・ブランド3つと代表製品

電源ユニットのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類【2018年】

電源ユニットでおすすめのメーカーは多種類あります。また、口コミで評判が良いけど実際に使用すると違った印象の電源もあります。使用目的に合わせて購入するのが良いのですが、上記にもある評判別におすすめします。

オウルテック
自作PC制作のほうから支持も多く、老舗で有名なブランドメーカーです。

Corsair
高性能で安定した電源を使用したいなら、このメーカーの電源は優秀です。

玄人志向
コストパフォーマンスに優れながら、安定したPCを使用可能な電源を販売しています。

電源ユニットの使い方・活用方法

数多くの電源パーツの中でも選ぶ場合、所持しているPCに取り付けられる種類の電源ユニットを選ぶ必要があります。一般的なのがATX規格と呼ばれる、デスクトップPCに適した電源ユニットです。ATX規格は古くからある規格なので、同じ規格ならある程度古い電源でもPCを動作させることは可能です。しかし最新の電源ユニットを購入して、活用することをおすすめします。

電源ユニットの使い方として、最新のパーツを購入すれば省電力でPCを動作させることが可能だからです。電源ユニットは次々と新しい規格に対応した、省電力なパーツが販売されているからです。

新しい電源ユニットの購入がおすすめ

電源ユニットのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類【2018年】

いかがでしたでしょうか。おすすめする電源ユニットは、多種多様なPCに適材適所に導入すると良い製品です。電気で動作するPCの根底にあるパーツの電源ユニットですが、世界中で色々な種類の電源ユニットが販売されています。

PC本体を普段使用するのにあまり意識しない電気パーツの電源ユニットですが、電源の性能次第でPCの「信頼性」や「安定性」などに影響してきます。こちらで紹介したおすすめの新しい電源ユニットを購入して、ぜひ安定した素晴らしいPCライフを送りましょう。

Related