Search

検索したいワードを入力してください

2018年10月13日

デューサーおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方【2018年】

ワックスって何を選べばいいんだろう。多くの人が悩むところでしょう。今回はワックスの中でも有名なデューサーについて、その種類や選び方、髪質や髪型にあったデューサーを紹介していきます。他にもデューサーに関連したヘアケア商品をいくつか紹介していきます。

デューサーおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方【2018年】

デューサーの種類と選び方

デューサーおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方【2018年】

デューサーってなに

デューサーとはナンバースリーという会社から出ているヘアワックスの商品名です。会社名ではありません。ナンバースリーはデューサー以外にも複数の商品を提供しています。デューサーというのは、ナンバースリーのメーカーブランド。普段何気なく目にしているのであまり意識していないでしょうが、会社名と間違えないように注意しましょう。

デューサーの種類

デューサーは全部で9種類あります。1番から6番までの番号、そして例えば5と5Sというように数字の後ろにアルファベットを加え区別しています。もちろん9種類すべてが異なる特徴や性質を持っているので、多くの人はどれを買っていいか迷ってしまいます。

ではどのように特徴が異なるのでしょう。簡単な指標としては、数字です。前述した1番から6番までの数字で、その値が大きいほどセット力が強いので1つの指標になります。

デューサーの選び方

まずはじめに、ズバリ万人にとって合うワックスなどは存在しません。当たり前のことですが、髪の毛は1人1人異なります。毛の量、毛の太さ、長さ、うねり具合など多くの要素で髪の毛は成り立っています。

一見同じように見える髪の毛でも実際は全く異なるので、ある人にとっては良いワックスであっても、別の人が使うとそれほど良く感じないことだって当然あります。髪の毛が異なるので当たり前のことです。そういうわけで、結論として1人1人にとって最高のワックスは異なります。

ではどのように自分にあったワックスを選べばいいのでしょうか。それにはまず自分の髪の毛について良く理解することです。加えてワックスを選ぶときは、自分がこれからしたいヘアスタイルも大切な要素です。その2つをしっかりと押さえて自分にあったワックスを選びましょう。

デューサーおすすめ人気ランキングTOP3

第3位

口コミ

使いやすくて今回リピート。ガチガチに固まりすぎないのも良い。

デューサーの5Sです。5sは下から数えて5番目にセット力が強いということです。ワックスをつけた後は、ヘアスプレーで固める方も多いですが、デューサの5番ともなればそんな必要はありません。

もちろん個人個人の毛の量や、毛の性質に寄切りなのですが、それほどセット力は強いです。1度髪型が崩れてしまった時にリセットもしやすいのでオススメの商品です。

ではデューサー5Sはデューサー5とはどう違うのでしょうか。デューサーでは数字の後ろにアルファベットがつくと、よりツヤの出るものになっています。つまりデューサー5Sはデューサー5よりもツヤの出る仕上がりになります。

加えて、デューサ5Sはデューサ5に比べて、軽さがあるので髪を遊ばせるには向いています。しかし、デューサー5と比べて、束感が少し出にくいのでその点はご注意を。

第2位

デューサー3

¥ 1,512

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

匂いがよくて、でもそんなに強くないので旦那とシェアです。 ベタベタしないしとっても使いやすい。

デューサー3です。下から数えて3番目にセット力が強いということです。この商品は今までデューサーを使ったことがないという人にオススメです。セット力が真ん中くらいですから、まずはこれで試してみるのがいいでしょう。それにデューサー3は軽さがあり、エアリーな表現に適しています。髪がそれほど重くなく、軽めのセットをしたい方にはオススメの商品です。

デューサー3Sと比べると少しセット力が弱いですが、その分ワックス自体は軽く、馴染みやすいものになっています。

第1位

デューサー6

¥ 1,728

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

天然パーマなのでクセが強くスタイリングしにくいのですが、これならなんとか纏まります。

デューサー6です。セット力でいうと1番強いのがこのデューサー6です。魅力的なのはその圧倒的なセット力。他のワックスでは髪がぺしゃってしまうような人もデューサー6なら大丈夫です。質感としてはドライなのでツヤ感はあまり出ません。分かりやすく言うならば水分量の少ないパサついた髪。

よってこちらのワックスは湿気にも強いです。ボリュームを出すのに使うのはもちろん、無造作な動きにも使える大人気のワックスです。ただし束感はあまり出ないので、束感を出したい方には少し向いていないでしょう。

デューサー6Gと比べると何が違うかというと、ツヤと束感です。デューサー6Gはデューサ−6のセット力を兼ね備えつつ、ツヤ感と束感を出すことのできるワックスになっています。だったらそっちの方がいいじゃないかとなりますが、そんなことはありません。水分量が多いと嫌なこともありますので、自分にあった方を選ぶことが大切です。

特徴・用途別おすすめのデューサー

一概に何番がいいとは言えない

番号は何番がいいのか、これは人によって違います。その人が男であるか女であるか。髪はながいのか短いのか。髪質はどうなのか。水分量は多いのか。つまり一般的な人気やオススメはいくらでもあげることは可能ですが、あなたにあった番号がどれかというのは一概に言うことはできません。よって髪質やスタイリング別に、それぞれにあったデューサーを紹介していきます。

メンズならどれがいいの

これも同じです。性別という1つの要素だけでその人にあったワックスを決めれるわけがありません。男性であっても髪が長く、美しく綺麗な方はいます。逆に女性であっても短く剛毛である人もいます。男だからこれ、女だからこれ、というワックスの決め方は良くありません。そうした単一の要素で安易に決めるのでなく、複数の要素を考慮して、複合的に考えヘアワックスは決めましょう。

剛毛

これも同様、他の要素との兼ね合いもあるので一概に”これ”と決めることはできませんが、ある程度のしぼることはできます。そもそも剛毛とは毛の量が多かったり、髪の毛が硬かったりしてセットしにくい状態のことを言います。こうした髪の毛にあっていないのは、水分量の少ないマット系のワックスです。逆に言うと適しているのはツヤ感のある、水分量の多いワックスです。

そのような髪質には、デューサー4がオススメです。程よいツヤ感とセット力は、剛毛の方を大きく助けることでしょう。はじめにこれを使ってみてその感触から、もっと番号を大きくしてみようとか小さくしてみようとか考えることもできますので、最初のワックスとしてもオススメです。

軟毛

デューサ−6

¥ 1,728

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

天然パーマなのでクセが強くスタイリングしにくいのですが、これならなんとか纏まります。

軟毛とういうのは、髪が猫っ毛、つまり細くて柔らかかったり、髪の量が少なかったりして、すぐに髪がペシャリトしてしまう髪の毛のことです。そして、一般的にこうした性質を持つ髪の毛には、水分量の多いワックスはあっていません。

ただでさえペシャリやすい髪の毛がワックスの水分の重さなど、ウェットになったことでさらにペシャリやすくなってしまいます。よってこのこのデューサー6が最適です。先ほども紹介したので詳しい説明は省略しますがマット系の大人気ワックスです。

セット力も抜群ですし、ドライなワックスですから軟毛の方には向いているワックスです。

ミディアム

デューサー3

¥ 1,512

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

べたべたしすぎず、キープ力もあります。普段使いにはこれがいいですね。

先ほども出てきましたがデューサー3です。軽くおさらいしておきます。下から数えて3番目にセット力が強く、今までデューサーを使ったことがないという人にオススメです。セット力が真ん中くらいですから、まずはこれで試してみるのがいいでしょう。

それにデューサー3は軽さがあり、エアリーな表現に適しています。髪がそれほど重くなく、軽めのセットをしたい方にはオススメの商品です。

つまりミディアムに適しています。しかし髪の長さも大事ですが髪質も大事なので自分の髪の水分量などはしっかりと認識しておいてください。安易にミディアムだからといってデューサー3を選ぶのははやとちりになり兼ねません。

髪の水分量が少ない、剛毛の人はデューサ−3に似ていて、ツヤ感のもっと出るデューサー3Sを使うといいでしょう。

ショート

デューサー5

¥ 1,512

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

非常に使いやすいです。固形のワックスしか使ったことなかったんですが、こちらの商品はジェル状?ムース状なのでちょっとつける時とかにもいいです!

先ほどデューサー5Sがでてきました。そちらの無印バージョンであるデューサー5です。セット力の強さはもちろんの事、デューサー5は束感を表現するのに適したワックスです。根元の立ち上がりや、大胆な動きも表現することができるワックスで、シュートヘアにはあったワックスです。

ただし、同じように髪の水分量には注意してください。髪の水分量が少なく、デューサー5が使いにくならばデューサー5Sを試してみるのもいいでしょう。

パーマ

デューサー6G

¥ 1,512

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

パーマをかけている方にお勧めです。 水分が多いので濡れ感がしっかり出ます。 水分は多いですがしっかりとガチガチに固めてくれます。ジェルに近いかもしれないです。

デューサー6Gです。デューサー6を紹介する際に軽く触れましたが、デューサーの中でも随一のセット力のあるワックスです。加えてデューサー6がマット系の水分量の少ないワックスであるのに対し、デューサー6Gは水分量の多いワックスで、ジェルに近いと言っていいでしょう。

しっかりとセットできるのはもちろん、濡れ間も出すことができるデューサー6Gはパーマにオススメのワックスです。

おすすめのナンバースリーのメーカー・ブランド3つと代表製品

デューサー

デューサー5S

¥ 1,588

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

5と違いファイバーが入ってます。キープ力は5のが上だと思います。 しかし、使いやすさは5Sのが上です。 洗い落ちも5より若干良いです。

言うまでもなく、ここまで紹介してきたデューサーです。最も有名な商品ではないでしょうか。その用途に合わせた幅広い特徴を持つ9種類のヘアワックスは多くの人に愛用されています。

またそのベリー系の甘い香りは女性ウケもよく、自分で使ってしまう女性もいるほどです。ケースにも工夫が施されており、ワックスのついた手や、濡れた手でも開けやすい構造になっているのが特長です。

最大の魅力は自分にあったものを選べること。9種類のデューサーの性質や特徴を理解して自分にあったものを利用しましょう。中には複数のワックスを混ぜて使う人もいるので試してみてはいかがでしょう。

代表商品としてはデューサー5S。多くの人に愛される人気商品です。

フォーシー

フォーシー シャンプー

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

コスパ最高!市販のシャンプーより満足度が高いです。カラーが守られているのか?はよくわからないけど、良い気がする

ナンバースリーの商品といえばデューサーが有名ですがこちらも有名です。フォーシーです。今回は代表商品としてシャンプーを取り上げました。フォーシーはヘアカラー専用のヘアケア商品です。

普通はヘアカラーをした後というのはシャンプーをするたびに汚れとともに色も落ちていってしまいますが、フォーシーシャンプーは色落ちが少ない、まさにヘアカラー専用のケアシャンプーとなっています。

カラー後の髪はとてもデリケートで傷みやすく、色が落ちやすいです。そうしたカラー直後だけでもこうした専用のシャンプーを利用するいいでしょう。他にもトリートメントが数種類あるので調べてみてはいかがでしょうか。1度使ってみるとその良さがわかるのではないでしょうか。

ミュリアム

ミュリアム シャンプーG トリートメントG

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

美容室でサンプルをもらい使ってみて、とても良かったので、こちらで購入しました。 使用感はすごくいいし、香りもいいので気に入ってます。

こちらもナンバースリーの有名なミュリアムシリーズ。今回はその中のシャンプーとトリートメントを代表商品として紹介します。ミュリアムのシャンプーとトリートメントは目指す髪質に合わせて3つの種類を用意しています。

例えば、立体感のあるショートヘアを目指す人はシャンプーBがいいでしょう。こちらで紹介しているのはシャンプーGです。これは少し撒いたようば、軽やかなヘアスタイルを目指す人に向いているシャンプーです。

ミュリアムではそれぞれの人が目指すフォルムにあった、髪質になれるようなシャンプーを提供しています。自分がなりたいヘアスタイルと、それにあったシャンプーやトリートメントを選びましょう。

ミュリアムには上記以外にも、たくさんの商品がありますので一度見てみるといいでしょう。UVケアクリームなどもあって、こちらもオススメの商品です。

デューサーの使い方・活用方法

増えすぎるワックス

ワックスにこだわる人の身に、多く起こることがあります。それはワックスがどんどん溜まっていくこと。前に買ったワックスを使い切る前に新しいワックスを購入してしまい、どんどんワックスが溜まっていく現象です。ヘアスタイルにこだわっている人であれば経験した人も多いでしょう。

しかし、それはある意味当然のこと。ヘアワックスは使いようによっては数カ月は持ちます。その期間の間に、目指す髪型が変わったり、髪質が変わったりすることは珍しいことではありません。そうなると当然それに合ったワックスも変わってきます。よって、前のワックスが残っているのに、新しいワックスにすぐ手を出してしまうことになります。

混ぜて使おう

増えすぎたワックスにも活用方法はあります。それが混ぜて使うということ。ワックスは化学薬品ですからむやみやたらに混ぜるのは危険ですが、安全な範囲で混ぜて使う人もいます。異なる2つのワックスを混ぜることで、その間位に位置するワックスを作ろうということです。

もちろん混ぜるワックスにも相性はあるので、一般的には同じメーカーのものを混ぜるといいでしょう。ただし、混ぜるときは本当に安全に使えるのにかは要注意が必要です。しかし、増えすぎたワックスを混ぜることでスタイリングの幅は広がるでしょう。

ワックスは自分にあったものを

長々と説明してきましたが、最初に書いたように、万人にあったワックスなど存在しません。何より大切なことは自分の髪の毛、目指すヘアスタイルをよく理解し、それに合ったワックスを選ぶことです。

もちろん買ってみて、自分に合わないワックスに会う場合もあるでしょう、しかし、また数ヶ月経って目指すヘアスタイルが変わった時には最高のワックスとして使えるやもしれません。ワックスについて多くを知って、自分にあったワックスを選びましょう。

Related