Search

検索したいワードを入力してください

2018年11月17日

WebカメラおすすめランキングTOP3【2018年】

Webカメラといえば世界中に何千もの種類があり、家やオフィスやその他の建物からのパノラマ風景を映し出したり、交通や天気や火山の観測、ビデオチャットや生放送など様々な用途に使われています。この記事ではその中でもおすすめのWebカメラを紹介していきます。

WebカメラおすすめランキングTOP3【2018年】

Webカメラの使用用途とは

WebカメラおすすめランキングTOP3【2018年】

Webカメラとはどのような使用用途があるのかをいくつか紹介していきます。

Webカメラの使用用途①:ビデオチャット

Webカメラを使用する事で、普段遠くに居て会えない相手や忙しくて会えない相手ともお互いの姿を確認しながら話すことが出来ます。
また、会社での会議などでも使えるので文章や図でのやり取りだけではなく、その場その場での仕事のやり取りが出来るようになります。

Webカメラの使用用途②:監視カメラ

Webカメラを家や会社などの入口や部屋、人通りの多いところなどに取り付けることで監視カメラとしても使用することが出来ます。
監視カメラとして使用することで防犯対策に役立てられ、事件などを未然に防いだり、万が一に事件が起こってしまった場合にも監視カメラの映像が証拠映像となる可能性があり、事件解決への手がかりになる場合があります。

Webカメラの使用用途③:生配信

YouTubeやニコニコ動画、その他の生配信を行う際にWebカメラを使用することであらゆる角度から映像の配信を行うことが出来ます。
配信の仕方によって向き不向きのWebカメラがあるので配信用途にあったカメラを選ぶことが大切です。

WebカメラおすすめランキングTOP3【2018年】

Webカメラは世界中に何千もの種類がありますが、今回はその中でもlogicoolのおすすめのWebカメラを3つ紹介していきます。

第1位「logicool C920」

フルHD1080p画質の動画撮影が出来ます。
ワイドスクリーン、フルHD1080p画質、毎秒30フレーム(fps)で、とても鮮明な動画撮影が可能になっています。さらに、H.264エンコーディングを採用しているため、パソコンにそれほど負担をかけなくても、美しい動画が得られます。
画素数も1500万画素という高画素数なので鮮明な動画撮影のみならず、鮮明な静止画撮影も出来るのでおすすめです。
また、2台のマイクをカメラの両側に搭載しているので、臨場感のある音声も楽しむことが出来ます。

ロジテックからの輸入品ですが、ロジクール(ロジッテックの日本向け
ブランド)からDLした、日本語の設定アプリでもちゃんと動作しました。

国内での保証等を考えないのであれば、安く買えていいかもしれませんね。
(逆に、故障時の対応等を期待される方は、ロジクール版をおすすめします)

ピントですが、わりと近接で使っているためか、不具合は感じませんでしたが
ロジクール版も合わせ、他のレビューではよく指摘されているようですので
購入される方は注意されたほうがよいかもしれませんね。レンズがよいので
素子の割には、きりっとした描写にはなっていると感じます。やや暗さにも
(ウェブカメラとしては)強いほうだとも思います。

以前使っていたウェブカメラよりも画質がよく、設置もしやすく満足しています。
上下は角度が変えられますが、裏面にはゴムがついていますので、角度を変え
ても安定していますし、頻繁に角度を変えても、ディスプレイ枠に傷もつきま
せんでした。小型のウェブカムでマイクがステレオなのは珍しいですね。
アプリも使いやすいと感じました。なお、ケーブルは実測で約1.8m弱でした。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3UQ0DA66BXR... |

第2位「logicool C270」

HD720pの画質の動画撮影が出来ます。
ワイドスクリーン、HD720p画質、毎秒30フレーム(fps)で、鮮明な動画撮影が可能になっています。
また、暗い環境でテレビ電話や録画を行っている場合でも、C270は照明条件を調節し、より明るくコントラストの高い画像を生み出すことが出来ます。
内蔵のマイクはノイズリダクションマイクなので、騒がしい環境でも自分の声を相手にクリアに届けることが出来ます。
値段も手頃で、コストパフォーマンスの高い商品なのでおすすめです。

とにかく安いのがいいです。
サイズはやや大きい(縦3cm横7cm)ので、ノートパソコンに付けるのには不向きかもしれませんが、使えないことはありません。
取り付けはL字型の脚をディスプレイの上にのせるだけで、しっかりと固定はできませんがシールなどで貼らなくてよいのでディスプレイを汚したりすることはありませんし簡単に取り外せます。両面テープなどで貼り付ければ壁などどこにでも取り付けられます。
角度は上下にしか調整できませんが十分です。
マニュアルは英文で使い方の説明などほとんど書いてありませんが問題ありません。
ドライバなどのアップデートのメッセージが、アップデートが無いのにしばしば出てくるのがややうっとうしいです。
カメラとマイクのみでスピーカーは内蔵していませんので注意してください。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R25ZQFJ13MQW... |

第3位「logicool C525」

こちらの商品もHD720pの画質の動画撮影が出来ます。
ワイドスクリーン、HD720p画質、毎秒30フレーム(fps)で、鮮明な動画撮影が可能になっています。
画素数は800万画素のため、鮮明な画質での静止画撮影も可能となっています。
また、 撮影した動画をワンクリックでアップロードをすることが出来ます。
Logicool Video Effectsや付属のMagix写真・動画編集ソフトで撮影した動画をアレンジして共有することもできます。
折りたたんで持ち運べる設計になっていてレンズを保護することもでき、収納も簡単になっています。360°の角度調整が可能なため、あらゆるアングルの撮影も楽に出来るのもおすすめです。

遠方に住む両親のパソコン指南に利用するために購入
両親のPCスキルが絶望的に低く、それでもデジカメ、SNS、web、メールをやりたいとのことだが
相変わらず、操作を覚えてもすぐに忘れてしまうので、最早上達は見込めないと思い、トラブル時はこちらから全て操作するしか無いと判断。
当初は、「googleリモートデスクトップ」で楽勝、と思ったのだが、そのリモートデスクトップに入る段階でもうお手上げ・・・

で、webカム購入の運びとなりました。最初は同社のC270を取り付けましたが、人物の顔などの写りは良いものの、「カメラを手にとって、パソコン画面を映す」という用途では、文字やアイコンがボケてダメでした。C270はパンフォーカスと思われるので、マクロ撮影は難しいです。
以上の理由から、今度はオートフォーカスが付いているという当モデルを購入。結果先述の問題はクリアされました。文字やアイコンもよく写ってます

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R84M2ORN776T... |

Webカメラは使用用途にあった物を選ぼう

WebカメラおすすめランキングTOP3【2018年】

Webカメラは様々な場面でとても役に立つ優れものです。
ここで紹介したWebカメラ以外にもたくさんの種類のWebカメラがあるのでぜひ自分に合った物を探してみて下さい。
仕様も値段も様々ですが、自分に合った用途の物を選んでWebカメラを仕事やプライベートに有効活用しましょう。

Related