Search

検索したいワードを入力してください

2017年12月14日

シャツおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方【2018年】

シャツは、年中着れて、いろいろなシーンで活躍する万能アイテムです。あなたは、どのようなシャツを着こなしていますか。今回は、おすすめの種類や商品を紹介していきます。いろいろなシャツの種類を知って、ぜひ友人たちにもおすすめしてみてください。

シャツおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方【2018年】

シャツの種類と選び方のポイント

シャツおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方【2018年】

シャツは、スーツ用に制服や普段着まで、活用する事の多いアイテムです。何気なく着ていて、それがどんな名前か知らず着ている人も多いのではないでしょうか。実は、シャツにも種類が多くあり、名称もさまざまです。

用途によって使い分けてこそ、真のおしゃれさんになれます。これだけは知っておいてほしい、おすすめシャツの種類を、ピックアップしてご紹介します。そして、選ぶ時のおすすめポイントも一緒に覚えてもらえるとシャツを選ぶ時に、いつもとは違った見方になります。

シャツの種類

シャツ選びのポイントの前に、シャツの種類をみていきます。シャツの種類は、スタイル・生地・柄・襟といった4つのポイントで名称が異なってきます。さて、あなたはいくつご存知でしょうか。

ドレスシャツ・ワイシャツ

ワイシャツは、最もメジャーなシャツではないでしょうか。スーツを着る際のシャツをドレスシャツやワイシャツまたは、カッターシャツと言います。元々は、インナーとして着るためのものだったので左胸のポケットはありませんでした。しかし、シャツ1枚でも着る事が増え、デザインの幅が広がり、胸ポケットが付いているものが多く市場に出回りました。

スーツ用としての使い方以外にも、カジュアルに着崩したりしてみるのもおすすめです。ブラックスキニーパンツに合わせ、シャツの裾を出し少しモード感漂うスタイルや、ビンテージのベストを主役にした時のインナーとして着て古着スタイルなど、合わせ方次第でコーディネートに溶け込みます。

ミリタリーシャツ

ミリタリーシャツもよく見かけ、名前をご存知の方も多くいるでしょう。もともと、軍隊で着ていたシャツを普段着に着やすく、デザインを落とし込んだものをミリタリーシャツと呼びます。両胸のポケットや、丈夫な生地で作られているのが特徴的で、カーキや深い緑などの色で展開されています。

写真のようにワッペンをつけたりするデザインもミリタリーシャツだからこそできる遊び心です。ジャストサイズで、シャツとして着るのも素敵ですが、ワンサイズ上を買ってちょっとした時の羽織りアイテムにするのもおすすめです。

ブロードシャツ

ブロードシャツとは、生地の種類を呼び名にしたものです。例えば、デニムで作られたシャツをデニムシャツ、リネンで作られたたものをリネンシャツと呼ぶ事と同じです。ブロードとは、たて糸とよこ糸に同じ太さの糸を使用して、たて糸をよこ糸の倍くらいの密度で織った平織りの生地を言います。糸が細くなるほど、生地に光沢が出ます。

表面がさらっとしているので、先ほどご紹介したワイシャツに多く用いられます。ビジネスシーンはピシッとアイロンをかけて、カジュアルシーンでは洗いざらしを着こなすのもおすすめです。アイロンをかける、かけないとでは全く表情が違うので面白いです。

シャンブレーシャツ

シャンブレーシャツは、一見デニムシャツとよく似ています。しかし、シャンブレーは平織りで織られていて薄手なのが特徴です。よくみると細かいチェック柄のように見えるような糸使いがされています。淡いカラー展開がメジャーで、色展開も豊富にあります。

シャンブレーシャツのおすすめの着こなし方は、シンプルに見せる事です。レギュラーパンツにさらっとシャンブレーシャツを合わせて、品のよさとシャツ本来が持つ味を全面に際立たせましょう。

ストライプ

こちらの種類は、柄の種類を呼び名にしています。大きくストライプシャツといってもペンシルストライプや、ピンストライプなど線の太さで呼び名が違います。ストライプシャツは、柄の中でも着やすく清潔感が出るので、柄ものに挑戦する時はおすすめです。

女性は、少しゆったりとしたサイズ感を選び、首元を開け、襟足部分に抜け感を出す着方をするとグッと女性らしさが増します。男性におすすめは、ストライプの清潔感を生かして、ジャストサイズをスタイリッシュに着るスタイルです。

レギュラーカラーシャツ

続いて、襟のタイプで分類した名称をご紹介していきます。レギュラーカラーシャツとは、襟の空き具合や長さが標準にデザインされたものを言います。もっともオーソドックスな作りでスーツ用のシャツや正装時のシャツに多く用いられています。

普段使いで使用する際は、ボタンをいくつか開けて着たり、ゆるくループタイなどを合わせるのもおすすめです。スーツなどの正装時は、ネクタイ選びにポイントをおくことをおすすめします。ノットが小さいプレーンタイプだと、スマートな雰囲気を演出してくれます。

イタリアンカラーシャツ

イタリアンカラーシャツと言って、何人の方がすぐに想像できるでしょうか。名前は、あまり有名ではありませんが、イタリアのちょいワルおやじが着ているようなシャツを想像すると、イメージしやすいです。ネックラインがV字になる襟の作りがされており、別名「ワンピースカラー」「アングルドカラー」「コンチネンタルカラー」とも呼ばれます。

ボタンを外すとラフなイメージをよりアップさせながら、首元が長く見えるので、色香を感じさせます。

シャツの選び方

シャツの選ぶときにどのようなところに気をつけるとかっこよく着こなせるのでしょうか。メンズとレディースでも選び方に差がありますので、下記のポイントを参考に自分にあった1枚を見つけてください。

サイズ

サイズは、すごく重要です。自分の着たい雰囲気をゆるく着るのか、きっちりと着るのかしっかりイメージしておきましょう。実際に、袖に手を通して確認することが大切です。

ジャストサイズのシャツを選ぶときのおすすめポイントは、首まわり+2cmのゆとり、裄丈+2〜4cm、合わせるジャケットから1cmくらい出ることが理想的です。

生地

シャツおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方【2018年】

生地は、着心地や見た目の柄、用途に大きく関係します。ざっと大きく分けると、肌触りがいいもの、お手入れが簡単なもの、見た目の雰囲気などがあります。

肌触りを重視するのであれば、シルクやコットンがおすすめです。お店で実際に手に取って、自分が気に入るシャツを探しましょう。お手入れが簡単なものは、近頃「イージーケア」として機能性をうたったシャツが多く出ています。アイロンがけが楽なものや吸水速乾など数多くあるので、悩みを持って入る方におすすめです。

その他にも、透けるのが嫌な場合に厚手の生地にしたり、カジュアルな雰囲気から綺麗目に見えるシャツまで、生地によってイメージが異なるので、目で見て手に取って触れることが大切です。

シャツおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方【2018年】

シャツの顔が襟と言っても過言ではないでしょう。襟の形によって見た目の印象は大きく変わってきます。合わせるジャケットの種類や、ネクタイをつける、つけないなども考え、選ぶと良いでしょう。

首が短い方におすすめは、小さい襟を選ぶことです。首の露出部分が増えるので、首が長く見えます。逆に、首が長いことがお悩みの方は、大きめの襟を選びましょう。首の露出部分が減り、バランスよく見せれるのでおすすめです。

シャツおすすめ人気ランキングTOP3

シャツは、幅広いシーンで着ることができます。お気に入りのシャツを取り扱って入るブランドをおさえておくと、ここぞと言う時に活用できます。次は、おすすめブランドをランキング形式でご紹介します。人気のブランドをチェックして、ぜひ、シャツ選びの参考にしてください。

ランキング3位:「dressterior」

dressterior(ドレステリア)は、数多くの雑誌に掲載されることがある、綺麗めな大人女性を演出してくれるブランドです。品の良いコーディネートを提案してくれるので、シャツ1枚をとっても、女性らしいラインや細やかなディティールがなんとも魅力的です。

ランキング2位:「鎌倉シャツ」

鎌倉シャツは、日本国内で職人さんたちが「上質なシャツを低価格で提供したい」と言う想いを込めてシャツを作り続けて入るシャツメーカーです。ロープライスなのに、縫製や生地、釦までこだわりが詰まったシャツが種類豊富に揃っています。メンズはもちろん、レディースシャツやネクタイも取り扱っています。

コスパ重視の方にぜひ、おすすめですので、一度ホームページをのぞいて見てください。こだわりが伝わり、上質なものを手に取ってみたくなります。

ランキング1位:「NARACAMICIE」

NARACAMICIE(ナラカミーチェ)は、イタリアのシャツを扱うブランドです。イタリアといえば、ちょいワルおやじなどシャツを着ている人が多いイメージがありませんか。こちらのブランドでは、少し可愛いディティールが盛り込まれたデザインを多くみることができます。

「シンプルなシャツだと味気ないけど、可愛すぎるのも。」と個性を少し取り入れたい方におすすめで、程よく大人可愛いを演出してくれます。

特徴・用途別おすすめのシャツ

シャツ選びのおすすめポイントでもご紹介しましたが、シャツは着る時のシーンや機能性によって選びます。とは言っても、シャツというアイテムは、ほとんどのブランドで取り扱っており、いざ「欲しい。」と思った時にイメージ通りのものがすぐに見つけられず、探し回るという経験はありませんか。

次は、特徴や用途にカテゴリ分けしたおすすめのシャツをご紹介します。シャツ選びに奮闘中の方は、ぜひ比較対象としてチェックしてみてください。

ワイシャツ

洋服の青山 スタンダードワイシャツ

¥ 972

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

主人のために購入しましたが、白のワイシャツで使いやすく、なによりも品質の割にはリーズナブルで気に入りました

ワイシャツは、ビジネスマンにとって必須アイテムです。毎日使うものだから、コストパフォーマンスも大切です。こちらの「洋服の青山」の定番白無地ワイシャツは、何と言っても圧巻の安さが嬉しいです。super easy ironという加工がされているので、毎日のアイロンがけに四苦八苦している方におすすめで、時短にも繋がります。

加圧式インナー

モアプレッシャー速乾加圧インナー

¥ 1,880

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

ふっと見かけて半信半疑で一枚買いました。姿勢がよくなったきがして気分良く、また買ってしまいました。いいと思います。

シャツを着た時のインナーは、何を着ていますか。ビジネスマンの多くは、白いインナーを着ていることでしょう。インナーに気を使っていない方におすすめなのが、こちらの加圧式インナーです。

背筋がピシッとしている人が着ているシャツは、格段にかっこよく見えます。猫背でヨレヨレのシャツを着て過ごしていると運も逃げてしまいます。密かに忍ばせたインナーでスタイルアップを目指しましょう。

白シャツ

オフィスカジュアルでもデイリーユースにも使い勝手の良い白シャツですが、おすすめはかっちりとしすぎないフォルムで程よい抜け感を出すことです。ただサイズが大き過ぎるものや、露出度が高いものは、オフィスに不向きだったり着るシーンが限られて着ます。

emu's mimiのゆったりシャツは、ゆったり感とVあき加減が絶妙なバランスなので、いろんなアイテムと着回しができおすすめです。ロング丈で、気になるパーツをカバーしてくれるのも大きなおすすめポイントです。

ノーアイロン

紳士服はるやま アイシャツ

¥ 5,508

Amazonで見る

口コミ

商品の特徴どおり、動きやすく、シワが気にならない。パリッとしたシャツが好みではないので快適です。

紳士服のはるやまのアイシャツは、完全にノーアイロンを宣言したアイテムです。ワイシャツでご紹介したeasy ironなど、「アイロンをきっちりと当てなくてもサッとすむ」などをうたった商品はちらほら見かけますが、ここまではっきりと言いきられると試してみたくなるでしょう。

アイロン不要なうえに、部屋干しの乾きも1時間かかるか、かからないかの驚きの速さ+抗菌消臭加工も施されているので、主婦さんや就活生におすすめの商品です。

スーツ用

特別な日のために、最高品質のシャツを持っておくのもおすすめです。普段の仕事着用のスーツに合わせるのであれば、コストパフォーマンスが良いワイシャツがおすすめですが、フォーマルシーンは特別な1日になるようにシャツも気合を入れて良いものを着ましょう。

brooks brothersは、シャツ1枚で1万円以上しますが、優れた耐久性と直接肌に感じる肌触りがその高級さを感じさせてくれます。袖に手を通した時から、特別感を味わえるのでおすすめです。

ランニング用

アディダス レスポンス 半袖

¥ 2,480

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

サラサラで薄手ですが、きれいな色で汗も素早く発散できそうです。

加圧式のシャツをインナー使いするのもおすすめですが、ランニング用のシャツは、汗っかきの人におすすめです。ランニング用のシャツなので吸水速乾機能が抜群によく、夏などの汗ばむ季節も快適に過ごせます。

その中でも特におすすめは、アディダスの「レスポンス」です。ダブルニット素材を使用しているので通気性はよく、柔らかさも兼ねそろえています。

カジュアル

シャツをカジュアルに着こなすには、素材選びが重要です。また、こちらのおすすめ商品のようなワンポイントが入ったシャツも可愛いです。カジュアルダウンし過ぎず、シャツ本来の上品なイメージも残しているので、幅広いコーディネートで活躍すること間違いありません。

ラルフローレンは、アイビーファッションの火付け役にもなったブランドなので、その他にも可愛いシャツが揃っています。一度、店頭をチェックするのもおすすめです。

メンズ・レディース別おすすめのシャツ

男性と女性とでは、シャツを選ぶときのポイントも違ってきます。次は、男女によっておさえておいて欲しいおすすめポイントをご紹介しますので、購入時の参考にしてみてください。

メンズ

仕事用のシャツ選びは、なんとなくイメージできてきましたか。メンズの多くの人が悩むのがプライベートの時に着るシャツ選びです。おすすめポイントは、素材や柄にこだわって、サイズはジャスト、もしくは少しゆとりのあるくらいがベストです。初心者さんは、シワ加工やチェック柄、ワンポイント刺繍が入っているものから挑戦してみるのはいかがでしょうか。

レディース

女性は、細かいディティールにこだわってシャツを選ぶと周りと差をつけられるので、おすすめです。最近流行りのスキッパーシャツや、タックが入っていたり何気ないポイントでおしゃれな女性に見えます。

素材別おすすめのシャツ

シャツおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方【2018年】

同じデザインでも、素材が違うだけで人に与えるイメージが違ってきます。素材の特徴を知っておくと季節にあったものや、お手入れ方法がわかり、お気に入りのシャツを長く愛用できます。近頃、ネットショップが人気ですが、直接肌に触れて、自分の気に入ったものを購入してみるのもおすすめです。

シャンブレー

シャツの種類でもご紹介したシャンブレーシャツです。デニムより柔らかい生地感で品の良さやソフトは触感が、シャツのデザインとマッチします。薄手の生地なので乾きも早く、夏も快適に過ごせます。

インナー使いで上からパーカーを羽織りカジュアルダウンさせたり、レザーのジャケットと合わせてかっこよく着こなすのもおすすめです。

リネン

麻=リネンは、シャリッとした素材感が春夏にふさわしく、見た目も涼しく爽やかさを感じます。天然素材でナチュラル感を生かしたスタイルにおすすめです。リネンにも種類が豊富にあるので、お手入れ方法は注意して洗濯表示をチェックしましょう。

白リネンシャツにボーダーを合わせると、爽やかな印象がグッと増します。ナチュラル風合いを生かして、生成りっぽい色や写真のようなベージュも雰囲気が出ておしゃれです。

おすすめのシャツのメーカー・ブランド3つと代表製品

シャツを買う時に、チェックしておいて欲しいお店を3つみていきます。王道シャツならここを見れば、まず間違いなしです。

ユニクロ

シャツを探しているならば、まずユニクロをチェックしてください。種類豊富なシャツが手に入れやすいお値段で手に入り、しかも品質も安心です。

定番のオックスフォードシャツは、カジュアルな中にもきちんと感のある印象です。1枚で着るのはもちろん、重ね着使いもおすすめなので色違いで揃えても、着回しがききます。

無印良品

無印良品は、オーガニック素材を豊富に取り扱っています。オーガニックコットンのシャツは、春夏は洗いざらしのもの、秋冬は暖かく柔らかいものがあり、一度着るとやみつきになる肌触りです。

LUIGI BORRELLI(ルイジボレッリ)

スーツのVゾーンを演出する、ブランドのマスターピースとも言える「ルチアーノ」は、計算し尽くされたドレスシャツです。熟年の職人さんたちが、1着つつ丁寧に仕立てたシャツは、着る芸術品として賞賛されるほど美しいです。まるで芸術品を購入するようなお値段ですが、こだわりぬきたい方にチェックして欲しい商品です。

シャツの着こなし方・楽しみ方

さまざまなシーンで着ることのできるシャツは、素材やデザイン1つ違うだけで全く違うアイテムに見えます。そして、コーディネート次第で1着が何通りものスタイルを作ってくれます。

シャツを楽しむ時に、デザインはもちろんですが、ぜひ素材にもこだわって着こなしてみましょう。メジャーなアイテムほど、外見でごまかすのではなく、その製品の良さにこだわりを見せて着ると、大人のおしゃれさんになれます。

おすすめシャツを自分流に着こなして出かけましょう

シャツの世界はいかがでしたか。コストパフォーマンスが良いものから、高級品までいろいろなシャツをご紹介してきました。ベーシックなアイテムほど、些細なことで個性がでます。年中使える万能アイテムを自分流の着こなし術で、ぜひアレンジしてみてください。

Related