Search

検索したいワードを入力してください

2017年12月18日

着る毛布のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類【2018年】

皆さん、寒い冬はお得意ですか?「ずっとお布団をかぶったまま生活できたらいいのに」、そんなあなたにおすすめなのが「着る毛布」です。一日中暖かさを身にまとえる「着る毛布」、今回はその選び方やおすすめの商品、効果的な使い方をお伝えしましょう。

着る毛布のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類【2018年】

寒い冬の日、あなたはどう乗り切りますか?

着る毛布のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類【2018年】

寒い冬の日の朝、布団から出たくなくてうっかり朝寝坊をしてしまった経験、みなさんはありませんか。「毛布をかぶったまま、朝の準備ができたらいいのに」「1日の家事を布団の中でできたらいいのに」、そんな想いを具現化した商品こそが、最近話題の「着る毛布」です。

着る毛布は続々と商品が増えており、その種類や機能性は多岐に渡ります。今回はそんな着る毛布のおすすめ商品や選び方、効果的な使い方などをお伝えしましょう。「気にはなるけれど、商品が多くて何を選べばよいかわからない」そんなお悩みも解決します。

着る毛布にはどんな種類があるの?

着る毛布のさまざまな種類

着る毛布には、ガウンタイプ、ボタンタイプ、ポンチョタイプの3種類があります。それぞれのタイプのメリットやデメリットを見てみましょう。

ガウンタイプ

ガウンタイプの最大のメリットは、腰ひもを使用することで、ガウンの長さや腰回りなど、サイズの調節ができることです。また、前後どちらからでも着用ができるので、用途を気にせず使用できます。デメリットとしては、ガウンタイプは首元が開きやすく、首周りから暖かい空気が逃げやすいことがあげられます。

ボタンタイプ

前側にボタンがついているボタンタイプ。他のタイプに比べて、ボタンでしっかりと毛布を留められるため、着用してもはだけにくい点がおすすめポイントです。一方で、ボタンの位置や前側の布のかぶり具合によっては、身体にフィットしない大き目サイズになりがちな点がデメリットです。このため着心地やぴったりとした温かさを重要視する方は、身体のサイズにちょうどフィットする商品を選ぶことが重要になります。

ポンチョタイプ

ポンチョタイプのおすすめポイントは、着用時の手間を省くことができる点と、身体に密着しすぎない、余裕のある商品を選べる点です。椅子に座っているときに毛布を広げやすいので、オフィスワークなど、座っている時間が長い人におすすめのタイプであるといえるでしょう。短所としては、身体周りや、腕、足元など、たっぷりと生地を使っているので、空気が入りこみやすく、保温力が低くなりやすいことが挙げられます。

おすすめの選び方

着る毛布のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類【2018年】

着る毛布の選び方としておすすめなのは、以下の3つの条件を満たした商品を選ぶよう意識することです。

好みの肌触りのものを選ぶ

足先から首や肩まで、しっかりと身体全体を覆えるサイズの毛布を選びましょう。小さいサイズだと保温効果が減るだけではなく、足先が冷える可能性があるため、冷え症の人は特に注意が必要です。また、着る毛布のメリットは「着たまま動ける」ことだと説明しましたが、動くことを考えると、自分自身で踏んづけてしまうような大きいサイズのものはあまり好ましくないでしょう。

身体に合うサイズを選ぶ

肌に触れるものですから、肌触りはとても重要なチェックポイントです。反発力があるものや、ふわふわとした感触のものなど、肌触りにこだわった商品は数多くあります。また、使用時だけではなく、洗濯をした後にごわごわしてしまわないものを選ぶことも大切です。洗濯に関しては商品を見るだけでは分からないことも多いので、実際のレビューや口コミを参考にすることもおすすめです。

好みのデザインを選ぶ

冬の寒い日は特に、毎日でも着用したくなるであろう「着る毛布」。体感として暖かいだけでなく、自分の好きなデザインであれば、着るだけで心も温かくなることでしょう。また、奇抜すぎるデザインの商品よりも、毎日着ても飽きのこないデザインを選ぶことも大切です。

着る毛布といえば!おすすめメーカーと代表選手

老舗毛布屋さんの意地を感じる毛布「ライフエフ」

毛布屋さんのつくった 着る毛布 マイクロファイバー ルームウェア

¥ 2,138

Amazonで見る

口コミ

再購入しました!温かくて軽いしフリーサイズですからね。ゆったりしていて気に入ったので。

まずご紹介するメーカーは「ライフエフ」。商品名に「毛布屋さんが作った」とあるように、毛布に特化したメーカーが出している商品なので、保温力や肌触りはもちろん、老舗が作っているという安心感までゲットできる点がおすすめポイントです。

大き目のポケットがついているので、スマートフォンをいつも肌身離さず持ち歩いている方にも特におすすめできる商品です。カラーバリエーションも13色から選ぶことができ、長さもロング・ショートの2種類から選べます。ルームブーツも合わせて販売されているので、一緒に買えば全身もこもこふわふわなセットの完成です。

モコア

マイクロファイバーを用いた、柔らかい感触が特徴のモコアの着る毛布。吸湿発熱素材を新しくしたことで、発熱力を向上させ、毛布の保温性をアップさせた新バージョンのモコアは、より一層あたたかさを感じられることでしょう。また、ガウンベルトがついている他、素材自体がフランネルと呼ばれる高品質繊維なので毛布自体がとても軽いこともおすすめポイントです。

これも鉄板!「モフア」

モフア プレミアムマイクロファイバー 着る毛布  フード付

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

暖かいです。朝晩が辛くないし軽い。クリスマス前だったのに発送も早く、年末年始はぬくぬくできました。北国に住んでいる友達にも送りましたが暖かいと喜んでいました。

お次は「モフア」の着る毛布をご紹介します。モフアの着る毛布は、高密度の極細繊維を使用しているので、温かい空気を逃がすことがなく、保温力はばっちりです。この繊維はシルクよりも細い高級な素材なので、温かさはもちろん、なめらかな肌触りを体感できます。

おすすめしている商品はフードがついているので首回りも温かさを保つことができます、また、ポンチョタイプ、ガウンタイプ、ルームウェアタイプの3種類から選ぶことができ、用途に合わせて好きなものを選ぶことができることがおすすめポイントです。さらには襟元までボタンが締められるので、しっかりと保温したい人に特におすすめしたい商品です。

難点を挙げるとすれば、着丈の選択肢が110cmと150cmのみであり、全体的に短いという点です。しかし、170cmほどの男性であれば150cmの毛布を使用すれば引きずることなく着用できるため、着る毛布を着ながら動くことを目的にしている人には良い長さでしょう。

着る毛布、おすすめ人気ランキングTOP3

それではここから、おすすめの着る毛布をご紹介しましょう。着る毛布は商品が多く出ているので、じっくりとおすすめポイントを確認していきましょう。

ゆったりシルエットの「BIBILAB」

BIBILAB はだけない着る毛布

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

長174cmだと踝(くるぶし)までの長さになり 動きやすいし暖かいし完璧です! もう一着有っても良いかな〜

ランキング第3位は、BIBILABの着る毛布です。ゆったりとしたシルエットと、首まで温めるためのハイネック仕様がおしゃれな商品です。この商品の最大のおすすめポイントは「丈が変えられる」商品であること。

足元にスナップボタンがあり、ボタンを使用することでズボンのように変形するので、移動の時やお手洗いの時に便利に活躍することでしょう。難点としては、デザインバラエティは少な目なので、デザインにこだわる人には、他ブランドのほうがおすすめ度は高いです。

着る毛布の元祖「グルーニー」

グルーニー 着る毛布

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

これ一枚あったら足以外は十分温かいです。良い買い物でした。 はだけ防止のボタンも良いです。 そのまま横になると帯部分がごついのが少し気になります。

ランキング第2位の着る毛布、ご紹介するのは「グルーニー」。この記事をご覧になっている方なら、この名前はよく聞いたことがあるのではないでしょうか。グルーニーは、今では着る毛布の火付け役ともいわれるブランドです。

特徴はさまざまありますが、なんといってもその良さは「生地のとろけ感」。他ブランドやフリースの生地とは比較できないほどふわふわな生地にほれ込む人は数多くいるとか。また、デザイン展開も豊富なので、自分の好きなデザインを選ぶことができるのも魅力の1つです。

最大の難点としては、着る毛布としてはサイズ数が少ない、ということ。しかし、付属の腰ひもを使用することで着丈を調整することができるので、調整が面倒に感じない方にはうってつけの商品ともいえるでしょう。

mofu mo-fu

着るフリース毛布(ガウンジャケットタイプ)

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

価格を考えると十分です。仕事柄、夜勤時の休憩に、これからの季節、助かります。迅速な対応有難うございました。

最後にご紹介する第1位は、MOFU MO-FUの着る毛布です。カラーバリエーションとしてピンク、ブラウン、ヒョウ柄、ゼブラ柄を取り揃えており、他メーカーにはなかなかない動物柄が選べる点が魅力です。温かさとしては、後ほどご紹介するマイクロファイバー繊維には少し劣るので、保温力を最重要視する方にはおすすめはできません。

しかし、他メーカーに比較すると価格面はとても良心的。着る毛布初心者さんにおすすめの商品ともいえるでしょう。また、MOFU MO-FUの商品には、乙女心くすぐるセーラー服デザインの毛布などもあるので、お気に入りのデザインを選ぶ楽しさもおすすめポイントです。

特徴や用途によって使い分けよう

お子さん向けの着る毛布

お子さん向けにおすすめな商品はこちら。かわいらしいデザインと、その保温性がおすすめポイントです。前側はボタンで開閉ができるほか、お尻にファスナーが付いているので、お子さんの急なお手洗いにも便利です。また、サイズも85cm~125cmまでと、お子さんの背丈に合わせて選べることがおすすめポイントです。

お子さんの着る毛布を選ぶときは、床を引きずることがないよう身長に合わせたものを選んであげることが大切なので、ご両親としてはこれは嬉しいポイントでしょう。また、他にもキャラクターものやフード付き、動物になりきれる毛布などのデザインが多く取り揃えられていますので、お好きなデザインを探してみてください。

短いのがお好きな方へ

「着る毛布って少しひきずりそうで嫌なんだよね」そんな風にお考えの方におすすめなのが、こちらの商品。着丈が短いので床を引きずる心配もなく、足にまとわりつくこともないので移動も楽々。家事に忙しい主婦の方々にもおすすめです。

また、こちらの商品はフードつきのうえ、ひとつにくるくると巻けば、かわいいクマのクッションにもなります。また、鮮明過ぎないカラーバリエーションなので、「かわいすぎるのは苦手」という方にもぴったりの商品です。

おしゃれに着こなせる!洋服別おすすめの着る毛布

セーラー服

BIBILAB  セーラー服 パジャマ

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

遅れる通知が来ましたが欲しかったのでキャンセルせずに待ちました。着る毛布の名の通り足まで暖かいのがとてもいいです。

パジャマで楽しむセーラー服シリーズ「セラコレ」の販売する、セーラー服を模した着る毛布です。ぱっと見ただけではセーラー服ですが、実はワンピースタイプの着る毛布、という、セーラー服に憧れをもつ女性には喉から手が出るほどほしくてたまらないはずのこの商品。

赤いスカーフもついて、女子高生気分が味わえるだけではなく、着脱はジッパー・スマートフォンが入るポケット付き、と実用性も兼ね備えています。スカートの保温力も抜群で、デザインだけでなく冬場に暖かさを体感できる、女性にうってつけの商品です。

人魚姫になれる着る毛布

YING LAN お昼寝毛布 人魚コスチューム

Amazonで見る

口コミ

色がきれいで、可愛いです。気にいってます。洗濯しなくてもすぐ着用出来そうな感じだったのも、良かったです。

お次は、童話の世界の主人公になれる着る毛布です。着る毛布、というよりは着るブランケットに近い商品ですが、肩までかけることでそのままベッドにだって入れます。この商品のおすすめポイントはなんといっても、そのデザイン性です。

形が人魚のように尾ひれがついているだけでなく、うろこのように見えるように糸が編まれているなど、たくさんの工夫が凝らされています。一度は人魚になって眠ってみたい、そんな密かな夢をかなえてくれる毛布です。

他にもヴィレッジヴァンガードのオンラインショップで販売されている「おうちで着る童話シリーズ」では、「白雪姫」「魔女」「アリス」「赤ずきんちゃん」など、童話の登場人物になれる商品もあるので、いろいろと探してみるのも楽しいでしょう。

男女別おすすめ

着る毛布は、ほとんどが男女兼用で作られているため、基本的には男性にも女性にもおすすめできる商品が多くあります。しかし男性と女性では、着る毛布に求めているものが異なりますので、男女別におすすめの着る毛布をご紹介しましょう。

女性におすすめな着る毛布としては、機能性とデザイン性の2点からおすすめを紹介します。まずは機能性ですが、こちらは先ほどもご紹介した、「グルーニー」と「ニトリ」です。理由としては、前者は腰ひもを使用することで、後者は裾をめくることで、丈を調整できる点が挙げられます。

次にデザイン性でいうと、今までには説明していない「MOCOA」や「BILAB」でしょう。こちらは鮮明な柄や制服柄など、女性向けのデザインが多いことから、選べるデザイン性がおすすめポイントです。

次に男性におすすめのは、こちらもやはり「グルーニー」でしょう。また、コストパフォーマンスを求めるとすれば「ユニクロ」や「しまむら」の着る毛布もおすすめです。こちらの商品はデザインのおしゃれさに加えて価格が安く、手に入れやすいことが魅力です。

着る毛布の効果的な使い方、活用方法と楽しみ方

着る毛布の使い方は、人によってさまざま。パーカーのように羽織って、一日中着用していてもよいですし、ブランケット代わりに膝にかけて使用する方もいるでしょう。また、折りたたんでしまえばクッションや枕代わりにもなりますから、自分に合った使用方法を試してみてください。

着る毛布で心も体もポカポカな冬を!

着る毛布のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類【2018年】

いかがでしたでしょうか。今回は、着る毛布のおすすめブランドや商品をお伝えしました。便利さやデザインのかわいらしさから、多くのメーカーがこぞって商品を展開している「着る毛布」。いろいろな商品や、選ぶ際のポイントなどをご説明しましたが、胸に響く商品やおすすめポイントはありましたか。

実際に手に取ってみていただけないことは残念ですが、雰囲気だけでも少しは伝わったのではないでしょうか。皆さんもぜひ、お気に入りの一枚を見つけて、心身ともにあたたかい冬をお過ごしください。

Related