Search

検索したいワードを入力してください

2017年11月29日

白シャツおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方【2018年】

白シャツは、いつの時代も幅広い世代に愛されています。シーン・素材・コーデ方法などで着こなしは無限大です。そのような白シャツのおすすめTOP3と、どんな種類やブランド・選び方のコツなどを紹介します。形で購入を悩んでいた方も必見です。

白シャツおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方【2018年】

白シャツの種類と選び方

白シャツおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方【2018年】

白シャツは、幅広い世代の方にいつの時代も愛されています。今回は、そのような白シャツの魅力とおすすめを一挙に紹介していきます。

一言で白シャツといっても、やはり多様な形や素材・価格帯などがあり、TPOに合わせた白シャツ選びが大切になってきます。どんな種類があり、どんな選びかたをすると失敗が少ないのかはもちろんですが、シーン別での選ぶポイントも一緒に紹介します。今後購入を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

白シャツの種類

白シャツおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方【2018年】

白シャツと一言で言っても、生地やスタイルによって種類が異なります。また、その種類も意外にもたくさんあるのが特徴です。その中でも、今回は代表的なものを紹介します。

ドレスシャツ

スーツの下に着るようなシャツを、主に総称してドレスシャツといいます。カジュアルに普段着として着るように作られた物よりも、襟元がしっかりと立つように作られ、袖も堅めなのが特徴です。袖は、ボタンがダブルボタンやカフスがつけられるタイプのものもあり、かっちりとした作りが特徴です。

ブロードシャツ

生地がコットン・コットンとポリエステルの混紡のものが、特徴の白シャツです。ビジネスマンが良く着るシャツの主な生地で光沢感があります。カラーは、白だけでなく青やピンクも最近は増えてきています。

フランネルシャツ

コットン・ウールを使用したフランネル生地は、毛織物として有名ですが、その生地を使用したシャツになります。毛が長いので暖かく、保温性に優れているので、寒い季節に愛されるシャツの代表格です。ネルシャツという呼び名も、このフランネル生地の名前が由来になっています。カジュアルな普段着で愛されるシャツなので、手元に1枚は持っておきたいアイテムです。

白シャツの選び方

白シャツは、どうやって選ぶのが良いのか悩む方は多いでしょう。そのような時は、期待シーン別に考えると選びやすくなります。

仕事時にスーツやカジュアルダウンのジャケットスタイルをしたいならば、白シャツはドレスシャツがおすすめです。普段着としてカジュアルに着るならば、暖かい日はオックスフォードシャツ、肌寒い日はオックスシャツというように着るシーンに合わせると選びやすいです。

また、形もゆったりしたサイズ感のものやフィットするサイズ感のものなど幅広くあるため、白シャツを着る際に何か羽織るのか、もしくは中にTシャツなど合わせるものによって考えると、サイズ選びもしやすくなります。

その際に、ドレスシャツのサイズ感は後姿がたるまず、さらに横にしわも入らないサイズ感のものが動きやすく、スーツを重ねた時もきれいに見えるので、試着をおすすめします。

白シャツおすすめランキングTOP3

白シャツおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方【2018年】

白シャツを扱うブランドは多く、購入の際にはやはり悩みがちです。そこで、人気をもとに白シャツのおすすめランキングを発表します。ブランドとシャツの種類があるので、自分がどんなシーンで着たいかも含めて参考にしてください。

ランキング3位「オックスフォード」

3位は、オックスフォードシャツです。こちらは、コットン・コットンとポリエステルの混紡の生地を使用し、適度に厚みと硬さがあるシャツです。シワが付きにくく生地が丈夫なのが特徴で、通気性にも優れているので男女問わず人気です。

ベーシックな形のシャツが多いことと、しわが付きにくいという点で人気の白シャツです。コーデもシンプルに組みやすく、通気性が良い特性を生かして重ね着にもおすすめです。

ランキング2位「無印」

無印良品の白シャツは、意外にもビジネスシーンで使ってもOKという点で、多くの方に重宝されています。オンでもオフでも使えるという点は、1枚2役なので人気です。ループやプリーツ、ガゼットもついているので、デザイン性も高くオシャレに敏感な方にも愛されています。

ビジネスシーンでは、カジュアルダウンのお供として、オフシーンではカジュアルにデニムと合わせてもコーデが決まりやすく、清潔感もあるのでおすすめです。価格帯も高すぎず安すぎない上に、ガシガシ着倒しても生地が傷みにくい点も支持されています。

ランキング1位「ユニクロ」

やはりおすすめ1位は「ユニクロ」です。価格帯もお手頃で、サイズが豊富に揃っていることや素材や形も豊富なので、カジュアルからドレッシーまで揃うのが魅力です。カジュアルに着たい・2枚目の白シャツとして、ガシガシ着ることのできるシャツを探していた、という方に多く重宝されています。

また、ユニクロは、ベーシックなシャツはもちろんですが、トレンドにも敏感で素材や形を幅広く取り扱っているので、男性だけでなく女性にも人気です。コーデの幅も広がるので、トレンドに敏感な女性、ベーシックなものを好む男性の心をぐっとつかんでいます。

また、通常の価格帯もお手頃ですが、セール時期になるとぐっとお買い得になる点もおすすめ1位のポイントです。

特徴・用途別おすすめの白シャツ

白シャツおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方【2018年】

ここまでは、白シャツの特徴や生地、おすすめブランドなどを紹介してきました。ですが、やはりどんな白シャツがいいのかは、いざ購入をしようと決意しても悩むでしょう。そこで、メンズ・レディース別、さらに価格帯や生地のおすすめをここで紹介します。いろいろな形のものもあるので、シーン別としても参考にしてみてください。

レディース

レディースの白シャツは、ベーシック&形or素材に特徴があるものがおすすめです。シンプルなのに素材などにこだわりが見える白シャツを選ぶことで、コーデの幅が広がる上に、おしゃれ上級者に見えるのでおすすめです。

また、ユニクロの白シャツは、特に自宅で洗濯可能なものが多いので、気兼ねなく着ることができるのも魅力のひとつです。価格帯もお財布に優しいので、素材違いで2枚持っているという人もいます。自分に合う1枚を探してみましょう。

メンズ

メンズのおすすめ白シャツは、やはりマストなオックスフォードシャツがおすすめです。さわやかに見え、かつ厚みも多様にあるので、季節問わずに着やすいのが魅力です。1枚持っているだけで、ぐんと着こなしが広がります。

また、洗濯の際のしわも風合いとして楽しめるので、アイロンがけもしなくていいと男性からあつい支持を得ています。重ね着もしやすく、動きやすい生地なので、肩周りが広くて動きにくいと感じている方にも、シャツを着ると動きにくいと敬遠しがちな方にもおすすめです。サイズや価格帯が豊富なユニクロがおすすめです。

安い

安さのおすすめはやはりGUです。近年プチプラが急成長している中で、最も熱い支持を得ているブランドです。生地もしっかりしていて、トレンドも押さえた作りの白シャツは、毎年人気の商品です。特に女性には、すけ感のある素材やとろみシャツといった生地に特徴のある商品がマストです。かっちりよりも女性らしい柔らかな風合いが魅力のシャツが、おすすめです。

GUは、若いイメージがあるという方が多いですが、トレンドだけでなくベーシックな商品も多く取り扱っているので、今の時期はフランネルシャツも人気です。お財布に優しい価格帯なので、何枚かストックとして多めに買う方もいます。サイズ展開も豊富で、女性はSサイズから取り扱っていることも魅力です。

タックアウト

タックアウトの白シャツは、女性に人気です。襟を後ろに抜いて、少しゆったりと着こなすのがGOODです。ぐっとオシャレ上級者に見えると人気の商品です。特に、セシール(cecile)の白シャツは着時間がいいと評判で、肌触りもいいのでおすすめです。

また、他のブランドに比べて、二の腕のあたりもゆったりとした作りで動きやすく、形もきれいに見えると人気です。袖に絞りがあり、後ろに襟を抜いても落ちてこないので、家事などで動いても落ちて着にくいことも人気のポイントです。

丈に特徴がある白シャツは、やはりワンピースが人気です。ナチュラルなコーデに合わせやすく、1枚でもアウターでも重ね着でも使えるのが大きな魅力です。女性は、1枚で3役こなす白シャツワンピースを1枚持っているとぐんとコーデしやすくなります。

スニーカーとの相性も抜群なので、動きやすいコーデにもピッタリです。お子さんがいるお母さんにも支持を得ていて、リンクコーデもできて自分も動きやすいと重宝するという声が多いです。また、ブーツとの相性もいいので、これから寒くなてくる季節には、白シャツワンピース×ニットカーデと重ね着で合わせるといいでしょう。

素材

白シャツは、素材にこだわったものも人気です。特に夏などの暑い季節では、UVカットやひんやり素材、吸汗&乾燥機OKなどの特性があるものが人気です。やはり、暑くてもおしゃれを楽しみたいと考える方は多く、そのような時に白シャツでひんやりしてUVカットの商品は人気です。最近は、定番化してきており、生地も年々肌触りが良くなってきています。

生地も薄手のものがあるので、夏でも白シャツで重ね着ができると、幅広い世代から注目されています。男女問わず商品があるのも嬉しい点です。

おすすめ白シャツのメーカー・ブランド3つと代表製品

白シャツおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方【2018年】

ここからは、白シャツのおすすめメーカー・ブランドを紹介します。上記で紹介したものとは別のブランドになるので、今後の購入を考えている方の幅も広がります。自身に合うブランドや価格帯を参考にしましょう。

MacbaTros(マクバトロス)

ボタンダウン オックスフォードシャツ

¥ 1,944

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

着用致しましたがちょうどいいサイズ感で大変満足です また他の色なども購入しようかなと思います

こちらのブランドは、大手アパレル「アメリカ屋」のプライベートブランドです。やはり、大手だけあってシャツの作りは、丁寧なのがおすすめポイントです。特に、オックスフォードシャツは襟もしっかりとしており、きちんと感が強いのがポイントです。さらに、裾もタックが付いているので動きやすさも兼ね備えています。

価格もお手ごろなので、二枚目のシャツとして人気が高いです。もちろん、白シャツだけでなくカラーも豊富なのでコーデの幅も広がります。

coen

coen(コーエン)のライトオックスシャツは、自宅で選択できるのがおすすめポイントです。最近は、ドライクリーニングでないと洗えないシャツも多い中で、普段使いにはうれしい機能です。女性ものは、襟元がきっちりしすぎず適度にゆとりがあるので、柔らかな女性らしい雰囲気を損ねることなくシャツを着ることができるのがポイントです。

価格帯もアンダー5,000円なので支持されています。生地も丈夫なのがポイントで、ガシガシ着ても生地が傷みにくいところも魅力です。

GLOBAL WORK

ペンシルバニア州の北部にある伝統的なシャツメーカーで、デザイナーズブランドのシャツの生産を手がけるなど、アメリカ製を守り続ける信頼性あるブランドです。ベーシックなオックスフォードのシャツは、ボタンダウンがおすすめです。現代的に形を整えられているので、綺麗かつ動きやすさもばっちりです。

ファンの方が多くいる、着心地にこだわったブランド&白シャツです。カラーも揃っているのでおすすめです。

白シャツの使い方・活用方法

白シャツおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方【2018年】

白シャツといえば、やはりビジネスシーンで多く着るものというイメージがやはり強いですが、どんな時にどのような着こなしがあるのか使い方や活用法を紹介します。

スーツ

やはりビジネスシーンでは、スーツと合わせるのがマストです。カジュアルダウンのビジカジスタイルの会社も増えてきてはいますが、基本のスーツ合わせてのドレスシャツを一枚購入するのがいいでしょう。

選ぶポイントは、上記のサイズ感と形、透かしで入っている模様です。真っ白で模様なしのシャツが1枚あると、冠婚葬祭やビジネスにも幅広く使えます。透かしで格子模様が入っていたり、袖や襟の裏側に隠れて模様が入っているものは、スーツの下に着るビジネス用として使えます。

模様が少し入っていると、相手はかっちりした印象を受けにくく、心を開きやすくなるのでビジネスシーンにぴったりです。

重ね着

普段着としての白シャツは、1枚で着ることができるのはもちろんですが、重ね着をすることで、ぐっとオシャレにこなれて見えます。カジュアルにベストやカーディガンと合わせて着るとGOODです。また、白シャツを羽織りとして着て、ワントーンコーデに仕上げると、上級者コーデに早変わりします。合わせるもので、ぐんとコーデの幅が広がるマストアイテムです。

また、仕事の際はカジュアルダウンして、ベストやカーデと合わせてスカートのコーデにすることで、ON/OFFどちらもOKなのも魅力です。

上の画像は女性ですが、男性の場合は白シャツを羽織にすると、ぐっとさわやかさが増すのでGOODです。羽織として着るときは、下にボーダーのカットソーやロゴTシャツを合わせるといいでしょう。その際に、ポイントで帽子を取り入れると、コーデのポイントになります。

シーンで白シャツを着こなそう

白シャツおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方【2018年】

いかがでしたか。白シャツと一言で言っても、サイズ感や着るシーンで着こなす幅は無限大です。ビジネスシーンのドレスシャツしか持っていなかったという方も、今は動きやすい素材や形の白シャツも増えてきているので、今期は思い切って挑戦するのもいいでしょう。

白シャツは、男女問わず清潔感があり、かつベーシックに着ることができます。今持っているものや今後購入する物で、いろんなシーンでのコーデを考え、白シャツをたくさん着てみましょう。

Related